スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

Y!mobileの格安SIM 1GBの「データSIMプラン」の通信速度レビュー

Y!mobileの格安SIM 1GBの「データSIMプラン」の通信速度レビュー

Y!mobileが8月1日から新しいプランとオプションサービスの提供、そして2周年を記念したキャンペーンの実施を行っています。

キャンペーンはともかくとして今回登場した新プランおよびオプションは、Y!mobileの人気を更に高めそうな魅力的なサービスとなっているので、特に格安SIMなんかに興味を持っている方なんかはぜひこの新しいプラン等を確認しておいてください。

 

8月1日より新たに追加されるのは「データSIMプラン」と「データ量2倍オプション」です。

この2つにキャンペーンが加えられており、8月のY!mobileは攻勢を強めています。

スポンサードリンク

データSIMプランの料金やプラン内容

特に注目したいのが「データSIMプラン」です。こちらはついに始まったY!mobileのデータ専用の格安SIMプランと定義できそうです。これまで音声付帯でしか契約できなかったSoftBank網の格安回線が、いよいよデータオンリーでの契約も可能になったことになります。

データプランのため縛りは無く解約時に契約解除料をとられることはありませんので、MVNOのデータプランと同じように扱うことが可能です。

月額は980円で1GBまでの通信量、規制時には128kbpsまで速度低下とMVNOの格安SIMに比べると若干割高ですが、Y!mobileの高速回線を使えることを考えたら妥当な料金でしょう。

データSIMプラン 通常 YプレorEnjoyパック加入者
料金 1058円 540円

これまではシェアプランなどの既存契約がないとデータ回線のみの利用というのは出来ませんでしたが、こちらのプランでは単独での契約ができるためにY!mobile回線を持っていない方でも利用することが出来る回線になりそうです。

 

Yahoo!プレミアムやEnjoyパックで値引き

この「データSIMプラン」は現在「Yahoo!携帯ショップ」においてスターターキットが販売されており、Y!mobile公式の2周年記念によって月額が500円で利用できるキャンペーンを実施しています。

Yahoo!プレミアムもしくはそれが含まれるEnjoyパックに加入している場合、980円のはずの料金が500円にまで値下げされるというキャンペーンを実施しており、普通に契約するよりもYahoo!プレミアムを契約した上で「データSIMプラン」を契約したほうが良くなっています。

Yahoo!プレミアムの支払いによって総額での支払金額は変わりませんが、Yahoo!関連のサービスをフルで使えることを考えたらプレミアム加入の上で契約する方がいいでしょう。

キャンペーンは10月31日までで、一度このキャンペーンを適用して契約すればプランの解約やYahoo!プレミアム解約をしない限りは永年割引となりこのSIMを利用することが出来ます。

⇒Yahoo!携帯ショップ

想定される使い方

サブ回線としてデュアルSIMスマホに

今回の「データSIMプラン」は1GBと容量が少なめのため、メインのデータ回線的な扱いには若干適しませんが、サブ回線としては料金と速度の2つの面から非常に適した回線になっていると言えます。

特に格安SIMユーザーで2台以上持てる余裕のある方やデュアルSIM端末を保有している方はサブ回線として保有しておくことで、通信速度が欲しいタイミングでこちらのSIMでの通信を行えば1ヶ月通して快適な通信環境を構築することができるでしょう。

特にお昼時は現状Y!mobile回線はMVNOのような低速化が見られないので、そうした時間帯に使う用の回線とすることでストレスが感じにくくなるでしょう。500円からの料金がかかるものの、ストレスが少なくなることを考えれば安いものかと思います。

メインのデータ回線としては使わず、あくまでもサブ回線として捉えることで、デュアルSIMのシングルスタンバイ機でも便利になることでしょう。格安スマホユーザーは必見です。

 

