スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

Y!mobileとUQ mobileがiPhone SEの価格を値下げ!維持費302円・2台目0円、一括44,172円~など最強の格安スマホに近づく

Y!mobileとUQ mobileがiPhone SEの価格を値下げ!維持費302円・2台目0円、一括44,172円~など最強の格安スマホに近づく

5月よりY!mobileとUQ mobileで販売が開始されていたiPhone SEの32GB/128GBモデルの値下げが7月14日に行われました。

発売開始の時点でiPhone SEの性能とY!mobileとUQ mobileのつける高額な割引による契約の安さのバランスの良さが目立ち、非常にコストパフォーマンスの高いスマホ契約とされていましたが、今回の値下げによってそのコスパの高さが更にパワーアップするものになっています。

今回の値下げによってより契約しやすい内容となっており、「格安スマホ」と呼ばれる性質の契約の中では最も魅力的で契約の価値のある内容になっています。

この記事では値下げ後の価格、そして具体的な維持費について確認していこうと思います。大分各項目で安くなっているので、スマホセットで格安SIM/格安スマホへの変更を予定していた方は必見の契約です。予算が合えば迷わず選んで良い契約です。

Y!mobileの価格と維持費

ycp

まずはY!mobileの情報についてまとめてみましょう。

Y!mobile版iPhone SEの価格と月額割引は以下の表のようになっています。

32GB

iPhone SE 32GB スマホプランS スマホプランM スマホプランL
端末価格 64,800円+540円
(2,700円×24回)
月額割引
(機種変更/新規・MNP)
▲1,080円/▲1,620円 ▲1,620円/▲2,160円
実質価格
(機種変更/新規・MNP)
38,880円/25,920円 25,920円/12,960円

128GB

iPhone SE 128GB スマホプランS スマホプランM スマホプランL
端末価格 77,760円+540円
(3,240円×24回)
月額割引
(機種変更/新規・MNP)
▲1,296円/▲1,836円 ▲1,836円/▲2,376円
実質価格
(機種変更/新規・MNP)
46,656円/33,696円 33,696円/20,736円

Y!mobileの場合は実質負担金を減らす形になっています。

32GBモデルではスマホプランSでの変更はないものの、プランM/Lの2つで2年総額12,960円の割引増額となっています。

128GBではスマホプランSが2年総額5,184円の増額、プランM/Lでは16,800円の増額となっています。

月額割引が増額されたことによって、一括購入時には非常に安い維持費を実現することが可能になっています。

キャンペーン

Y!mobileで現在実施されているキャンペーンで、iPhone SEの契約に使えるものを確認しておきましょう。

  • ワンキュッパ割:1年間1,080円引き
  • データ容量2倍キャンペーン:2年間データ量が無料で2倍
  • 家族割引サービス:2回線目以降540円引き
  • おトク割:固定やSB Airと連動して割引

 

維持費

これらのキャンペーンと先ほどの月額割引を適用させた場合の、Y!mobile版の月額維持費についても出しておきましょう。

32GB

iPhone SE 32GB スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本料 3218 4298 6458
ワンキュッパ割 ▲1080(機種変更対象外)
月額割引
(機種変更/新規・MNP)
▲1080/▲1620 ▲1620/▲2160
一括合計
(機種変更/新規・MNP)
2138円/518円 2678円/1058円 4838円/3218円
32GB分割 2700円
分割合計
(機種変更/新規・MNP)
4838円/3218円 5378円/3758円 7538円/5918円

128GB

iPhone SE 128GB スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本料 3218 4298 6458
ワンキュッパ割 ▲1080(機種変更対象外)
月額割引
(機種変更/新規・MNP)
▲1296/▲1836 ▲1836円/▲2376
一括合計
(機種変更/新規・MNP)
1922円/302円 2462円/842円 4622円/3002円
128GB分割 3240円
分割合計
(機種変更/新規・MNP)
5162円/3542円 5702円/4082円 7862円/6242円

※2年目からはワンキュッパ割消滅で1,080円のコスト増

 

一括価格は6万円を超えてしまうものの、こちらを最初に支払ってしまえば維持費は最安で302円という破格の安さで利用できます(ただし1年間のみ)。2台目以降に適用される家族割引サービスを利用すれば540円の割引が発生するため、1年間0円(3円)での運用も可能になっています。

また分割でもiPhone SEのセット料金、しかも音声通話定額の付帯したプランということを考えると、相当に割安な料金の部類になっているかと思います。

 

