スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

auスマホ、機種変更で安いおすすめ機種【かえトクプログラム】

auスマホ、機種変更で安いおすすめ機種【かえトクプログラム】

 

※10月1日よりau購入サポートの終了、アップグレードプログラムの変更等が行われており、おすすめ機種の内容が大幅に変更されています。極端に安いハイエンドモデルというのは契約できなくなっているので注意してください。

 

今回はauのスマホの中でも機種変更がしやすい安い機種というものをこの記事ではピックアップしていこうと思います。

毎月割の高い機種というものがなくなり、分離プランとなるauピタットプランやフラットプランでの契約が前提となってきている今のauでは、端末代の高さといったものがスマホ契約のネックになってしまっていることが多くなっています。

そうした中で一部のauスマホにおいては条件付きでの値下げが行われていたり、かえトクプログラムの利用によって2年間前提の利用で安くなっていたり、スペックを抑えているがために安くなっている機種というものが出てきており、機種を選ぶことによって安く契約できるスマホというのも出てきています。

スマホが安くなればプラン単体では割安さを感じるauピタットプラン/フラットプランの活用もしやすくなるため、「安くauのスマホを契約したい」という方へ向けて現在値下げや割安な価格になっているauスマホをまとめたいと思います。

対象の契約は機種変更を想定しています。一応新規やMNPにも対応していますが、こちらの契約は今回の値下げ価格よりもさらに安くなっている場合があるため、参考程度に見てください。

⇒auオンラインショップはこちら

 

おすすめ記事

 

auスマホの機種変更で「安い」状態は32通り

まず具体的にどのスマホが安いということの前に、auで今「安い」スマホというのがどのような条件で購入できるのかということを確認しておきましょう。

auのスマホの値下げ形態は現在以下の3つが主だった方法になります。

  • 単純な定価値下げ
  • au購入サポートによる一括値下げ(実質1年縛り)
  • かえトクプログラムを使った実質的な下取り込みでの値下げ(実質2年縛り)

というものです。

※2019年10月以降はau購入サポートが適用されない状態が続いており、現状では2通りという事になっています。

auにおける機種変更で安い価格というのは、単純に無条件で定価が安くなっているものや、au購入サポートを13ヶ月間適用することによって一括価格を下げている方式を使っている、またかえトクプログラムを前提に2年ごとの取り換えを行う形で安くなっているというパターンが多いです。

主に発売から時間が経ったモデルに対して定価値下げやau購入サポートによる安売りというのが実施され、最新モデルについてはかえトクプログラムを活用することで安く契約できるという分類がされます。

定価値下げにについては特に条件というのが追加でかかることはありません。

au購入サポートについては約1年間、途中解約や機種変更において値下げした分のペナルティが課せられてしまうため、実質的に1年縛り的に継続してその機種を使う必要があります。

残価設定型のかえトクプログラムについては端末を23回払い+24回目の残価という形に設定されており、24回目の残価の支払いの扱いによって総額が決定します。

もしも25ヶ月目までに端末を返却の上機種変更を行うと、24回目の残価支払いは免除されることになり、比較的安価な分割支払い23回分で端末代の支払いが終了して次の最新モデルの支払いが始まります。

こちらを利用すると2年間の利用前提になりますが、ハイエンドモデルでも実質的に2年間6万円前後の価格で利用することが出来るようになります(例えばiPhone 11は2年間で実質53,935円)。

残価を支払えば端末の所有権は自分のものになり、残債も無くなります。

2年使って十分に遊んだなと思ったら、支払いが少ない状態で次の新しい機種を購入できるようになるので、特に高額なモデルを購入したい場合にはこちらのかえトクプログラムを利用するといいでしょう。

 

それでは以下に現在の安くて機種変更しやすいおすすめのスマホというのをあげていこうと思います。

 

Mi 10 Lite 5G:一括42,740円

販売価格 42,720円
au購入サポート適用時
かえトクプログラム適用時 29,900円
(1,300円×23回+12,840円(最終月))
25ヶ月目までに機種変更かつ端末回収時

おサイフケータイと防水が利用できないという弱点はあるものの、それさえ問題がなければ非常に買いやすい価格でありながら性能も優れている「Mi 10 Lite」はauで機種変更をするなら確認をしておきたい機種です。

