スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

SoftBankがiPhone5sを0円&12万円のキャッシュバックと大バーゲン!しかも毎月「フラット料金で」1940円での利用法も

それぞれの携帯会社でiPhone5sが安売りされているのは、すでにご存知の方も多いとおもいます。
真っ先に安売りを始めたdocomoでは、最も安い料金=最低維持費の料金が、3円で済んでしまうという安売りの仕方をしています。
docomoの場合、MNPで一括0円でiPhone5sが買えて、フラットdocomo回線使いなら2835円、Wi-Fi運用をするなら毎月たったの3円で回線の料金を使えることになります。
このようなdocomoの安売りについてはこの記事で特集しています。

今回の話題はSoftBankについてです。
SoftBankでもdocomoに対抗するようにiPhoneの安売りをしています。
ですが、安売りの仕方が少しdocomoと違います。SoftBankの安売りは、まずWi-Fi運用ができるような安い最低維持費用が用意されていません。
docomoのように3円で持ててしまうような形で、安売りをしていません。
その代わりに一体どういうところで安売りをしているかというと、キャッシュバックとフラット回線の料金の安さで、iPhone5sをばら撒いているのです。
今回はこのSoftBankの安売りの実情とそのオトクさについて紹介・解説してみたいとおもいます。

スポンサードリンク

 

キャッシュバックが1台2万円。3台なら12万円!

他所が安売りをしているということで、SoftBankでもiPhone5sの安売り競争に参加しています。
SoftBankでは、他の会社に比べて、キャッシュバックの多さが目立ちます。
単独購入、つまり1台だけのMNPだと、iPhone5sが完全にタダである一括0円で手に入り、さらに2万円のキャッシュバックがつくのが今の平均額です。
1台だけのキャッシュバック金額では、SoftBankはdocomoやauよりも高い金額をつけています。しかも、家族3人で1台づつかあるいは1人で3台といった形で、同時に3台iPhone5s(この場合は全て16GBです)を購入すれば、iPhone5sが3台まるごとタダで手に入るだけでなく、なんと12万円ものキャッシュバックがもらえてしまうのです。

MNP転出入の手続きにはおよそ1台あたり1万5000円がかかりますが、3台で例え4万5000円のMNP費用がかかっても、12万円ものキャッシュバックがあれば何も費用的には問題にならない額だとおもいます。
家族3人でMNPするだけで、現金還元だけでこれだけの特典がもらえてしまうのが今のSoftBankです。

 

フラット運用費用は2940円から

今の12万円はあくまでキャッシュバックとしての現金還元だけです。
SoftBankではこれとは別に、通信料の割引などの還元特典を用意しています。これのおかげで、毎月の通信費用もかなり節約することができます。
まずは、MNP一括0円でSoftBankのiPhone5s(16GB)を購入した場合の毎月の通信費用を計算してみます。

  • 0:ホワイトプラン(のりかえ割適用)
  • 315:S!ベーシックパック
  • 5460:パケットし放題
  • -2835:月月割
  • 2940円:合計

のりかえ特典であるバンバンのりかえ割で、2年間基本料金無料特典を選択した場合は、2940円で使うことができます。これはフラットプランでの運用費用ですよ?寝かしとか2段階というものではありません。パケットが使い放題(7GBから速度規制)のプランをつけて2940円で使えてしまうのです。
しかもこの2940円は、SoftBankのその他のキャンペーンを使わない状態の金額なので、これでも高い通信費用になっています。
その他のキャンペーンを使えば、さらにこのフラットプランの回線の通信費用は安くなるのです。

 

ご紹介CBで1940円!

SoftBankのキャンペーンの中で、使いやすいのがご紹介キャッシュバックキャンペーンです。
これを使うと、毎月の料金が12ヶ月間限定ですが、1000円/月値引きされるキャンペーンです。先ほどのフラットプラン回線が2940円なので、ここから1000円引きとなり1940円で毎月使えてしまいます。

  • 2940:フラット料金
  • -1000:ご紹介キャッシュバック
  • 1940円:合計

ご紹介キャッシュバックの条件は2013年12月18日より前にSoftBankと契約している方の回線と組むことが条件です。
ですので、もし今手持ちにご紹介キャッシュバックの親回線になれる回線を持っていない場合は、知り合いにお願いして親回線になってもらいましょう。

 

紹介者に1万2000円の商品券が届く!

といいましても、中々知り合いにお願いするのも気が引けるし、相手が乗り気じゃないと実現出来ないとおもう方もいるとおもいます。
こうした方を想定してか、SoftBankでは紹介者にも積極的に参加してくれるように特典を用意しています。
それが「紹介者に1万2000円分の商品券プレゼント」というものです。
先ほどの毎月1000円割引とは別に、紹介者には紹介した人数だけ1万2000円の商品券がプレゼントされます。つまりこのキャンペーンだけで、2万4000円分の還元特典がつけられるというものなのです。

例えばお知り合いに紹介者となってもらって、家族3人でSoftBankへMNPしたとしましょう。
MNP後のSoftBankのフラット回線は、ご紹介CBの影響で1年間は1940円で使えます。さらに3人分の現金キャッシュバックが12万円分です。
ここに紹介者の方には、3人分の商品券、合わせて3万6000円分がプレゼントされます。
こののりかえの還元特典を全て合わせるとこうなります。

  • 23520:バンバンのりかえ割(2年間)
  • 68040:月月割(2年間)
  • 68040:iPhone5sの本体代
  • 20000:キャッシュバック
  • 12000:ご紹介キャッシュバックの値引き
  • 12000:ご紹介キャッシュバックの商品券
  • 203600円:合計・1台あたりの還元額
  • 670800円:3台同時だと

3台同時MNPでiPhone5sの12万キャッシュバックを購入すると、紹介キャッシュバック含めて全体で67万円もの還元がされるようになっています。
・・・これはもう本当にiPhone5sのバーゲンセールだとおもいます。家族同時にSoftBankへMNPできる方は、この機会にのりかえという手段も考えてみてもいいかとおもいます。

 

Wi-Fiセット割やスマホBB割を使うと、毎月の料金がもっと安くなりますが、これを使うには別に料金のかかる契約が必要です。今回ここで紹介した内容は、基本的にiPhone5s単独で実現できる料金プランになっています。
家族3人でMNP出来て、さらにSoftBankユーザーに紹介者として協力してもらえるならば、今iPhone5sを買うならとてもオトクなのは間違いありません。
最低維持費用を安くしたい場合はdocomoの3円が一番ですが、電話もフラット回線もしっかり使いたい場合には、SoftBankへ複数同時で各種キャンペーンを使った契約方法が安いです。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも役立つ記事をありがとうございます。
    質問ですが、私は今学生なのですが、学割適用であればパケットフラットのプランではなく従量制のプランでも3円維持可能ですよね

    • パケット外すんでのりかえサポートの違約金とご紹介キャッシュバックが受けられないんで今回は省きました、すいません。

  2. 書き忘れましたがSoftBankの場合です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top