au

au、iPhone Xの価格/値段・維持費の料金や割引まとめ【iPhone 8/8 Plusも】

11月3日発売のauのiPhone X、および発売中のiPhone 8/8 Plusの価格や毎月割、実質価格、それに維持費や利用できるキャンペーンなどの情報をまとめてみたいと思います。

10万円以下のモデルといったものが少ないシリーズとなってしまっているので、人気シリーズとはいっても購入判断・運用計画は慎重に考えるべき金額になっています。

auのiPhone Xの価格/毎月割/実質価格

auxx

iPhone X 機種変更・新規

iPhone X 64GB 256GB
販売価格 128,160円
(5,340円×24)
146,400円
(6,100円×24)
毎月割 ▲2,670円 ▲2,670円
実質価格 64,080円 82,320円

iPhone X MNP

iPhone X 64GB 256GB
販売価格 128,160円
(5,340円×24)
146,400円
(6,100円×24)
毎月割 ▲3,065円 ▲3,065円
実質価格 54,600円 72,840円

機種変更と新規が同じ割引内容、MNPだけは割引が高額になっています。価格は他キャリア同様に12万円を超える金額となっており、どういった契約方法をするにしても高額となっています。

au公式ではアップデートプログラムEXを適用させた48回払いの料金を示していますが。アップデートプログラムEXを適用するのに月額がかかるという勿体ない仕様になっており、とてもユーザーに勧められるようなお得な内容ではありません。多少無理があるかもしれませんが、24回払いのほうを選んだほうが下取りや買取など他の手段を将来的に利用できるようになるので、次の機種の契約方法の幅が広がっていきます。

例:auのiPhone X 64GB 機種変更の維持費

 

iPhone X 64 機種変更 スーパーカケホ+3GB スーパーカケホ+20GB LTEプラン
基本料 1836 1836 1008
LTE NET 324
パケットプラン 4536 6480 6156
毎月割 ▲2670
一括合計 4026円 5970円 4818円
iPhoneX分割 5340×24
分割合計 9366円 11310円 10158円

 

1万円を下回る維持費は3GBと若干心許ない通信量のプランのみで、それ以外のプランだと端末代込で1万円を超えることを覚悟しないといけなくなるでしょう。

安い料金プランというのは実現しにくいのが現状です。

最近人気といわれているauのピタットプランとフラットプランでの契約は、ここで示している毎月割が適用されないという問題があり、分割契約時の維持費はここのプランより更に高くなってしまうので注意してください。auの公式やショップなどではこちらをおすすめされることがあると思いますが、現状スマートバリューがあってもあまり安くないプランです。

ピタットプランとフラットプランでの運用は何か今後の利用でも活用していくつもりならばいいですが、何となく選んでしまったら勿体ないプランです。

au onlineshop

[button color=”#FF7512″ icon=”icon-basket” class=”ft22px” title=”auオンラインショップ:iPhone” url=”https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3109997&pid=883701281″ target=”_blank” rel=”nofollow”]

auのiPhone 8/8 Plusの価格/毎月割/実質価格

iPhone 8新規・機種変更

iPhone 8 64GB 256GB
販売価格 91,440円 109,680円
毎月割 ▲2,670円 ▲2,670円
実質価格 27,360円 45,600円

iPhone 8MNP

iPhone 8 64GB 256GB
販売価格 91,440円 109,680円
毎月割 ▲3,065円 ▲3,065円
実質価格 17,880円 36,120円

iPhone 8 Plus新規・機種変更

iPhone 8 Plus 64GB 256GB
販売価格 103,200円 121,680円
毎月割 ▲2,670円 ▲2,670円
実質価格 39,120円 57,600円

iPhone 8 PlusMNP

iPhone 8 Plus 64GB 256GB
販売価格 103,200円 121,680円
毎月割 ▲3,065円 ▲3,065円
実質価格 29,640円 48,120円

こちらの価格は9月22日から開始される価格となっています。au公式サイトでは、こちらの価格よりも若干高い金額が表記されていると思いますが、SoftBankが3キャリアの中で最後に発表した価格が予想以上に安かったため、auでは公式価格を22日から値下げしてSoftBankに並ばせる形にしています。

ただ公式サイトでは一度価格を出してしまったがために、22日まではその価格を表示しておき22日以降は上記に記してあるSoftBank対抗価格へと値下げされます。

この追随値下げにより実質価格では機種変更でも3万円を下回る金額が付くようになり、大分購入しやすい金額になりました。

例:auのiPhone 8 64GB 機種変更の維持費

 

iPhone 8 32 機種変更 スーパーカケホ+3GB スーパーカケホ+20GB LTEプラン
基本料 1836 1836 1008
LTE NET 324
パケットプラン 4536 6480 6156
毎月割 ▲2670
一括合計 4026円 5970円 4818円
iPhone8分割 3810×24
分割合計 7836円 9780円 8628円

