スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

iPhone 12のMNP契約、ドコモは単純に最安・ソフトバンクはクーポン効果で実質的な最安値を実現

iPhone 12のMNP契約、ドコモは単純に最安・ソフトバンクはクーポン効果で実質的な最安値を実現

今回はiPhone 12購入に使えるMNP術についてを紹介していきます。

事務手数料の撤廃や契約解除料、いわゆる解約金が大幅に下がったことによってMNPのしやすさは過去最高にしやすいものになっているかと思います。

キャリアメールや光回線セットなどまだハードルはあるとはいえ、そこが問題ではないユーザーにとってはMNPでの契約というのも前向きに考えられるはずです。

現在各キャリアではMNP契約をしてくれるユーザーに対して総務省の定める割引金額のほぼ上限を設定してくれているため、「誰でも満たせる条件の中で最も安い」形でスマホを契約することができるようになっています。

今回はそうしたMNPしやすい環境になり、実際にMNPに抵抗のないユーザーに向けたiPhone 12の最安購入の方法についてをまとめてみようと思います。

 

iPhone 12のMNP契約、最安はドコモだがソフトバンクも実質最安

MNPでiPhone 12を契約する場合、最も安く契約できるのはドコモです。

これは単純な理由で

  • iPhoneに設定されている定価が3キャリアの中で一番安い
  • MNPでの割引が総務省上限の22,000円分用意されている(ドコモオンラインショップ)

ためです。

定価が他のキャリアよりも安い上に、MNPの割引も最大まで出せるようになってるために最安値を実現しています。

このために単純に安くiPhone 12へとMNPしたい場合にはドコモを選ぶのが正解で、安さを重視するなら他のキャリアを選ぶ理由というのはかなり少なくなります。

 

ただしこのドコモのMNP最安値に対抗しうる存在としてソフトバンクへのMNPというのも一つ注目したい契約方法です。

ソフトバンクではMNPしてくるユーザーに対してiPhone 12や12 Proへの値引きとしてweb割と呼ばれる21,600円分の割引を用意しているのですが、これに加えて1万円分のPayPayボーナスが貰えるクーポンも利用できるようになっています。

この上限2万円の割引+1万円のクーポンの存在によってソフトバンクの一部モデルのiPhone 12は、実質価格にはなるものの最安となる可能性があります。

このようにiPhoneのMNPでの契約はドコモとソフトバンクの2キャリアで最安級の形で契約できる可能性があるため、今回はこの2つのキャリアのMNP契約についてその詳細を見ていこうと思います。

 

iPhone 12,12 ProをドコモへのMNPで最安契約をする

まずは単純なMNPによって最安となるドコモへのMNPのメリットを確認していきましょう。

ドコモへのMNPで得られる特典やキャンペーンには以下のものがあります。

  • 5G WELCOME割:22,000円分
  • スマホおかえしプログラム(端末を2年後に返却で3分の2負担)
  • 5Gギガホ割:月額1,100円引き×6ヶ月間
  • MNP向け下取りプログラム
  • dカード支払いで2%還元
  • オンラインショップ契約で事務手数料無料(3,300円相当)

これらの特典の中ではやはり22,000円引きの5G WELCOME割が一番効果を実感できるものになるでしょう。

元々3キャリアの中では一番iPhone 12の価格設定が安いのがドコモなわけですが、そこに上限目いっぱいの割引が用意されたことでMNP契約時のiPhone 12の価格はかなり安いものになっています。

通常価格 5G WELCOME割適用時 スマホおかえしプログラム
(22,000円引き適用時)
iPhone 12 64GB 101,376円 79,376円 52,928円
(2,204円×24回)
128GB 109,296円 87,296円 58,208円
(2,424円×24回)
256GB 123,552円 101,552円 67,712円
(2,820円×24回)
iPhone 12 Pro 128GB 129,096円 107,096円 71,408円
(2,974円×24回)
256GB 142,560円 120,560円 80,384円
(3,348円×24回)
512GB 169,488円 147,488円 98,336円
(4,096円×24回)

機種変更だと結構高額だと感じられる価格設定ですが、MNPの2万円引きで8万円前後からとなると相当に手が出しやすくなると思います。

さらに2年後に返却することにはなるものの、スマホおかえしプログラムを利用すればMNPの割引分が反映されて5万円ちょっとの負担額で2年間iPhone 12シリーズを利用できるようになるため、こちらも負担額を減らしたい・新作が出た時に定期的に買い替えたいという場合には利用するといいでしょう。

ここにオンラインショップ契約特典による事務手数料3,300円がかからないといったものを含めれば、しっかりとより割安に契約することができます。

高額な割引・安い定価によってドコモのiPhone 12,12 ProはMNPで契約しやすいのは間違いないでしょう。ただ単にMNPするだけで最安化するのはわかりやすいです。

au・ソフトバンク、それにMVNOから乗り換えるならドコモがまずは無難な選択です。

ドコモオンラインショップ:iPhone

 

iPhone 12,12 ProをソフトバンクへのMNPで実質最安契約をする

続いてはソフトバンクです。

MNPの契約は基本的にはドコモが最安となるため、auやソフトバンクへの乗り換えはプランやオプションなんかに魅力を感じない限りはドコモよりもお得感はないのですが、「クーポン」を利用することによって実は一部モデルが最安になる可能性を秘めています。