懸念事項としては動画や画像の一部に対して明確に速度規制や通信の最適化を行うと宣言している点でしょうか。

従来のY!mobile回線でもここまで明確に規制をかけるとは書いてなかったような気もしますが、場合によっては画像の劣化や動画のダウンロード速度のみ遅いといった不便な点が出るかもしれません。

最近のSoftBankおよびY!mobileではこうした制限というのがかなり緩くなっているので、そこまで大きな規制はないと思いますが、詳しくは実際の利用を見てからになるでしょうか。契約後に使用感などを追記レビューしていこうと思います。

ymokisei

追記:データSIMプランの通信速度について

実際にデータSIMプランの通信速度について確認してみたので記しておきたいと思います。

最も気になるであろう通信速度についてコアな2つの時間帯を含めて3つの時間帯で画像および動画の規制状況含めて確認してみました。

結論から言えば1,000円以下で契約できるいわゆる「格安SIM」のデータプランの中で、お昼や夜間に速度を落とすことのない唯一の格安SIM、とこのY!mobileのデータSIMプランはなるでしょう。

 

とにかくこれまでお昼時のMVNO回線の通信速度に悩まされていた方がこのデータSIMプランを使ったら、その快適さに今使っている格安SIMを投げ捨てたくなることでしょう。それぐらい速度に差を感じるものになっています。

具体的な速度をいつものMVNO速度比較と同じようにして調べてみました。

12/16/21時台の通信速度をスピードテストの結果はもちろん、画像や動画ダウンロードの実効速度、そして気になる記載としてある「通信の最適化」についての状況を調べてみました。

お昼時に速度低下を起こさない「MNO」回線準拠の格安SIM

Y!mobileのデータSIMプランは格安SIMとして見ると「最強」です。

このSIMはY!mobileの音声+データの通常プランとデータ通信のところでほぼ同じ挙動を見せており、MVNO格安SIM的な時間帯によって通信速度が落ちるといった傾向が一切ありません。MNO/キャリアの回線と同じようにエリアの混雑度によって通信速度が変わるため、都内の朝や夕方の出勤時や帰宅時の駅構内ぐらいでしか速度が落ちることはありません。

以下のグラフのように各時間帯、特に昼と夜に遅さを一切感じさせない通信速度を記録しており、格安SIMとは比較にならないほどに快適な通信回線となっています。

ymo

スピテス 画像DL 動画DL
12時台 34Mbps 25Mbps 14Mbps
16時台 37Mbps 22Mbps 16Mbps
21時台 27Mbps 23Mbps 15Mbps

※スピードテストの数字よりも画像動画DLの数値は低いですが、詰まることなく約5MBの画像ファイルを一瞬でダウンロードしたため、また動画も長めのバッファを一瞬で取得しているため、スピードテストの数字を実効速度として記録する前にダウンロードが終了してしまっています。グラフの山が一瞬なのは速度がマックスで出ている証拠なので、心配いりません。

1GBとデータ通信量は少な目ですが、一度こちらの速度を体感してしまったらとても各社の格安SIMには中々戻れないかと思います。mineoのプレミアム回線なんかよりもよほど快適な本当のプレミアム回線になると思います。

気になる画像や動画の最適化、速度低下についての以下の文言ですが、

データSIMプランではご利用できないコンテンツやサービス等があるためご注意ください。
動画、画像などの一部、大量のデータ通信、または長時間接続をともなうパケット通信等をご利用の際、通信速度の制御や各種ファイルの最適化を行う場合があります。

今回の速度計測で実施した画像および動画の計測において、ファイルサイズの変更(最適化)や劣化、通信速度の制限といったものは感じられませんでした。

これについては一応注意書きをしているだけであって、適用されるのは帯域の混雑時など限られた時のみになるでしょう。今のところは通常のY!mobile回線同様に規制の類は適用されていません。

