スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

docomo版のNexus 5Xの価格と維持費

docomo版のNexus 5Xの販売予定価格及び月々サポートの金額が発表されました。

事前の報道でGoogle ストア版やY!mobile版よりも高くなると言われていましたが、実際に発表された価格でもかなりの高額化が確認できています。月々サポートや端末専用キャンペーンにより一応は割引の余地はあるのですが、それでも総額ではY!mobileやGoogle直販モデルのMVNO運用と比べると高額になってしまいます。

180日間のSIMロックもあり中々どういった場面でdocomo版を購入するのが良いのか、というのが見出しにくくはありますが、とりあえず維持費やキャンペーンの中で運用上で妥協できるものがあれば「買い」になる方もいるかもしれないので、そちらをこの記事では確認しておこうと思います。

なおdocomo版は32GBモデルのみとなります。

追記:2月26日より維持費や月々サポートが大きく変わって契約しやすくなりました。詳しい内容は以下の記事をご覧ください。

Nexus 5X 簡易スペック表

OS Android 6.0
CPU Snapdragon 808
RAM/ROM 2GB/32GB(docomoモデル)
ディスプレイサイズ/解像度 5.2インチ/フルHD(1920×1080)
メイン/リアカメラ 1200万画素/500万画素
重量 136g
バッテリー 2700mAh
その他 VoLTE対応
指紋認証(背面)
nano SIM
SIMロック解除対象端末
おサイフ・防水・SDカードに非対応
スポンサードリンク

docomo版Nexus 5Xの価格と月々サポート

まずは価格と月々サポートです。価格は全ての契約(機種変更/新規/MNP)において10,800円の本体代値引きが入るので、それを適用させています。MNPはのりかえボーナス、新規・機種変更はNexus 5Xスタートキャンペーンです。
これにより一応は発表された金額よりはちょっとだけマシなものになっています。新規と機種変更にキャンペーンが適用されるのは多少ではありますがありがたい配慮です。

Nexus 5X 32GB Google Y!mobile docomo
価格 63,400円 80,352 82,512円
(CP適用前は93,312円)
通信費割引 ▲1620円
(スマホプランM/MNP時)
▲2,025円
実質価格 41,472円 33,912円

実質価格を見ると昨今のハイエンドモデルと変わらないレベルなのですが、Google ストア版という比較対象が存在することで割高感が感じられます。

 

割引・クーポン込みでの維持費

続いては維持費を複数のパターンで計算してみます。

今回のNexus 5Xは「シェア15特割」の適用対象となるため、シェアパックの計算に関してはデータ容量が15GBのプランを使っています。シェアオプションでも代表回線がシェアパック15を契約している場合には割引の適用内のため、そちらにも反映させた料金を出しています。
またシェアパック15に合わせてカケホーダイライトを基本プランのベースにしています。もしもカケホーダイで通話に制限なく利用したい場合は1,080円値上がりするのでお気をつけてください。

一応計算したプランは新規とMNPの場合で、当サイトのTwitter特典(10月25日までが取得期限 追記:現在配布は終了しております。)を併用した場合を想定しています。機種変更の場合は分割の支払いが毎月450円値上げされるので注意してください。

Nexus 5 32GB データM シェアパック15 シェアオプション データ(スマホ/タブ)シェアOP
カケホーダイライト/データ 1836 1836
spモード 324
パケットパック 5400 13500 540 540
月々サポート ▲2025
シェア15特割 ▲540 (▲540)
(一括時)合計維持費 5535円 13095円 135円 675円
Nexus 5端末代
(▲Nexus 5XスタートCP適用)
(▲Twitter特典適用)
71712円(2988円×24回)
(分割時)合計維持費 8523円 16083円 3123円 3663円

分割を前提にすると基本料金の安いY!mobile版に比べても高額になりますし、SIMフリーのGoogle ストア版を良質なMVNOで運営した場合にも大変な差が付きます。docomoの回線やサポートに余程魅力を感じていないと金額的には出しにくい月額料金になるでしょう。

 

