スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

おすすめ0円スマホ ドコモ機種変更他、4キャリア分【オンラインショップ編】

今回は各キャリアの用意するオンラインショップ上で契約出来る「0円」スマホについてまとめて見たいと思います。

オンラインショップ上での契約は、ショップと比べて待ち時間が必要なく、長時間の説明や拘束を受けたくない場合や、家族が直接店舗へ足を運べない場合に契約のしやすい選択です。特にこれからはiPhone関連の契約によって待ち時間というものが増えていくことでしょうから、手短に安く契約できる方法というものを知っておいても損はないと思います。

家族回線や時間がない時に便利なこのオンラインショップ上での契約について、その中でもお得な「0円」スマホについてを今回は特集します。

※追記:2016年4月より総務省による本格的な0円規制が始まり、安い価格の基準が0円から1万円ほどに値上がりしています。今後は0円を無理して狙うよりも1万円前後のスマホを契約として狙っていく必要があります。この記事内でもこれまでは0円のスマホを集めていましたが、現在は15,000円程度のスマホまで幅を広げて載せています。

docomo

docomoの場合には機種変更で実質0円のスマートフォンが複数契約できます。auやSoftBankでは機種変更よりもMNPの0円スマホが多いため、既存のユーザー向けという意味ではdocomoの機種変更契約は優れていると言えます。
特にドコモオンラインショップでの機種変更は機種変更契約事務手数料2,000円が無料になり、5,000円前後からなる頭金や必須オプションがないため、通常の店頭での機種変更と比べてもお得さの内容的には上回っています。MNPと新規では店頭契約のほうが特典はありますが、機種変更だと値引きやキャッシュバックのようなことはほとんどなく、あっても頭金などの無駄な費用で特典分がチャラにされるだけです。このように機種変更契約においてはドコモオンラインショップの利用はかなり有効ですので、今回に限らずメリットを覚えておいて活用するようにして欲しい契約方法になります。

具体的には以下の記事にまとめています。

ドコモオンラインショップでの機種変更のススメ 3つの大きなメリットと契約手順について
※2017年2月2日更新

他人よりも効率的に、そして損をせずにiPhoneあるいはAndroidスマートフォンを契約するオススメの方法を今回はお伝えしましょう。

ドコモオンラインショップでの機種変更のススメ 3つの大きなメリットと契約手順について

docomoは全て機種変更の0円スマホになります。

0円の形態

  • 「実質0円」
  • 2016年4月1日以降、実質0円はキャンペーン価格となり実質640円~1万円台の機種のみが安いスマホになっています。実質0円は狙いにくい金額になったため、こうした1万円前後の安いスマホを狙うのが今後のトレンドになります。

0円の条件

  • 条件付き機種変更(FOMAから、10年利用、シェア特割など)
  • 最後の機種購入から6ヶ月以上経過
  • 2年間継続利用
  • データM/シェアパック10以上の契約

注意点

  • 途中解約で月々サポート終了

Xperia Z3 compact SO-02G

so02g

※現在この機種は市場在庫がなく、入手がほぼ不可能となっています。

もしも今FOMAの契約で使っている回線があり、機種変更の予定があるのならば、このXperia Z3 compact SO-02Gへと機種変更することをまず真っ先におすすめします。

Xi→Xiの機種変更では0円ではなく19,440円という実質価格にはなってしまいますが、最終登録端末がFOMAになっている契約の場合には、月々サポートが増額となって0円化します。docomoの機種変更ではこのXperia Z3 compactが、FOMAからという条件付きではありますが、最適解に一番近い契約になるでしょう。サイズ、おサイフケータイ/防水などの諸機能、不具合の少なさ、デザイン性など、どの水準も満足に近い高レベルなスペックを持ちます。

人気の高さは折り紙つきで、5万円近くにまでなった白ロム価格になっても未だにdocomoの白ロム販売店では上位の売り上げを記録し在庫不足になっており、契約付きでも未だにBCNランキングでも顔を出し、オンラインショップのランキングでは発熱系の不具合報告が目立っているXperia Z4を抑えて上位になる週もあるほどのロングセラーです。それだけ多くの方がこのスマホに魅力やメリットを感じて契約が伸びているのです。

