スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ドコモガラケー P-smartケータイ P-01Jの価格と料金プラン・維持費、機能について

ドコモガラケー P-smartケータイ P-01Jの価格と料金プラン・維持費、機能について

iモードケータイの出荷が終了することとなりました。

このニュースを聞いて
「ドコモがガラケーの販売や生産を終了した!?」
「これからついにスマホを使わなければいけないのか?」
と思った方もいることでしょうが、そこは安心してください。

あくまでも「iモード」対応のガラケーが販売されなくなるだけで、ドコモにおけるガラケータイプのケータイは今後も販売が続いていきます。今後のドコモケータイはiモードではなくspモードというスマホと同じ接続サービスに対応したケータイ電話としてラインナップが増えていくことになりそうです。

そのspモードケータイとして発売される最新モデルの一つが今回話題を取り扱うパナソニックのガラケー「P-smartケータイ P-01J」です。こちらは10月に発売されたAQUOSケータイ SH-01Jと同じく2016年最新モデルのガラケー(ガラホ・ガラスマ)です。

 

利用の仕方としてはほとんどガラケーといっしょですが、LINEなどスマホアプリの一部が利用出来たりより高品質な通話回線が使えたりと機能性の向上が図られています。また維持費・料金といったところでもこれまでと大して変わらない2,000円を超えないような料金でカケホーダイ契約が可能になるなど魅力を強めてきています。

これまでのようなiモードコンテンツは使えなくなりますが、それ以上に便利な機能を利用することがP-01J(と同時期に発売されたSH-01J)では出来るようになります。
iモードケータイの生産販売が終了するというニュースを聞いて、きっと不安になった方も多いと思いますが、そうした不安を感じなくても良いぐらいにspモードケータイはiモードケータイを踏襲しながら、より便利に使えるよう進化しています。

この記事ではそちらの説明を機能面や料金面から行っていきますので、ガラケーがなくなることへの心配をしていた方はぜひ目を通して貰って、新しい世代のガラケーでどんなことができるのかを確認してください。

P-smartケータイ P-01Jの詳細はこちらから

 

P-01Jの機能

p01j

P-01Jは近年のガラケーの中で定番の機種として評価されてきたP-01GやP-01Hといった機種の後継機的扱いとなっており、spモードケータイ・ガラホ/ガラスマへと進化するに至るために機能性を向上させたケータイとなります。

P-01Hからの進化機能・新機能は以下のようなものが新たに追加されています。

LTE/VoLTE/プレミアムトーク

P-01Jはspモードケータイの中で同時期に発売されたSH-01Jと同じくXi通信=LTEに対応しています。

そのためにこれまでの3Gガラケーに比べて高速な通信をすることができます(要定額プラン加入)。

またこのLTE対応と同時に高品質な通話の可能なVoLTEにも対応したことによって、より通話が聞き取りやすくなります。

そしてこのVoLTEはドコモ間でしか効かないのですが、他社回線や固定電話相手にもVoLTE通話並みの高品質通話ができるようにと、プレミアムトークと呼ばれるパナソニック独自の通話アシスタント機能を有しています。

これにより通話全体の品質が向上されています。

GPS/Wi-Fi

P-01HからP-01JではGPSとWi-Fiを新たな機能として加え入れています。

GPS搭載によって地図やナビゲーションをこれまで以上に便利に使うことが出来るでしょう。

Wi-Fi通信に対応することによって、パケット定額プランのデータ量を消費せずにネットに繋ぐことが出来ます。Wi-Fiをしっかり活用することで、各種情報サイトにアクセスしながら最低維持費でガラケーを運用することが出来ます。

マルチタスク/通知パネル/ショートカット

P-01JではOSがAndroidに変更されています。

これによってかはわかりませんが、Androidスマホに近い機能が搭載されています。

一つがマルチタスク機能です。操作中の機能を状態維持・起動したまま別の機能や操作をすることができます。わざわざ操作終了をすることなく別の操作に切り替えることが出来ます。