この機種は4万円台前半というauのスマホの中でも買いやすい価格を実現しながら、普通に使っていて全く不満を感じないスペックの高さというのを実現しています。

  • Snapdragon 765G
  • RAM6GB
  • ROM128GB
  • 6.6インチ
  • フラットディスプレイ
  • 4140mAhバッテリー

と、およそ4万円台前半で買えるようなスペックのスマホではありません。

キャリアスマホとしては驚異的なコスパを見せる機種になっており、この安さでこの性能が手に入るというのは、これまでのauにはほとんど見られなかったお得な内容となっています。

SIMフリースマホで安くて性能の良いスマホが出回っていて、auユーザーの中にはそうした機種が羨ましいと思っていた人も多いかと思いますが、それに十分対抗できるほどの性能の良さと価格の安さといったものを両立させてきたのがこのスマホと言えます。

一応生活防水ぐらいはあるはずなので、おサイフケータイが不要という使い方であればauスマホの中で性能も価格の安さもどちらも追い求めることができる機種になるはずです。

デメリットはおサイフと正確な防水規格に準拠していない点、それに重さや画面が大きいという点、そしてMiUIが特殊といったところでしょうか。

特にMiUIは特殊なものになっており、基本的にAndroidに独自機能をつけて使いやすくしたものになっているのですが、タスクキルの頻度が高くてしばらく使わなかったアプリは再起動が起きやすいという欠点があります。

このタスクキルが強いおかげで電池持ちとかはかなり良いものになっているのですが、その分アプリを前使っていた状態に維持する期間が他のスマホよりも短く、久しぶりに使ったアプリは再起動されて更新がかかります。

このMiUIのおかげで電池持ちの良さや色んな便利機能を使えるようになるのですが、一方でバックグラウンドでアプリを動かすといったところにおいて面倒な処理が働いてしまうため、このMiUIの独特な動きの仕方は慣れるまで時間がかかるかと思います。

auオンラインショップ:Mi 10 Lite 5G

 

iPhone SE:一括55,270円(かえトクプログラムで実質28,750円)

 

販売価格 55,270円
au購入サポート適用時 43,200円
(1,800円×24回)
かえトクプログラム適用時 28,750円
(1,250円×23回+26,520円(最終月))
25ヶ月目までに機種変更かつ端末回収時

iPhoneとしては非常に安い価格で売られているiPhone SEの存在はauにおいても魅力のあるものになっています。

4.7インチのコンパクトサイズでありながら高い性能を持ち、指紋認証や防水、Apple Pay対応のおサイフ機能といったものが利用できる利便性の高さがあるスマホです。

性能面だけを見ればこれが5万円台から買えるというのは相当にコストパフォーマンスが良いはずです。

iPhone 11 Proに搭載されている高性能なCPUを、このサイズ感に搭載してきたコンパクトな高性能スマホとして非常に満足度の高い1台となるはずです。

ベンチスコアはあくまで参考レベルにはなりますが、50万点に近いものになっています。

この5万円台という価格の安さ、2年間の使用なら3万円以下という価格の安さで性能はiPhone 11 Pro級で指紋認証を中心に便利な機能が揃ったコンパクトスマホ、というのは他にはない特徴と言えます。

iPhone 8やiPhone 7といったお馴染みの機種の性能アップ版となるために、これといった新しい特徴のある面白みのある機種と言うわけではないものの、安定して快適に使えるスマホ、しかも安い!というところはiPhone SEの大きな特徴と言えます。

とにかく安くて性能が良くてiPhoneがいい!ということならこのiPhone SEは最適解となるでしょう。

auオンラインショップ:iPhone SE

 

iPhone 11:一括90,720円(かえトクプログラムで実質53,935円)

販売価格 90,720円
au購入サポート適用時 43,200円
(1,800円×24回)
かえトクプログラム適用時 53,935円
(2,345円×23回+36,785円(最終月))
25ヶ月目までに機種変更かつ端末回収時

