スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

UQモバイルのiPhone 7、月額3,058円で3GB+高速回線契約が可能 端末価格も3万円台とiPhoneにしては安い

UQモバイルのiPhone 7、月額3,058円で3GB+高速回線契約が可能 端末価格も3万円台とiPhoneにしては安い

 

今回はUQモバイルのiPhone 7の契約について価格やキャンペーンなどのまとめと、iPhone 7でどういったことができるのかという説明も行いたいと思います。

UQモバイルのiPhone 7の契約は、その他のMVNOが提供しているiPhone 7契約に比べても頭一つどころか二つぐらい飛び抜けたコストパフォーマンスの良さを見せる契約が実現できるようになっており、非常にお得度が高い契約というのができるようになっています。

格安SIMでiPhoneを使うのであればこの「UQモバイルのiPhone」が最も料金面でのメリットが多い契約ができるため、格安にiPhoneを契約したかった方は今回のiPhone 7の契約は絶対的におすすめすることができます。

正直他の格安SIMをつかったiPhone契約をする必要がないぐらいに契約内容のバランスが高いものになっているため、その辺り如何にUQモバイルのiPhone 7契約がお得なのかということをまとめていこうと思います。

⇒UQモバイルオンラインショップはこちら

 

UQモバイルiPhone 7の契約の良さ・メリット概要

まずiPhone 7の契約に関するメリットを大雑把にまとめてみましょう。

この記事で説明する主なポイントをあげています。

  • 端末代が一括7万円台だったのが大幅に値下げされて一括3万円台からの安さに
  • 通信費が高額ではないためにiPhone 7のような本来高額な機種を契約しても端末代込みでの総額が安い
  • 一括で端末を購入した場合の維持費は月額2,178円から
  • 高速な通信回線で昼でも夜でも快適な速度で使える
  • スマホとしての性能も非常に高く、なによりもiPhoneを安価に使える

簡易的なまとめですが、これが今回のiPhone 7の契約の特徴です。

価格が通常よりも大きく値下げされていることによって通信費の安さ込みで他のMVNOにはない安さを実現しています。

性能が高いがゆえにどこのMVNOでも高額になりがちなiPhone 7において、他のMVNOよりも安く、しかも回線品質も高い契約が実現できるのはUQモバイルのみとなっています。

2019年10月以降は新プラン・新価格での販売

まずUQモバイルiPhone 7契約は2019年10月から分離プラン方式に切り替わり、マンスリー割のような通信料割引というのが発生しなくなっています。

これによって極端に安い維持費というものは実現できなくなってしまいましたが、通常時の維持費がキャンペーンなど不要で安くなっており、iPhone 7の端末価格といったところも安くなっています。

そのためあまり契約内容に詳しくないユーザーにとっては、わかりやすい形で安くなってきた契約というものができるようになりました。

従来よりも工夫して安くなる仕組みというのは薄れてしまいましたが、「何もしなくても安い」という特徴が2019年10月以降のUQモバイルの契約にはあります。

 

UQモバイルiPhone 7の価格

それではさっそく新たなiPhone 7の価格についてをまとめていこうと思います。

iPhone 7 32GB 128GB
販売価格 31,680円 43,560円
24回払い 1,320円×24回 1,815円×24回
36回払い 880円×36回 1,210円×36回

販売価格はMNP・新規・機種変更でそれぞれ違います。

マンスリー割がなくなったことによってiPhone 7の一括価格は大幅に安くなり、従来よりも単純な端末価格比では非常に購入しやすいものになっています。

こちらの価格は期間限定の値下げ価格ということにはなりますが、それでも3万円を下回る価格からとなっているというのはiPhone 7の価格として安価なものと言えます。

