スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ドコモ、4月からの値引きはカメラ最強スマホ『P30 Pro』を5万円以下に iPhone XSの安売りも継続

ドコモ、4月からの値引きはカメラ最強スマホ『P30 Pro』を5万円以下に iPhone XSの安売りも継続

ドコモオンラインショップにおいて4月からの値下げ終了・継続に関するお知らせが出ています。

年度末の決算期ということで例年3月は安売りが強く、4月になるとパタッとその安売りが終了してしまうわけですが、今年もその傾向は変わらず値引きキャンペーンが適用されていた多くの機種の値引きが3月末をもって終了という事になります。

ただ今年は在庫限りではあるものの一部で割引が継続してくれる機種や、さらに4月から定価を下げる形での安売りが行われるようになっています。

かなりのハイエンドモデルが機種変更でも安売りを継続しているので、4月からの値下げ情報を確認していこうと思います。

 

iPhone XSの安売りは継続(在庫少ないけど)、Huawei機は3月以上に大幅値下げ

4月からは

  • XiからXiへの機種変更
  • 3G(FOMA)からXiへの契約変更
  • 他社3GからドコモへのMNP

といった契約方法に適用されていたキャンペーン割引の対象機種が大きく減ります。

特に『XiからXiへの機種変更』という多くのドコモユーザーに恩恵のある契約方法の安売りが28機種ほどで終了・対象外となってしまうため、既存ユーザーにとって安くスマホを契約する機会というのが失われてしまうものになります。

高性能なAndroid、iPhone 11などの安売り、ミドルレンジの高額な割引といったものも終了してしまいます。

3G回線からの契約変更やMNPはまだ割引が残ってくれるようですが、中々対象者が多い契約ではないために機種変更中心で見ていきます。
(3Gからの契約変更はこちらで⇒【ドコモ】3Gガラケーからスマホへ機種変更するのにおすすめできるお得なスマホ【キッズケータイも】

そうした割引が終了していく中で、キャンペーン割引が継続orキャンペーン関係なく低下を値下げしてくるという機種が4月に登場してくれるようなので、そちらを紹介しましょう。

4月1日以降の価格 割引方式
iPhone XR 64GB 53,240円 22,000円引き(要6ヶ月回線)
iPhone XS 64GB 57,200円
iPhone XS 256GB 61,160円
Huawei P30 Pro 48,312円 定価値下げ
Xperia XZ3 59,400円
Huawei P20 Pro 30,096円

詳細な条件については4月のドコモオンラインショップでの正式発表以降に確認しておきたいですが、端末購入割引については基本的には前回の機種変更から6ヶ月以上経過している回線が対象になるでしょう。

定価値下げの方に制限があるかどうかはわかりませんが、条件次第では非常に魅力のある契約になるでしょう。

 

まずiPhone XSおよびiPhone XRの一部容量についてはまさかの値引き継続です。

在庫が少なく復活する間隔も伸びているために入手は困難ではありますが、iPhone XSやiPhone XRの性能で一括5万円台からの契約が出来る点は機種変更向けのスマホとしてかなりコストパフォーマンスに優れた契約であるのは変わりありません。

Xperia XZ3も値下げの対象ですが、これは今回の安売りスマホの在庫が全て無くなってから考慮すべき端末でしょうか。

価格や性能、重量といったものを考えると他のスマホよりも若干コストパフォーマンスが劣ります。iPhoneや次のHuawei機の在庫が無くなった時に考えるべき機種となるでしょう。

 

今回の目玉はHuawei機種の定価値下げです。

まさかのP30 Proが3月よりも安くなる、しかも定価を値下げする形になるので条件的にも緩い形で購入が出来る、ようになります。

これはかなり内容的に熱いです。

後述しますがカメラやバッテリーの性能といったものが相当に高いスマホであり、普通にスマホとしての性能も高い個人的にもおすすめの一台な訳ですが、それが今回48,312円なんていう5万円以下で買えるのは相当な特価です。

この価格は4月以降の割引やキャンペーンが少なくなる中で驚異的な安さであると言えます。

一応P20 Proもかなり安い30,096円なんていう価格なのですが、カメラ性能がどちらも高い中でP30 Proはちょっと飛びぬけて良いものになっているため、そちらが48,312円で買える現状においてはちょっと高くなってもP30 Proを選ぶことをおすすめしたいところです。