最安価格はあくまでも実質的なものになるものの、ドコモ以上に安くなっているモデルが存在しているので、その辺りの値引きやキャンペーンといったものを以下ではまず確認をしておきます。

  • web割:21,600円引き
  • Yahoo!携帯ショップクーポン:PayPayボーナス10,000円分
  • Webトクキャンペーン:3,300円分の事務手数料が無料
  • トクするサポート+(端末を2年後に返却で負担が半額に)
  • 半年おトク割:通信費1,100円引き×6ヶ月
  • MNP向け下取りプログラム
  • Y!mobile⇒ソフトバンクのりかえ特典:通信費3,080円引き×12ヶ月

特典としてはこれらのようになっており、端末の直接的な値引きにはweb割の21,600円引きが用意されています。

これだけだとソフトバンクへのMNPはドコモに比べて割高になってしまっているため、あまりお得さを感じられないものになっているのですが、Yahoo!携帯ショップで用意されているクーポンを利用すると、この値引きに加えて1万円分のPayPayボーナスが貰える特典をゲットできるようになります。

こちらは直接の値引きではないものの、実質的な1万円相当のキャッシュバックとなるために、こちらも端末価格の実質値引き相当として考えると価格としては以下のような実質価格になります。

通常価格 web割適用時 クーポン利用時の実質価格
(+10,000円分PayPayボーナス)
トクするサポート+
(web割適用時&クーポン別途計算)
iPhone 12 64GB 110,880円 89,280円 実質79,280円 44,640円
(1,860円×24回)
+10,000円分PayPayボーナス
128GB 116,640円 95,040円 実質85,040円 47,520円
(1,980円×24回)
+10,000円分PayPayボーナス
256GB 131,040円 109,440円 実質99,440円 54,720円
(2,280円×24回)
+10,000円分PayPayボーナス
iPhone 12 Pro 128GB 137,520円 115,920円 実質105,920円 57,960円
(2,415円×24回)
+10,000円分PayPayボーナス
256GB 151,920円 130,320円 実質120,320円 65,160円
(2,715円×24回)
+10,000円分PayPayボーナス
512GB 180,000円 158,400円 実質148,400円 79,200円
(3,300円×24回)
+10,000円分PayPayボーナス

あくまでも実質価格となるものの、一部モデルにおいてドコモの実現してきた最安価格を下回るものになっています。

クーポンを利用する、というイレギュラーな形での契約にはなりますが、利用できる特典を全て使うとソフトバンクのiPhone 12は一部モデルが実質価格で最安級の価格になってきます。

ここにトクするサポート+を利用すれば、2年後返却でドコモよりも負担額が軽くなる半額化が可能ですし、Y!mobileからののりかえであれば12ヶ月間メリハリプランが約3,000円も安くなるという事で非常に維持費も安くなる、というメリットが用意されています。

トクするサポート+で2年後に返却するといっても、iPhone 12の負担額が4万円台で1万円相当のキャッシュバックも得られるというのは相当に安価な契約になるはずです。

事務手数料3,300円分が無料になるWeb特典もあり、ドコモに負けないMNPのメリットを用意しているのがこのソフトバンクという事になります。

ぱっと見だと定価が高くてお得感は少なく感じられますが、用意されているキャンペーンをフルに使う事で最安級の契約、というものが実現できるようになっているので、こちらもドコモ同様にiPhone 12契約の際にはMNPする価値のあるキャリアとなっています。

ソフトバンクオンラインショップ:iPhone

なおクーポン取得は以下のバナーサイトから。Yahoo! IDが必要となります。

 

iPhone 12をMNPで契約できる場合には、こちらの2キャリアを上記の形で契約を行うことによってほぼ最安に近い形(多くの人が満たせる条件下において)で契約できる可能性があります。

特にソフトバンクの場合は実質ではあるものの最安で、トクするサポート+を使えば21,600円引きを適用した上で半額相当で利用可能、Y!mobileからのMNPならフラットプランが3,000円引きという相当な好条件で契約できるようになっているため、必要な条件を満たせるようならMNPするのも前向きに考えてもらいたい内容になっています。

MNPが出来た上に2年後返却でも問題ない、ということであれば2年間iPhone 12,12 Proを使っても負担額は少なくなる上、クーポンでPayPayボーナスも貰えてしまうという強烈な契約が可能です。

こうした運用は安くiPhoneを使いたいならばぜひ検討をしてみて下さい。確実にお得な契約というものが実現できるはずです。

ソフトバンクオンラインショップ:iPhone

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top