というかぶっちゃけ相当に安いです。iPhone 7の性能を考えた時にはこの安さは格安スマホとして破格のレベルになっています。

下手に補償の無い白ロムなんかを買うよりも安心して利用できた上に納得いける価格だと思います。

キャッシュバックは実質終了、ただし特別値引きが非常に強力な割引額となって進化し一括価格が安い

なおUQモバイルの契約においてはキャッシュバックというものが用意されているのですが、こちらを利用すると通常の定価からの契約しかできなくなってしまいます。

現在UQモバイルでは他社MVNOやY!mobileといった同じサブブランド会社に対抗するために、非常に強力な特別値引きが行われておりそちらを利用して購入する方がキャッシュバックを利用するよりもお得に契約することができます。

具体的にキャッシュバックと特別割引の差額はこちらの通り。

キャッシュバック5,000円適用価格 通常価格
iPhone 7 32GB 51,480円 31,680円
iPhone 7 128GB 63,360円 43,560円

キャッシュバックを4ヶ月後に貰うよりも、特別割引を適用させて普通に契約をしたほうがお得な価格でiPhone 7を契約することができるのは見てわかる通りです。

キャッシュバック付きだと本体価格がほとんど安くならない状態になっており、通常の公式サイトから特別割引を適用して購入したほうが良いでしょう。

※追記:キャッシュバックの意味がなくなってしまったということで、キャッシュバックの特別ページが12月2日を持って閉じられるとのお知らせが既にキャッシュバックページに用意されています。キャッシュバックを適用して契約するよりも特別割引を利用したほうが安くなっているため、今後は通常の公式サイトからの契約が望ましいでしょう。

⇒UQモバイル 公式オンラインショップ

 

UQモバイルiPhone 7の維持費

この価格の流れで毎月の維持費についても確認しておきましょう。

端末代を反映させた形でスマホプランのS/M/Lプランの維持費をまとめています。

プラン構成は以下のようなシンプルな形をベースにしています。

  • スマホプラン S/M/L(3GB/9GB/14GB)
  • 端末24回&36回払い

32GBモデル

維持費
プランS プランM プランL
端末代一括払い時 2,178円 3,278円 4,378円
端末代分割払い時(24回) 3,498円 4,598円 5,698円
端末代分割払い時(36回) 3,058円 4,158円 5,258円

128GBモデル

維持費
プランS プランM プランL
端末代一括払い時 2,178円 3,278円 4,378円
端末代分割払い時(24回) 3,993円 5,093円 6,193円
端末代分割払い時(36回) 3,388円 4,488円 5,588円

こうした料金の安さに加えて以下の割引といったところも適用してさらに安くすることができます。

割引額 適用条件
UQ家族割 ▲550円 2回線以上UQモバイルを契約し、2回線目以降の回線を対象に継続適用

また以下のようなオプションも追加出来ます。

通話系オプション 料金 特徴
かけ放題 770円 1回10分までの通話が無料
通話パック 550円 毎月60分までの無料通話が付帯

UQモバイルは同じような特性を持ったサブブランド回線であるY!mobileと異なり、通話定額の有無を選べるオプション制になっており、基本料はかなり安くなっています。

そのため一括でiPhone 7を購入した場合には最安では2,000円ほどの料金で利用できるようになっています。

分割でも4,000円ほどに抑えられており、家族で利用すればさらに安くなる可能性があるなど「iPhoneの格安スマホ」としては十分すぎる契約内容を示しています。

表にもあるように通話定額は2種類のオプションから選ぶ形になります。770円の方のオプションの場合、au IDと連携をとることによってデータ通信量が増量するためにより使いやすい回線になるという特典が用意されています。

UQモバイルの場合、基本料となる維持費は安いものになっており、しかも今回iPhone 7の価格自体も比較的に安いものになっているため、分割支払い契約であっても毎月の料金といったところはかなり格安スマホ感というものが出ているかと思います。