Xperiaシリーズでは機種変更優遇のある端末はこれと後に説明するXperia A4ぐらいしかないため、Xperia AやGALAXY S4からの乗り換え需要にも応えてくれるでしょう。

Xperia Z4に比べるとサイズは違うものの、確実に安定して長期間使い続けられるサクサク操作が可能なスマホです。快適さを重視して良いものを契約したいのならばXperia Z3 compactが一番おすすめです。

ドコモオンラインショップ:Xperia Z3 compact SO-02G

2016年4月1日追記:実質0円終了後の機種変更値下げ状況について

総務省主導によるタスクフォースにおいて、「過剰な値引き」にあたる「実質0円」の訴求を自粛するという流れになり、2月以降は実質0円をやめるとドコモの社長が明言しました。

ただ実際に2月のキャンペーンを含む各スマホの料金を見てみると、「実質0円」が終わったスマホというのは主に「MNP」が対象であり、ほとんど0円のなかった機種変更には影響はありませんでした。

むしろMNPでの割引が減ったために機種変更の割引が全体的に増加し、0円ではないものの機種変更なのに契約しやすい価格へと最新モデルが変化しています。

そのため機種変更が出来るドコモユーザーにとっては、今回の値上げ騒動や実質0円の取りやめという方針は、最新スマホが安くなるという恩恵を運んでくれたことになりました。以下ではどんな最新スマホが0円にはならないものの、格安で契約できるかを確認しておきましょう。

Nexus 5X

 

まず最初に紹介するのはNexus 5Xです。ピュアAndroidを搭載した素のAndroid OSを体感できるスマートフォンで、キャリア販売スマホに比べてOSアップデートの保証がされているというメリットのある機種です。

そんな機種が今ならオンラインショップ限定かつ在庫限りという形にはなるものの、なんと実質648円というほぼ0円な価格で契約することが可能になっています。

Nexus 5Xは本来ならばこんな安さで契約できるような機種ではありません。SoCにはSnapdragon 808というハイエンドモデルに搭載されることが多く、発熱も抑えられたCPUが使われていますし、RAMは2GB,フルHDとスペックも万全です。これだけの性能を備えながらこの価格というのは破格に近いものです。

この性能で648円ならズバリ買いでしょう。防水・防塵機能やおサイフケータイ、赤外線通信などができないという日本向け機能の少なさが難点ですが、単純な性能では2年以上使い続けられることが十分に可能なスマホです。特にOSアップデートが長期間保証されているため、例えば「ポケモン GO」を含めた最新のゲームアプリなんかを常時楽しむことの出来るスマートフォンです。

在庫のみの特価となっているため、早めに契約しないといけいない契約ではありますが、今ドコモで最もコストパフォーマンスの良い機種変更が出来るのはこのNexus 5Xとなっています。

 

AQUOS Compact SH-02H

sh-02h

Nexus 5Xの次にコストパフォーマンスの良い価格で販売されているのが、AQUOS Compact SH-02Hです。こちらは15,552円という低い実質価格で機種変更が出来ます。

こちらは契約にもNexus 5X同様に特殊な条件はほぼありません。月々サポートの適用条件となる前回の機種変更から6ヶ月という条件を満たせば確実に15,552円で契約できます。

AQUOS Compact SH-02Hはそのスペックを考えたら非常に安い実質価格です。Snapdragon 808/RAM:3GB/フルHD4.7インチハイスピードIGZO/おサイフケータイ/ワンセグ/キャップレス防水・防塵/micro SDカード対応と、ほぼNexus 5Xと同等ながら防水を含む日本向け機能を備えています。

数年先のゲームアプリなどにも余裕で対抗できるハイスペックになっており、なおかつかなりのコンパクトデザインで持ち運びがしやすくなっています。既に在庫がなくなったオススメ機種のXperia Z3 compactよりもスペックや性能、それに動きの良さも上回っているため、Z3 compactがなくて困っていた方にその代替として絶対的にオススメ出来る機種になっています。

