OCNモバイルONEの安売りスマホ・キャンペーン値下げ・高額割引【5/11~ Redmi Note 10 Proが最安10,300円!】

この記事ではOCNモバイルONEで実施されているスマホの大幅な割引セールについて、その契約方法や注意点、そして今おすすめのセール機種といったものを特集していこうと思います。

OCNモバイルONEの回線セットによるスマホのセールといったものは、現状MVNO全体の中でも1,2を争う安さを実現したセールとなっているため、その特徴や注意点といったところは知っておくべきかと思います。

SIMフリースマホを対象に維持費込みででも最安級の価格で手に入るOCNモバイルONEについて、どのような形で契約するのが望ましいのかを確認していきましょう。

まずは現在実施しているセールから確認をしてもらおうと思います。



スポンサードリンク

OCNモバイルONEセール 4/1~

セール対象スマホ オプション無しでの一括価格
moto g30 1円
Redmi Note 10 Pro 18,000円
Redmi Note 9S 4GB 16,390円
AQUOS sense4 24,310円
AQUOS sense5G 17,490円
OPPO A5 2020 16,390円
OPPO RenoA 16,390円
ZenFone Max M2 1円
iPhone SE2 64GB 48,070円
iPhone 11 69,190円~

こちらが現在実施されているOCNモバイルONEのセール内容です。

最注目はやはりRedmi Note 10 Proです。

回線セット系では他のMVNOと比べても最安価格を実現しており、興味があったようならもう買うしかないレベルの安売りが実施されています。

Snapdragon 732GにRAM6GB、5,020mAhのバッテリーにデュアルSIMかつ1億画素のカメラと、とても1万円で買えるスマホのスペックではないのは確かなので、このセールの凄さを感じられるはずです。

実際その安さから人気が高く在庫が復活してもしばらくしたら売り切れになってしまうことが多く、すぐに契約できずに在庫復活のタイミングを待つ必要があります。

正直今月はこのRedemi Note 10 Pro、それと1円スマホと化しているmoto g30ぐらいしかお買い得と言えるスマホはないでしょうか。

Redmi 9Tは1円だったのが1万円台に「値上げ」。そのほかにも特価だったAQUOS sense4やOPPOのスマホなどから安さが感じられないものになっており、今回のセールはRedmi Note 10 Pro以外を狙う意味というのはないでしょうか。

1円スマホがかなり消滅してしまっており、単純に安いスマホを多くの選択肢から選ぶ、というOCNモバイルONEのセールの良さが一つ消えているのは確かです。

MNPの5,500円引きやオプション加入の値引きによって7,700円引きがさらに追加で行われ、最安では10,300円でRedmi Note 10 Proを契約できる、というのは魅力しかありません。

こうしたセールを渡り歩いているユーザーはMNPできる環境にあるかと思われるため、そちらを利用して格安にRedmi Note 10 Proを契約することができるでしょうから、スペックの高さや価格の安さといったコスパの良さから、こちらは契約してみていいかと思います。

OCNモバイルONEのセール契約に関する内容及び注意点

こちらのOCNモバイルONEのセール契約を行う場合にまず確認しておくべきポイントとしては、

  • 音声プランでの契約が必要
  • 解約金は1,100円
  • 短期解約は厳禁(ブラックリスト登録)
  • 維持費やオプション代が必要

といったものになります。

まずこのOCNモバイルONEのセールは音声契約の回線プランとセットで契約することが特価価格で手に入れるための条件となります。

そのため回線維持費なんかは音声プランのものが適用されますし、半年以内の解約には契約解除料といったものがかかります(ただし1,100円)。

また通常の割引だけでなくオプション加入による割引を適用した場合にはオプション代もかかります。

現在の割引適用可能なオプション及びその料金

端末割引が発生する契約およびオプション 端末割引額 オプション代
MNP契約 ▲5,500円 特になし
OCN電話完全かけ放題 ▲2,200円 1,430円

大きな注意点としては、端末だけを安く持っていく=契約後すぐに回線を解約するとブラックリスト入りしてしまうという点です。

端末を安く買う目的で回線を短期解約してしまうと、次からはこのお得な価格での購入というものができなくなってしまうために、もしもこれからもOCNモバイルONEの安売りセールを活用していきたい場合にはブラックリスト入りを避ける運用をしていく必要があります。

ただしこのブラックリスト入りの基準はハッキリとしておらず、半年以上の維持や1年以上の維持をしてても数度目の購入ができなかったという報告がある一方で、購入もできるという報告があるために法則性というのは不明です。

(一応別のキャンペーンにおいて基準として9ヶ月の解約はCP無効、との条件があったため、目安は9ヶ月か)

ただブラックリスト的な契約拒否といったものがOCNモバイルONEにはあるために、端末のみを得るのではなく回線と一緒に一定期間しっかりと利用していくつもりで契約する必要があるでしょう。

またOCNモバイルONEは何が原因かはっきりとはわかっていないものの、SIMカードを差したスマホを放置しておくと他の回線のSIMよりもスタンバイ状態での電池消費が激しいという問題があります。

これはグローバルIPが割り振られているから、なんて話もありますが真実はわからず、ただバッテリー消費が早いというのが事実としてあります。

この点はOCNモバイルONEのSIMを利用していく上で注意したいポイントです。

OCNモバイルONEの維持費目安

このOCNモバイルONEの格安スマホセットを契約し、その後もブラックリストを避けるために毎月維持していった場合の維持費についてを確認していきましょう。

維持費としては以下のような内容になります。

維持費
音声対応SIMのコース 月額料金
1GBコース 770円
3GBコース 990円
6GBコース 1,320円
10GBコース 1,760円
1年間利用時の維持費
1年間の維持費目安 年間料金
1GBコース 9,240円
3GBコース 11,880円
6GBコース 15,840円

最安の維持費は770円となり、半年利用時は4,620円、1年利用時は9,240円の総額がかかります。

もしもブラックリスト入りを避けたいために1年間の維持をしておこうと考えた場合、端末価格にこの料金をプラスしてみて下さい。

維持費込みでもSIMフリー版の定価よりもしっかりと安くなっている場合が多いため、音声+データの回線を使えて定価よりも安いというこのOCNモバイルONEはスマホの購入において魅力的な契約になってくるはずです。

OCNモバイルONEはキャンペーンが強烈でお得なスマホ購入というのが出来るため、運用上の維持費や注意点といったところを確認してもらいながら、賢く契約するようにしてください。

OCNモバイルONEの端末セットはコチラから!

スマホの値引き額も維持費の安さもお得すぎる
今一番おすすめの特価契約!!!
さらに裏キャンペーンを使ってもっとお得に・・・!?

今月絶対にチェックして欲しい格安スマホ系の契約がBIGLOBEモバイル。
スマホの実質価格が安い上に維持費もOCNモバイルONEよりも安くて契約しやすい。
負担が一番少ない形で契約できるお得さに加え、裏技を使えればもっと安く・・・?

AQUOS sense4やRedmi Note 9S、iPhone SEをお得に契約したい方におすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です