通信費全体を節約しながらiPhone 7が使えるというこの契約はかなり魅力のある内容になるかと思います。

この安さゆえに今回の契約であるUQモバイルのiPhone 7はおすすめすることができます。

iPhone 7の価格面でのまとめ

まずこうした価格面での特徴・メリットがUQモバイルのiPhone 7にはあります。

  • 端末価格は相場全体を見ても安い31,680円
  • 維持費は端末代込みでも3,058円から
  • 端末代を先に一括で支払ってしまえば最安2,178円での運用が可能
  • UQ家族割やギガMAX割でさらに維持費は安くなる、というか最安なんと1,628円

という内容になっており、他のMVNOでのiPhone 7契約といったところが霞むレベルのお得な形での契約というものができています。

iPhone 7契約の中では非常に優れたコストパフォーマンスであることは間違いないために、この価格面の良さだけでもiPhoneの契約としては選んでよいものになっています。

 

iPhone 7について

続いてはiPhone 7について軽く性能・機能の説明をしていこうかと思います。

iPhone 7は発売から数年は経っているものの、当時においては対抗馬がいないぐらいのハイスペック機種となっていたために、現在においてもゲームなどをそこまでしないライトユーザーを中心に十分すぎるほどの性能を見せてくれます。

ここではそんなiPhone 7の性能・機能の説明と共にUQモバイルの回線品質の高さについて説明することによって、UQモバイルでiPhone 7を使うメリットというものをさらに感じてもらえたらと思います。

iPhone 7の特徴、良いところ・悪いところ

まずは性能・機能紹介に入るにあたり大雑把な良い所と悪い所のまとめを確認しておいてください。

良い所
  • コンパクトなサイズ感でわかりやすい操作性
  • 前面指紋認証搭載
  • 防水対応、実質的なおサイフケータイとなるApple Pay搭載
  • iOSアップデートが2019年時点でも継続
  • 高負荷ゲーム以外ならサクサク動作する性能
悪い所
  • 最新アプリの中でも重めのものは落ちる時がある
  • iOSアップデートはまだ対応しているものの今後3年以上続くかというと微妙
  • カメラ性能といったところはさすがに最新モデルよりも劣る

iPhone 7のスペック

OS iOS12以降対応
SoC A10 Fusion
RAM 2GB
ROM 32GBor128GB
ディスプレイ 4.7インチ
Retina HD
サイズ 138×67×7.1 mm
重量 138g
バッテリー ??
カメラ リアカメラ:1200万画素
インカメラ:700万画素
その他機能 光学手振れ補正
防水
Apple Pay
ハイレゾ対応
指紋認証(Touch ID)

iOS機種はあまり性能に関するスペック部分を気にしなくて良いものになっていますが、機能面での充実度といったところは気になるポイントです。

 

Antutuベンチマーク:格安スマホ系の契約では対抗しえないスコアを持つ安心の性能

スマートフォンの性能に関して最もわかりやすい指標になるのがベンチマークスコアです。

その中でもAntutuのベンチマークスコアは有名で、他の機種との比較もわかりやすいアプリとなっているのでそちらの数値を確認していきましょう。

Antutuスコア iPhone 7
総合 171309
CPU 70606
GPU 63849
UX 31221
MEM 5633

iPhone 7の発売からは結構経過しているものの、そもそも当時においては抜群のハイエンドモデルといった位置づけだったために、その性能は現在のミドルレンジスマホに匹敵、それどころか上回っているレベルとなっています。

このベンチマークスコアを見せるのであれば、下手な格安スマホを購入するよりも安定して利用できて性能面での心配をする必要のないスマホになると言えます。

iOS端末かつ当時の最上位モデルということもあり、性能面では最新のミドルレンジAndroidスマホを上回る数値というのがでています。

性能に関しては発売から結構経っているとはいえ何も問題のないレベルと言えましょう。

 

バッテリー性能:あくまで参考値であるが少なくとも2年間は問題ない

バッテリー性能に関しては平凡です。元々容量が少なめであることを考えればそこそこ良いレベルではあるでしょうか。

テスト端末は友人の使用中のiPhone 7を使ったためあくまで参考程度ですが確認しておいてください。

テスト内容 バッテリー状況
Amazonプライムで映画視聴(秒速5cm×2回) 88%⇒62%

1年から1年半ほどメインで使っていた状態でのバッテリーテストになるため、本当に参考程度の数値にはなりますがバッテリーについて推し量るのに使ってもらえればと思います。