もう一つ通知パネルというスマホにあるような通知バーのようにお知らせ一覧がキーを押すだけで一覧を確認することが出来ます。

そしてサイドボタンに対して各種ショートカット機能を割り当てることが出来ます。

LINE/バッテリー容量

P-01Hではガラケーとしては大容量の1,000mAhのバッテリーを搭載しましたが、P-01Jではそれを更に上回る1,800mAhという更に大容量のバッテリーが搭載されています。

そして現代のコミュニケーションツールとして必須なLINEアプリが利用できるようになっています。ガラケーのLINEはwebブラウザからの利用しかできませんでしたが、Android OSを使うことでスマホ同等のアプリとしてLINEを使うことが出来るようになり、通知やメッセージ送信がほぼリアルタイムで可能となってきます。

スマホユーザーが周りに増えていく中で、ガラケーユーザーはLINEが使えないことで不便な思いをしていたと思いますが、こちらを使うことでスマホユーザーとのやり取りがより簡単になるでしょう。

P-01Jの価格

続いてはP-01Jの価格と月々サポート情報について。

P-01J 機種変更 新規 MNP
一括価格 33,696円
(1,404円×24回)
月々サポート ▲594円 ▲1,404円 ▲1,404円
実質価格 19,440円 0円 0円

維持費

維持費については想定される利用パターンからそれぞれ異なる維持費を出しています。

P-01Jの維持費についてまず結論だけ言っておきましょう。

P-01Jを契約した時の一般的な維持費は

機種変更なら1,350円(端末代を含むと2,754円

MNPなら540円(端末代を含むと1,944円

です。

いずれも維持費だけ見れば格安な料金で利用できます。ガラケーらしい安い料金です。

カケホーダイライト(ケータイ)+ケータイパック:最も安くカケホ系プランを維持したい場合

機種変更

機種変更 カケホライト+KP
カケホーダイライト(ケータイ) 1296
spモード 324
ケータイパック 324~
docomo Wi-Fi 324
d Wi-Fi永年無料CP ▲324
月々サポート ▲594
一括合計時 1350円
P-01J分割支払い 1404
分割合計時 2754円

MNP

MNP カケホライト+KP
カケホーダイライト(ケータイ) 1296
spモード 324
ケータイパック 324~
docomo Wi-Fi 324
d Wi-Fi永年無料CP ▲324
月々サポート ▲1404
一括合計時 540円
P-01J分割支払い 1404
分割合計時 1944円

最も安いプランはこちらです。5分間の通話定額プランと2段階制の料金プランをセットに契約した場合です。spモードケータイを最も安い料金プランで持ちたい場合はこちらのプランが基本です。通話とメールが利用できます。

MNPで一括契約した場合は540円という維持費で使えてしまえる安さとなっています。

カケホーダイライト+ケータイパック:安く通話定額をフルで使いたい場合

カケホ+KP
カケホーダイ(ケータイ) 2376
spモード 324
ケータイパック 324~
docomo Wi-Fi 324
d Wi-Fi永年無料CP ▲324
月々サポート ▲594
一括合計時 2430円
P-01J分割支払い 1404
分割合計時 3834円

こちらの形では通話に時間制限も回数制限もなく利用できる通話のヘビーユーザー向けのプランです。1080円ほど先ほどのプランに足すだけで通話面での自由度が大きく上がる通話し放題回線になります。データ通信については同じ内容です。

通話重視ならこちらでしょう。

カケホーダイ+シェアオプション:既に家族がドコモのシェア回線を保有している場合

カケホ+シェアOP
カケホーダイ(ケータイ) 1296
spモード 324
シェアオプション 540
docomo Wi-Fi 324
d Wi-Fi永年無料CP ▲324
月々サポート ▲594
一括合計時 2646円
P-01J分割支払い 1404
分割合計時 4050円

家族がドコモ回線を持っており、すでにシェアパックを契約している場合はこちらの契約がが可能です。こちらではずっとドコモ割などは適用できないものの、家族のシェアパックにあるデータ量の一部を使って定額でネットが出来るため、Wi-Fi接続などを意識しなくても自由に使い続けることが出来ます。

家族がドコモを使っている場合はあえてケータイパックに固執する必要もないのでこちらの形で持ちましょう。

 