UQ mobileの価格と維持費

uqse

続いてはUQ mobileの価格関連の情報をまとめます。

UQ mobileでのiPhone SEの価格とマンスリー割については以下の表のようになっています。

32GB

iPhone SE 32GB プランS プランM プランL
端末価格 44,064円+108円
(1,836円×24回)
マンスリー割 ▲756円 ▲1,296円
実質価格 25,920円 12,960円

128GB

iPhone SE 128GB プランS プランM プランL
端末価格 54,432円+108円
(2,268円×24回)
マンスリー割 ▲864円 ▲1,404円
実質価格 33,696円 20,736円

UQ mobileではY!mobileとは異なり一括価格の値下げを行ってきました。これによって32GBモデルは一括44,172円とハイエンド級のSIMフリースマホなんかよりもお買い得な金額になりました。

128GBでも54,540円とSIMフリー版やY!mobile版と比較しても安上がりな価格となっており、端末価格の安さが非常に目立つ値下げが行われています。

こちらの値下げは一括購入のしやすさという点においてかなりのインパクトがあるのではないでしょうか。ただマンスリー割がプランSの場合のみ若干下がってしまっており、実質価格の変動はY!mobile同様にありません。大きな値下げが入っているのはプランM以降となっています。

 

キャンペーン

UQ mobileの料金に関わってくるキャンペーンは以下の通りです。

  • イチキュッパ割:1年間1080円引き
  • データ容量2倍:2年間データ通信量が無料で2倍
  • 家族割:2回線目以降540円引き

維持費

ほぼほぼY!mobileと同等ということになります。そしてキャンペーン込みで運用した場合の一例としては以下のような維持費が出せます。

32GB

32GB プランS プランM プランL
基本料 3218 4298 6458
イチキュッパ割 ▲1080
マンスリー割 ▲756 ▲1296
一括合計 1,382円 1,922円 4,082円
32GB分割 1836円×24
分割合計 3,218円 3,758円 5,918円

128GB

128GB プランS プランM プランL
基本料 3218 4298 6458
イチキュッパ割 ▲1080
マンスリー割 ▲864 ▲1404
一括合計 1,274円 1,814円 3,974円
128GB分割 2268円×24
分割合計 3,542円 4,082円 6,242円

※2年目からはイチキュッパ割消滅で1,080円のコスト増

 

分割維持費は32GBも128GBもプランS/Mが3,000~4,000円内に収まる形になっています。実質価格が1万円に近くなったことで維持費も端末代込みであっても高額にならなくなってきています。

一括購入をした際の維持費は1,000円台で推移、Y!mobileのようにさらに一桁安くなる運用額にはなりません。ただUQ mobileも2台目以降の家族割が始まったことで540円の割引を適用できるようになっているので、そちらを利用すれば数百円の維持費を1年間実現することが出来ます。

 

iPhone 6s相当の性能のiPhone SEが「格安SIM」を謳う2社から発売で最強の格安スマホに!?

今回セットとなるiPhone SEはY!mobileもUQ mobileも最初から実質0円+頭金100円、というような販売方法はされず、iPhone 5sを取り扱った時のように実質価格として数万円の負担はかかってしまう契約になっています。

前回のiPhone 5sの場合だと5s自体の性能を考えた時に実質負担の出てしまう契約はあまりお得ではない、買いではないとしていましたが、今回のiPhone SEについては同じような形の契約ではあるもののお得・買いの部類に入る契約になるでしょう。

その理由としてはやはり5sがもう4年近く前の機種になってしまう一方で、iPhone SEはまだ発売から1年ほど、しかも今回のモデルは容量がアップされたモデルで発売時期としては最新のモデルの扱いになるからです。

iPhone 5sは約4年近く前の機種ということで性能面でのアドバンテージが少ないことから、実質負担がかかるとコスパ的にはあまりお買い得ではなく欲しい方向けとしてきましたが、今回のiPhone SEはiPhone 6s相当のCPUを持つ高性能さをもったコンパクトモデルになっており、多少の実質負担が出たとしても性能面でのアドバンテージを持っていることからコストパフォーマンスは前回の5s取扱い時よりもかなり高く、下手に高額なSIMフリースマホを分割セットで契約するよりもお買い得な契約をすることが出来るようになっています。

現状、MVNOの用意するハイエンドスマホとのセット契約、いわゆる「格安スマホ」と分類されるような契約をするよりは、通信料への割引が付いてきた上にハイスペックなiPhoneの最新モデルを得られるY!mobileとUQ mobileのこちらの契約のほうが高性能な「格安スマホ」としては魅力的になるのではないでしょうか。

