スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

楽天モバイルで機種半額キャンペーン データSIM可の久々セール

楽天モバイルで機種半額キャンペーン データSIM可の久々セール

楽天モバイルにおいて5月24日から5月31日までの1週間、「期間限定 イチオシ機種割引キャンペーン」が行われています。

最大で半額にまでスマートフォンの販売価格が割引される上、一部機種ではデータSIMによるセット契約も可能になっており、久々に契約しやすくて安くいSIMフリースマホのセールとなりそうです。

スマートフォンのラインナップとしては全体的に旬を過ぎたものが多くなっていますが、性能は確かな機種が揃っているのでそういったところを気にしない方には良い内容のセールになっています。

対象機種は以下の通り。

  • honor6 Plus
  • AQUOS SH-RM02
  • Desire 626
  • Liquid Z330
  • ZenFone 2 ZE551ML(32GBモデル/メインメモリ2GB)
  • ZenFone 2 ZE551ML(32GBモデル/メインメモリ4GB)
  • ZenFone 2 ZE551ML(64GBモデル/メインメモリ4GB)
  • ZenFone Selfie

この内データプランの回線で契約できるのはhonor6 PlusとAQUOS SH-RM02のみとなっており、その他は1年間契約解除料10,584円に縛られる音声プランでの契約が必要になります。

回線の継続使用をしないつもりならば解約のしやすいデータプランでの契約が必須になるので、結果的に安い機種となると上記の2つになります。性能込みで考えるとhonor6 Plusが筆頭でしょう。

詳しい価格などについては楽天モバイル公式でお願いします。

【楽天モバイル】

価格は全て税別。前回は事務手数料3000円を含めた価格を購入価格として表示していた楽天モバイルセールですが、今回は別となっています。表示価格に更に3240円の契約事務手数料がかかる点に注意してください。

分割で支払いたい場合は楽天カードのみが対象です。

楽天モバイルは最近実店舗を増やしたり契約に関するサービスの強化をしていますが、如何せん回線そのものに何かと問題が多く、1年縛りの音声プランをMNPなりで使い続けるには覚悟が必要です。

MVNO格安SIMの速度比較 5月編 楽天モバイル新新APN「rmobile.co」でも画像規制を確認

MVNO格安SIMの速度調査、2016年5月編です。

月額料金の安さが比較しようがしまいがどちらにしても安い格安SIMにおいて、重要な要素は安さではなく速度などの使い

いつのセールでも同じですが、データSIMで端末のみを安く購入して他社MVNO格安SIMで利用するのが無難でしょう。

⇒楽天モバイル

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top