スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

2013/11

Month
イー・モバイルのNexus5やGL07Sが新規やMNP一括0円で契約できるチャンスは月末にアリ!

イー・モバイルのNexus5やGL07Sが新規やMNP一括0円で契約できるチャンスは月末にアリ!

スマートフォンをとにかく安く購入するための方法を、このブログでは様々に紹介してきました。 今回はあまり取り上げてこなかった、イー・モバイルをオトクに契約する方法を紹介したいとおもいます。 イー・モバイルは今回タイトルに書いてあるように、月末が一番好条件の契約内容が出てくるという特徴があります。 この法則を知っておけば、...
ウィルコムの15円スマホについてのポイント

ウィルコムの15円スマホについてのポイント

都内のヤマダ電機やウィルコムの各ショップで、現在キャンペーン中である15円スマホをご存知でしょうか。 今ウィルコムのPHS端末を購入すると、2台目として月に15円でネットが使えるスマートフォンが貰えるというものです。 STREAMと呼ばれるSoftBankで発売されていた201HWという端末を、2台目として一括0円、音...
200SHと201F、DM014SHが値下げ キャッシュバック40000円機種に仲間入り

200SHと201F、DM014SHが値下げ キャッシュバック40000円機種に仲間入り

11月22日よりSoftBankのAndroidスマートフォン3機種が値下げされています。 どれも4Gスマートフォンです。2機種がSoftBankの回線種別、1機種がディズニーモバイルの回線種別です。 値下げ機種はSoftBankの回線種別では200SH、201Fです。ディズニーモバイルの機種はDM014SHという機種...
LGL22 isaiがMNP一括29800円で予約受付中!最低維持費用やフラット回線の費用を計算してみた

LGL22 isaiがMNP一括29800円で予約受付中!最低維持費用やフラット回線の費用を計算してみた

11月の23日からauの冬モデルが数多く発売されます。その中でauが一押ししているスマートフォンとして、LGのisaiがあります。 こちらのスマートフォンは、auとLGが独自にUIを設計し、よりユーザーにわかりやすい体験を提供しようというコンセプトで作られた機種です。 この機種はLGのG2やNexus5といった姉妹機と...
203SH、DM012,13SHの寝かし維持費と2013年11月のキャッシュバック情報

203SH、DM012,13SHの寝かし維持費と2013年11月のキャッシュバック情報

今回は初心者向けにキャッシュバックの高い機種と、その維持費を一緒に紹介することで、利益を出せる大体の目安を計算しやすくしてみました。 最近は、SoftBankがのりかえサポートを、キャッシュバック対象の機種全てにつけていることから、しっかりと回線を寝かせる必要が出てきました。また、SoftBankの場合、パケット定額プ...
MNPで稼ぐために必要な費用と準備と方法

MNPで稼ぐために必要な費用と準備と方法

今回は、MNPをしようとしている方向けにMNPに必要な費用や準備、そして場合によってはMNPで稼ごう・儲けようという方法や考え方を紹介したいとおもいます。 もしこれから携帯乞食を始めようとおもったり、興味を持っている方がいれば、ぜひこういった流れを参考にしてみてください。 MNPに必要なもの MNPに必要なものについて...
SoftBankの「ゴミ」って? ネット上の隠語を解説

SoftBankの「ゴミ」って? ネット上の隠語を解説

SoftBankのオトクな購入条件を探していると、気になる言葉が出てきます。 それは「ゴミ」という単語。 いろいろな購入条件を紹介しているサイトさんでは「ただしこれはゴミ付きです」とか、「ゴミは交渉すれば外せます」、「ゴミつきなのでオトクじゃないです」なんて書かれています。 「ゴミ」と呼ばれているからには、決していい意...
b-mobileがMVNO型MNP弾にスマホ電話SIM フリーDataを追加 費用を計算してみました

b-mobileがMVNO型MNP弾にスマホ電話SIM フリーDataを追加 費用を計算してみました

b-mobileこと日本通信が新しい音声回線を市場に投入するそうです。 それがスマホ電話SIM フリーDataという新しい契約体系になったスマホ電話SIMです。 スマホ電話SIMと言えば、携帯回線を多数回している方々にとっては必需品といえるMVNO型のMNP弾です。 短期解約でも、いわゆるブラックリスト入りがないので、...
SoftBankの「のりかえサポート」とは iPhoneとAndroidで解約金が上がる仕組み