同じく高性能モデルでありながら相対的に端末価格が安い機種としてiPhone 11がおすすめの一台として挙げることができます。

iPhone 11はほとんどiPhone 11 Proと性能は変わりません。SoCやRAMといったところは11 Proと同等のスペックを持っています。

変化があるのはディスプレイサイズとその素材(液晶or有機EL)、それに望遠レンズの有無だけです。

たったこれだけの違いで3万円以上価格が違ってくるのが今回のiPhone 11と11 Proとなっており、iPhone 11 Proを買うぐらいならiPhone 11辺りを購入した方がコストパフォーマンスにおいては優れていると言える状態になっています。

実際iPhone 11は前回のiPhone XSやXRに比べても満足度はかなり高いものになっています。

性能が大きく上がり、ゲームなどもより快適に遊べるように進化しています。さらにカメラは広角と超広角レンズの2眼構成になっており、これまでのiPhoneではアプローチできなかった撮影手法が可能になっているのも特徴的です。

ダイナミックレンジが広く、夜景向けのナイトモードも搭載することによってこれまで以上にカメラ性能といったところは向上してきています。

iPhone XSやXR世代に比べても性能・カメラといったところがより使いやすいものになっていて、しかも価格がどちらも10万円を超えていた中でこのiPhone 11は9万円からという比較的安い価格をつけているため、ここ最近のiPhoneの中では最も購入しやすいモデルとなっています。

性能の高さ・カメラの質の高さといったところが揃い、Androidのハイエンドモデル以上にバランスの取れた機種になっていながら価格が10万円を超えず、2年返却での運用であれば6万円で済んでしまうというのはiPhone 11の持つ実力を考えれば破格と言えるでしょう。

auのハイエンドモデルの中ではXperia 5同様にコストパフォーマンスが優れているのがこのiPhone 11となるため、ゲームなどを快適にできる性能を持っているスマホが欲しいけれども価格の安さを重視したい、ということであればこのiPhone 11が適任になるでしょう。

リセールバリューもある程度期待できるため、2年のみの運用以外でも端末売却によって実質的な支払というのは抑えることができるようになっていて、そうした側面から見ても

auオンラインショップ:iPhone 11

 

Xperia 10Ⅱ:一括44,645円

販売価格 49,990円
auオンラインショップお特割適用時
かえトクプログラム適用時 39,790円
(1,730円×23回+10,200円(最終月))
25ヶ月目までに機種変更かつ端末回収時

正直コストパフォーマンスといったところから評価すると決して良いものではありません。

他のキャリア販売モデルに比べると1万円ほど価格が高くなってしまっているのは良くありません。

しかしそれでもこのXperia 10Ⅱは21:9という特殊なアスペクト比の画面になっているために、若干割高であっても入手する価値は間違いなくあります。

  • 21:9の縦長ディスプレイ
  • 2画面表示や縦スクロールコンテンツが見やすい
  • 151gの軽さ
  • 70㎜を超えない幅で持ちやすい
  • Snapdragon 665スマホの中でもサクサク動作

といった内容がXperia 10Ⅱになっており、ミドルレンジモデルのスマホの中ではかなり使いやすい上に他のスマホにはない特徴といったものを持っています。

得に21:9のディスプレイはこの機種の強みになっていて、「情報量が多く取得できる特徴的なディスプレイがありながら持ちやすい」という他のスマホにはないXperia 10Ⅱのみの特徴といったものを持っています。

この「画面に表示される情報量は多いのに持ちやすい」というのは特に情報収集用にスマホを使うユーザーにとっては便利に感じられるものになっており、他のスマホと比べても情報の取得効率が高いというメリットがあります。

バッテリー持ちもかなり良いものを持つため、情報端末としての利便性はビジネスユーザーにもおすすめできる高さとなっています。

ディスプレイの特徴から他のスマホにはない使い勝手を得られる上に、軽さや持ちやすさ、それに動作面での快適さといったものも兼ね備えているため、他のキャリアや他のスマホと比べて割高ではあるもののその価値は有しているスマホと言えるものになっています。

auオンラインショップ:Xperia 10Ⅱ

 

AQUOS sense3 SHV45:一括36,720円

販売価格 36,720円
(1,020円×36回)
au購入サポート適用時 ─円
かえトクプログラム適用時 29,440円
(1,280円×23回+7,280円(最終月))
25ヶ月目までに機種変更かつ端末回収時

