スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

UQモバイルのHuawei P30 lite/Galaxy A30の価格と維持費、キャッシュバック情報のまとめ

UQモバイルのHuawei P30 lite/Galaxy A30の価格と維持費、キャッシュバック情報のまとめ

お手頃なミドルレンジとしてコストパフォーマンスがかなり良いのではないでしょうか。

UQモバイルがHuawei P30 liteとGalaxy A30の発売を行います。

どちらもauからも発売される機種ではありますが、UQモバイル版のほうが安くなっているために購入しやすいモデルになるでしょう。

P30 liteに至っては5月24日発売とau版よりも早い登場となります。

 

これらの2機種について発表されている価格とマンスリー割から維持費を見るとともに、利用可能なキャッシュバックキャンペーンについてを確認していこうと思います。

スポンサードリンク

Huawei P30 lite/Galaxy A30の価格とマンスリー割、および実質価格

まずはHuawei P30 lite/Galaxy A30両機種の価格とマンスリー割、そこから出される実質価格というのを確認してみましょう。

価格表は以下のようになります。

  • Huawei P30 lite/Galaxy A30
プランS プランM プランL
端末価格 31,104円
(1,296円×24回)+540円
マンスリー割 ▲216円
実質価格 25,920円

どちらも3万円台前半という安価な価格を実現しており、その価格の安さはかなりインパクトの大きいものになっています。

ミドルレンジ帯のスマホとなっており、SoCにKirin710やSDM636相当のExynos7904を搭載しており性能面では一定以上のパフォーマンスが期待できるわけですが、そうしたモデルが3万円台前半で契約できるのはコストパフォーマンスの高さを感じさせます。

マンスリー割は発売したてということもあり安価な216円という僅かなものになっているため高額な割引というのは期待できませんが、元々の販売価格が安くなっているためにそこまで気にならない内容でしょうか。

プランSやプランMで使うことが予想されますが、それらのプランならば端末代込みでも5,000円以下の月額を実現できるため、格安スマホとして使いやすさを強く感じられるものになっています。

特にGalaxy A30に至ってはこの価格で防水とおサイフケータイにも対応しており、スマホとしての使いやすさが非常に高い機種となっていて魅力的なミドルレンジの1つとなりそうです。

契約を更に安いものにしてくれるキャッシュバックの存在

そしてUQモバイルの場合にはこれらの価格をさらに大きく安くしてくれる「キャッシュバック施策」というものを代理店等で行っています。

こちらを利用することによって今回のHuawei P30 lite/Galaxy A30の実際かかる購入費用というのが大きく減ることになるので、内容をしっかりと把握しておいて貰えればと思います。

 

キャッシュバックは端末の種類にかかわらず、プランによって決まります。

キャッシュバック金額
プランS 8,000円
プランM 9,000円
プランL 10,000円
その他音声プラン 5,000円

このようにプランSでも8,000円のキャッシュバックが手に入るということで、今回の2モデルが実質的には2万円台前半で購入できると考えることもできます。

こちらのキャッシュバックの存在はただでさえ安い価格に設定されているHuawei P30 lite/Galaxy A30を更に安く契約できるようにしてくれる施策なので、UQモバイルを契約する場合には必ずこちらのキャッシュバックを適用させて契約するようにしましょう。

UQモバイル:キャッシュバック適用専用ページ

Huawei P30 lite/Galaxy A30の維持費について

上記の価格、マンスリー割そしてキャッシュバックを反映させた場合の維持費というのも確認していきましょう。

一括払いしやすい価格なので一括/分割契約時の場合と、イチキュッパ割が1年のみなので2年平均の料金というのを出していきます。

  • Huawei P30 lite/Galaxy A30

一括

プランS プランM プランL
1年目 1,922円 3,002円 5,162円
2年目 3,002円 4,082円 6,242円
2年間平均 2,462円 3,542円 5,702円

分割

プランS プランM プランL
1年目 3,218円 4,298円 6,458円
2年目 4,298円 5,378円 7,538円
2年間平均 3,758円 4,838円 6,998円

