スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

Xperia A SO-04E ついにMNP一括0円~2万円と安売り パケ定額の維持費も1040円から

docomoが夏モデルのツートップ機種として位置付けてプッシュし続けていたXperia A SO04Eですが、この機種の安売りはこれまでされてきませんでした。片方のGALAXY S4がMNP一括0円で売っている時代もありましたが、こちらのXperia Aは本命機種としてほとんど安売りにはなりませんでした。
この秋にiPhoneを発売したdocomoは、本命機種がiPhoneに変わったことから、ついにツートップ機種で元本命機種だったXperia Aが安売りの対象になったようです。
まだその他の夏モデル同様に、完全にはMNPで一括0円というものは出てきていません。条件付きでのMNP一括0円が限界です。それでもXperia Aの安売りは狙っていた方には嬉しいことではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

土日限定でMNP一括2万円が平均

現在docomoは安売り、というかインセンティブをアップさせる期間を、土日に限定しています。大体平日よりも2万円ほど高いキャッシュバックや値引きが行われます。ですので、今docomoへMNPしようと考えている方は、絶対に土日にMNPしたほうがオトクというのが現状です。
今回のXperia Aの安売りも、土日に大きく値下がり、MNP一括2万円という形になっています。
ツイッターのXperia Aの安売り情報を見てみましょう。
まずはこちらですが、コンテンツなどが少ない条件でMNP一括2万円ほどです。
これまで多くても4万円引きしかされてこなかった機種においては、かなり安くなったと言えるのではないでしょうか。

こちらはMNPで一括0円で売っているお店です。 こちらは条件が結構きつめです。コンテンツが20個を超えるので、このような契約に慣れていない方はあまり手を出さないほうがいいでしょう。

 

 

月々サポートが3255円でフラット定額の維持費も1995円または1040円に

Xperia Aには月々サポートが付いてきます。MNPだと3255円分毎月ついてきます。しかも、MNPの場合は基本料無料のMNP特典「ドコモへスイッチ割」がついてきます。
そうすると、フラット定額の維持費はこのようになります。パケ・ホーダイでネットを使い放題でこの安さです。

  • 780円:タイプXiにねん
  • 315円:spモード
  • 4935円:Xiパケ・ホーダイ ライト
  • -780円ドコモへスイッチ割
  • -3255円:月々サポート
  • 1995円:合計

1995円でパケ・ホーダイを開放させたネットを使い放題な回線が作れてしまいます。ただし、これは1年間限定です。なぜなら、ドコモへスイッチ割が1年間しか有効ではないからです。ですので2年目に入ると、780円毎月の料金が上がってしまいます。
もし、通話が出来ないけれどもネットがし放題になるデータプランでも良ければ、2年間安い状態でネットし放題回線を手に入れる事ができます。
「Xiデータプラン ライト」というプランに、契約後に変更することで毎月の料金はネットを使ってもこの料金です。

  • 3980円:Xiデータプラン ライト
  • 315円:spモード
  • -3255円:月々サポート
  • 1040円:合計

電話は出来ませんが、毎月1040円でデータ回線が手に入ってしまいます。これがなんと2年間この料金で使えるのです。
Xperia AがMNP一括2万円から手に入るだけでなく、副産物として、毎月1040円から使えるネットし放題なデータ回線も手に入るのがこのXperia Aの安売りのキモかとおもいます。
もし回線を使う予定が無いならば、Xiデータプラン ダブルへと変更すると、2年間毎月3円で最低維持費を出すことが出来ます。本体だけが欲しい方は、MNPで契約後、回線をドコモショップなどでXiデータプラン ダブルへ変更すれば3円維持です。

 

 

本体がオトクに手に入るようになっただけでなく、回線もとってもオトクという素晴らしい条件なのが、このXperia A SO-04Eの安売りなのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top