docomo

3円携帯回線(スマホ・ガラケー)の作り方 【docomo編】

今回は巷で噂の、スマートフォンを超激安な料金、わずか3円で持つ「3円維持」の方法について紹介して見たいとおもいます。
よく雑誌やネットで話題になるのが、スマートフォンの最低維持費・寝かせ費用として「3円」で維持できるという話があります。
この方法、一見普通の人には難しい高度な手法であるとおもわれがちですが、仕組みややり方を理解すれば、あるいは真似をしてしまえば意外と簡単に3円維持回線を作ることが出来ます。

今回は3円維持回線をdocomoで作る方法について紹介してみたいとおもいます。

 

MNPで3円維持を作る方法

docomoの場合、一応機種変更でも3円維持回線を作れてしまいます。最も3円維持回線を作れる手法に富んでいるのがdocomoです。
ですので、今回はdocomoの3円維持回線の作り方をいくつかに分けて紹介したいとおもいます。

 

MNP(ドコモへスイッチ割利用)

まずはMNPです。こちらはMNPするだけで1年間、あるいは2年間3円維持回線を作ることが出来ます。
「ドコモへスイッチ割」あるいは「ドコモへおかえり割」を適用させることで基本料金を無料にさせることが出来ます。
「ドコモへスイッチ割」はただ単純にMNPするだけで適用されます。「ドコモへおかえり割」は過去にドコモを使っていた電話番号でMNPすることで適用されます。「ドコモへおかえり割」は適用条件が厳しい代わりに2年間3円維持回線を作ることが出来ます。
「ドコモへスイッチ割」を適用出来たら、パケット定額サービスやspモードサービスを解約・解除してしまいましょう。

3円維持回線の持ち方はこのようになります。

 

780円 : タイプXiにねん
-780円 : ドコモへスイッチ割
3円 : ユニバーサル料
3円 : 合計

 

月々サポートのついたガラケーを新規購入

docomoの場合、月々サポートのついたガラケーで3円維持回線を作ることが出来ます。ガラケーはスマートフォンと違い、勝手にネットに繋がって料金を発生させるという事故が少ないため、3円で持てる通話用回線としてとても有効的な回線になるとおもいます。
ガラケーを月々サポートで購入した場合の3円回線については別の機会にもっと詳しく解説しますので、ここでは計算方法だけ紹介しておきます。

 

780円 : タイプシンプルバリュー
-780円~ : 月々サポート
3円 : ユニバーサル料
3円 : 合計

 

月々サポートでスマートフォンを3円「維持」

ガラケーに月々サポートをつけた回線は3円で通話用回線として機能します。こちらのスマートフォン用の3円維持回線は、完全に寝かし用の運用方法です。
月々サポートの額によって3円維持が出来るかどうかが決定します。基本的に3円「維持」に必要な月々サポートは2500円以上です。
基本的なプランはデータプランの一つである、「Xiデータプラン2にねん」になります。音声回線から契約変更が可能ですので、音声回線契約時に月々サポートが有効になる「Xiパケ・ホーダイダブル」以上のプランに加入しておきましょう。

 

2500円 : Xiデータプラン
-2500円~ : 月々サポート
3円 : ユニバーサル料
3円 : 合計

 

月々サポートでスマートフォンを3円「運用」

 

こちらは3円維持ではありません。3円運用です。
毎日ネットをしても通信料が3円で済んでしまう魔法の回線です。こちらも先ほどの3円維持回線同様に月々サポートを使います。
3円運用を実現させるためには、高い月々サポートの額が必要です。今回3円運用の方法として利用するプランは「プラスXi割(タブレット運用)」と「Xiデータプランライトにねん」です。これらのプランをそれぞれ3円運用させるためには、月々サポートがプラスXi割なら3295円、Xiデータプランライトにねんならば4295円が月サポとして必要になります。この月サポ額があると、それぞれのプランで毎月わずか3円でできるネット回線が作れてしまいます。
※プラスXi割の注意点は、「docomoのタブレット」で運用した時だけ、パケット定額料金が2980円になるということです。docomo以外のタブレットやスマートフォンで通信させると、料金が3980円になり、月サポも4295円必要になります。

 

プラスXi割の場合

2980円 : Xiデータプランフラット プラスXi割適用
315円 : spモード
-3295円 : 月々サポート
3円 : ユニバーサル料
3円 : 合計

 

Xiデータプランライトの場合

3980円 : Xiデータプランライト
315円 : spモード
-4295円 : 月々サポート
3円 : ユニバーサル料
3円 : 合計

 

以上がdocomoでできる3円運用回線です。このような方法でそれぞれ3円維持・3円運用回線を作ることが出来ます。

機種変更ならドコモオンラインショップで

ドコモのスマホの購入、特に機種変更で購入しようと思っているならドコモオンラインショップが最適解

  • 事務手数料無料
  • オンラインショップ限定端末購入割引

といった機種変更におけるお得な特典が用意されているだけでなく、

  • 最短2日で配送、一部地域は24時間以内に配送、発売前なら発売日当日配送に対応
  • 手続きが5分程度と長時間拘束されない
  • 対面での手続きがない完全オンラインなので感染症対策といった視点でも契約しやすい

このような時間的にも融通が利き、無駄な時間を費やさずに安心した機種変更を行うことができます。

無駄を省きながらお得に購入できる「賢い契約ショップ」となり得るのがドコモオンラインショップなので、機種変更をするならばこちらも選択肢として考えてみてください。

ドコモオンラインショップはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です