スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

SoftBankのiPhone 8は実質0円以下で機種変更できるかも?ウロポなどのポイント付与が強烈

SoftBankのiPhone 8は実質0円以下で機種変更できるかも?ウロポなどのポイント付与が強烈

SoftBankのiPhone 8は64GBであれば結構安い価格で機種変更出来ます。

3キャリアの中では価格発表が一番遅かったキャリアですが、その分インパクトの大きな価格を付けてきて、auが対抗のために早速毎月割を増額せざるを得ない結果になりました。

iPhone 8の64GBは機種変更で実質26,880円とiPhone 7 32GBの価格と1万円も離れていない価格となっています。

iPhone 8機種変更

iPhone 8 64GB 256GB
販売価格 94,320円
(3,930円×24)
112,560円
(4,690円×24)
月月割 ▲2,810円 ▲2,810円
実質価格 26,880円 45,120円

iPhone 8 Plus機種変更

iPhone 8 Plus 64GB 256GB
販売価格 106,080円
(4,420円×24)
124,560円
(5,190円×24)
月月割 ▲2,810円 ▲2,810円
実質価格 38,640円 57,120円

この時点で比較的購入しやすい価格な訳ですが、ここにキャンペーンやポイント施策を絡ませると実質0円に近い価格、場合によっては実質0円以下での契約ということも可能になってくるかもしれません。

今回はiPhone 8の実質価格を実質0円以下にする方法として活用できるキャンペーンの紹介などをしていこうと思います。

スポンサードリンク

ウロポが比較的簡単に入手可能、MNP引きとめポイントやダイレクトメールでのポイント案内も

ウロポ

恐らく多くのSoftBankユーザーが利用できる方法としてあるのが、ポイントの利用です。

このポイントというのは今まで貯めてきたポイントのことではなく、特定の条件を満たすことで特にデメリットなく貰える機種変更に使える期間限定ポイントのことです。

今SoftBankではこの期間限定ポイントが多様な形で入手することができ、それらを利用することで1万円以上の価格をいきなり値下げすることが出来ます。

このポイントについて入手方法がいくつかあるので、それらについて軽くまとめておきましょう。

 

まずはすでにポイントが付与され、その旨がダイレクトメールなどで知らされている、という形です。

この形であればすでにポイントはもらえているので、何か手続きなどをしなくてもそのまま機種変更にポイントを利用できます。

今現在確認できている金額としては1万円相当のポイントが配られているようなので、これだけでも実質価格が16,880円と最新モデルにしては安くなります。

SoftBank側からクーポンを配布する条件を満たしているユーザー向けのポイントとなり、現時点で音沙汰がないようならば別の形でポイントを得る必要があります。

 

クーポン型のポイントが配布されてこなかった場合には、今のところ2種類のポイントゲット術が用意されているのでそちらを試してみましょう。

まず簡単なもので自分も試しにやってみたらゲットできたものとして、ウロウロポイントがあります。

ウロウロポイントはウロポとも呼ばれており、思いついたSoftBank社員は相当携帯乞食脳を拗らせてしまった感じの方でしょう。

去年頃から始まったこのウロウロポイントの貰える方法は、「My SoftBankにログインして解約・MNPページ周辺をうろうろする」というものです。

なんともおかしいやり方ではありますが実際にこうしたスマホ上の操作で解約意志を感じさせることで、SoftBankからお知らせがきてポイントをあげるよ、という形で1万ポイントほどゲットすることが出来ます。

ぶっちゃけ1分ほどで終わる操作なわけですが、それだけで1万ポイントが貰えてしまう可能性があるということで、iPhone 8に限らずSoftBankのスマホへと機種変更するつもりなら試しておきたいポイントゲット方法です。

貰える確率としては結構高いと思います。完全に体感レベルで言っていますが、自分でも貰えたのであまり条件としてハードルは高くないのではないかと思います。

https://www.softbank.jp/mobile/support/cancellation/

 

上記2つの1万ポイントでも十分な割引となりますが、それ以上に高額な割引として利用できるポイント額が手に入るかもしれないのがMNP引き止めポイントです。

MNP引き止めポイントは「MNP予約番号を発行しようと電話をすると、オペレーターから他社へのMNPではなくSoftBankで機種変更をして欲しいといわれ、その流れで継続利用を条件に貰えるポイント」というものです。

こちらはウロポと違って電話でオペレーター相手に一芝居行う手間が必要ですが、かつては50,000ポイント、最近でも30,000ポイントなんて言う高額な機種変更向けポイントを得ることが出来ます。

3万ポイントを得ることができればそれだけでiPhone 8の64GBなんかは実質0円以下になるわけで、オペレーターと会話する手間があるといっても試すべき価値はあります。

ただしこちらも自分は試しましたがポイント獲得ならず、そのためMNP引き止めポイントがiPhone 8にも使えるかどうかまでは確認できていません。ドコモの引き止めポイントはiPhone 8には使えないというコメントがあったので、SoftBankがそれを真似すると使えるのはウロポなどに限られてしまうことになります。

