スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

SoftBankがGALAXY S6 edgeを一括購入割引の対象に 「バカ」のはずのMNP一括0円が公式価格に

SoftBankがGALAXY S6 edgeを一括購入割引の対象に 「バカ」のはずのMNP一括0円が公式価格に

なにかこういう素早い安売り施策の適用というのは、auのほうが早いという印象があったのですが、SoftBankが今回は3キャリアで扱うスマートフォンの安売りを最初に開始するようです(auも2台+下取りで同じ価格ですが)。
確か新しい宮内社長が「一括0円をやっていたわれわれが馬鹿だった。一括0円はもうやらない」という話をしたのがつい最近だと思うのですが、舌の根がなんとやらという内にMNPにおける契約では一括0円での契約ができてしまう状態になっています。

今回はMNP限定で安くなる一括購入割引の施策に対象端末が増えます。対象となるのは最新モデルの1つであるGALAXY S6 edgeです。
今年の夏モデルとしてdocomoやauでも発売されたモデルで、どこのキャリアもこれまで大きめの割引や安売りの対象にしてこなかった最新スマホです。SoftBankでの発売が5月26日ということで本当にまだ新しいモデルなわけですが、これをわずか1ヶ月ほどで一括購入割引の対象にするという決断をしたそうです。

6月26日よりMNPでは一括契約時の端末代が大幅に値引きされ、短期間の契約解除料の上乗せと月月割の減少が発生します。ここでは価格・維持費・一括購入割引の注意点について書いておきます。

スポンサードリンク

GALAXY S6 edgeの一括購入割引適用後の価格と月月割・維持費

今回のGALAXY S6 edgeの一括購入割引ではこれまで以上に販売価格を割り引いています。
これまでは一括2万円前後の価格にしてオンラインショップなどの価格表では見た目の金額を0円にすることはミドルスペックスマホならあるものの、ハイスペックなフラグシップモデルでは行われていません。
併売店や量販店などの店頭ショップ契約において、インセンティブなどを含んだ上で価格を一括0円にするという方法をとっており、「一括0円は店側が勝手にやっている」というのがSoftBankの公式見解でした。

そしてつい最近の「一括0円をやったわれわれが馬鹿」発言の直後ということで、公式的な一括0円販売は今後行われない・・・と予想されていたのですが、なんとあの発言直後にも関わらずGALAXY S6 edgeはオンラインショップ上でも0円な「公式一括0円販売」がされることになりました。

https://www.softbank.jp/online-shop/products/list/galaxy-S6-edge/

以下が一括購入割引で契約する場合の価格と月月割、そして分割購入割引時の料金も表にしておきます。

GALAXY
S6 edge
32GB 64GB
MNP契約方法 一括購入割引 分割購入割引 一括購入割引 分割購入割引
端末価格 0円 88,320円
(3,680円×24回)
5,400円 97,920円
(4,080円×24回)
月月割 0円 ▲3,680円/月 0円 ▲3,855円/月

一括購入割引ではこれまで少しは月月割も残っていたのですが、今回は端末代を公式に0円まで下げるため、月月割は一切ありません。分割購入割引の場合には実質0円化となっているため、月月割は高額になっています。

ハイスペックモデルの安売り方法としてはちょっと異例なのではないでしょうか。公式価格でここまで下がるのは過去の高性能モデルではちょっと思いつきません。

 

これらの月月割を利用した場合の維持費も同時に計算しました。
恐らくは契約時にスマ放題で5GB以上のプランかホワイトプランが必須とされるでしょうから、今回は5GBのデータ定額プランで維持費を計算してみました。32GBモデルの月月割と価格を使っています。

GALAXY S6 edge 32GB 一括 分割
スマ放題 2916
S!ベーシックパック 324
データ定額パック5 5400
App Pass 399
月月割 ▲3680
合計 8640円 5359円
S6 edgeの端末分割 3680
分割時合計 9039円

 

一括購入割引による契約解除料の縛りについて

つい最近docomoでもGALAXY Note edgeがMNP限定で安売りとなりました。
その際に短期の解約金として約1年間の契約解除料増額という安売りのための追加縛りがありましたが、SoftBankでも同様です。

SoftBankでも一括購入割引に対して約1年間の短期契約解除料の上乗せをしています(分割購入割引は対象外)。この期間中に解約やパケット定額プランを2段階のものなどにしたり解除したりすると、一括購入割引の違約金的なペナルティが発生します。

ペナルティ料金は以下のようになっています。容量関係なく同額です。

GALAXY S6 edge 一括購入割引契約解除料
初期設定額 56,580円
2ヶ月目からの減少額 2,460円×月数
13ヶ月目 0円

毎月ペナルティの金額は減っていきますが、スタートとなる金額はdocomoよりも大きい5万円を超える金額です。仮に契約初月で解約した場合には、通常の2年縛りの契約解除料と合わせて67000円近い解約金が発生することになります。
なのでMNP一括0円ではあるものの、1年以内の解約やMNPをしてしまうとほぼ元々あった端末代に近い金額を支払わなければいけなくなります。その点を踏まえた上で契約を行って下さい。

 

公式のオンラインショップ上でもMNP一括0円で契約できるスマホとしては最もスペックが高く性能も良い端末かと思いますので、家族の回線をSoftBankへ移そうという回線戦略がありながら、店舗での契約が出来ないという場合に契約を試みるのに適した端末かもしれません。

もちろん短期の解除料と維持費については注意すべきですが、ネットからでも契約しやすい低価格端末として一部の方には適したMNP向けの契約ではないでしょうか。

ソフトバンク オンラインショップ

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top