スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

「MNP一括0円」に騙されるな!1月のiPhone5s、“本当の”MNP一括価格相場

おそらく多くの方が気になっているであろうiPhone5sのMNP一括0円販売。
現時点でもiPhone5sのMNP一括0円は出てきていますが、そのどれもが条件付きです。
ある契約条件は2台同時で。ある契約条件はコンテンツを複数契約。ある契約条件は光ファイバーへの加入を・・・など多くの条件を満たせばMNP一括0円になるというものです。
このように、いまだにiPhone5sを低い条件でMNP一括0円で購入することは出来ません。どれもそれ相応の条件と引き換えに0円になるため、「今iPhone5sが安い!」という煽りには絶対に引っかかってはいけません。
こうした中で、では現在のiPhone5sのMNP一括相場(コンテンツや抱合せ商材無しの状態で)というのはどうなっているのでしょうか。今回は1月11日(3連休の初日)時点でのそれぞれの会社のiPhone5sのMNP一括相場を紹介して行きましょう。

スポンサードリンク

 

SB版は一括5000円から1万円

SoftBankは実際もうすぐMNP一括0円になることでしょう。p-upと呼ばれる販売代理店が経営するテルルフランチャイズでは、SoftBankのiPhone5sがMNP一括5250円となっています。ここは関東を中心に店舗を広げている系列で、系列店に入る店はどこもほとんど契約内容に変わりがありません。
頭金用のコンテンツに3つ加入が必要ですが、条件としては大したものではないでしょう。

このp-up系列は安くもないのですが高いと呼べるような店でもないので、充分な判断材料になるとおもいます。

 

維持費用について

iPhone5sを一括で買った場合は通信費が非常に安くなります。本体代を既に全額支払い済みとなるため、割引特典を全額通信費に適用出来ます。割引特典(SoftBankの場合は月月割というもの)を利用した場合に、フラット回線で運用した場合の維持費用を計算してみましょう。

  • 0:ホワイトプラン(のりかえ割適用)
  • 315:S!ベーシックパック
  • 5460:パケットし放題
  • -2835:月月割
  • 2940円:合計

基本的な組み合わせで2940円から使えます。ここにさらに他のキャンペーンによって毎月の通信費がさらに下がる場合があります。

 

au版は一括2万5000円、2台なら一括0円

au版はSoftBank版よりも下がってはいません。MNPでは大体4万円引きが相場で所々で5万円引きが目に付くぐらいです。条件が強くなってくると6万円引きという内容も出てきていますが、auひかりへの加入等が条件になるでしょう。

低い条件ですとMNP一括2万5000円から1万5000円ほどです。2台同時MNPならばiPhone5sが両方ともMNP一括0円というものをいくつかのauショップがやっていますが、こちらの場合は条件がついてきてクレジットカード契約などを求められることが多いです。店によって条件が大分変わるので、条件がいい店を探すことが必要になるとおもいます。店を選べば、以下のようにauオプションだけでも2台なら0円になるようです。

 

維持費用について

こちらでもau版のiPhone5sをMNP一括で買った場合の維持費用を計算してみましょう。

  • 0:LTEプラン(auにかえる割)
  • 315:LTEネット
  • 5460:LTEフラット
  • -2835:毎月割
  • 2940円:合計

こちらもSoftBankと同じ維持費用です。一括価格が高い分auのほうが総合的には割高になりますが、電波の安定感ではauのほうを選んだほうがいいかもしれません。

 

docomo版は一括4万円近く

docomo版のiPhone5sはMNPでもほとんど安くなっていません。唯一安く出している契約条件としては、3台同時にMNPすることぐらいです。3台同時ならば、MNP一括0円は結構出てきています。ただ3台同時というのは普通の方には難しい内容でしょう。 1台ですと大体4万円以上と見たほうが良さそうです。そもそもdocomoのiPhone5sはツイッターで店がつぶやかないほどの安売りのしなさです。ですので、ほとんど契約条件として相場を測る方法はありません。今回は無理やりコンテンツ付きの契約条件から、コンテンツがない状態での一括相場を紐解いてみましょう。

 

こちらの契約条件を参考にしてみます。
コンテンツは1つで1000円の報酬が相場です。ですので、これだと30個=3万円分の値引きが発生していると見ていいでしょう。そうすると一括で1万2800円ですので、合わせると4万2800円がコンテンツ無しの状態での相場に近くなると見れます。
SoftBankが5000円、auが2万円でiPhone5sのMNP一括価格として実現してきているのに対して、docomoでは4万円と全く安くなる気配がありません。

 

docomo版についてはまだ購入するタイミングではないとおもいます。今iPhone5sを安く欲しいならば、MNP弾を作ってSoftBankかauでしょう。スマホ電話SIMを使えばSoftBankのiPhone5sを総額2万円ぐらいで手に入れる事ができます。通信費も2940円から使えますので、節約思考の方には充分な内容だと言えます。
b-mobileがMVNO型MNP弾にスマホ電話SIM フリーDataを追加 費用を計算してみました | スマホ辞典
スマホ電話SIMの費用については既に書いてあるので、そちらを参考にしてください。
今後はさらにiPhone5sが安くなっていきますが、同時に割引きも額が少なくなっていく可能性があります。それを考えると5000円ほど本体代がかかりますが、一括価格が安く割引きも高いこの時期にSoftBank版のiPhone5sを購入すれば、通信費も本体代も安くすることが出来るでしょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top