発熱のあるSnapdragon 810を搭載したその他のスマートフォンに比べても、不具合の少なさや動作の安定性は長く使うスマホとして非常に安心できるものです。ベンチマークスコアでもS810機種とそこまで大差をつけられることもないため、使いやすい本命格安スマホです。

Androidかつ防水というiPhoneにはない利点があり、なおかつ機種変更で非常に安いという特徴も持ち合わせており、機種変更においてはかなり契約しやすい機種であることは間違いありません。

この上記2機種については個別記事を書くぐらいに安いですし、実際に2台とも使っていますがどちらも不具合がなく本当にサクサクと快適に使えるため、かなりオススメできる機種変更用のスマホとなっています。

ドコモオンラインショップ:AQUOS Compact SH-02H

 

arrows SV F-03H

4年以上のドコモ契約者が実質15,552円で契約できるものとしてarrows SV F-03Hという機種があります。

こちらはドコモにおける格安スマホの第3弾として登場してきた機種です。性能面ではやや低めのため、同じ価格帯で購入できるAQUOS Compact SH-02Hと比べると見劣りする部分が目立ちます。

ですがデザイン面ではXperiaシリーズに近い良さというものを備えており、高級感を兼ね備えた機種として見ることが出来ます。

最大のメリットは一括価格が安いために、2年以内に解約や別の機種へ機種変更した時に、Nexus 5XやAQUOS Compactよりも負担が少ないというところでしょうか。スマホのサイクルを早いサイクルにしたい方には一つの選択肢として挙げることが出来ます。

 

Xperia A4 SO-04G

so04g

Nexus 5X/AQUOS Compactよりも性能面で劣りますが、人気シリーズであるXperiaをどうしても契約したいという方におすすめなのがXperia A4 SO-04Gです。

SoCはSnapdragon 801になるため、AQUOS Compactよりも劣ります。RAMも2GBでHD解像度のため、比較対象としては劣ってしまいます。

ですが一応Xperiaシリーズの一台であり、実質価格も15,552円とこちらも安価です。

スペックは落ちますが、カラーリングの多さやデザイン性の高さ、持ちやすさという部分では、AQUOS Compactよりも上と感じる方もいると思います。それほど性能を欲するようなゲームアプリを使わないようならば、大抵のことは不満無く使えるスマホであるため、こちらも一つの候補として考えてよいでしょう。

ドコモオンラインショップ:Xperia A4 SO-04G

 

docomoでは報道によると、これからは月々サポートによる割引を縮小していく予定との話も出てきており、今後この機種変更価格で契約できる機会も減っていくことになる可能性も囁かれています。現在はこれらの安売り機種が在庫として残っているため、比較的高性能な良いスマホが安く契約できますが、状況次第では難しくなっていく傾向になるかもしれません。

そのため機種変更を考えていたような人で特に安い機種が欲しかった方は、本当に早めに購入しておかないとNexus 5Xなんかは販売終了となってしまう可能性があります。

特に性能の良いNexus 5XやAQUOS Compactがこの価格で契約できるというのは、年度末特有の安売りに近い内容です。最新のAndroid OSが使えるNexus 5Xと防水やおサイフケータイ対応のAQUOSというほぼ多くの方の需要を満たす2種類のスマホが安いわけですから、今契約を目指すべきと言えるでしょう。

おすすめはもちろんNexus 5XとAQUOS Compact SH-02Hです。この2つならまず後悔するようなスマホではなく、万人におすすめできます。ただ0円ではないために、記事タイトルとはずれるかもしれません。それでも1万円ちょっと0円より高いだけで、これだけ性能が高いスマホが機種変更できることは価値があります。
0円機種変更ではないということで多少出費が増えますが、その分性能が高く長く使えるスマホが契約できるため、やはりNexus 5XとAQUOS Compact SH-02Hを狙ったほうが良いという結論が出せます。