在庫がどれくらい残っているかわからないですが、この価格なら問答無用に買って良いコストパフォーマンスの良さですので、機種変更を予定していたけど3月のセールには14ヶ月縛りなどの影響で参加できなかった、なんて理由があればこのP30 Proは4月以降も契約できる安売りスマホの中でも圧倒的に良い機種となってくるはずです。

個人的に5万円以下で買えるならP30 Proは絶対買いです。カメラ専用的な用途でも5万円以上の価値をもったスマホになっているので、定価変更のみによる軽い契約条件ならコレクションに加えておきたい機種になっています。

おそらく3月のSPECIAL割引を使った回線でも定価変更なら契約できると思うので、カメラ用に1台購入してみても良い価格かと思います。

HUAWEI P20 Pro HW-01K 実機レビュー スマホ機能を中心に評価・評判・デメリットについて

Huawei P20 Pro HW-01Kはカメラスマホとして驚異の実力

Xperia XZ3 SO-01L/SOV39/801SO実機レビュー バッテリーや発熱に注意が必要も、使いやすさは大きく向上

 

数少ない安売りかつ高性能機種となるため、在庫切れには注意を

このように3G回線からの契約ではまだ安くなる機種は残されているものの、普通のXiからの機種変更では安売りというのは数が一気に少なくなってしまっています。

そうした中でまだ安売りが継続することになるiPhone各種、そしてHuawei機に関してはコストパフォーマンスがかなり良い契約になっています。

種類としては少ないものの、とにかく価格を安く良い機種を購入したいならこれらのスマホは確実に買いかと思います。

問題は安いスマホが少ないために争奪戦となってしまう可能性がある点です。

iPhone各種やHuawei機に関しては間違いなく価格の安さの割に性能やカメラなどの付加価値がしっかりしているため、お得な契約を実現しようと思ったらこれらの機種がしばらくはその対象の中心となります。そのために早々に在庫が終了してしまう可能性というのも考えて契約するタイミングを決めたほうが良いでしょう。

その辺りは念頭に入れながら契約をしてみて下さい。また、P30 Proの定価値下げの正確な条件などは4月以降販売ページから確認をしておいてください。

なお急いで3月分を契約したい場合には新規MNPは3月30日正午までに、機種変更は31日の午後11時までに手続きをしないとメンテンナスで買えなくなります。

 

ドコモオンラインショップ

4月1日以降の割引および販売価格の変更について | ドコモオンラインショップ

 

P30 Proの魅力:カメラとバッテリー性能は2019年のスマホの中ではトップクラス

一応P30 Proについてはすでにレビューを用意しているのですが、改めてここではその魅力を再確認しておこうと思います。

P30 Proの魅力は、

  • カメラの良さ
  • バッテリーの良さ

この2つです。

これらのポイントをスマホ選びに重要視するのであればP30 Proは絶対におすすめできるスマホです。

 

カメラの良さに関しては今更なレベルでその良さが浸透していると思いますが、改めてそれは伝えておきたいと思います。

2020年になった現時点でもカメラ性能は販売されているスマホの中でもトップクラスの実力を誇ります。特に夜景の強さはすさまじく、無駄に夜の写真を撮りたくなる性能をもっています。

正直P30 Proはこのカメラだけで今回の48,312円という価格は戻ってくる価値を持つ機種かと思うので、本当にその安さが際立っています。

 

さらにスマホとして見た時もバッテリー持ちが非常に良いです。

個人的には2019年に使ったハイエンドモデル系のスマホの中ではトップ3に入る、というか普通に1位なんじゃないかと感じるバッテリー持ちの良さを見せます。

レビューにもあるようにバッテリー周りの検証結果は他のスマホと比較しても群を抜いており、普通に使っていてかなり安心できる電池持ちを見せてくれます。

Huawei P30 Proレビュー 「スマホ付きカメラ」化が進み多様なアプローチが可能に

バッテリーで選ぶなら現行機種の中ではAQUOS sense3と並んでおすすめできます。

 

カメラの良さ・普段使いとしての性能の良さ、そしてバッテリーもハイエンドモデルの中ではトップクラスに長持ちするというとんでもなくバランスの優れたスマホがこのP30 Proです。

そんなスマホが今回48,312円は強烈なインパクトですしコストパフォーマンスといったところも本当に優れたものになっています。

4月からはいくつものスマホが値下げが終了してしまうものの、正直P30 Proが値引きしてくれるならば多くのドコモユーザーにとってはメリットのある機種変更をし続けることが出来るのに変わりはないでしょう。

願わくば在庫が長く残っていることを期待したいところです。

 

ドコモオンラインショップ

動画も出してます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top