Nexus 5Xへの割引・キャンペーン

既に適用してこの料金の高さなわけですが、一応高額さを和らげる助けとなるNexus 5X向けのキャンペーンも各種確認しておきましょう。

Nexus 5Xスタートキャンペーン・のりかえボーナス(維持費に適用済み)

のりかえボーナスはMNPかつ11月3日まで、Nexus 5Xスタートキャンペーンは新規と機種変更で11月30日まで適用されて、それぞれ端末代金が10,800円直接割引されます。そのため、どの契約でもしばらくの間は93,312円という金額ではなく8万円台前半という価格になりそうです。

※一応Nexus 5X スタートキャンペーンの説明ページではMNPも対象のキャンペーンとされていますが、今のところオンラインショップでMNP契約を選んだ時の料金のモデルケースに施策が反映されていないため、今回の維持費等には反映させていません。今後キャンペーン内容あるいは価格に反映されるなどの修正が行われたら追記していきます。仮にNexus 5Xスタートキャンペーンとのりかえボーナス、それにTwitter特典が併用できるようだと、販売価格は60,912円とGoogle ストア版よりも安くすることがMNPでは可能です。

キャンペーン内容の文面を読む限りはMNPが弾かれることはなさそうなので、適用を期待したいところですが・・・。

キャンペーン詳細(Nexus 5X スタートキャンペーン) | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

シェア15特割(維持費に適用済み)

恐らく延長はされるかと思いますが、11月3日までの契約でシェア15特割を割引サービスとして適用することが出来ます。シェアパック15を契約、もしくは同契約を持つ代表回線と子回線としてシェアオプションを組んだ契約に対して毎月540円の割引、総額12,960円分が適用されます。

キャンペーン詳細(シェア15特割) | NTTドコモ

ありがとう10年スマホ割

機種変更の場合、10年以上の長期契約者なら毎月432円割引が増額されます。

キャンペーン詳細(ありがとう10年スマホ割) | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

家族まとめて割・下取りプログラム

別にNexus 5Xに関わらずですが、家族で2台以上契約した場合に適用される家族まとめて割、それに他社iPhoneやdocomoスマホの下取りによってポイント付与などが受けられる下取りプログラムも活用可能です。

特に機種変更の場合、2年前にツートップとして発売されたGALAXY S4 SC-04E、Xperia S SO-04Eがそれぞれ高額な下取り還元となっているため、これらの端末からの機種変更を予定していた場合にはNexus 5Xに限らずお得に機種変更できる可能性が高まっています。

Google Play連動キャンペーン

Nexus 5X購入者限定として、docomoでは3つのGoogle関係の特典を用意しています。

1つはGoogle Playで有料アプリや映画、電子書籍に使えるクーポンが5,000円分プレゼントされるというものです。先着10,000名までですが十分な余裕はあるでしょう。

2つ目はGoogle Cardboardがプレゼントされるというもので、店頭で直接・オンラインでは郵送で購入者全員にプレゼントされます。なんでもこれを装着すると写真や映像が360°の世界で楽しめるとか。

最後はGoogle Play Musicが90日間無料になるという特典です。

キャンペーン・イベント情報 : Nexus 5X購入者限定 Google Playクーポン5,000円&Google Cardboardプレゼント! | NTTドコモ

当てて!選べる!ワクワクキャンペーン

オンラインショップ限定ですが、機種変更なら購入前、新規・MNPなら購入後にエントリー出来るキャンペーンが行われており、最大10万円分の商品券が当たるものが行われています。

当てて!選べる!ワクワクキャンペーン | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

 

このように維持費等、料金に関する部分を見ていきましたが、全体的にやはり高額感は否めません。新規でもスタートキャンペーンの割引があるため、2台持ちでなんとか活路があればと思いましたが、それだったらGoogle直販にMVNO挿入で事足りるでしょう。一括0円ならともかく7万円以上端末代金にかかるようでは2台目シェアの良さを活かしきれません。

初期のキャンペーン期間中に購入したほうが比較的安く契約は出来るのですが、我慢できるようなら今後売れ行き次第では月サポ増額などの販売施策が始まるかもしれませんので、それを待ってみてもいいかもしれません。

ドコモオンラインショップ:Nexus 5X 詳細はこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top