とりあえずiPhone 8発売後に再挑戦してみるつもりですが、ウロウロポイントに比べると取得条件は難しめとなっています。手に入れられれば強烈な割引として使えるポイントではあるのですが。

 

これらのポイントはユーザー側がほとんど損することなく得られる高額な割引であるため、まずはこれらいずれかのポイントを得ることが出来ればiPhone 8の0円以下契約はかなりしやすくなるので、機種変更する前に必ず試してみてください。ウロポなんて一瞬で終わるのでやらなきゃ損でしょう。

 

下取りプログラムが利用できるなら買取価格と比較しながら高額に前機種を活用

上記のポイントによる割引と合わせて使いたい高額な割引キャンペーンには下取りプログラムが用意されています。

こちらでは以下のような下取り価格が用意されています。

sbsitadori

3年前のiPhone 6、2年前のiPhone 6sといった機種に対して、総額で17,280円分の還元が行われます。この金額に先ほどのポイントが1万ポイントでも付いてくるようであれば、総額で約27,000円分の還元となり、iPhone 8の64GBの価格である26,880円という価格を実質的に還元が上回る形になり、実質0円以下での契約、というものを実現することが可能です。

ちょうど取り換えタイミングの旧モデルのiPhoneを利用している場合には、この下取りプログラムが高額な割引を実現させてくれるため、こちらとポイント施策を合わせての利用でiPhone 8を安く契約していきましょう。

iPhone 6sの下取りは安すぎる!その他の機種も状態によって買取価格が上の場合も

ただしこの下取りプログラムの利用にはちょっとした注意点があります。

それは下取りの設定価格が安すぎる機種がある、という点です。

特にiPhone 6sは安いです。iPhone 6と同じ総額17,280円しか付かないというのは安すぎる下取り価格となっています。

これなら多少使い込んでいても白ロムショップのほうが確実に高額な買い取り価格を示してくれるでしょう。17,280円で手放していい機種ではありません。

またiPhone 6 Plusなんかも使用感の少ない見た目であれば比較的高額な買い取り価格を提示されるかと思うので、下取りを利用するよりも高い還元を現金で得ることが出来る可能性があります。

一応先に紹介した通り下取りを利用することでiPhone 8を安く購入できることは間違いないですが、馬鹿正直にSoftBank公式のキャンペーンを使わなくても白ロムショップでの売却という下取りに近いことをやってもらえればより高い金額での買取りを行ってくれる確率が高いです。

旧モデルを手放すという考え方自体は一緒なので、より高い価格を付けてくれる方を使いましょう。極端な話iPhone 6sを持っていればiPhone 8の実質価格以上の買取り値を期待できるので、ポイントが貰えなくてもこれだけで実質0円でiPhone 8を契約することが出来るようになります。

 

ポイント+下取り(買取り)でiPhone 8の64GBぐらいなら0円も簡単に実現可能

というわけでこの2つだけでもSoftBankのiPhone 8は実質0円ぐらいにまでは簡単に落とすことが出来るようになっています。

ポイント関連についてはどういった条件が必要かわからないところもありますが、意外と貰いやすいのは確かです。下取りについてはまず買取り価格と比較しながらより高い方を使っていきましょう。

その他にもキャンペーンによる割引はありますが、固定回線や家族を紹介など若干難しさを感じる点が多いため、割と簡単な内容で出来るものとなるとこの2つが期待できるものになります。

SoftBank利用者、そしてiPhoneユーザーという場合にはこうした方法をiPhone 8前に実現可能かどうかを試してみてください。

2つとも利用できれば実質価格26,880円を0円前後にまで落とすことができるでしょう。

 

なお契約の際にはソフトバンクオンラインショップを使いましょう。せっかくここまで安くしたのに、店舗の頭金がかかってきてしまうと値上げさせられてしまうため、今回やってきたことが無駄になってしまいます。なので頭金がないオンラインショップで契約することで、安心できる価格での購入をすることができるでしょう。

ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ:iPhone

 

SoftBank、iPhone 8/8 Plusの価格/値段・維持費の料金や割引キャンペーンのまとめ
9月22日発売のSoftBankのiPhone 8/8 Plusの価格や毎月割、実質価格、それに維持費や利用できるキャンペーンなどの情報をまとめてみたいと思います。

まだ価格

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. iPhone8正式発表前の9/2にMNP番号予約をしようとして引き止めポイント30000ptをもらいました。
    iPhone8が正式発表されたので機種変更をオンライン予約したのですが、残念ながら9/24中に
    入荷しなかったのでポイント(期限9/29)を更新してもらおうとソフトバンクに問い合わせた
    ところ、引き止めポイントは特定の機種限定(iPhone7は対象)で、iPhone8には使えないと
    ハッキリ言われました。なので、引き止めポイントをiPhone8への機種変更に利用することは
    できないようです(引き止めポイントなしでは話しにならないので、私は他社へMNPすることに
    しました)。参考まで。

    • あら・・・引き止めはやっぱりiPhone8は無理ですか。
      iPhoneX発売してからや在庫出てきてからでないと無理ですかね。
      情報ありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top