スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

docomoが「おかえりボーナス」「ファミリー特割」「プレミア10年特割」を発表!

docomoが5月15日から新しく始まるキャンペーンを3つ発表しています。
新しく始まるキャンペーンは機種変更に関わるもの、MNPに関わるもの、長期ユーザーの優遇に関わるものとなっています。
キャンペーンはそれぞれ、「おかえりボーナス」「ファミリー特割」「プレミア10年特割」となっています。

今回は15日から始まるこの新しいキャンペーンの割引額と適用条件を紹介してみたいとおもいます。

スポンサードリンク

「おかえりボーナス」

昔、docomoにはカムバック割と言われたキャンペーンがありました。
それはdocomoで使っていた番号でキャンペーンページに登録しておくと、1万500円分の新規契約クーポンが貰えるというものでした。
iPhoneがdocomoから出た時に、このキャンペーンは終わってしまいましたが、今回似たような形で復活するようです。

「おかえりボーナス」という新しいキャンペーンが始まります。
docomoで使っていた番号を、現在他社で利用している方が、再びdocomoへMNPで同じ回線番号、同じ名義で契約をした場合、5400円の割引と解約時に残っていたdocomoポイント分を本体代から値引きをおこなうというキャンペーンのようです。
基礎となる割引額は5400円ということになるようです。

未確認ですが、日本通信でも一応docomo回線扱いになりますが、ドコモにおかえり割が3月から日本通信を弾いていたので、今回も日本通信の回線で「おかえりボーナス」を受けることは難しいとおもいます。

 

「ファミリー特割」

ファミリー特割はセット割のようなものです。機種変更でも新規契約でも、家族と一緒に2台以上購入すると、1台につき1万円分の通信費割引(分割)かドコモポイント1万円分(一括)が貰えます。端末代の値引きは用意されていません。
適用条件は、5万4000円以上のスマートフォンを2台同時に購入し、「カケホーダイ」などの新プランを契約することです。
この後紹介する「プレミア10年特割」と一緒に適用した一括契約だけ、2万円の郵便為替が郵送されるという特典になっています。

今までは購入端末の上限料金も指定されていませんでしたし、値引きも端末代に使えたのに、今回はそういう方向には向かないようです。

 

「プレミア10年特割」

docomoを10年以上使っている方で、新プランを契約することが条件のキャンペーンです。対象端末はGalaxyS5以外の5万4000円以上のAndroidスマートフォンへの機種変更です。
1万円の通信費割引(分割)か、1万ドコモポイント(一括)が貰えます。

別に元の回線はガラケーとかの必要もなく、ただ10年以上使っているだけで良さそうです。

 

端末代から値引きしてくれるキャンペーンは「おかえりボーナス」だけで、他のキャンペーンは「還元」という形をとっています。
購入金額が5万4000円以上と指定される形にもなっていて、安売りされているスマートフォンには使えなくしています。キャッシュバックを無くして、現金値引も無くして、ポイント還元という方向にしていくのでしょうか。
金額指定とポイント還元になったことで、額面は立派ですがあまり安さを感じないキャンペーンかなとおもいます。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top