スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

MVNO格安SIMの速度比較 1月編

MVNO格安SIMの速度調査1月編です。

格安SIMを選ぶのに各社ほとんど変わらない月額料金で比較しても現在ではあまり意味がありません。料金で比較してしまってはあまりにも似通ったプラン・金額でますますどれを選んでいいかわからなくなってしまいます。

そんな料金では比較しずらくなった格安SIMを選ぶ指標として、今一つ有効なものとして捉えらているのが「通信速度」です。

料金の安さは各社今となってはほとんど比較するまでもなく格安な料金を提供していますが、速度に関してはMVNO各社の姿勢の違いや事業に対する真剣さなどによって大きく異なってきます。速度というのは料金よりも毎日の使い勝手に直接関わってくる指標ですから、こちらを重視して格安SIMは選ぶべきであるという考えが広まっています。

特に格安SIMの利用者が多くなってきたことで、格安SIMに対する不満点なども目に付くようになりましたが、その大半を占めるのがこの通信速度が遅いという問題に関してです。

通信速度はMVNOの性質上、料金プランよりも各社の違いがはっきりと表れながら、その内実といったものが事業者から公表されにくいために、比較するための指標として今一番効果的なポイントとなっています。

今回もその速度を各MVNOで比較した調査の12月分をお届けします。こちらと過去の測定結果を見て貰えれば、今速いところがどこなのかも、長く高速な回線を提供しているのがどこなのかということも比較できるかと思われます。

MVNO格安SIMの速度比較まとめとオススメSIMの考察

 

2016年3月より計測方法を大幅に変更しています。スピードテストアプリやサイトの結果が現状全く参考になりそうにないMVNOが多いため、そのままその結果を鵜呑みにせずWebサイトを実際に読み込んでみた場合の実効速度を計測しています。

MVNO格安SIMの速度比較 3月編 一部MVNOで混雑時スピードテスト外の通信に速度規制を確認
3月もいつも通りのMVNO格安SIMの通信速度の状況を定点観測してみたいと思います。

ただし今回は一部のMVNOにスピードテストで計測される速度と、実際に使用した時との速度に

検証方法の正確性という意味でどれだけ変更後の方法が有用かはわかりませんが、少なくとも従来のスピードテストアプリやサイトに頼ったやり方よりは実効速度というものを表しているかと思いますので参考にしてみて下さい。

検証方法

検証端末等 ドコモ系・au系:MR04LN
TCP Monitor Plus
検証時間 1月10,11日計測
12時25分~(OCN/Wonder Link/イオンモバイル/Y!mobileは計測時間の都合上12月5日の同時間帯に計測)
16時~
21時15分~
2つの混雑して回線が輻輳する時間帯と1つの空いている時間帯を選んでいます。
スピードテストの速度検証 speedtest.net
Webサイト読み込みの速度検証 「楽天モバイル」のHP(約6.2MB)

TCPモニターの見方

TCPモニターは右から左へとパケットの流れる向きを記録しています。そのため結果の参考として載せてある各画像の右側が測定開始のタイミングになり、そこから左へ進むごとに時間ごとのパケット通信量の推移を確認できます。

一部のMVNOはバーストしており山が大きくなっているので、そっち側が記録開始地点としてわかりやすいかもしれません。

一応記録開始からのグラフには全回線なっていますが、キャプチャーのタイミングで開始点が若干ずれているものがあるのでご了承下さい。

「楽天モバイル」の公式HPの表示速度を新たな指標に

これまでの実効速度の確認方法を一部変更しています。

今までは1枚の大容量画像と動画の読み込み時の通信速度について記録してきましたが、「通信の最適化を確認するやつ」さんのページがアクセスしづらいことやMVNOで動画を見るユーザーも今そんなにいないだろうということでこちらを別の指標に変えています。

今後はWebサイトの読み込み時間という指標をもとに比較してみようと思います。

Webサイトは読み込みファイルサイズが大きくてMVNOという関連性もあることから「楽天モバイル」のPC版公式HPを使っています。「楽天モバイル」の公式HPは容量が計測当時で約6.2MB、それが複数の細かいファイルでバラけての合計となっているため、1枚画像のファイルダウンロード速度結果とはまた違った傾向を導き出せるかと思われます。