機種変更する場合は必ずドコモオンラインショップを使いましょう。せっかく安く契約できるにも関わらず、店頭だと機種変更なのでキャッシュバックもなく、事務手数料と頭金で5~7,000円の値上げ、更に店によってはオプション加入が義務付けられて、トータルで10,368円の2倍近い支払いが必要になってくることがあります。

MNPならドコモショップなどですが、機種変更はドコモオンラインショップが契約の穴場です。

ドコモオンラインショップはこちら

au

0円の形態

  • 「一括10800円」もしくは「実質10800円」

0円の条件

  • au購入サポートまたはオンラインショップ契約

iPhone SE,HTV31,LGV32,SHV32,SCV31

htv31

auの機種変更の場合は、そもそも常時高額な状態が続いており、実質0円スマホというのはドコモと比べてほとんどありませんでした。

ところが総務省の0円規制に合わせて各社がぎりぎりの価格で勝負する中で、auも機種変更の一部機種をようやく低価格での販売を始めてくれました。

まずその筆頭として挙げられるのがiPhone SEの16GBです。こちらは16GBなら無条件で10,800円で機種変更できる安さになっています。auの機種変更全体を見ても最安値になるでしょう。かなりauの中では良心的な機種変更価格です。

Androidの場合は3つのスマホがau購入サポートの対象となり、「16ヶ月以上前回の機種変更から経過」し「1年以内に解約したら10,000円の解除料が発生」するという条件ながら、HTC J butterfly HTV31、isai Vivid LGV32、AQUOS SERIE mini SHV32の3機種が機種変更一括10,800円、auオンラインショップでは1年以内の解約金増加のペナルティをなくして実質10,800円で販売しています。

店頭では一括購入が出来ます。ネットからだとレクサスプランニングが一括10,800円から更に値引きを入れて安く販売しています。

auオンラインショップでは実質価格です。その代わりにau購入サポートによる1万円の短期解約ペナルティは発生しません。

16ヶ月機種変更していないことが必要ですが、それでもこれまで以上に安い機種変更スマホが生まれており、ちょっとは総務省の指導の効果があったようです。

7月よりGalaxy S6 edge SCV31が追加

この低価格機種変更スマホに、2016年7月よりGalaxy S6 edge SCV31が追加されています。Galaxy S6 edge SCV31はauの過去のモデルの中でも非常に高い安定感を見せつけていたスマホであり、形の独自性を除けば安心して使うことが出来るスマートフォンの一つです。

防水などのS7 edgeに搭載されている機能がないなど、細かいところでは最新モデルにあたるSCV33と比べると気になってしまう点が多いですが、普通にauのスマホを使う上では一番性能や実際の動作の部分で心配するようなところがないスマホとなっています。

S7 edgeの代替としてこの安さならば選んでよいかと思います。

レクサスプランニング

au onlineshopはこちら

Softbank

0円の形態

  • 「実質10,800円」

0円の条件

  • 機種変更

 

Xperia Z4,GALAXY S6 edge

現在この一括購入割引のスマートフォンは一括10800円になっています。

Softbankの場合はMNPで0円スマホが手に入ります。それも一括0円スマホです。

Softbankでは最新となる夏モデルをオンラインショップ上で0円スマホとして発売しています。AQUOS Xxを除くXperia Z4とGALAXY S6 edgeといった最新のモデルがオンラインショップ上でも0円化しているのです。

注意したいのは一括0円で契約する場合、月月割が一切なくなってしまうことです。MNPかつ一括0円だと他のキャリアだとある程度の月額割引が適用され、料金も安くなることが普通なのですが、このSoftbankの契約ではそれがありません。また、一括購入割引という割引が適用されたことにより一括0円化となっており、途中で機種変更や解約をした場合にこの一括購入割引の契約解除料がかかります。
なので一括0円契約ではあるものの、内容的には実質0円契約と変わりありません。そのためMNPの割には機種変更の0円契約と変わらないほぼランニングコストとなっています。