サブ回線として最適、メイン回線として音声回線プランへの契約も良し

時間帯に左右されず、ほぼ全時間スピードテスト通りの通信速度が出る非常に品質の高い回線がこのY!mobile回線ということになります。

これだけの品質を持ちながら1GBを500円から利用できるのは、かなりのコストパフォーマンスの良さを感じさせるものになっています。

デュアルSIMの2枚目としてサブ回線として契約しても良いですし、この回線速度はそのままY!mobileの音声プランでも同様ですから、そちらへと乗り換えるという使い方も十分ありでしょう。

音声プランはデータ容量が複数選べた上に2倍に出来ますし、通話定額付きで安く運用できます。SIMフリースマホでも使えるため、既に機種を持っている方はSIMカードのみのプランを契約するのもいいでしょう。

今なら2万円キャッシュバックがオンラインストアで実施されており、お得さもある契約を可能となっています。

⇒Y!mobile 今ならSIM単体契約でも2万円キャッシュバック実施中!

 

その他:「データ量2倍オプション」とPHSからの機種変更でもワンキュッパ割対象

ymodata

その他8月1日から始まるものとして、まず「データ量2倍オプション」があります。

こちらはこれまで実施され続けている新規契約者を対象にした「データ量2倍キャンペーン」をオプション化したもので、今後このキャンペーンが終了しても500円の追加でデータ量を2倍にし続けることが出来るようになります。

データ量2倍キャンペーンは継続した上でこのオプションが追加されており、オプション導入でキャンペーン終了といった改悪の無い純粋にメリットの大きい新オプションがサービスインしたことになります。

既存のデータ量2倍の対象になかったY!mobileユーザーもこの「データ量2倍オプション」の設置によって2倍のデータ量を使えるようになりますので、スマホプランLを契約している方なんかはスマホプランMにオプション追加という方法で料金を節約させるなどの見直しをしてみるといいでしょう。

ymo1980

もう一つはワンキュッパ割が従来のMNPや新規契約のみを対象にしたものから、PHSから限定ではあるものの機種変更からでもOKと対象拡大を実施しました。

PHSからの機種変更だとデータ量が無料で2倍になるキャンペーンも実施されているため、今回の料金割引と含めて相当にお得な機種変更が可能になるでしょう。

PHS回線は0円維持で寝かしている方も多いと思いますが、このワンキュッパ割と2倍データキャンペーン中に機種変更を実施してみても良いのではないでしょうか。

 

というわけで8月1日からY!mobileで始まる新たなプラン、そしてオプションやキャンペーンというものは、これまで以上にY!mobileを便利に使えるサービスになっているのは間違いありません。

キャリアからMVNOへの乗り換えを検討している方は多いと思いますが、Y!mobileがここまで充実し始めていますから、無理にMVNO格安SIMにこだわらずともY!mobileへのMNPというのも候補に考えてみてはいかがでしょうか。

若干試すには高額にはなりますが、今回のデータSIMプランと「DTI SIM」のお試し無料プランの双方を契約してみて、Y!mobile回線とMVNO回線のどちらが快適に使えるかの比較をしてみてから乗り換え先を決めるのが良いかと思います。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 古い記事へのコメントですみません
    常用していたMVNOが異様に速度低下してきたのでenjoyで契約したところです

    ところで…
    「適用されるのは帯域の混雑時など限られた時のみになるでしょう」

    具体的にはやはり昼?でしょうか

    自分もうっかり?していたのですが場合によっては画像劣化とかあるんですね(汗)
    enjoy組はそれでも?お得ですが、契約数が増加すれば…

    なんにせよ勉強になりました

    • 一応その注意書き自体は全キャリアが持っています。実際に適用されるかどうかについてはよほどのことがないと現状はスルーされることが多いというのが実際に各キャリア使っていて感じるところです。
      ただSoftBankはちょうど2年ぐらい前まで夜9時以降に動画や画像の最適化を行っていたので、この時間帯で混雑が激しくなった時には適用される可能性はあると思います。

  2. コメントありがとうございます

    SoftBankは確か最適化してましたね
    てかキャリアなのに最適化していたんだよな… 怒

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top