通常の2年平均だとプランSやMのスマホ代分割支払いで3,000円台後半から5,000円に近い金額になります。これだけでも十分に安いですが、ここにさらに先程のキャッシュバックというのも絡めることができます。

キャッシュバック込みで考えた時にはプランSは2年間毎月333円マイナスと計算でき、2年間平均分割で3,425円・一括2,129円という料金になります。

プランMだと毎月375円マイナスと考えることができ、2年間平均分割で4,463円・一括3,167円というスマホセットにも関わらず安いという契約が実現できています。

無料通話/通話定額+3GBのプランSが端末セットでこの料金のため、格安スマホとしてはかなり充実した内容になるでしょう。特に後述しているUQモバイルの特徴であり個人的にもおすすめしている理由である「速度面のストレスの無さ」が得られた上でこの内容なら魅力は高いと思います。

性能がミドルレンジの中でもベンチマークでよい数値を見せる内容でありながら、Galaxy A30に至っては防水やおサイフケータイといった機能も用意されており、低価格・低維持費でありながら万能感の強い格安スマホ契約となっているのが価格や維持費からわかるかと思います。

 

UQモバイルは速度が遅くならないという格安スマホの中でも稀有な存在

今回のHuawei P30 lite/Galaxy A30はauやY!mobile、そしてその他のMVNOでも同様に発売というのが予想されますが、そうした中でUQモバイルをおすすめするのは、UQモバイルの回線自体に大きな魅力があるからです。

その魅力とは通信速度です。

Y!mobileと同じようにUQ mobileはKDDIのサブブランド的な側面を持つ回線となっています。そのため通常のMVNOと比べても速度面や料金面、それにiOSに絡む機能面での優遇されている点が目立つようになっています。

特に速度に関しては、IIJやmineoが総務省有識者会議において「サブブランド回線は速すぎるから規制して欲しい!」と泣きつくレベルでMVNOとは差があります。

mineo資料
mineo資料2
mineo資料3

こちらはmineoが総務省に提出した資料ですが、これをまとめるとmineoはUQモバイルに対して以下のような評価をしています。

  • 普通のMVNO格安SIMと比較して速度が良すぎる
  • 普通のMVNOの予算規模では絶対に真似できない通信速度
  • 常時高速かつ安さも実現していてMVNOのメリットがなく、市場競争で勝ち目がない
  • (だから総務省が規制してくれると助かる)

というちょっとこれが消費者に広く知られるようになったらむしろUQモバイルの契約者が増えてしまいそうな高評価を行っています。

こうした他社MVNOのお墨付きがついている回線をUQモバイルは持っていて、料金が安くても普通の格安スマホのような速度が遅くなるというデメリットとは無縁に利用することができます。

今回のHuawei P30 lite/Galaxy A30の契約といったところも、こうしたユーザーにとって回線側においてもメリットのあるUQモバイルをおすすめしたい、という点から特集をしています。

 

格安スマホとしてコストパフォーマンスが確実に良い契約に

以上が発売時の情報を元にしたHuawei P30 lite/Galaxy A30の価格と維持費、それにキャッシュバックの情報になります。

今回の夏のラインナップはどちらもミドルレンジとしながらも性能面が比較的に高い機種となっているにも関わらず、価格が安く抑えられている上にキャッシュバックもついてくるという、格安スマホとして契約の価値が高いものになっています。

組み合わせる回線となるUQモバイル回線も、特有の通信速度の高速さという他のMVNOにはないメリットを持っているため、今回のセット契約はライトユーザーはもちろん格安スマホを使いなれている上級者の方々にも満足してもらえる総合的な強さがあります。

今後実機のレビューなんかもしていこうと思いますが、少なくとも契約内容については満足度の高いお得な契約というものができるようになっています。

キャッシュバック適用ページはこちら。

UQモバイル:キャッシュバック適用専用ページ

 

その他UQモバイル関連記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top