特筆すべきポイントというのはそこまでないでしょうか。1年以上メインで使ったスマホのバッテリー持ちとして可もなく不可もなくといった言葉がぴったりな結果になっています。

 

防水、Apple Pay対応で使い勝手が大きく広がっているモデル

iPhone 7の最大の特徴は、これまでMVNOのiPhoneとして登場してきたiPhone 5sや6sといった機種とは異なり

  • 防水
  • Apple Pay

に対応をしているというところが挙げられます。

格安スマホとMVNOのiPhoneを比較した際にこれまでだとiPhone側に防水機能がないことと、おサイフケータイ機能がないことというのが一つのウィークポイントになっていたのですが、このiPhone 7ではその弱点が見事に克服されています。

日本における便利機能である防水機能と、おサイフケータイに近い形で利用することができるApple Payの2つを持っていることにより、さらに便利で安心できるスマホへと進化しました。

日本の場合は夏場にゲリラ豪雨のような予期しない水没危機がありますし、Suicaを中心とした電子マネーの普及も広がっているためにこの2つを利用できるのは本当に利便性が上がる機能として活躍してくれるはずです。

 

指紋認証対応でコンパクトサイズの価値ある一台

iPhone Xシリーズより指紋認証が廃止されてしまったiPhoneですが、まだまだ指紋認証の方が便利だと感じているユーザーも多いはずです。

このiPhone 7では指紋認証搭載のiPhoneとして性能も高いという特徴を持ったスマホになっています。

指紋認証搭載iPhoneとしては8に次ぐ性能の高さになっており、認証精度も6s以前のモデルと比べても格段に向上しています。

顔認証だとマスクや寝癖がついた状態だとロック解除ができない問題がありましたが、こちらであればそうした問題に当たらずにわかりやすい形でロック解除を行うことができるようになっています。

 

UQモバイルの他のミドルレンジモデルよりも性能が高く安定して使える快適さを維持

Antutuの数値を見てもらえればわかると思いますが、iPhone 7の性能はかなり良いレベルです。

発売から2年以上経過しているといっても、流石当時のハイスペックモデルというだけあって現在でもミドルハイレンジ級のスマホ性能を持っている点は高く評価することができます。

価格帯は異なりますが、他のUQモバイルの格安スマホと比較してもその性能は若干抜け出しているのがわかります。

iPhone 7 R17 Neo nova lite 3
総合 171309 132546 128709
CPU 70606 61093 56799
GPU 63849 27556 27781
UX 31221 35593 35883
MEM 5633 8304 8246

他の格安スマホではギリギリ13万点が良いところという中で、iPhone 7はそれを上回る数値をつけています。

Antutuの数値ベースで考えてもiPhone 7は性能面で安心感を持って利用できるスマホと言うことがわかるでしょう。

この性能があればほとんどのアプリの動作は快適ですし、ゲームアプリでも解像度などの設定を下げることである程度重い3Dキャラを使用したゲームも遊ぶことができます。

ライトユーザーはもちろんですが中級者レベルでも不満を感じずに利用することができ、今後のiOSアップデート対応次第ではありますがまだまだ2年3年と使い続けることができる性能を持っています。

 

 

iPhone 7のレビューとしては上記のようになります。

まとめると、

  • ベンチマークや性能は他社のスマホに比べても高く、安心して長期間使える
  • 防水やApple Payで利便性が高い
  • 指紋認証が搭載されたiPhoneの中でも比較的高性能なモデル

