スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

GRATINAで通話し放題回線が月額1026円!auの電話カケ放題はガラケープランならデータ無しでも毎月割が継続!

*追記:2014年12月1日からGRATINA KYY06の毎月割に変更が入りました。毎月割は12月より従来の1350円から900円×36回へと変わって、1026円で使えるという状況が終わってしまいました。それでもまだ低価格で使える状態には変わりはありません。毎月割変更後の料金についても追記で計算していますので参考にして下さい。

 

各社のかけ放題プランが始まってから、ガラケーの注目度が上がっています。やっぱり電話はガラケーという方々が多いのでしょう。
docomoのガラケーもカケホーダイが発表されてから、いきなり販売ランキングのトップ10入りを果たしており、電池が持って誤タッチしないガラケーは通話用としていまだに人気が高いようです。

このガラケーなのですが、docomoではデータプランへの加入が無いと、月々サポートが適用できないというルールになっています。
シェアオプションでもいいのですが、そうすると必然的にパケットシェア10以上の契約が必要になります。
月々サポートを使ってガラケー単体を安く維持するということはなかなかに難しい状態になっていて、実質的に月々サポートを捨ててカケホーダイの2200円で運用するしかありませんでした。

docomoがこれならば他社でも同じだろうとあまり調べていなかったのですが、どうやらauではdocomoのようにかけ放題用のプランにデータを組み合わせなくても、割引が継続するというルールが一定条件であるようなのです。
そうすると今新規やMNPで高額な毎月割という割引がついてくるガラケーがあるため、これを契約することで通話し放題の回線にも関わらず低価格な月額料金で利用できる回線を手に入れることが出来そうです。

スポンサードリンク

毎月割は電話かけ放題プラン(ケータイ)だけでも適用可能!

ツイッターの販売店が以下のようなツイートをしていて気になったのですが、どうやらこれは正しい情報のようです。

電話かけ放題プランが、auのガラケーならば1026円で使えるというツイートがされていました。
auのガラケー「GRATINA」は、現在MNPや新規で毎月割が1000円を超えています。それに古いタイプのプランならば、GRATINA割というものが存在して、半年分の基本料金がタダになるというキャンペーンがされており盛り上がっています。
このキャンペーンの存在で、GRATINAを新料金プランの電話かけ放題プランで契約するメリットは無いものだとおもっていたのですが、それは間違いだったようです。
auのガラケー、特にGRATINAは旧プランでの新プランでも両方でオトクに利用できるガラケーだったようです。

その理由が先ほどの1026円で電話かけ放題プランが使えるという点です。
この1026円の内訳は以下のようになります。

  • 2376:電話カケ放題プラン(ケータイ)
  • -1350:毎月割
  • 1026円:合計

(Eメールをしたい場合はEZWIN324円をプラス。ただしメールやネットをしすぎると青天井で通信料がかかります。EZWINを付けなくてもCメールは使えます。)
(同じくガラケーのMARVERAは新規が630円、機種変更が225円の毎月割です。)

 

電話かけ放題プラン(ケータイ)からGRATINAの毎月割を引いた料金が1026円になります。
この内容は、新料金プランについて調べたことのある方ならば少し驚かれるとおもいます。それはデータプランの加入が無いにも関わらず毎月割が適用されているからです。
最初にも触れましたが、カケホーダイを最初に出してきたdocomoでは、ガラケー向けのプランで月々サポートを適用する場合はパケットパックへの加入が必須であるため、月々サポートを使う場合にはガラケーなのに3500円のデータプランか主回線が必要な500円のパケットシェアへの加入が必要でした。
ガラケー1つ、2200円のプランだけで月々サポートを適用するのは不可能なルールになっています。

こうした内容に他社も追随するものとおもわれたのですが、auではdocomoとは違ってデータプランへの加入をしなくても、ガラケー向けのプランでは毎月割をそのまま適用させてくれる太っ腹なルールを設けていました。
auのサポートセンターへも確認してみましたが、確かに電話かけ放題(ケータイ)プランでも、特にデータプランや接続サービスへの加入なしでも毎月割の適用が可能との返答をもらいました。
このおかげで、今回1350円もの毎月割を持っているGRATINAを契約して電話かけ放題プランにすることで、通話し放題の回線がたったの1026円で使えるようになっています。

 

*追記:1026円で使える契約方法は終了してしまっています。現在は毎月割が900円と450円も下がってしまいました。450円割引が下がったということは、450円の基本料の値上げとなるわけで、通話し放題の回線は1026円ではなく1476円で毎月使い放題ということになります。

毎月割は下がってしまいましたが、まだ1476円と比較的安い料金で通話定額のケータイ電話が契約できるのはいい事だとおもいます。また単純な音声通話回線での月額3円維持もこれまでどおり可能です。メールし放題の形にすると3円では無くなってしまいますが、それでも非常に安い回線を維持しています。

  • 802:プランEシンプル
  • -900:毎月割
  • (324:EZ WIN)
  • 3円(or 143円)合計

こうしたプランで毎月3円(2015年1月からはユニバーサル料に改定が入って毎月2円)で使えるようになります。メール用のEZ WINに加入してしまうと、900円の割引では足りないので143円という維持費用が必要になってしまいます。

 

音質は悪いけどコストパフォーマンスは一流の回線

通話用回線として単体の契約だけでこの安さを出せる回線はこれ以外ないとおもわれます。
あったとしてもdocomoのシェア回線やY!mobileのもう一台無料系の回線という、主回線が必要なプランぐらいで、契約一つでこの安さを実現させているのはauのGRATINAだけでしょう。

ただし、この毎月割の適用はauスマートフォンを購入した際についてきた毎月割では不可能で、ガラケーを購入した際についてきた毎月割でないと電話かけ放題プラン(ケータイ)への割引はできなくなります。3Gスマホでもダメです。

