スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ingressをプレイするならG flex LGL23がバッテリー持ちが良い端末なので実質課金の価値あり

最近いろいろなネットメディアで、Googleが提供しているingressという現実拡張ゲームが紹介され続けています。
今まではAndroidでしか遊べなかったようですが、iOSにも対応したということで、紹介記事が本当に多く目に付くようになりました。

ingressはスマートフォンアプリのゲームで、現実世界を舞台にした陣取り合戦です。

私もこの数週間で初めて存在を知って、何やら盛り上がっているようなのでインストールをし、とりあえず最寄り駅に足を運んだら近くのポータルをハックしながら使っていました。最初の頃は本当にそれだけで特に面白くも何もなかったのですが、アイテムが貯まり手探りながら出来ることが増えていき、なんとなく要領を微妙に得てくる流れの中で、初めて敵のポータルを破壊した辺りから、完全にこのingressにハマってしまいました。
最近では最寄り駅はもちろん、離れた繁華街にまで足をのばしてポータルハック&破壊活動をしている有様です。

このingressはGoogleが関わっているということで、課金などは一切なく、行動した分が差に現れるシンプルな内容です。ですが、課金こそありませんがユーザー間では実質的な課金行動として、移動のための自転車を買ったり靴を買ったり、海外では電波の届かないところに基地局を持ってきてポータルを作ったなんて話もあるそうです。
課金はないけど、より有利になる為にお金を使ってしまうという中毒性が、このingressにハマってしまった方に共通して見られるようです。
今回紹介するのもそんな実質的な課金をしてingressでより活発的に行動する為のガジェットについてです。

スポンサードリンク

ingressで重要なスマホの電池持ち

このゲームはスマートフォンで遊びます。
現実世界で移動している場所をGPSで常に追跡して、リアルタイムでスマートフォン上のingressの世界に反映させていきます。
そのためingressで遊ぶ時は常にGPSがオンになっていて、スリープ状態でも電源を入れればすぐに操作できるようになっているため、バッテリーをガンガン使うアプリになっています。

ですので、より長い間ingressで遊ぶ時はバッテリーの持ちがいいスマートフォンを使うべきです。
スペック上のバッテリー容量が多いものではなく、バッテリー持ちがいいスマートフォンを選びましょう。容量が多くてもすぐに発熱してしまうスマートフォンもあるので、容量に惑わされてはいけません。
私の個人的な経験の中で、バッテリー持ちが本当にいいスマートフォンだと感じたのが、auから発売されているG flex LGL23です。

約2時間遊んで25%の減少

G flex LGL23で実際にingressをプレイしてみると、その電池持ちの良さがわかります。
最初はGalaxyを使ってプレイしていたのですが、電池持ちが悪く発熱もしやすかったため、1,2時間ほど起動したら後はタスクキルをしてゲームを終了させるか追加で充電をしていました。そうしないとすぐに電池が10%台に入って使いづらくなってしまうからです。
また、発熱によってカメラが起動せず、ポータル申請もできなくなってしまう困ったところもありました。

こうした問題がG flex LGL23へとingress端末を変えてからは、ほとんど気にならなくなりました。
これはとある日の新宿、ingressプレイ時のバッテリー状況です。3時間ほど活動してそのうちの約2時間ぐらいがingressプレイ時間になるかとおもいます。
元々バッテリー持ちがいいので、とても緩やかな状態でしたが、ingressを起動した12時ごろからバッテリー消費が激しくなって行きます。途中軽食をとったりして活動が途切れますが、その後3時ごろまで動き続け、約2時間ほどingress中心にスマートフォンをいじっていました。

ingress

その間に消費したバッテリー量は25%ということになりました。本来ならば別のスマートフォンとの比較を載せるべきなのですが、そこまでする時間がなかったので省かせてもらいます。
それでも2時間で「まだ」4分の1しかバッテリーが減っていないというのはingressプレイヤーの方ならばこのLGL23のバッテリー持ちの良さをわかっていただけるのではないでしょうか。
私が前にingressで使っていたGalaxyJでは2時間も活動したら50%は減っていたとおもいます。
十分すぎる改善がG flex LGL23へとプレイ端末を変更することで実現できました。

 

バッテリーの心配をせずにingressをプレイしたい場合、バッテリーチャージャーを持つこともいいですが、スマホを変えてしまうというのも効果的な方法だとおもいます。その筆頭こそはG flex LGL23でしょう。
白ロムもまあまあな安さなので、mineoと合わせて持ち運ぶのもiPhoneしか持っていない方にはいいかもしれません。ポータル申請も出来ますし。

ゲーム自体は人と場所を選ぶ感じですが、ハマる方はバッチリハマるとおもうので、プレイしてみてはいかがでしょうか。

今後はG flex LGL23について、ingress用に自転車ホルダーでも付けたいなと考えています。G flex LGL23は6インチの曲面ディスプレイなので、ピッタリ合うホルダーは多分ないでしょう。
通販サイトを見ていると、フレキシブルなスマホホルダーとして「スパイダーボディウム」なんていう商品がありました。これを使えばホルダーとして機能するのかなとおもっています。機会があれば報告してみたいとおもいます。

G Flex LGL23 au

新品価格
¥27,800から
(2014/8/14 13:21時点)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top