スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

SH-01F限定モデルが機種変更でも一括0円!とんでもない安売りがドコモオンラインショップで実施中

SH-01F限定モデルが機種変更でも一括0円!とんでもない安売りがドコモオンラインショップで実施中

docomoで3月6日から始まった端末購入サポートの追加の影響によって、8種類のAndroidスマートフォンの一括価格が非常に安く売られることになりました。

8種類の安売り端末について、詳しくはまた別の記事の中で紹介したいと思いますが、まず真っ先にお伝えすべき大きな安売りが始まっています。
その安売りというのがかつてないほどの激安価格となっているため、利用の条件の合う方ならば低価格でスマートフォンに機種変更することが出来てしまいます。

安売りの一つになっているスマートフォンは、SH-01Fをベースにしたドラゴンクエストとのコラボ限定モデル「SH-01F Dragon Quest」、そしてディズニーとの提携をした「Disney mobile SH-05F」の2つです。

この2端末、どれだけ安くなっているかというのは商品ページを見ていただければわかると思いますが、なんと機種変更でも一括0円というとんでもない販売価格になっています。
ドコモオンラインショップ:SH-01F Dragon Quest 機種変更一括0円

しかもこれは公式のドコモオンラインショップ価格です。通常は他のスマホ同様に安売りキャンペーン対象でも大体一括2万円ほどするものですが、オンラインショップでは完全な0円で機種変更させてくれる太っ腹な状況です。
併売店などの街のショップでももしかしたら一括0円で契約できるかもしれませんが、ドコモオンラインショップと違って「機種変更手数料がかかり」、「加入オプションもいくつか必須化」されている可能性が高いです。
そう考えるとオプションも機種変更手数料のない今回のオンラインショップの価格はショップ泣かせの超お得な特価になっています。

スポンサードリンク

デメリットのある一括0円機種変更端末

これだけ美味しい話だとすぐにでもこの端末への機種変更をおすすめしたいのですが、やっぱり機種変更で一括0円という美味しい話の裏にはユーザーにとっていくつか不利な条件が付いてきます。

それが次のような内容です。

  • 3ヶ月機種変更していないこと
  • 月々サポートは0円
  • 端末購入サポートがあるので、14か月機種変更や解約が出来ない

まず3ヶ月機種変更していないという条件はまあいいでしょう。ドコモオンラインショップのセールを中心に、激安価格で販売するには3ヶ月という一つのふるいをかけることが平等に多くの方に購入してもらうには必要になってくることでしょう。

問題は下の2つの項目です。
まず一つはこのスマホ2端末は安いかわりに月々サポートなどの割引特典が一切ありません。U-25などのキャンペーンを組み合わせれば割引自体は別途発生しますが、SH-01FやSH-05F自体には何も通信料からの割引がありません。
そのため毎月の利用料金はシェアなら3780円(スマホとして利用時、データ通信オンリーなら2700円)、主回線利用で最も安いデータSパックの場合には7020円も毎月かかってしまうことになります。
シェアグループに自分のdocomo回線がある場合は受け入れやすい料金ですが、主回線として1回線しか持っていない回線の料金としてはちょっと高く感じるかもしれません。

また、このスマホを機種変更で契約した場合は、12ヶ月間の機種変更や解約には端末購入サポート解除料というものが発生してしまいます。しかも12ヶ月とあるもののdocomoの起算月ベースの数え方をすると実態は14ヶ月です。
端末購入サポートは機種変更で一括0円にしている原資となるため、かなりの金額がかかります。「SH-01F Dragon Quest」だと実に4万4496円、「Disney mobile SH-05F」だと4万2260円と本当に高額な金額が、機種変更や解約をしてしまうと解除料としてかかってしまいます。
そのためこちらへ機種変更すると、14ヶ月は月サポ0円のプランで継続して使わなければいけないということになります。

例えば同じく現在低価格で売られている「春の先トクフェア」と比べると、こちらは機種変更は安いもののお金を払う必要がありますが、すぐにiPhoneなど別のスマートフォンへの機種変更が自由に出来るメリットがあります。

 

それでも魅力的な機種変更一括0円

月サポ0円、14ヶ月機種変更不可と、契約するには確かなデメリットも存在しますが、長年docomoを使っている方など、既に2年以上使い続けて月々サポートが失効している端末を利用している方は、同じ料金を支払う期間がここから14ヶ月更に必要になりますが、準最新スマホを機種変更でも一括0円で契約出来てしまいます。

SH-01Fがどちらもベースであるため、評判や実際の使い勝手の口コミなどはSH-01Fと同等かと思われます。
オンラインショップでは価格コムの口コミを併設して載せていますが、不満の少ない端末かとざっと見て感じることが出来ます。プランの縛り自体はありますが、このシャープの2端末に関しては不自由することなく使うことができるでしょう。ドラクエ8のゲームがプリインストールされているため、3Dゲームも遊べるハイスペックさを備えています。

こうした端末の問題が少ないというメリットに加えて、機種変更でも一括0円という超特価なわけですから、毎月の料金や8ヶ月縛られたとしても特に変化の起きない長期ユーザーは0円で手に入れてみても面白いスマートフォンだと思います。

ドコモオンラインショップ:SH-01F Dragon Quest 機種変更一括0円

※追記:現在このスマホの在庫は、たまに補充されることがある程度でそれ以外は在庫切れの状態が続いています。このレベルの安さでの販売は現状ほとんど行われておらず、同条件の機種変更安売りスマホを探すのは至難の業です。

ただし、機種変更が14ヶ月縛りではなく24ヶ月縛りに上がってしまうというデメリットはあるものの、維持費などは同条件でしかも家族まとめて割なども適用できる機種変更実質0円スマホは数が多くなっていて、そちらならば一定の安さで契約できるものと思います。以下ではその一例を紹介しましょう。

・AQUOS PHONE EX SH-02F:こちらは今回のスマホのベースとなっているSH-01Fを小型化したモデルです。月々サポートが機種変更でも端末価格と同じ分だけ適用されるため、24ヶ月間の適用期間使い続けることで実質0円で契約することが出来ます。機種変更には何も条件はいりません。ただ機種変更するだけで実質0円の契約が出来ます。

・AQUOS EVER SH-04G:別の記事でそのお得さを解説していますが、10年以上docomoを契約しているようだと実質0円での契約が出来ます。10年未満だと実質10368円になってしまいます。

・Xperia Z3 compact SO-02G:非常に性能の高いコンパクトスマホです。こちらはFOMA契約からの機種変更をすることで実質0円での契約が出来ます。10年以上だと更に10368円の割引が追加されるので、実質価格はマイナスです。

これらの機種はSH-01Fのドラクエスマホと違って、一括0円では契約できないものの、14ヶ月縛りが24ヶ月縛りに上がってもいいようでしたら同じ維持費で使えるスマートフォンです。特にSO-02GはSH-01Fよりもスペックが大幅にアップしますので、FOMAのスマホやガラケーからの機種変更ならば非常におすすめな機種変更案件です。

まとめると

  • SH-02F:どの機種変更でも0円
  • SH-04G:10年以上使っていれば0円
  • SO-02G:FOMAを使っていれば0円

となります。それぞれ契約方法によって0円の実現可能性が異なりますので、どれが使えるかというのをよく確認してから契約するようにしましょう。以下ではそれぞれの詳しい契約内容が確認できます。

AQUOS EX SH-02F:ドコモオンラインショップ

AQUOS EVER SH-04G:ドコモオンラインショップ

Xperia Z3 compact SO-02G:ドコモオンラインショップ

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top