2021年モデルスマホレビュー

home 5G HR01の規制の有無を検証してみる WiMAX2+のような3日15GB規制はあるのか

まだまだサービス開始直後ということ、それに明確に規制について記載されていないということもあり、「かなり緩い状態」ではあるかと思われますが、一応現状色々見てみたドコモのホームルーターとなる「home 5G HR01」の規制状況をまとめてみたいと思います。

色々とやってみたことを更新していくので、契約の参考になればと思います。

ドコモオンラインショップ:home 5G

現状の規約は「可能性の示唆」止まり【21年8月27日~】

まずは検証の内容を確認してもらう前に現状の規約を確認しておきましょう。

発売時点での規約は以下のようになっています。

ネットワークの混雑状況によって、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

一応3日間の内に使いすぎると規制がかかる可能性がある、と注意書きがされています。

WiMAX2+の規制が直近3日のデータ使用量が10GBまたは15GBを超えると1Mbpsに規制されるため、それに準じた規制がされるのでは?という話もhome 5G発売前には行われていました。

この規制をかける可能性がある規約文については、

  • サービス開始後の規制の緩さ
  • 同じ無制限プランである5Gギガホの規約文とほぼ一緒
  • 契約時のショップ店員の注意点読み合わせがWiMAX以下の徹底度

といった観点からそこまで心配しすぎる必要はないと個人的には感じます。

まずこの後にも紹介するサービス開始後の状況から見るに、規制は現状機能している様子が見られません。

また同じ無制限プランである5Gギガホを使っていますが、こちらも相当なデータ量を使ってみても規制がなかった・感じなかったというのがあり、その5Gギガホの規制に関する注意書きと今回のhome 5Gの規制に関する注意書きがほぼ似たような内容ということもあり「現状では5Gギガホ同様の形だけの規制忠告」である可能性も高いです。

5Gギガホの規制に関する注意書きはこちら

ネットワークの混雑状況によって、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

さらに店頭での契約において、ガッツリと規制に関する注意を行うWiMAXと比べて、home 5Gの方はそれが徹底されておらず、これで仮に規制が強かったら普通に炎上しかねない「説明不足感」があります。

ドコモらしからぬ説明の徹底が教育されておらず、ここからも個人的には「形だけの規制忠告文」なのではないかと思っています。

この部分の説明が軽いというのは「WiMAX訴訟」後の対応としては考えにくいため、「規制する可能性はあっても余程のことが無い限りは基本的には無制限」を貫いていく予定なのでは、と思われます。

他にもドコモの社長のインタビューを見る限り、できる限り「無制限」で通信が行えるようにしているのがわかります。

――home 5Gは使い放題ということだが、ネットワークへの影響はどう対応しているのか。

井伊氏
 ヘビーユーザーの方にご利用いただくことも想定してる。混み合ったときにネットワーク側で帯域制御をする仕組みを入れている。ベストエフォートということで、混み合ったときには遅くなるかもしれない、ということになるが、可能な限り、きめ細かく制御してスピード(通信速度)を維持できるよう、今回かなりしっかり対応するような準備をしている。

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1325569.html

一応規約上の規制情報に関してはこのように「曖昧さ」というのがあり、現状の規制周りの対応を見ると「形だけ」な様子がうかがえます。

今後本格的に広まっていった時にどの程度の規制が行われるかわからないものの、今のところは規制に関して過度な心配はいらないかもしれません。

実際の運用における検証【21年8月31日】

こちらの内容は2021年8月31日時点の内容です。

結論から言ってしまえば現状ではhome 5Gには速度規制はない、あるいは相当に緩いという評価をしていいかと思います。

現状の規制に関する忠告が「形だけ」ということもあり、「普通よりちょっと多めの使い方」においては広告通りほぼ無制限、と考えてよさそうです。

検証における環境としては

  • ドコモ4G網接続
  • 窓に近いもののテレビ近くに設置(もう少し頑張れば速度改善できる環境)
  • 載せている検証画像はWi-Fi接続時の状況

といったものになります。

契約初日に200GB以上、3日で300GB以上を利用してみましたが、翌日からそれ以降のどの時間帯においても速度が落ちるといった挙動は見られませんでした。

初日では1枚目のように200GB以上の利用、3日間の合計でも300GBを超える利用をしてみました。

1日目で200GB超えの利用
3日分の通信量は3GB超え

こうした状況でも翌日の21時からのhome 5Gの速度は40Mbps超え。WiMAX2だと翌日の時点で規制が入るわけですが、home 5Gではその規制が発生していません。

1日目200GB以上利用後の翌日21時の速度状況

WiMAX2だと18時~翌2時まで以下のような通信速度に落ちてしまってかなり使いにくくなってしまいますが、home 5Gではそのような規制が発生していないのは非常に助かる部分です。

約20GBほど使った後の翌日のWiMAX2+の規制速度

もう少し設置場所を変えれば速度も改善することを考えれば、十分すぎるほどしっかりした速度が大容量通信の翌日の21時という一番輻輳しやすい時間帯でも記録されています。

こちらは3日で300GBを使った後の4日目の21時からの速度。やはり規制されている速度ということではなさそうです。

3日で300GB以上利用後の翌日21時の速度状況

もちろんサービス開始直後ということもあり、あえて規制をかけていないということもあり得るかと思いますが、現状ではやはり先ほど確認した通り規制の可能性を示唆するもののそれは「形だけ」とみていいかもしれません。

※今回の検証結果は21年8月31日時点の内容です。

現状本当に「無制限」にデータ通信が可能な状況 モバイルホームルーター系では一番使いやすい契約に

まだ発売直後ということもあり、連続通信の具合なんかの検証はできていませんが、少なくとも大容量データ通信による速度規制というのは「今のところ」心配するレベルのものは発生していません。

スタート直後のサービスは大体こんな感じで優遇されるため、今回の検証内容も将来的には参考にならないものになってしまうかもしれませんが、現状ではWiMAX2+やSoftBank Airよりも圧倒的に使いやすい「無制限」ホームルーターとなっているため、これらの商品を契約している方には乗り換えといったところを個人的には非常におすすめしたいものになっています。

契約解除料がかからないタイミングが近いようなら、絶対に乗り換えた方が快適です。

契約はドコモオンラインショップで。

3,300円分の事務手数料が0円に、dポイント特典も高額用意され、感染症予防の観点からも効果的です。

ドコモオンラインショップ:home 5G

機種変更ならドコモオンラインショップで

ドコモのスマホの購入、特に機種変更で購入しようと思っているならドコモオンラインショップが最適解

  • 事務手数料無料
  • オンラインショップ限定端末購入割引

といった機種変更におけるお得な特典が用意されているだけでなく、

  • 最短2日で配送、一部地域は24時間以内に配送、発売前なら発売日当日配送に対応
  • 手続きが5分程度と長時間拘束されない
  • 対面での手続きがない完全オンラインなので感染症対策といった視点でも契約しやすい

このような時間的にも融通が利き、無駄な時間を費やさずに安心した機種変更を行うことができます。

無駄を省きながらお得に購入できる「賢い契約ショップ」となり得るのがドコモオンラインショップなので、機種変更をするならばこちらも選択肢として考えてみてください。

ドコモオンラインショップはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です