となります。

性能の高さとiOS特有の安定感ゆえに古いモデルといっても使いやすさは十分に備わったスマホとして利用できるのは間違いないでしょう。

これまで安価に売られていたiPhone 6sに比べても「防水とApple Pay」という国内において便利に使える機能が利用できるようになったのはiPhone 7の強みでもあります。他のSIMフリースマホと比べた時にも、この2つの機能を用意しているというのは格安機として優位性を感じさせます。

iPhoneという使いやすさに加え防水とApple Payという機能性を持ちながら、月額料金が端末代込みで安くなるという非常にお買い得でお得な契約がUQモバイルのiPhone 7という事になります。

 

UQモバイルの回線品質について

iPhoneと格安SIMを組み合わせた契約というのはMVNO全体の中で数多く用意されていますが、そうした中でUQモバイルでの契約をおすすめする理由としてはUQモバイルの回線自体に大きな魅力があるからです。

その魅力とは通信速度です。

Y!mobileと同じようにUQ mobileはKDDIのサブブランド的な側面を持つ回線となっています。そのため通常のMVNOと比べても速度面や料金面、それにiOSに絡む機能面での優遇されている点が目立つようになっています。

特に速度に関しては、IIJやmineoが総務省有識者会議において「サブブランド回線は速すぎるから規制して欲しい!」と泣きつくレベルでMVNOとは差があります。

mineo資料
mineo資料2
mineo資料3

こちらはmineoが総務省に提出した資料ですが、これをまとめるとmineoはUQモバイルに対して以下のような評価をしています。

  • 普通のMVNO格安SIMと比較して速度が良すぎる
  • 普通のMVNOの予算規模では絶対に真似できない通信速度
  • 常時高速かつ安さも実現していてMVNOのメリットがなく、市場競争で勝ち目がない
  • (だから総務省が規制してくれると助かる)

というちょっとこれが消費者に広く知られるようになったらむしろUQモバイルの契約者が増えてしまいそうなぐらいに高評価を行っています。

 

ほぼキャリアと同じレベルの通信速度で使えるのがサブブランド・UQ mobileの特徴となっており、これだけの安さでありながらMVNOのように通信速度が遅くてストレスが溜まるという不満がほとんどないというものになっています。

月1,628円からの維持費で高速回線で使えるというコストパフォーマンスの良い回線という側面もあるため、今回のUQ mobile契約のお得さというのは本当に凄いレベルなわけです。

こうした速度の良さも今回の契約においては付帯してくるため、格安スマホを使ってみようと考えている方にはキャリアに近い形で利用し続けることが出来る稀有な回線となっています。

 

価格・性能・回線品質が揃った最上級の良コスパiPhoneが手に入る「UQモバイルのiPhone 7契約」

以上のようにUQモバイルのiPhone 7契約についてポイントを多くまとめてみました。

UQモバイルのiPhone 7はここまでの説明通り

  • 価格が大幅に値下げされており31,680円から
  • 維持費も端末代込みで3,058円から
  • スマホとしての性能も他のUQモバイルの格安スマホよりも高い
  • 防水機能、Apple Pay、指紋認証搭載で利便性がこれまでの格安iPhoneよりも高い
  • UQモバイルの回線品質が高いために通信速度でストレスを感じるようなことがない

といった特徴をもっています。

一括価格に関しては決して手放しで褒められるほどの安さではないものの、iPhone 7の性能および機能といったところと2年間での実質価格を考えると十分な安さを見せていることは間違いありません。

維持費の安さ込みで見た時に格安スマホとしての買いやすさが高くありながら、性能も良いですし何よりもUQモバイルで利用することによって通信速度の遅さといったストレスと無縁でいられるのは大きなメリットです。

iPhone 7という比較的高性能なスマホを通信速度の遅い格安SIMで使ってはせっかくのiPhoneの良さが活かされません。そうした中でUQモバイルの高速回線とあわせて利用できるというのは、iPhoneの良さをしっかりと活かすことができる組み合わせになるでしょう。

かなりバランスの良い契約となっていてコストパフォーマンスというところでも優れた契約であると言え、おすすめの契約の一つです。

 

⇒UQモバイルキャッシュバックはこちら

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top