長期ユーザー向けの「ずっとドコモ割」について

なお上記の内「ケータイパック」を契約している契約ならば15年以上の契約者ならば長期優遇サービスである「ずっとドコモ割」の適用を毎月300円の割引として受けることが出来ます。

ただしこちらの「ずっとドコモ割」は「ケータイパック」の下限になる300円からは割り引かれず、上限を3,900円にするという形での特殊な割引となるため、下限の料金で使う予定の方はこの「ずっとドコモ割」の適用には当てはまらないパターンが多いです。

詳しくはまたこちらの記事で。

ドコモガラケー新プラン「カケホーダイライト(ケータイ)」と「ケータイパック」が新設 1,800円/月からカケホケータイが使える値下げプラン
ドコモが新たにドコモケータイ向けの料金プランを新設しました。

今回の新たな料金プランの登場によって、これまでドコモガラケーで選べた高くて通話定額か安いが受け専という両極端な運

 

契約の特徴

こちらのガラケーは最初にも書きましたが、「iモードケータイ」ではありません。「Xi対応のspモードケータイ」という契約種別になるガラケーです。

基本的にガラケーとしての機能ではそこまで変わらない、むしろ便利で今後長く使うときに便利な機能が含まれています。

ただ「契約」に関する内容となると「iモードケータイ」と今回のP-01Jに代表される「Xi対応spモードケータイ」では契約できるプランなどに違いが生まれてきます。

 

まず契約に関して大きな違いとなるのは、Xi対応spモードケータイである「P-smart P-01J」はFOMAの料金プランを契約することが出来ません。
FOMAの780円・802円といった通話オンリーな料金プランやバリュープランの類が選べなくなっています。spモードケータイで選べるのはカケホーダイ(ケータイ)プランかカケホーダイライト(ケータイ)プランを基本料として料金プランしか選べなくなっています。

カケホーダイライト(ケータイ)プランを使うことで安い料金でガラケーを持つことも出来ますが、FOMAのように音声通話のみで1,000円以下というプランで利用するにはspモードケータイの場合高額な月々サポートが必要などの条件が出てきてしまいます。

このためにXi対応spモードケータイを契約する場合は、カケホーダイのケータイプランの組み合わせについて考える必要があります。代表的なものは既に維持費の項目で計算しているので、そちらを参考にしてもらえればと思います。

この点が一つ「iモードケータイ」と「Xi対応spモードケータイ」の契約における違いになります。

 

もう一つの契約に関する違いとしては、Xi対応spモードケータイの場合はスマートフォンからの機種変更がしやすいという点があります。

実は今までのiモードケータイおよびFOMA対応のspモードケータイの場合、一度スマートフォンの契約にしてしまった場合、またガラケーに戻したいと思っていても契約上非常に難しいものになっていました。
Xiのスマートフォン契約からFOMAのガラケー契約に戻す契約変更という手続きをした場合、月々サポートの適用がされなかったりバリューコースでの契約が出来なかったりと、契約上料金が高額になってしまう制限が数多くありました。

今回のXi対応spモードの場合、ガラケーとスマホというこれまでと同じ違いはあるものの、契約上は同じXi契約間同士での機種変更という形になるため、月々サポートの適用などもされてガラケーに契約を戻したからといっても料金が高くなるようなことはありません。
ガラケーからスマホ、スマホからガラケーへと変更していく中でも契約上の制限などがFOMA時代のガラケーと比べて今のところ存在しないという点が、もう一つの契約上の違いになります。

機能や使いやすいプランが増えたP-01J

以上のようにP-01Jは料金プランはFOMAのものが使えなくなっているものの、新たに新設されたケータイパックのおかげでカケホーダイ系のプランが契約しやすくなっています。これによって通話定額なのに料金が安いプランというものを使えるようになっています。

また機能性も拡張されているので、これまでのガラケー以上に使い道は広がっていきます。

価格やプランの維持費、それに機能性ではSH-01Jと被る部分もいくつかあるため、どちらをこれからの新しいガラケーにするかはデザインやメーカーの好みなどから決めてみるといいでしょう。

ドコモオンラインショップ:P-smartケータイ P-01J

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top