スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ドコモ、Xperia XZが機種変更で一括化!iPad Air2やmini4も一括0円!!3月ラストの端サポ祭り開始

ドコモ、Xperia XZが機種変更で一括化!iPad Air2やmini4も一括0円!!3月ラストの端サポ祭り開始

やっぱり3月!セールの規模が半端ないです。

ドコモは3月17日より恐らく今年度ラストになりそうな値下げを実施します。3月に入って複数のスマホが端末購入サポートによって安くなりましたが、17日からは更に対象端末を追加して安売り機種の選択肢を広げてきています。

3月のドコモも機種変更で大幅値下げ!今度はガラホにGalaxy!オンライン限定機種にはiPadも
2月に大規模な値下げを実施し多くの安売りスマホを提供し始めているドコモが、この3月にも月初から値下げ機種を更に追加してきています。

値下げされるのはスマートフォン3機種に加え

特に今回は多くのユーザーにとっての本命の機種が値下げ端末として新たに加わっており、いよいよ3月の特価販売期間も佳境に入ってきたことを伺わせます。

 

4月からは全体的に価格の変更が入ることは確実ですし、多くの機種で値上がりにつながる価格変動が起こることが予想されますので、これからドコモを契約する方またはドコモをこれからも使っていこうと考えている方はこの3月中にお買い得な機種への機種変更等をしておくことをおすすめします。

今回も値下げ後の対象端末の価格について確認していきましょう。

Xperia XZ SO-01Jが機種変更でも一括購入可能に

3月17日からの値下げ機種はこちら。全て端末購入サポートが適用されての値下げです。

端末購入サポート対象端末 一括価格
Xperia XZ SO-01J 25,920円
iPad mini4 32GB 0円
mini4 64GB 5,832円
mini4 128GB 12,960円
iPad Air2 32GB 0円
Air2 64GB 5,832円
Air2 128GB 12,960円

人気のXperia XZ SO-01Jがついに機種変更でも一括化しています。更にこの間iPad mini3を買った自分には悲しいお知らせとなるiPad Air2とiPad mini4の一括0円化もされています。

種類としてはこの3種類ですが、かなり人気の3機種なのでインパクトの強い値下げであるのは間違いないはずです。

 

Xperia XZは1月から続いた端末購入サポート入りスマホの中では選択肢の少ないハイエンド大画面スマホという需要を満たしてくれます。

4~5インチだとXperia X compactやiPhone SE、そしてミドルレンジ帯の各スマホの中から選ぶことが出来ましたが、5インチ以上の大画面モデルかつハイスペックなモデルとなるとこれまではGalaxy S7 edgeぐらいしか目立ったものはありませんでした。今回Xperia XZ SO-01Jが追加されたことで機種変更対象の選択肢がまた広がることになりました。

Xperia XZは大画面スマホの中でも特に人気の高い機種であるために、安売りを求めていた方も多いことでしょう。ついに今回特価機種の仲間入りを果たしましたから、値下げが終了してしまう前のこの残り少ない3月中に急ぎ気味で契約をしてみるといいでしょう。

防水・防塵、おサイフケータイ、フルセグ、VoLTE、ハイレゾ、高速指紋認証、Snapdragon 820、RAM3GBとハイエンドモデルにふさわしいスペックと機能の充実っぷりです。25,920円はこれまでの端サポ廉価機種と比べると高いものの、その高さでも満足できるスペックを有したスマホであるのは間違いないでしょう。dポイント保有量によってはもっと安くなる可能性もあるので、機種変更であれば破格に近い一括価格です。

スマホの機種変更としては3月後半に出てきた本命機種として強くおすすめしたい機種です。

 

もう2機種今回の端末購入サポートでは対象となった機種が増えましたが、そちらはタブレットです。

12月にも値下げされてすぐさま在庫切れを起こしたiPad Air2とiPad mini4が今月も短い間ですが再び端末購入サポート化、それによって一括0円からの機種変更または新規契約での契約が出来るようになりました。

在庫は特にiPad Air2が少なく再入荷も厳しい容量モデルがあるために、こちらはチェックした時に在庫があるようならばすぐに購入したほうが良いでしょう。

https://www.mydocomo.com/onlineshop/products/ipad/index.html

iPad mini4は多少ならば在庫が持つかもしれませんが、こちらも前回は在庫がなくなった後は再入荷まで時間がかかって一部モデルは特価価格終了後に予約分が入荷するなどしたため、早めに契約へと動いた方がいいでしょう。

32GBなら一括0円、その他のモデルだと支払いが発生します。機種変更でも新規でもこのお手頃な価格から契約できるのはうれしいところです。

iOSタブレットの安売りはこの値下げ期間を逃すとしばらくは実施されないと思うので、価格重視で購入したい方は新型が出てラインナップが一新される前に契約してしまいましょう。

端末購入サポートの維持費

次はこのXperia XZ SO-01JとiPad Air2,mini4を契約した場合の維持費について。

Xperia XZのほうは1台持ちや家族の子回線運用で色々なプランを契約することが出来ますが、iPadのほうは基本的にはドコモの本契約に紐づける2台目以降のシェアオプションで契約しないと運用方法としてはお得ではありません。

シェアOP データS データM シェア10 シェア50
基本料 1836
(カケホライトorデータプラン)
1836
(カケホライト)
1836
(カケホライト)
1836
(カケホライト)
1836
(カケホライト)
spモード 324
データパック 540 3780 5400 10260 17280
合計 2700円 5940円 7560円 12420円 19440円

