スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

auのガラケー、一括0円で買え258円運用のPT003と3円で使えるGRATINA KYY06が今の主流

auのガラケー(2つ折りの携帯電話・フィーチャーフォン)で現在購入できる機種の中で、在庫があり比較的安い機種を今回は紹介したいとおもいます。
auのガラケーは現在ほとんど販売ラインナップからは外れており、店頭で在庫のある機種はほんの少ししかありません。またそのほとんどが定価で売られており、あまりオトクな買い方ができないものが多い状態です。

ですが、いくつかの機種は安く買えたり、安く維持することができるので、それらの機種を購入すればオトクな状態になれます。
今回はそのオトク機種であるPT003とGRATINA KYY06について紹介しましょう。

スポンサードリンク

 

PT003は新規一括0円、258円運用

まずご紹介するのがPT003です。
こちらの機種は新規契約で購入する場合、一括0円で売られているところがあります。現状、新規一括0円で売られているauのガラケーはこれしかありません。
PT003を新規で購入した場合は、毎月割が525円ついてきます。これをプランEシンプルと呼ばれる最も安い基本料金のプランで運用した場合、タイトルにある258円運用が可能になります。
プランの構成、計算方法はこのようになっています。

780 : プランEシンプル
▲525 : 毎月割
3 : ユニバーサル料金
258円 : 合計

PT003は安く買えて安く使えるauのガラケーの筆頭でもあります。若干動作が重く感じられるところもありますが、安さを考えれば許容範囲と言えるでしょう。

 

GRATINA KYY06は3円運用が可能

13年9月に発売された最新モデルのガラケーである京セラGRATINA KYY06。こちらの機種は新規で購入すると毎月の運用費が最低3円からにできるガラケーです。その理由は新規とMNPについてくる高額とも言える毎月割です。GRATINA KYY06は1050円の毎月割が新規とMNPにあるため、先ほどと同じように、プランEシンプルでプランを構成すると、次のような維持費になります。

780 : プランEシンプル
▲1050 : 毎月割
3 : ユニバーサル料金
3円 : 合計

毎月3円からガラケーが持てるようになりました。ただしこれはメールをしないプランなので、これにメール用のISNET315円をつけると毎月の料金は48円になります。
PT003共々、安い購入&運用には新規での購入が必須な点に注意してください。機種変更では毎月割の額も変わって、なおかつ本体代も3万円以上の定価で売られていますので、ここでのオトクな方法は実現ができません。

 

GRATINAデビューキャンペーンで2万円引き

ですが、現在はキャンペーン中でGRATINA KYY06において機種変更で安く購入できる可能性があります。現在の回線で24ヶ月以上機種変更をしていない人に対して、auはGRATINA KYY06の本体代金を最大21000円引きするキャンペーンを行っています。
これを使えれば、騎手変更でもおよそ1万円ほどで最新のガラケーへ機種変更できるため、既存のau利用者でもオトクにガラケーを購入することができます。

http://www.au.kddi.com/mobile/campaign/gratina-debut/

 

auのガラケーラインナップは非常に少ないものの、購入方法によってはこのように安く買えて安く運用できるので、ガラケーを新たに購入しようとしている方々にはauのガラケーも1つのおすすめとしておきたいです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top