SoftBankの「のりかえサポート」とは iPhoneとAndroidで解約金が上がる仕組み

SoftBankがMNPに対して適用させている購入時のサポートに、「のりかえサポート」というものをつけるようになってきました。 これは元々iPhone5限定に適用されていたサポートだったのですが、11月8日からAndroidのスマートフォンで、現在売られているほぼ全機種に適用されるようになりました。 一応サポートの効果...
スマホ売却前の必須作業!docomoのネットワーク制限判定を△から○にスグに切り替える方法

スマホ売却前の必須作業!docomoのネットワーク制限判定を△から○にスグに切り替える方法

ここ最近、docomoのスマートフォンや携帯電話を売却する際に、ネットワーク制限判定が○になっていないと買取をしないというお店が増えてきています。 普通の白ロム取扱店の場合は当然の対応ではあるのですが、海外に白ロムスマホを卸す、いわゆる中華系買取店でもこのような傾向が見えます。 ですので、最近はdocomoのスマートフ...
みまもりケータイの新規一括0円のオトク度を検証 3円維持・MNP弾用途

みまもりケータイの新規一括0円のオトク度を検証 3円維持・MNP弾用途

よく登場するSoftBankのオトクな購入条件の一つである、みまもりケータイの新規一括0円というもの。 契約に慣れてきている方ならこの購入条件がいかにオトクか、ということを知っているとおもいますが、初心者の方にはこのみまもりケータイ一括0円のオトク感があまり伝わっていないような気がします。 ですので、今回は、このみまも...
白ロムスマートフォンのSIM無し運用の方法 Wi-Fiや格安SIMで2台持ち

白ロムスマートフォンのSIM無し運用の方法 Wi-Fiや格安SIMで2台持ち

スマートフォンの白ロムを購入して、SIMなしで運用してます。 こういう言葉を日常生活やネットの書き込みで見て、気になっている方も多いとおもいます。 どうやらこの方法で運用している方々は、普通にスマートフォンを契約するよりも、安く運用しているようです。 自分もこのSIMなしでスマートフォンを運用したいとおもう方もいるでし...
auの機種変更安売り機種が登場中 FJL21やKYL21が一括9800円前後で量販店に

auの機種変更安売り機種が登場中 FJL21やKYL21が一括9800円前後で量販店に

auではこれまで多くの機種を機種変更で安売りをしてきました。 特にLTEが始まる前の、3G端末では本当に多くの機種が安売り対象となっていた印象があります。 一時は14800円〜2800円ぐらいまでの安い値段で、スマートフォンが新品で変えてしまう状態でした。 LTEに対応したスマートフォンが登場してからは、そうした安売り...
SoftBankのiPhone5c(5s)の「購入サポート」に要注意 MNP一括0円も考えもの?

SoftBankのiPhone5c(5s)の「購入サポート」に要注意 MNP一括0円も考えもの?

SoftBankのiPhone5cが安売りを始めています。 まだdocomoが本格的な安売りをしていない中で、SoftBankは比較的早い安売りをおこなっています。 現在SoftBankはiPhone5cを、MNP一括0円+2万円前後のキャッシュバックを平均してつけています。 発売から1ヶ月ほどしか経っていないにも関わ...
docomoのおすすめルーターはL-03E MVNOの格安SIMも使える万能型

docomoのおすすめルーターはL-03E MVNOの格安SIMも使える万能型

複数のWi-Fi機器を所有している方が気にしているとおもわれることの一つに、Wi-Fiルーターの性能ということがあるとおもいます。 特に持ち運びができる小型のWi-Fiルーターはどれも値段が高く、しっかりとした一台を選びたいとおおもいでしょう。 今回は、持ち運びのできるモバイルWi-Fiルーターの中で、docomoのS...
SoftBankのAQUOS PHONE 206SHとARROWS A 202FがMNP一括0円へと値下げ

SoftBankのAQUOS PHONE 206SHとARROWS A 202FがMNP一括0円へと値下げ

これまで安売りされてこなかったSoftBankの最新スマートフォンの2機種である、206SHと202Fが一部のお店で安売りをされています。キャッシュバックは流石につきませんが、MNP一括0円化が始まっているようです。 Twitterでは両機種のMNP一括0円での購入条件が散見されるようになっています。 どれもほとんど条...
auの先取りデータシェアプランによるiPad運用は実際オトクなのか否か

auの先取りデータシェアプランによるiPad運用は実際オトクなのか否か

auがタブレット向けのキャンペーンプランとして、先取りデータシェアキャンペーンをおこなっています。 5月までは7GB分の通信量が、6月からはスマホとあわせて9GB分の通信量をシェアできるようになります。 さらに通信費の基本料金が1050円ということで、その安さに注目が集まっているキャンペーンです。 しかし、auのiPa...
Return Top