格安系のモデルで最もバランスに優れたスマホとなるのがAQUOS sense3になるでしょう。

SoCはSnapdragon 630ということで決して性能自体は高いものではないですが日常使いには十分に快適な性能を持っており、なおかつ防水やおサイフケータイ、それに耐衝撃性能を加えて壊れにくさも追加して使いやすくしたのがAQUOS sense3です。

要は性能と機能の両方が非常に良いバランスになっているために、多くのユーザーにとって扱いやすいスマホとしてオススメできる存在になっています。

特に機能性については日本向けの各種機能が揃っているのはもちろんなのですが、IGZOパネル搭載による省エネ仕様と4000mAhの大容量バッテリーで電池持ちが非常によく、AQUOSシリーズ独自の機能としてアウトドアビューやかんたんホームといったさらに便利に使える機能といったものが用意されており、利便性という意味においては価格以上のものを与えてくれるのがこのAQUOS sense3となっています。

主にビジネスユーザーやライトユーザーを中心に非常に満足度高く使えるスマホとなっており、価格的にも手を出しやすいということでオススメできるミドルレンジの機種です。

性能に関してはゲームなどをしなければ十分な快適さではありますし、長く使っていく上で便利で安心して使える機能が揃っているというのは他のミドルレンジにはない魅力となっています。地味に電池持ちの良さというのも非常に優れているため、最大公約数的に多くのユーザーが無難に満足できるのがこのAQUOS sense3です。

AQUOS sense3(SH-02M SHV45 SH-M12)レビュー/評判/口コミ バッテリー性能が高くてビジネスユーザー向けに安心できるモデル

auオンラインショップ:AQUOS sense3

 

 

安さを求めるならミドルレンジ 長く使えるハイエンドモデルは2年で6万円ほどは必要に

というわけでau購入サポートが終了したことで極端な安さで購入できるものが減ってしまっています。

ただそれでもハイエンドモデルを中心に、かえトクプログラムによって残価設定型という2年サイクルであればスマホの機種変更が比較的しやすい契約方法が用意されています。

安さを重視するならハイエンドモデルが2年で約6万円。ミドルレンジだと3万円台レベルのスマホが性能が必要な分だけ用意された上で機能や利便性などの使いやすさを備えた機種が揃っています。

この辺りのスマホを選べば価格比で満足度の高い契約というものができるでしょう。

今月は

  • Mi 10 Lite 5G
  • iPhone SE
  • iPhone 11
  • Xperia 10Ⅱ

が特におすすめできます。

どれも使いやすいのは前提でMi 10 Lite 5GとiPhone 11/SEはそのスペックの高さが目立ちます。不具合や不満といったところも少ないために安定して使えるスマホといえましょう。

Xperia 10Ⅱは性能は高くはありませんが、普段スマホを利用する中で便利な機能というものが非常に多く揃えられている他にも21:9という特徴的なディスプレイが使えます。価格が安いからといって使いにくさや不便さというものはほとんどないものになっています。

また在庫も今なら多いために、特に労力なく安く契約できる点もおすすめできるポイントです。

 

機種変更をするならauオンラインショップで

なおこちらのスマホを機種変更するのであればまずはauオンラインショップをチェックしておきましょう。

auオンラインショップは生産終了機種の在庫がすぐになくなってしまうというデメリットもあるのですが、もしも在庫が残っているならばオンラインショップには

  • 頭金が0円
  • 24時間受付
  • 自宅配送送料無料(2,500円以上の商品)
  • 待ち時間、契約時間が皆無

といった形のメリットがある契約ができるので、まずはオンラインショップでの契約というのを目指した方がいいでしょう。

特に頭金0円という特典はauで契約する上で非常に大きなメリットとなります。

auショップでは頭金が3キャリアの中でも結構取りにくるショップとなっており、中には1万円前後値上げした価格での契約となってしまうauショップというものがあります。こうしたショップでの契約というのを避けれる点において、auオンラインショップは非常に優秀な契約場所となるため、もしも安くなった機種の在庫が残っているようならばオンラインショップを優先したほうが良くなっています。

ソフトバンクやau、iPhone・スマホ契約時の『頭金』について

時間がかからない上にauショップよりも安く契約できるというメリットはかなり大きなポイントです。

⇒auオンラインショップはこちら

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top