MVNO

OCNモバイルONEの安売りスマホ・キャンペーン値下げ・高額割引【10/8~ Mi 11 Lite 5Gが15,400円!】

この記事ではOCNモバイルONEで実施されているスマホの大幅な割引セールについて、その契約方法や注意点、そして今おすすめのセール機種といったものを特集していこうと思います。

OCNモバイルONEの回線セットによるスマホのセールといったものは、現状MVNO全体の中でも1,2を争う安さを実現したセールとなっているため、その特徴や注意点といったところは知っておくべきかと思います。

SIMフリースマホを対象に維持費込みででも最安級の価格で手に入るOCNモバイルONEについて、どのような形で契約するのが望ましいのかを確認していきましょう。

まずは現在実施しているセールから確認をしてもらおうと思います。



OCNモバイルONEセール 10/8~

セール対象スマホ オプション無しでの一括価格
Redmi 9T 1円
Mi 11 lite 5G 15,400円
Jelly 2 3,300円
moto f50 5G 5,500円
Xperia 10Ⅲ Lite 24,000円
AQUOS sense4 23,100円
OPPO A73 1円
AQUOS sense4 plus 17,600円
OPPO A54 5G 6,400円
中古iPhone SE2 64GB 23,540円
中古iPhone 12 mini 64GB 65,340円~

こちらが現在実施されているOCNモバイルONEのセール内容です。

最注目はやはりMi 11 Lite 5Gです。

回線セット系では現状最安価格を実現しており、興味があったようならもう買うしかないレベルの安売りが実施されています。

Snapdragon 780GにRAM6GB、4,250mAhのバッテリーにデュアルSIMかつ6400万画素のカメラと、とても2万円で買えるスマホのスペックではないのは確かなので、このセールの凄さを感じられるはずです。

実際その安さから人気が高く在庫が復活してもしばらくしたら売り切れになってしまう可能性が高く、すぐに契約できずに在庫復活のタイミングを待つ必要があることが予想されます。

不具合として発生していたゲーム周りの問題点といったところも、最新のアップデートで完ぺきではないものの修正が行われ、次のアップデートぐらいではようやく本来の性能をゲームにおいてもしっかり出せるスマホとなってくれそうです。

このMi 11 Lite 5G、それと1円スマホと化しているRedmi 9Tあたりの機種が10月のOCNモバイルONEのお買い得な機種になるでしょうか。

在庫があればJelly 2も超コンパクト機種としても面白いですし、Xperia 10Ⅲ Liteもコスパが良いほどにはいっていないもののそれでも特価ではあります。

MNPの13,000円引きやオプション加入の値引きによって2,200円引きがさらに追加で行われ、今回の注目セール機種以外も形によってはお得に買えるのは魅力的なところです。

こうしたセールを渡り歩いているユーザーはMNPできる環境にあるかと思われるため、そちらを利用して格安に各種スマホを契約することができるでしょうから、スペックの高さや価格の安さといったコスパの良さから、こちらのキャンペーンを利用してみていいかと思います。

OCNモバイルONEのセール契約に関する内容及びブラックリスト入りの注意点

こちらのOCNモバイルONEのセール契約を行う場合にまず確認しておくべきポイントとしては、

  • 音声プランでの契約が必要
  • 短期解約は厳禁(ブラックリスト登録)
  • 維持費やオプション代が必要

といったものになります。

まずこのOCNモバイルONEのセールは音声契約の回線プランとセットで契約することが特価価格で手に入れるための条件となります。

そのため回線維持費なんかは音声プランのものが適用されますし、半年以内の解約には契約解除料といったものがかかります。※現在この契約解除料・解約金は0円になりました。

また通常の割引だけでなくオプション加入による割引を適用した場合にはオプション代もかかります。

現在の割引適用可能なオプション及びその料金

端末割引が発生する契約およびオプション 端末割引額 オプション代
MNP契約 ▲13,000円 特になし
ABEMAプレミアム ▲2,200円 960円

大きな注意点としては、端末だけを安く持っていく=契約後すぐに回線を解約するとブラックリスト入りしてしまうという点です。

端末を安く買う目的で回線を短期解約してしまうと、次からはこのお得な価格での購入というものができなくなってしまうために、もしもこれからもOCNモバイルONEの安売りセールを活用していきたい場合にはブラックリスト入りを避ける運用をしていく必要があります。

ただしこのブラックリスト入りの基準はハッキリとしておらず、半年以上の維持や1年以上の維持をしてても数度目の購入ができなかったという報告がある一方で、購入もできるという報告があるために法則性というのは不明です。

(一応別のキャンペーンにおいて基準として9ヶ月の解約はCP無効、との条件があったため、目安は9ヶ月か)

ただブラックリスト的な契約拒否といったものがOCNモバイルONEにはあるために、端末のみを得るのではなく回線と一緒に一定期間しっかりと利用していくつもりで契約する必要があるでしょう。

またOCNモバイルONEは何が原因かはっきりとはわかっていないものの、SIMカードを差したスマホを放置しておくと他の回線のSIMよりもスタンバイ状態での電池消費が激しいという問題があります。

これはグローバルIPが割り振られているから、なんて話もありますが真実はわからず、ただバッテリー消費が早いというのが事実としてあります。

この点はOCNモバイルONEのSIMを利用していく上で注意したいポイントです。

OCNモバイルONEの維持費目安

このOCNモバイルONEの格安スマホセットを契約し、その後もブラックリストを避けるために毎月維持していった場合の維持費についてを確認していきましょう。

維持費としては以下のような内容になります。

維持費
音声対応SIMのコース 月額料金
1GBコース 770円
3GBコース 990円
6GBコース 1,320円
10GBコース 1,760円
1年間利用時の維持費
1年間の維持費目安 年間料金
1GBコース 9,240円
3GBコース 11,880円
6GBコース 15,840円

最安の維持費は770円となり、半年利用時は4,620円、1年利用時は9,240円の総額がかかります。

もしもブラックリスト入りを避けたいために1年間の維持をしておこうと考えた場合、端末価格にこの料金をプラスしてみて下さい。

維持費込みでもSIMフリー版の定価よりもしっかりと安くなっている場合が多いため、音声+データの回線を使えて定価よりも安いというこのOCNモバイルONEはスマホの購入において魅力的な契約になってくるはずです。

OCNモバイルONEはキャンペーンが強烈でお得なスマホ購入というのが出来るため、運用上の維持費や注意点といったところを確認してもらいながら、賢く契約するようにしてください。

OCNモバイルONEの端末セットはコチラから!

機種変更ならドコモオンラインショップで

ドコモのスマホの購入、特に機種変更で購入しようと思っているならドコモオンラインショップが最適解

  • 事務手数料無料
  • オンラインショップ限定端末購入割引

といった機種変更におけるお得な特典が用意されているだけでなく、

  • 最短2日で配送、一部地域は24時間以内に配送、発売前なら発売日当日配送に対応
  • 手続きが5分程度と長時間拘束されない
  • 対面での手続きがない完全オンラインなので感染症対策といった視点でも契約しやすい

このような時間的にも融通が利き、無駄な時間を費やさずに安心した機種変更を行うことができます。

無駄を省きながらお得に購入できる「賢い契約ショップ」となり得るのがドコモオンラインショップなので、機種変更をするならばこちらも選択肢として考えてみてください。

ドコモオンラインショップはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です