スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

2014年4月、MNPキャッシュバックは実際どうなったの?

先月騒ぎの大きくなったMNPユーザーへの高額キャッシュバック問題ですが、4月からはどうなっているのでしょうか。

商戦の時期としては3月の年度末が終わったことで、いつも一段落するのが業界的な姿かとおもいます。ですので、4月からは今回の騒ぎが無くても、キャッシュバックが少なくなることは規定の路線として予想されていました。
ですが、途中でいろいろなメディアがキャッシュバックを問題にしたことで、その少なくなるキャッシュバックの額が、これまでの3月→4月に比べて、極端な変化をしてしまいました。

今回は、4月最初の週末を迎えたので、このキャッシュバックが4月になって実際にどれくらいのものになったのかということを、紹介したいとおもいます。

 

スポンサードリンク

 

docomoのMNPキャッシュバック状況

極端な変化を見せたのは、このdocomoです。
一番最初に、3台同時でキャッシュバックを増額、iPhoneに10万円以上のキャッシュバックをつけてきたdocomoが、4月からMNPのキャッシュバックをしなくなりました。
iPhoneもAndroidも、皆MNPは定価に近いです。一応キャッシュバックは少しはあるのですが、定価から5000円ほどのキャッシュバックだけです。1万円も還元されない状態です。
docomoへMNPするメリットは、基本料が無料になるドコモにのりかえ割と、ちょっと高くなる月々サポートだけです。しかもドコモにのりかえ割は、改悪がされて4月からは3円維持に使えなくなっています。

MNPのキャッシュバックはdocomoが一番少なくなっています。すべて実質0円で、一括0円はありません。

 

SoftBankのMNPキャッシュバック状況

SoftBankはdocomoほどではないです。それでもキャッシュバックはやはり期待できません。
それでもdocomoよりマシで、一括0円ぐらいならMNPで購入できます。
ですが、その一括0円も、iPhone5sや最新のスマホでは行っていません。古い端末のみがMNPでやっと一括0円です。
キャッシュバックは0円の古い端末に、1万円ぐらいしかついてきません。

一番良さそうなのは206SHのキャッシュバックつき契約内容です。それ以外だと、端末が古すぎて使い物にならないかもしれません。

 

 

 

auのMNPキャッシュバック状況

auだと結構まだキャッシュバックはあります。
3月よりも減ってますが、4月にしてはわずかな減少で収まっています。
MNPで一括0円のスマホは、Xperia Z1とisaiとARROWS Zです。この内isaiとARROWS Zだと、0円にキャッシュバックもついてきています。
25歳以下ならキャンペーンで1万円のキャッシュバック増額が出来るので、25歳以下の方には、4月になっても影響は少ないかもしれません。
SoftBankと同じようなキャッシュバックですが、auのほうが端末は新しいものがあるので、オトク度が違います。

 

docomoのMNPキャッシュバックは3月と比べてかなり少なくなってしまいました。また、AndroidにキャッシュバックをしているSoftBankとauも、iPhone5sにはキャッシュバックをやめています。
MNPのキャッシュバックを続けているSoftBankとauでも、SoftBankは在庫処分的なスマホに、auは最新端末に、とやり方が違います。あえてこの時期にMNPでキャッシュバックをもらいたい場合は、auが唯一のおすすめです。
Xperia Z1やisaiだったら、何不自由無く使えるとおもいます。維持費用も計算済みですので、そちらも見て下さい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top