端末価格が安い代わりに維持費はそこそこかかってしまうのが端末購入サポート対象機種です。

 

維持費削減に効果的なのは長期契約割引とdカード GOLD

そこそこ高くなってしまう端末購入サポート機種の維持費を安くするには2通りの方法があります。

  • 長期契約者割引「ずっとドコモ割」
  • dカード GOLDでdポイントクラブゴールド会員特典

この2つを活用すれば期間制限のない大き目の割引および還元を受けることが出来ます。

ずっとドコモ割で毎月割引

まず一つ活用できる割引としては、機種変更ユーザーが使える「ずっとドコモ割」です。

4年以上の契約期間を有していれば、契約するプランに応じて毎月割引が得られるのが「ずっとドコモ割」の特徴になります。

契約プランや契約期間によって異なりはするものの、大体月600円前後の割引を平均して受けることができるので、長期契約者は毎月普通の支払いよりも安くなります。

機種変更ユーザーしか望めず、またシェアオプションの子回線には適用されない割引のために家族でドコモを使っている場合には旨みが減ってしまいますが、かけ放題系のプランを契約し続ける限りはずっと割引が適用されるのでお得です。

まずこちらが一つ期待できる節約向けの割引です。

dカード GOLDで10%のポイント還元

もう一つは機種変更でも新規でも有効な方法で、「dカード GOLDを保有する」というやり方で維持費の節約に繋げるというものです。

今dカード GOLDに加入するとdポイントクラブのステージが最も高いゴールド会員になれます。このゴールド会員の特典の一つに「ドコモの通信料から10%をdポイントに還元」という高還元率を誇る特典が含まれており、こちらを使うことで高額な維持費が1割ポイントという形で戻ってきます。

理想としては6,000円以上の維持費がかかっている回線にdカード GOLDを紐づけて、毎月600dポイント以上を得たいところです。シェアの親回線なら毎月10,000円以上はかかってしまうでしょうから、そちらと組合すことが出来れば毎月1,000ポイント以上と非常に高額なポイントを得ることが期待できるので、シェアの親回線として高額な支払いをしている回線には必須のアイテムとなっています。

こちらの還元基準は維持費の内、端末の分割代は含まれずそして月々サポートが引かれた金額がベースになります。そのため実質価格で契約した場合には効果は薄いのですが、今回のように端末代を支払い済みで月々サポートもない形の契約になる端末購入サポートだと、dカード GOLDの10%還元特典を最大限に有効活用することが出来ます。

こちらはシェアの代表回線と絶対に組み合わせておきたいところです。

※なお今なら加入で最大12,000円相当のキャッシュバックあり。

⇒dカード GOLD

 

これらの方法ならば端末購入サポート契約の維持費を恒常的に削減することが可能ですのでぜひ試してみてください。

他にも

  • 家族まとめて割
  • 下取りプログラム

といったキャンペーンを使うことで一時的な割引を受けることが出来ます。

特に下取りプログラムでは、同じXperiaシリーズのZ3やZ4といった機種が2万円ほどの還元ポイント対象となっているため、こちらからの機種変更をするとかなり実質的な価格を下げての契約が可能になっています。Z2でも15,000円分以上の還元を受けられるようになっているため、長く機種変更していないというXperiaユーザーは下取りを使っての契約をしてみると良いでしょう。

 

4月で価格は大幅に変更される予想。3月中に機種変更などを

このように3月17日からまた新たに端末購入サポートの対象機種が増加しました。しかも今回は数は少ないとは言え性能も人気も高い「本命機種」が値下げされており、3月末までのセールにラストスパートがかかってきたのを感じます。

4月以降は去年を考えても値上げが予想されるため、残り日数は多くありませんが3月中に機種変更や新規契約を済ませておくことをおすすめします。

Xperia XZにiPadシリーズと長く使う上で申し分のない機種が揃っていますから、今の安さを逃すのはもったいないでしょう。月々サポートがまだ残っていたり、残債が多少残っていたとしても、大体18ヶ月以上経過していればそこまで大きな負担が残るわけでもないので、契約をしてみる価値のあるスマホ・タブレットです。この記事を読んだらぜひとも機種変更なり新規契約の準備を急いでもらえればと思います。

ドコモオンラインショップ:Xperia XZ SO-01J

ドコモオンラインショップ:iPad Air2 32GB

ドコモオンラインショップ:iPad mini4 32GB

 

機種変更はドコモオンラインショップで。

  • 頭金
  • 事務手数料
  • 強制加入オプション
  • 待ち時間

などが無く契約することができます。Xperia XZもiPadも、在庫がある内は絶対にこちらでの契約をしたほうが良いでしょう。

ただiPadの場合は在庫が僅少なので、月末近辺まで入荷が無ければドコモショップなどでの契約が必要になるでしょう。その際は頭金が無い店やオプション加入の無い店を探しましょう。

ドコモオンラインショップでの機種変更のススメ 3つの大きなメリットと契約手順について
※2017年10月26日更新

他人よりも効率的に、そして損をせずにiPhoneあるいはAndroidスマートフォンを契約するオススメの方法を今回はお伝えしましょう。

ドコモの機種変更でおすすめのスマホ機種 2017年11月のまとめ

今スマホを機種変更しようと思った時に、どんな機種が安くなっているのかということは強い関心をひいているかと思われます。

高額な販売価格、というイメージがキャリア販売のス

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top