それでも一応ホワイトプランではのりかえ割で基本使用料は2年間無料にすることが一部端末で出来るため、多少は安くすることが可能です。

Xperia Z4にGALAXY S6 edgeといった最新の人気Androidを0円で契約こそできますが、Xperia Z4はアップデートによる改善をされたとは言え未だに発熱の問題があり、0円とはいえ今後長く使っていくことを考えると若干の不安があるでしょうか。2年間丸々一括購入割引による解約金の増額という内容が含まれているため、不安のあるスマホへのMNPは良く考えておいたほうがいいでしょう。docomoで勧めたXperia Z3 compactの機種変更と比べれば、積極的には勧められない契約内容・契約端末です。

また新型iPhoneが登場するとなるとiPhone 5sやiPhone 6の整備品がオンラインショップにおいて登場することがあります。今回はAndroidのみの紹介になりましたが、この整備品ならばオンラインショップ経由からの契約でもかなりお買い得な商品の一つになると思うため、定期的に在庫の入荷をチェックするようにしておくといいでしょう。過去には以下のように実質0円以下販売も行われており、オンラインのiPhone販売では型落ちといえども良い内容となっています。

SoftBankオンラインショップでiPhone5の整備済製品が発売、機種変更で月月割2590円も付くオトク品
SoftBankのオンラインショップで販売されていたiPhone5の整備済製品が、30日から機種変更も購入方法の対象になりました。

整備品 iPhone

一括4万円台と

Nexus 6P,Galaxy S6 edge

n6p
※12月追記
SoftBankでは今Nexus 6Pが熱いです。
通常MNPでの投げ売りはSoftBankにおいて先のXperia Z4など含めて普通に見られるのですが、Nexus 6Pの場合はMNPに限らず機種変更でも実質10,800円という巨額な月月割と共に安売りされており、Androidの中では群を抜いて購入しやすい価格設定がされています。
MNPにしろ機種変更にしろ、Nexus 6Pの価格付けはこれまでのSoftBankにはなかった非常に割引優遇の効いた値付けです。Google監修のもとで開発・販売がされているということで、対iPhone用の販売戦略の元メーカー報奨金が投入されているのかもしれません。
MNPの場合には一括0円に加えて毎月割、のりかえ割、そしてのりかえ下取りプログラムの多重適用によって、維持費が5000円ほどにまっで下がります。Nexus 6Pが0円かつ5,000円運用できるならこの契約はかなりの内容になるかと思われます。また維持費は若干かかりますが、それでも7,000円台で機種変更も運用出来るため、その他の機種で運用するよりもとても使いやすくなっています。
詳しくは別記事でまとめていますので、Nexus 6Pについてはそちらを確認していただければと思います。
4月からはNexus 6Pに加えてGalaxy S6 edgeも機種変更で安くなっています。

Softbankオンラインショップはこちら

Y!mobile

0円の形態

  • 「実質0円」

0円の条件

  • MNP
  • できれば分割

注意点

  • 一括だと一括購入割引適用=解約金増額

AQUOS CRYSTAL Y 402SH

AQUOS

※現在このスマホは在庫がほとんどなくなっているため、契約が望めない状況になっています。

SoftbankのMNP0円スマホについて先ほどはお伝えしましたが、MNPするなら同じSoftbankグループのY!mobileの402SHへとMNPしたほうが、ほぼ同じ回線をつかえた上で料金が安いというメリットを得られます。

0円になっているのはAQUOS CRYSTAL Y 402SHです。月額割引がMNPでついてくるため0円化します。

スマホプランSでは0円になるように端末代と同等の月額割引ですが、スマホプランM以降は端末代よりも多い月額割引が付くため、毎月の支払金額が通常の料金よりも安くなる仕組みができています。

今だと2015年10月中にMNPをすることでデータ容量が2倍になるキャンペーンがされており、各プランの使いやすさが向上するようになっています。更にオンラインストア限定で1万円キャッシュバックなどの0円以外の良さに溢れています。SoftbankのMNP0円スマホは最新モデルのものが手に入る利点はありますが、毎月の料金が高いというデメリットがあります。それに比べるとほぼ同じ回線を使えるY!mobileのMNPキャンペーンはスマホだけでなく料金も安いという2つのメリットを得られます。

