スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

980円で1GBの通信量!BIGLOBE LTE・3GがおすすめMVNOの格安SIMサービスへ仲間入り

BIGLOBEが新しいMVNOサービスを開始しました。docomoの通信網を利用したMVNOサービス「BIGLOBE LTE・3G」が始まります。従来のBIGLOBEが提供していたMVNOサービスはこちらに統合される形で、このサービスがBIGLOBEのMVNOサービスの中核を占めていくようです。

この「BIGLOBE LTE・3G」では過去のMVNOサービスよりもはるかにオトクなプランの提供を始めています。
今回は、この「BIGLOBE LTE・3G」サービスにおける特徴を紹介していきたいとおもいます。

スポンサードリンク

 

980円で1GB

このBIGLOBEのMVNOサービスが発表された際に、最も評判になったのは、980円という低額プランにも1GBの高速通信オプションをつけていることです。1GBの通信量以内なら、最大速度150Mbpsの高速通信が可能な、docomo LTE Xiに接続することが可能です。こうしたサービスは、980円と安い代わりに低速通信しかできないというものでしたが、このBIGLOBEのサービスは、1GBまでと制限はあるものの、高速通信も利用することができます。
1GBの通信量を超過すると、以後は128kbpsに制限がかかってしまいます。1GBという通信量は、動画やPCからのデータ転送等を頻繁に行わない限り、1ヶ月で1GBの通信量に達するのは、月末近くでようやくというレベルだとおもいます。docomoのパケットフラット定額は、3GBで4935円なのでそれを考えれば、1GBと言えど980円という価格は破格だとおもいます。

 

2GBでも1580円

先ほどの980円は「エントリープラン」と呼ばれるもので、そのコストパフォーマンスは過去に出てきたMVNOの格安SIMでは対抗できません。1GB714円のUmobileのMVNOはありますが、こちらは1GB超過後に速度制限が働かず、自動的に3GB2074円のプランへ移行するという仕組みになっています。1GB714円は安いですが、超過した場合に勝手に高いプランへ移行してしまうのは危険と言えるでしょう。BIGLOBEの980円で1GBというサービスは、そのような心配がなく、きっちり980円で使うことができます。
そのエントリープランと同じく注目度が高いのは、通信量制限が2GBと倍増している「ライトSプラン」です。こちらは通信量が2倍の容量になったにも関わらず、毎月の料金が1580円で済むという非常にバランスのとれた料金体系になっています。
2GBならば動画とかの視聴を自宅Wi-Fiで済ませるなどの工夫をすれば、まず超過する心配のない通信量だとおもいます。仮に超過しても、月末に超過するとおもうので、すぐにまた高速通信の恩恵を月が変わってから受けられるとおもいます。
980円のエントリープラン同様に、1580円で2GBまで使えるライトSプランも非常にコストパフォーマンスのいいMVNOサービスになっているとおもいます。

 

Wi2という無線LANサービスへ無料接続

さらにこのBIGLOBEのMVNOサービスが注目されている理由があります。それは各地にあるWi-Fiスポットへの接続が無料でできます。
公共施設や飲食店、デパートなどに展開するWi-Fiスポット「Wi2」と呼ばれるサービスを無料で使うことができるのです。これにより、外出時の通信をこのWi-Fiスポットによる通信で可能になるため、通信量1GBの規制に含まれない通信が可能になります。
今まで、MVNOの格安SIMの中で、Wi-Fiスポットへ無料接続できるのはBIC SIMぐらいのものでした。そのBIC SIMの最大の特徴とも言える無料接続を、このBIGLOBE LTE・3Gはお株を奪う形で導入してきました。
外出時の通信量を気にしなくていいというのは、とても助かる内容ではないでしょうか。特に3Gスマホでは通信速度自体もそれほど速くないため、比較的速度の出るWi-Fiスポットへ繋げばより快適な速度でネットを見ることができます。

 

スマホセットプランは割高。白ロム購入のほうがオトク

2014年2月からはWi-Fiほぼスマホ」(AQUOS PHONE for BIGLOBE)と呼ばれるシャープのスマートフォンとセットでこのBIGLOBE LTE・3Gを使えるサービスを始めます。
毎月2950円の2年縛りで、docomoから発売されたアクオスフォンZETA SH-06E同等のスマートフォンを使いながら通信ができます。ですが、このプランだとスマートフォン本体の価格が7万円になるため、同じSH-06Eならば白ロムでスマートフォンを買って、2年縛りのないプランを契約したほうがオトクだとおもいます。SH-06Eは白ロムの値段が3万円以下と安いですので、そちらを購入したほうがいいでしょう。

 

ライバルはOCNぐらい

このMVNOの格安SIMサービスですが、現状では相当いい線をいっているサービスだとおもいます。評判のいいIIJ系のMVNOの良点である「Wi-Fiスポット無料」をこのSIMは実現し、「通信量1GB」とIIJ系の500MBを上回っています。セルスタンバイ問題を解決するSMS対応は、来年の2月からですがその点でもIIJ系のMVNOサービスを上回っています。
このSIMに対抗できる良質なMVNOサービスは、あとはOCNのモバイルONEぐらいではないでしょうか。1日単位で通信量が違うという特殊なMVNOサービスですので、BIGLOBE LTE・3Gとは比較て出来にくいですが、一日にムラなく一定の通信量さえあればいいという方にはOCNのようなサービスがいいでしょう。
ひと月単位で通信量が決められているサービスと比較するなら、このBIGLOBE LTE・3Gがコストパフォマンスは最適だとおもいます。

 

NEC Biglobe [NECビッグローブ(NECBC)][BIGLOBE LTE・3G][nanoSIMカード][nanoSIM_KIT_W]


このように、BIGLOBE LTE・3Gは今までのMVNOの格安SIMの中でも、注目に値する優良サービスであることは間違いありません。これからMVNOの格安SIMを契約しようとしている方は、ぜひこのBIGLOBE LTE・3Gも比較対象にしてみてください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top