au

auの学割2014でiPhone5sを買ったら値段や通信料金の維持費はどうなるのかを試算

auの学割が16日から始まっています。
今回はauが発表・開始している学割キャンペーンを使って、スマートフォンを購入した場合にいくらの維持費用がかかるのかを計算してみたいとおもいます。
購入するスマートフォンの例としてはiPhone5sを選んでみました。想定しているのはiPhone5sの16GBです。一括価格で6万8000円となります。

auの学割は、過去に学割を適用した経験のある方は対象外です。また、機種変更では学割を適用させることは出来ません。学割の対象となるのは新規とMNPだけになります。ですので、今回の計算も新規とMNPで購入した場合のものでしてみました。

学割の内容

auの学割は、学生の場合は新規かMNPで契約した場合に、

  • 基本料無料が3年間
  • スマートパス無料が1年間

という特典が貰えます。機種変更では学割の特典はありません。

 

MNPと新規の違い

新規とMNPという購入方法で、学割の内容はどれだけ変わるかというと、ほとんで変更はありません。家族が学割を組み合わせる時に少し内容が違ってくるだけで、学生本人側の学割内容に違いは出ません。
新規とMNPという購入方法で変化が出るのは、iPhone5sの本体一括価格になるでしょう。新規では定価ですが、MNPだと大きく本体代が値引きされます。
前に書いた記事にもあるように、auのiPhone5sは場所によってMNP一括0円、平均でも1万5000円ぐらいです。一方で新規ではこうした値引きが少なく、ほぼ定価の6万8000円と見ていいでしょう。
新規とMNPという購入方法による差は、学割内容においては少ないですが、こうした本体代というところで大きな違いがあります。

 

学割でiPhone5s購入時の維持費用

最低維持費用

  • 980:LTEプラン
  • -980:学割
  • 3:ユニバーサル料
  • 3円:合計

新規

  • 980:LTEプラン
  • 315:LTEネット
  • 5460:LTEフラット(i)
  • -980:学割
  • -2835:毎月割
  • 2835:(本体代の24ヶ月分割分)
  • 5775円:合計(3年間)

MNP

  • 980:LTEプラン
  • 315:LTEネット
  • 5460:LTEフラット(i)
  • -980:学割
  • -2835:毎月割
  • 2940円:合計

最低維持費用と新規、MNPで学割適用させた場合のiPhone5sの維持費用を計算して見ました。
最低維持については、auにかえる割がフラット必須なのに対して、学割はフラットが必要ないので、3円維持が可能です。ただしこれはiPhoneの本体代を一括で払った場合です。
新規の計算については、本体代の分割料金を毎月の維持費用に混ぜておきました。新規ではiPhone5sの大きな値引きが存在しないため、ほぼ定価での購入になるとおもいます。ですので、毎月の料金に本体代を反映させました。
一方でMNPならば、本体代を非常に安い価格で購入することができますので、維持費用の計算には含めていません。一括で1万5000円から0円を最初に支払ってしまえば、あとはこれだけの通信料金で毎月iPhone5sを使えるようになります。

学割だけで安くする場合は、MNPで2940円からという事になります。ここに後はスマートバリューなどが個人個人で適用出来る場合があります。
新規ですと本体代が安くならないため、費用は目立って安くはなりません。新規で一括購入すればMNPと同じ価格にはなりますが、それも難しいでしょう。
学割を有効に活用したい場合は、MNPで本体代金を安くして契約するのが一番です。どうせ新規とMNPしか学割は適用できませんから、新規で買おうと考えていた方は、MNP弾を作ってからMNPした方がいいかとおもいます。
MNP弾にはスマホ電話SIMが使えますので、それを準備してiPhone5sの安売り契約へMNPしましょう。

 

U25家族セット割で本体代も安くなる

学割と同時に始まっているキャンペーンに「U25家族セット割」というものが始まっています。
こちらは通信料金に影響を与えませんが、本体代を値引きしてくれます。2台同時に購入することが必要ですが、こちらは機種変更も対象になります。
2台以上の購入時に、家族割内に25歳以下の方がいることが条件です。
機種変更の場合は6ヶ月間機種変更をしていないことが条件になります。
最大1万500円の値引きがされますが、機種変更でiPhoneの場合は5250円止まりです。

機種変更ならドコモオンラインショップで

ドコモのスマホの購入、特に機種変更で購入しようと思っているならドコモオンラインショップが最適解

  • 事務手数料無料
  • オンラインショップ限定端末購入割引

といった機種変更におけるお得な特典が用意されているだけでなく、

  • 最短2日で配送、一部地域は24時間以内に配送、発売前なら発売日当日配送に対応
  • 手続きが5分程度と長時間拘束されない
  • 対面での手続きがない完全オンラインなので感染症対策といった視点でも契約しやすい

このような時間的にも融通が利き、無駄な時間を費やさずに安心した機種変更を行うことができます。

無駄を省きながらお得に購入できる「賢い契約ショップ」となり得るのがドコモオンラインショップなので、機種変更をするならばこちらも選択肢として考えてみてください。

ドコモオンラインショップはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です