スマホ代以外も安い契約としてはこのAQUOS CRYSTAL Y 402SHは結構オススメです。一部の機種変更が優遇されている場合もあるのでそちらも確認してみてください。

なお、MNP実質0円の代わりに一括9,800円の契約にすることもできますが、こちらはSoftbank同様に一括購入割引が適用されるのと2年の総額が高くなってしまうためおすすめできません。詳しい内容は以下の個別記事にあります。

AQUOS CRYSTAL Y 402SHはMNPとPHSからの機種変更が面白くてお得な契約
Y!mobileからスマートフォンの新ラインナップとして「AQUOS CRYSTAL Y」が発売になりました。

このスマートフォンはSoftbankで発売された「AQUOS

AQUOS CRYSTAL Y 402SHはMNPとPHSからの機種変更が面白くてお得な契約 | スマホ辞典

DIGNO C 404KC

404

Y!mobileでは402SHの在庫がもうなくなってしまったため、次の格安機種はDIGNO C 404KCへと移りました。

このスマホは内容的には402SHよりもスペック的には劣るものの、防水・防塵機能を備えたスマートフォンという利便性を持ちながら、何よりも「恐ろしく安い」という契約上の特徴があります。

Y!mobileは一応MNOとしてSoftBankの別回線的役割を果たしていますが、このDIGNO C 404KCの契約はMNOにも関わらずMVNO格安SIMに近い料金で使えてしまうようになっています。Y!mobileのサポート充実度や速度の安定感というのはMVNOなんかよりもよほどいいのですが、そんな回線をほぼMVNO並みの「恐ろしい安さ」で使えてしまうのがDIGNO C 404KCです。

新規とMNP両方で維持費が同じで、分割のスマホの端末代金込みの料金でも3,218円という格安スマホのセット並みの月額で使えます。もしも一括で購入した場合は、分割支払い分がなくなるため、更に安い1,922円で使えてしまいます。これはスマホプランSの料金ですが、スマホプランMでも分割3,758円、一括2,462円という料金で3GBの通信量+音声通話の準定額プランを使えるようになっているのですからお得です。

金額自体は「恐ろしく安い」わけではありませんが、端末代と準音声定額を含んでいることを考えたら、「恐ろしく安い」料金で使えると考えることのできる契約でしょう。

新規でもこの契約ができますから、かなり多くの人がこの格安契約をすることが可能です。

なおMNPだとキャンペーン特典の存在によって更にお得さは増します。一つはデータ容量が2倍になるというもの。通常1/3/7GBの各プランがMNPの場合は2/6/14GBへとデータ量が倍増します。特におすすめなのがスマホプランMの6GBプランです。先程紹介した分割3,758円・一括2,462円の料金で6GBまで使えるのはとんでもない激安維持費です。もう一つ、1万円の公式キャッシュバックか12ヶ月間1,000円引きというのもキャンペーンとして存在しています。

402SHよりはスペックが落ちましたが、その分とても安く契約できる回線であるため、回線だけ使ってSIMフリースマホで運用するなんてやり方もいいかもしれません。

DIGNO C 404KCの詳細ページはこちら

 

というわけでオンラインで契約できる「0円」になっているスマホをそれぞれ紹介してみました。auの場合は本家よりも代理店販売のほうがインセンティブのつき方から安さでは目立つようになっています。

それ以外はどれも公式になっており、特にdocomoの機種変更は手数料や頭金の心配がいらない分普通の携帯ショップで契約するよりもお得です。Softbankの一括0円MNPは、一括購入割引の更なる縛り期間延長によってほぼ実質0円と変わらず、MNPして契約する利点がありません。Softbankのオンラインショップにおける0円スマホ契約は、よほどの事情がない限りはこの9月からは条件が悪くなったので、面倒でも店舗へ足を運んだほうがいいでしょう。

それぞれの公式オンラインショップは以下に。この中だとdocomoの機種変更とY!mobileのMNP以外は今のところ目立った内容ではないのが残念なところでしょうか。

ドコモオンラインショップ

au onlineshop

Softbankオンラインショップ

Y!mobileオンラインストア

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top