それとGRATINAの毎月割はMNPと新規のみが1350円で、機種変更だと270円(2014年12月から180円)しか割引されません。今回の1026円でのかけ放題電話を作るには、新規かMNPでないとだめということです。
MNPだと一括0円にキャッシュバックがついてくるので、実質的な利用料金はもっと下がる計算になります。

auの通話音質は他社と比べると悪いです。ジャリジャリした音が会話の中に混じります。
ですので、今回始まった通話定額プランでの他社との競争は一番不利かとおもわれましたが、ガラケー通話の料金でも割引を適用できるようにしたことで、料金面で勝負に出てきたようです。
1026円での利用は通話をする方には恐ろしくコストパフォーマンスの良い回線だとおもいます。音質は悪いですが、それ以上の魅力があるはずです。通話重視の方はMNPや新規での購入を考えてみてはいかがでしょうか。

追記:GRATINA2の維持費

最近はすっかりGRATINAの在庫も減ってきて、カケホとデジラの電話かけ放題プランで運用すべきガラケーとしては、後継機にあたるGRATINA2のほうが目につくようになりました。

そこで追記として、GRATINA2のカケホーダイ維持費についてもこの場で紹介しておきます。

GRATINA2はMNP契約で毎月割が810円×36ヶ月適用されます。auケータイかえる割キャンペーンの対象ですが、かけ放題回線として使う場合にはauケータイかえる割を適用せずに契約するのがいいでしょう(auケータイかえる割は毎月割が非適用になる)。

  • 2376:カケホとデジラ・電話かけ放題プラン
  • ▲810:毎月割
  • 1566円:合計

毎月割がGRATINAよりも更に減ってしまっているため、維持費たる基本長は1566円まで上がってしまいました。これでも十分安いですが、1026円時代よりも500円も値上がってしまいました。

MNPではGRATINAと同様にMNP一括0円とキャッシュバックが得られるので、キャッシュバック分を考えればMNP転出手数料や何ヶ月分かの維持費が0円として計算することも可能でしょう。通話オンリーという使い方になり、ネットなどをするには2台持ちも必須ですが、非常に優れた契約であることはGRATINA2になっても継続していますので、これから契約する方はこちらの2しかなくても問題なく契約出来るかと思います。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. gratina 家族で2台使用してます。EZ WIN外して通話専用。毎月割1050円ついてます。

    妻は4000円ほど支払っていましたので、13日の受付開始日に申し込みました。

    私は色々節約して1000円から1500円でした。毎月割の適用ができるか、怪しかったので様子見をしていましたが先ほど申し込みをしました。

    1326円で使い放題できそうなので最高です。
    なんにも考えずに通話できるのが嬉しい。ほとんど使って無かった楽天電話を解約しなくちゃ。

  2. 現在docomoにて更新月が9月のデータ回線と10月の音声回線が1台ずつあります。
    音声回線をメインで使用しており、MNP・機種変の際には音声のみ(通話定額でメールはしない)のプランを検討しています。しかし、その前にデータ回線の更新月があるため、そちらもネット専用としてMNP・機種変を検討しております。場合によっては音声回線に合わせて2台同時に、ということも考えております。(その場合1ヶ月間どうやってデータ回線を引き伸ばせばいいかも考えなければなりませんが。)
    そこで、どのキャリアとどのような契約をするのが最も安く済むでしょうか?
    音声は現状auのGRATINA一択でしょうか?データ回線との組み合わせを考えると他にもあるでしょうか?ご教示いただけましたら幸いです。

    • 音声はGRATINAが一番安くて使えるとおもいます
      データはちょっと良くわかりません
      このサイトでもいろいろ計算したり紹介したりしているので、その中で好きなものがあればそれがいいとおもいます
      一応安い料金にできるものを選んでいるつもりですから

      • ご返信ありがとうございます♪
        データ回線を音声回線に変えてもいいとは思っています。
        2台でY!mobile辺りが合計で安くなるなら、GRATINAじゃなくていいのかなとも思いました。
        最近は新料金プランが出てきて事情がよく飲み込めていません^^;
        スマホ辞典さんのサイトもよく参考にさせてもらっています。
        いつもありがとうございます。(遅くなりましたが)
        過去の記事も見直しつつもう少し考えてみます。
        もしまだ記事になっていないオススメがありましたら、お教えいただけると大変嬉しいです☆

  3. By 迷える初心者

    親のガラケーを安くする方法を探していてこの記事を拝見しました。
    貴重な情報ありがとうございます!
    ただ、少々混乱しちゃってるので教えて下さい。。。

    上の説明(ツイッター販売店の説明も)では、電話カケ放題プラン(ケータイ)
    に対して「毎月割」分を引くことで、1,026円でかけ放題ということに
    なっているのですが、auのサイトだと毎月割は端末代金分割への充当という
    感じで説明されています。

    別にどちらから引いたと考えてもトータルは同じですが、毎月割を
    電話カケ放題プラン(ケータイ)から引いたと考える場合、端末代金は
    全額ばっちり支払うことになるので、MNP(とか新規とか) 0 円という
    ことにはならないような気がするのですが、どうなのでしょう??
    端末が実質 0円でなおかつ1,026円でかけ放題ということが可能なのでしょうか?

    • 実質で買った場合では計算していません。本体代金を一括で買った場合で計算しています
      一括なら1026円なので、一括で安く買えるお店が見つかるかどうかです。

  4. MNPでソフトバンク(がらケー)からドコモのiphone5 一括0円キャンペーンを検討中です。通話専用を考えていて、かけ放題のみデータプランなしを考えています。 auではデータプランなしでもOKでしたが、ドコモはデータなしはできないですか? 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top