測定結果は読み込みにかかった秒数で記録しています。5秒前後、10秒前後、15秒以上といった大雑把な分け方ではありますが、その読み込み速度を記録しています。詳細なダウンロード速度についても参考値を出していますが、グラフを目視で読み取った数値となるのでより詳細な速度状況を確認したい場合は、添付してある速度グラフの画像ファイルを確認してみて下さい。

楽天モバイルの公式HPがあまりにも重いため、MVNOの通信速度としては10秒前後で読み込めれば合格点になるでしょう。5秒前後という数字だと相当好調であると言えます。

というわけで今後はこちらのWebサイトの読み込み速度という指標についても利用して通信速度の比較を行ってみたいと思います。

スポンサードリンク

速度結果

下の表はトラフィックモニターを目視しての平均値を算出した結果です。

より詳しいグラフの推移は若干見にくいですが以下のファイルより確認できるかと思います。

https://photos.app.goo.gl/v8f3Pg22E5ewJ3aG3

MVNO 時間帯 スピテス webサイト読み込み速度 webサイト読み込み時間
イオンモバイル 12時 0.46Mbps 0.65Mbps 15秒以上
16時 14.75Mbps 9.1Mbps 5秒前後
21時 9.03Mbps 4.4Mbps 5秒前後
BIGLOBE 12時 0.44Mbps 0.44Mbps 15秒以上
16時 1.64Mbps 5.2Mbps 5秒前後
21時 6.52Mbps 8.2Mbps 5秒前後
DMM moible 12時 0.41Mbps 0.50Mbps 15秒以上
16時 19.71Mbps 13Mbps 5秒前後
21時 5.57Mbps 0.5Mbps 15秒以上
LINE mobile 12時 0.60Mbps 1.0Mbps 15秒以上
16時 4.46Mbps 3.0Mbps 10秒前後
21時 2.76Mbps 3.3Mbps 10秒前後
IIJmio 12時 0.61Mbps 0.52Mbps 15秒以上
16時 23.91Mbps 9.2Mbps 5秒前後
21時 7.25Mbps 0.5Mbps 15秒以上
mineo-d 12時 0.74Mbps 0.75Mbps 15秒以上
16時 7.40Mbps 6.9Mbps 5秒前後
21時 15.65Mbps 9.36Mbps 5秒前後
mineo-a 12時 0.90Mbps 1.6Mbps 15秒以上
16時 6.18Mbps 3.8Mbps 5秒前後
21時 6.05Mbps 3.9Mbps 5秒前後
NifMo 12時 0.75Mbps 0.7Mbps 15秒以上
16時 17.43Mbps 12.4Mbps 5秒前後
21時 7.72Mbps 9.2Mbps 5秒前後
OCNモバイルONE 12時 0.36Mbps 1.1Mbps 15秒以上
16時 7.93Mbps 9.4Mbps 5秒前後
21時 2.12Mbps 4.5Mbps 5秒前後
楽天モバイル(.co) 12時 0.60Mbps 0.6Mbps 15秒以上
16時 4.26Mbps 7.2Mbps 5秒前後
21時 5.21Mbps 2.5Mbps 10秒前後
楽天モバイル(.jp) 12時 0.32Mbps 0.3Mbps 15秒以上
16時 5.72Mbps 9.3Mbps 5秒前後
21時 8.67Mbps 11Mbps 5秒前後
UQ mobile 12時 18.25Mbps 10.5Mbps 5秒前後
16時 22.72Mbps 7.1Mbps 5秒前後
21時 26.94Mbps 13.6Mbps 5秒前後
WonderLink 12時 4.04Mbps 8.3Mbps 5秒前後
16時 3.76Mbps 6.9Mbps 5秒前後
21時 8.24Mbps 9.0Mbps 5秒前後
Y!mobile 12時 12.81Mbps 8.8Mbps 5秒前後
16時 18.64Mbps 11.4Mbps 5秒前後
21時 32.54Mbps 10.8Mbps 5秒前後

 

