スマホ辞典

スマートフォンの契約や使い方を徹底解説!

auのスマートフォンでMVNOの格安SIMは使えるのか

   

通信費を節約する方法としてお馴染みの存在になってきた月額980円前後で使えるMVNOのSIMサービス。サービス全体を合わせると100万人以上の利用者がいると言われており、今後も格安なネット通信方法として更なる飛躍が望まれるサービスです。

ですがこのMVNOのSIMサービス、安くて魅力的であるのですが、実は色々と制限があるのです。まずその1つは速度の制限。MVNOのSIMサービスは安さが飛び抜けている代わりに、通信速度を低めに設定されることが多いのです。そのため、普通のキャリアの回線よりも速度面での快適性はなくなってしまいます(といっても最近では1500円前後のMVNOのSIMサービスなら、2GBまでの通信量ならば速度制限なしで運営しているところが目立つようになりました。これは普通のキャリアが提供する回線、例えばdocomoだと、3GBで3980円のプランですので、それほど変わらないレベルまで来ています。)
もう1つの制限としては、MVNOのSIMが使えるのが、docomoのスマートフォン(iPhone以外)ということです。auやSoftBankではMVNOのSIMサービスは使えないというのが今のところなのです。docomoのスマートフォンで気に入ったものがなく、auのスマートフォンで使いたいという人もいるでしょうが、現時点ではMVNOのSIMサービスはauのスマートフォンを対象外にしています。

今回はauのスマートフォンでMVNOのSIMサービスが利用できるのか否かについて解説してきたいとおもいます。

スポンサードリンク

 

docomoと違う通信方式

結論から言えばauではMVNOの格安SIMは使えません。
理由としては、MVNOSIMが使えるdocomoやその他SIMフリー端末とはauの通信方式が全く違うため、どうやってもMVNOSIMは使うことができません。
同様の理由で、大半のSIMフリー端末でauのSIMを使った通信は出来ません。(LTEは可能機種あり)
通信方式の問題は主に3G通信の面で関係してきますが、これらは通信免許をとった時点で設定されているため、今後もMVNOSIMはauで使えないという同様の状況がしばらく続くことでしょう。
今後、auからのMVNOが出てくればこの問題は解決することでしょう。またLTEの規格についてはdocomoと共通の部分がいくつかあるので、LTE網が広がることでSIMフリー端末をauで使える日がくるかもしれません。

ですが、基本的にはMVNOSIMはauでは使えません。

 

それでも例外はある

では全てのauのスマートフォンがMVNOSIMでは使えないのでしょうか。実はそういうことではありません。いくつかの特定の機種においては、特定のやり方でdocomoやMVNO、SoftBankの通信回線を利用出来ます。
その特定の機種とは、海外メーカーのHTCやモトローラの機種です。
これらの機種は海外メーカーの端末ということで有料、あるいは保証対象外の操作をすることでSIMロックを外すことが出来、docomoやMVNOSIMが使えてしまいます。ここでは詳しい解説は避けますが、これらを利用することで一応はauの機種でも他社の回線を使うことは可能ではあります。

 

まとめると、auのスマートフォンには原則的にMVNOSIMの利用は不可能。しかしHTCの一部機種を保証対象外のユーザーハックを行うと、例外的にMVNOSIMでの通信が可能。
ということになります。

 - au, MVNO

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

CP-F03a
「ビックカメラの格安スマホ」が月2830円で登場も、やっぱり安くないしおすすめできない件

ビックカメラが4月18日から「イオンのスマホ」の類似サービスでなる、格安SIMと …

_N-03E
N-03Eが新規で月サポ3255円!一括0円~2万円前後で買えてMNP弾不要の格安SIMに

10/4からSH-06Eがご愛顧割に入りましたが、それと同時に月々サポートが増額 …

scl22
Galaxy Note3がdocomoとauでMNP一括0円と安売りされる

人気スマートフォンシリーズもついに低価格で手に入れることが出来るようになりました …

KYY06
auぷりぺいどの契約ルール 90日に1本だけ、6000円チャージ必須などなど

今回はこれまで放って置いたauぷりぺいどの契約ルールをおさらいしておきたいとおも …

geanee
イオンスマホ第2弾は月額1980円、端末は「geanee FXC-5A」、BIGLOBE SIMを使った格安スマホ

前回8000台を売り上げた「イオンのスマートフォン」に第2弾が登場しました。 前 …

p3_01
ついに2GBの高速データ量で1000円前後の料金に!IIJとhi-hoが格安SIMカードに新料金プランを出してきた

通信料金が横並びになっていくMNOの通信キャリアとは違って、MVNOの格安SIM …

4gs
イー・モバイル 4G-S契約でIMEI制限が撤廃?SIMフリー端末での通信可能報告が続々と

旧イー・モバイル時代に、Nexus5とARROWS EM01Fの契約に使われた4 …

71c6mOmi08L._AA1500_
日本通信やSo-netのdocomoMVNOからdocomoへのMNPは、キャッシュバックや値引きが1万円減るけど出来る店が増えているみたい

今携帯電話に関係するある界隈でちょっとした話題になっている事があります。 それが …

shl2
auのMVNO「mineo」に2GB,3GBのプランが追加!WiMAX2+やCAにも対応していることを正式表明

auのLTE端末で使えるMVNOの格安SIMとして、現状唯一の選択肢であるケイ・ …

ZU4
auのXperia Z Ultra SOL24がMNP一括0円に!docomoMVNOでも使える海外版も4万2000円

auから発売されている、6.4インチの大型ディスプレイを搭載したファブレット端末 …