維持費は分割でも最新Androidスマホよりも若干安いぐらいの料金で済んでいます。

3GBは端末代込では8,000円を超えない料金に抑えられており、3キャリアの中でも比較的機種変更の維持費としては安いものになっています。これならばこれから説明する下取りプログラムや引き止めポイントなどを使うことで最初から高額な負担にならない維持費での運用を続けていくことが出来るでしょう。

この他にも毎月割が適用されないデメリットはあるものの、ピッタリプランやフラットプランの契約もiPhone 8では可能になっています。

 

追加割引施策

上記の料金プラン・維持費から更に通信料を割り引くことの出来るキャンペーンがいくつかありますので、そちらを確認しましょう。

スマートバリュー

auと言えば固定回線もしくはWiMAX2+とスマホをセットにして得られる割引のスマートバリューが通信料の割引として利用できます。

こちらは固定回線の場合個人だけでなく家族全体で割引を得ることができるので、家族全員がauユーザーという場合にはこちらの割引を使えるようにしておくと確実にお得になります。

割引は最大で2,000円/月と高額なため、これからも長くau回線を使うつもりであれば固定回線をauスマートバリューが契約できる事業者へと変更しておくことは必須でしょう。

下取りプログラム(or 中古買取)

auでも下取りプログラムが実施中です。大きめの割引を特に機種変更で期待したい場合には活用が必須となっている割引系の施策です。

ただiPhone 8発売と同時に下取り価格が1万円以上下がった機種も出てきており、ドコモと比べると使いにくさは感じてしまいます。iPhone 6sでも約17,000円と金額的には低い設定となります。

2年前にiPhone 6sを契約した方なんかは、まずは中古買取店などで査定してもらって、その金額と下取りの価格を比べてどちらを使うのかということを考えたほうが良いでしょう。

iPhone 6sなんかだと17,000円という下取りに設定された金額よりも高額な買取が期待できるため、一応オンラインショップで下取りの申し込みをしながら中古買取を優先的に利用してみましょう。

DMクーポン

一部のauユーザーには既に15,000円または10,000円の割引クーポンが同封されたダイレクトメールが届いていることでしょう。

条件については不明ですが、購入履歴にiPhoneなんかが含まれていると送られてくるようです。

既に配布済みのために送られてきていない方にはこの後遅れて送られてくる可能性は低いかと思いますが、もしも送られてきているという方は下取りとの合わせ技でクーポンを活用しての機種変更を行うことをおすすめします。

引き止めポイント

クーポンが送られてこなかった場合、こちらを試すチャンスでしょう。

auではMNP引き止めポイントが8月終わりごろまで確認されており、今月もそちらの獲得が期待できます。

157へとMNPするフリをする電話をかけるだけで15,000ポイント前後の機種変更向けポイントが得られるので、試してみる価値はあるでしょう。

ただポイントがもらえずMNP予約番号を発行してしまうとiPhoneの予約がキャンセルになってしまうため、ポイントがもらえないようならMNP予約番号が発行されない内に手続きの中止をお願いしましょう。

 

キャンペーンは少ないけど確実性のある値引きは多い

現状ではドコモと比べても有効なキャンペーンというものが少なくなっているのがauのiPhone契約です。

キャンペーンの中でも最大限活用できる下取りプログラムや、引き止めポイントの類を得られれば比較的に高額な割引が効いてくるので、この辺りをうまく使っていければauのiPhoneもそこまで高い買い物にはならないのではないでしょうか。

キャンペーンは少ないながらも強い値引きが期待できるものがしっかりと用意されています。

契約はオンラインショップ経由で行えば頭金の節約もできるので、そちらも使いながら新機種へと乗り換えてみて下さい。

au onlineshop

[button color=”#FF7512″ icon=”icon-basket” class=”ft22px” title=”auオンラインショップ:iPhone” url=”https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3109997&pid=883701281″ target=”_blank” rel=”nofollow”]

[blogcard url=”https://smaho-dictionary.net/iphone-x-yoyaku/”]

[blogcard url=”https://smaho-dictionary.net/docomo-iphone-x-kakaku-2/”]

[blogcard url=”https://smaho-dictionary.net/softbank-iphone8-kakaku/”]

 

機種変更ならドコモオンラインショップで

ドコモのスマホの購入、特に機種変更で購入しようと思っているならドコモオンラインショップが最適解

  • 事務手数料無料
  • オンラインショップ限定端末購入割引

といった機種変更におけるお得な特典が用意されているだけでなく、

  • 最短2日で配送、一部地域は24時間以内に配送、発売前なら発売日当日配送に対応
  • 手続きが5分程度と長時間拘束されない
  • 対面での手続きがない完全オンラインなので感染症対策といった視点でも契約しやすい

このような時間的にも融通が利き、無駄な時間を費やさずに安心した機種変更を行うことができます。

無駄を省きながらお得に購入できる「賢い契約ショップ」となり得るのがドコモオンラインショップなので、機種変更をするならばこちらも選択肢として考えてみてください。

ドコモオンラインショップはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です