スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

iPhone 6/iOS 8.xでのau系MVNO(mineo/UQ mobile)データ通信が可能に!IIJmioの調査で接続方法が発見される

IIJmioが7月13日付けのてくろぐ内で、iOS端末でのLTE通信を安定させる可能性のある新しい方式を使ったAPN構成プロファイルの公表をしています。これによってこれまで以上にLTE通信の安定が期待できるようです。

てくろぐ: APN構成プロファイルの変更でiPhone・iPadの通信が安定?

この記事の中で気になること、というよりも大ニュースに近いことがさらりと公表されており、MVNO界隈をこれから賑わしそうです。

KDDI au LTE網を使ったMVNOサービスでもiPhone・iPadが通信できる

従来、KDDI au LTE網を使ったMVNOサービスのSIMカードでは、iPhone・iPadは一切通信ができませんでした。IIJが提供する法人向けのMVNOサービスに同じパラメータを追加したAPN構成プロファイルを適用したところ、iPhone・iPadでもデータ通信ができるようになりました。

IIJが提供しているKDDI au LTE網のMVNOサービスはデータ通信のみで、音声通話機能はありません。試しに、他のKDDI au LTE網を使ったMVNOサービスのSIMで実験したところ、同じパラメータを追加することで3Gでの音声通話が利用可能でした。ただし、データ通信があまり安定しないようです。MVNOによる挙動の違いがあるのかもしれません。

IIJmioが現在法人限定で提供しているKDDI網を利用したau系MVNO回線が、今回の新しいAPN構成プロファイル(Cellular Payload・パラメータ追加版)を使うことでこれまで不可能だったau系MVNOでのデータ通信が可能になったというのです。

スポンサードリンク

UQ mobileでも接続を確認・mineoも通信報告あり

これによって気になるのは個人向けに回線を提供しているUQ mobileおよびmineoでもデータ通信が出来るかどうかという点でしょう。構成プロファイルにCellular Payloadのパラメータを追加することでIIJmioの法人回線同様に接続の確認が出来る可能性があります。

この「構成プロファイルにCellular Payloadのパラメータを追加する」方法について個人的にちんぷんかんぷんでどうすればいいのかわからなかったのですが、「BLOGRAM」を運営する@factorymarkさんがTwitter上でIIJmioの追加APN構成ファイルを元に、UQ mobile対応版、mineo対応版のAPN構成ファイルを作成・公開してくれています。

※追記:mineoが今回の騒動を受けて公式的に検証を始めています。iPhone 6やiPadではかなり高い安定度を持って利用できるようですが、一方でiPhone 5sや5cでは安定感に欠けるようです。そのため、公式でサポートするプロファイルとしては安定感が無いため、あくまでも検証用プロファイルとしてmineoの公式ブログ、マイネ王上で配布してサポート情報を告知しています。

mineo

これを元に自身の手元にあるSIMフリーiPhone 6/iOS 8.4でUQ mobileのnano SIMを挿入、構成プロファイルを適用してみたところ見事にデータ通信を確認することが出来ました。

ios8 uqmobile

IIJmioの検証では安定しないという内容もあるようですが、確かに若干通常のUQ mobileよりも速度は遅いですが、圏外などに切り替わったりパケットが途切れることはまだ感じません。まだ外へ持ち歩く機会がないため、もう少し使ってみてから詳しい使用感を追記で報告したいと思います。テザリングは不可です。

mineoについてはnano SIMを所有していないので不明ですが、iPhone 5などでの通信成功を報告する旨のつぶやきが出てきています。

今のところこれは「IIJmioの検証結果を元に」、「有志の方が作成してくれたプロファイルを使って」通信が確認できているという状態であり、mineoやUQ mobileからの公式的な報告ではありません。
しかしiOS 8でのiPhoneなどでau系MVNOの利用がほぼ正攻法で確認できたという点においてかなり今後に期待の出来る報告内容になっており、mineoやUQ mobileの検証報告によってはau系MVNOの大きな転換点になるかもしれません。

手元にあるau版のiPhoneやiPad、あるいは白ロムといったものが今回の新APN構成プロファイルの登場によって大きな価値を持つようになりそうです。販売価格はもちろん買取も高騰しそうです。なお、購入するならiPhone 5c以上の端末にしましょう。iPhone 5はBand1のみの対応でエリアも狭くMVNOでは非常に使いづらいモデルです。

自己責任の範疇で利用することになるので注意してもらうこと前提ですが、mineoやUQ mobileユーザーは関係者の皆さんに感謝しましょう。

※追記:mineoが公式ブログ内で動作報告をし始めています。これによるとiPhone 6およびiPhone 6 Plus、そしてiPadにおいては現在公開されているAPN構成プロファイルによって利用できるようになっているのですが、iPhone 5s/5cにおいてはこの構成プロファイルでは安定性があまり良くなく、問題として現状解決できていない状態にあるようです。このため、mineoでは公式的に今回のAPN構成プロファイルを配布することはせず、あくまでも動作保証外の実験的に利用する目的で使うものとしてAPN構成プロファイルを公式サイトからではなくブログ上から配布を始めました。

ユーザーの声を聞く限りではiPhone 5s/5cでの利用について、安定性という点はそれほど悪くは無さそうですが、不具合的な動作があることでmineoとしては公式にこのプロファイルを配布することは出来ないようです。iOS8上におけるmineoの動作報告は、随時mineoの公式ブログから報告がされているので、最新情報はそこから得るようにしましょう。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 通りすがりのカド

    iPhone5s/5cは、例のAPN構成ファイルと、
    「iOS9 Public Betaプロファイル」が鍵のようです。

    https://king.mineo.jp/my/c0dfae5f62403907/reports/111

    • おー、これは朗報かもしれませんね。白ロムが安い5c/5sで安定して使えるようになれば相当iOS端末での使い勝手上がりそうですね。
      情報ありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top