全体のまとめ

特に個別で語ることもなくなってしまったので全体のまとめについてを早速ですがしていきましょう。

去年と同じ流れを全体としては継続しており、安定して高速回線を提供してくれるのは基本的にサブブランドの2社のみとなっています。

SoftBankのY!mobileとKDDIのUQ mobileという2社は、もはやMVNOの域を超えた安定感と高速さを併せ持った回線を用意しています。これに加えて端末価格の高額な割引と通話定額込みで安い料金を用意しているため、回線のみの契約はもちろんスマホセットの契約においても今格安SIM/格安スマホを買うなら第一候補に据えていい回線となっています。

 

サブブランドのないdocomo系は赤字覚悟で行っている事業者でさえ速度維持は困難なところも見え、こちらは速度が遅くなる前提での利用が求められます。

WonderLink FやNifMoといった回線は比較的安定しているものの、人気が大してないというところが結局一番回線速度に影響を及ぼしており、ユーザーが殺到した場合には状況がすぐに変わってしまうでしょう。

 

現状速度という指標においてはサブブランドのY!mobileとUQ mobileがずば抜けており、その他のMVNOに関しては機能性やオプションの豊富さなどの付加価値込みで考えないと対抗はできないでしょう。

サブブランドはこの速度に加えて料金の安さ、端末値引きの強さといったものも凄いため、格安スマホとしてのコストパフォーマンスでは他社MVNOでは手も足もでない状況となっています。

なので今おすすめする格安SIM回線はY!mobileとUQ mobileです。・・・と言いたいところですが、サブブランドも雲行きが怪しくなっているので中々今後も不透明となっています。

MNPキャッシュバックや実質0円を禁止して実質的な値上げで消費者を苦しめることになった総務省有識者会議が、今度はこのサブブランドの速度良すぎる問題に切り込み、サブブランド回線の速度低下を目的に業界の自主規制なんかを求める動きが出てきています。

速くしろというのはわかりますが遅くしろというのはまたまた実質0円規制同様に利用者ガン無視の内容でズッコケさせてくれます。

けん引しているのは同じ格安SIMジャンルで対抗しているIIJmioや楽天モバイル、mineoで、こちらの事業者が主にUQ mobileやY!mobileの通信速度が良すぎるからどうにかしろ、と規制を求めています。

キャンペーンに販促費入れている事業者が追及しているので、その販促費を増強に回せば対抗できるのではないかという疑問もありますが、競合となる他社が何とか回線速度を落としてもらおうと必死になっています。

 

と、こんな感じで一時の格安SIMブームや格安スマホブームが終わり、格安回線ならサブブランドがベスト!といった空気感が出てきた中でのこの規制論議なわけで、また状況はこの数か月で大きく変わる可能性があります。

Y!mobileなんかは仕組み的にサブブランドだから規制しろ、という流れでは規制できない存在のため心配はそこまでいらないかもしれませんが、UQ mobile辺りはダメージを受けそうな危うさがあります。サブブランドの中で選ぶならSIMフリー機と相性の良いY!mobileが良いでしょう。

サブブランドが規制されても他のMVNOが大きく改善される希望も特に持てないため、利用者側にとっては残念過ぎる会議の話題がここ数ヶ月ほど続きそうです。

まぁ割引の力とか見ても格安回線を選ぶならサブブランドから選んだほうが無難でしょう。特にiPhone SEのセットは格安スマホの中でも凄い内容となっています。あとはmineoがまた紹介2倍と900円引きキャンペーンを行っているので、この3つが速度と料金で高いクオリティを維持しているかと思います。

UQ mobileがiPhone SEを実質0円に値下げ!マンスリー割が増額で一括購入時の維持費も最安0円の格安スマホに!
Y!mobileのiPhone SEが先日一括購入割引適用による値下げを行ってきましたが、UQ mobileもしっかりと追随してiPhone SEの値下げを行ってきました。

Y!mobileがiPhone SEを一括10,584円からに値下げ!2年間の一括購入割引で
Y!mobileが学割時期に合わせてiPhone SEの価格を一括でも契約しやすい価格へと落としてきました。

これにより多少の条件はあるものの、Y!mobileでのiPhon

mineoキャンペーン、紹介でAmazonギフト券ゲット&900円引きで半年間最安410円プラン運用&エントリーコード活用
mineoのキャンペーンについてまとめてみたいと思います。

現在実施されているmineoのキャンペーンを利用すれば、

3GBのデータプランを700円前後の料金で半年

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top