ミドルレンジのセットだと流石に料金の安いMVNOのほうが良いですが、性能を求めた場合にはiPhoneという付加価値も含めて今回示した料金で持てるため、下手なSIMフリースマホと一緒に契約するよりも後悔せず長く使える契約となるでしょう。

 

Y!mobileとUQ mobile回線の特徴と違い

iPhone SEという、5s以上に性能面での安心感が高まった機種が契約できるということで、こちらの契約は今後しばらくは格安スマホの契約としては非常に魅力的な存在になることは間違いありません。

また今回取り扱いが決まっているY!mobileとUQ mobileについては回線側も高い魅力をもった「格安SIM」となっているので、スマホ側のiPhone SEだけでなく回線側にも魅力が詰まっているので説明していきましょう。

 

Y!mobileとUQ mobileは「格安SIM」に区分される回線にはなっていますが、普通のMVNOと呼ばれている事業者が提供する「格安SIM」と呼ばれている回線とは品質面で大きく異なります。

Y!mobileもUQ mobileも、グループ会社・持ち株会社がSoftBankとKDDIという携帯キャリアになっており、独立した存在の普通のMVNOとはその立ち位置が全然違います。

Y!mobileについてはSoftBankのサブブランドという扱いで4番目のキャリアとして運営がされていますし、UQ mobileもMVNOという形をとりながらauショップでの対応や非公式に乗り換え時の解約金無料などをキャリア側が用意したりと実質的なサブブランドとして機能しています。

このサブブランド的な扱いがされていることによって、Y!mobileやUQ mobileで取り扱いがされているスマートフォンは今回のiPhone SEのように、音声付帯プランにおいて比較的高額な通信料割引が適用されており、2年間の利用を前提としていながらも総額でかなり安くなる運用を可能にしています。Y!mobileなんかはスマホのセットを問わないSIMのみの契約だけでもキャッシュバックを最大2万円用意するなど、キャリアの資金力が伺える大規模な販促をしています。

そしてY!mobileとUQ mobileのサブブランド的側面で普通のMVNOとの明らかな違いを見せるのが通信速度です。こちらは過去の通信速度比較の記録を見てもらえればわかると思いますが、通常のドコモ系MVNOやサブブランド的な優遇がされていないau系MVNOでは、お昼時や夜間を中心に通信速度が落ちて快適な利用が出来なくなってしまう問題があるわけですが、Y!mobileとUQ mobileはそんな普通の格安SIMのデメリットを一切感じさせない、非常に安定し高速な通信速度でどの時間帯でも使える回線となっています。

まずこの通信速度というポイントは他の普通の格安SIMでは真似できないサブブランド回線の特徴です。

MVNO回線速度比較・レビュー | スマホ辞典

また他の優遇を感じるポイントとして、一応はMVNOの形をとっているはずのUQ mobileでは、iPhoneでのテザリングが可能というメリットがあります。これはその他のau系格安SIMを提供しているMVNO回線では塞がれており、UQ mobileだけがもつ特別な機能となっています。

これ以外にも細かいところでもキャリアの優遇が見られ、他のMVNOでは太刀打ちできないような品質の回線を作り出しているのがY!mobileでありUQ mobileでもあります。

まずこの回線の品質の高さという点において、Y!mobileとUQ mobileの契約は優れていると言えます。下手な品質の回線のMVNOで運用するよりも、キャリアの回線品質に近いY!mobileとUQ mobileを使ったほうがiPhone SEの契約に限らず安い上に快適に運用することが出来るようになっています。

 

そして最後にY!mobileとUQ mobileの微妙な契約上の差というものを示しておきますので、契約の際にどちらを選べばいいのか迷ったらこちらを一つ参考にしてください。

Y!mobile

  • 通話定額は1種類も、1回/10分間の無制限
  • 家族で2回線目以降を持つと1回線につき500円/月割引
  • 実店舗が全国に多数存在
  • テザリング可能

UQ mobile

  • 2種類の通話定額から選べる
  • 高速データ通信量を使い切った後でも300kbpsの通信速度を確保
  • 家族で2回線目以降を持つと1回線につき500円/月割引
  • au系MVNOの中で唯一iPhoneでテザリング可能

UQ mobileはY!mobileに比べると店舗数や複数回線割引などにおいて弱いところがあるのですが、データ通信量を使い切った後にも300kbpsという比較的使いやすい速度をだしてくれるので、この辺りの快適さは優位性として見ることが出来ます。

後は先ほどの価格や維持費などを見ながらどちらを契約するのかということを考えてみてください。

⇒Y!mobileオンラインストア:iPhone SE

⇒UQ mobileオンラインショップ:iPhone SE

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top