スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

10月の新プラン前に契約しておきたいUQモバイルのマンスリー割適用回線

10月の新プラン前に契約しておきたいUQモバイルのマンスリー割適用回線

 

10月から改正電気通信事業法の施行に伴い、各キャリアでそれに対応したプランが始まります。

これによって解約金が1,000円上限に設定されるなどユーザー側にメリットのある変更が実施されているのですが、逆にユーザー側にとってデメリットとなるのが通信費を割引するサービスが今後適用できなくなるという点です。

いわゆる月々サポートや月月割といった各キャリアで用意されてた通信費割引を使った「月額300円回線」とか「家族で3円回線」といったものが作れなくなってしまうことになります。

 

すでにスマホ向けのプランにおいてドコモやau、SoftBankは通信費割引サービスの受付を終えており、こうした回線を作る余地というのはなくなってしまってるのですが、まだサブブランド回線であるUQモバイル・Y!mobileではマンスリー割や月額割引を使った格安回線の契約というものが9月中は可能になっています。

特にUQモバイルでは比較的人気の高いAndroidなんかが実質0円での契約が可能になる高額マンスリー割を用意しており、回線の安さやスマホセットでの安さで見た時に十分に「駆け込み契約」の価値があるお得な内容を実現しています。

残り僅かな時間しか残されていませんが、今回を逃すと法改正によって2度と同じようなお得なプランで契約することが出来なくなることが予想されるので、スマホや回線の契約予定がある方はこのタイミングで申し込んでおきましょう。

iPhoneなんかが維持費86円で、安価なAndroidなら842円といった料金でUQモバイルの3GB回線を利用することができる契約です。

スポンサードリンク

UQモバイル、マンスリー割を利用したお得なスマホセット契約一覧

UQモバイルでは9月30日までの新規契約において、マンスリー割と呼ばれる通信費割引サービスを適用しての回線契約というものが可能になっています。

このマンスリー割を適用することによって、通常の状態であっても安いUQモバイルの回線といったものがさらに安い形を実現することができます。

 

以下ではUQモバイルの各端末の価格とマンスリー割を適用したプランSの1年目料金、それに2年間の端末実質価格というのをまとめています。

端末価格 一括維持費
(1年目)
分割維持費
(1年目)
実質価格
(2年運用時)
iPhone 6s
32GB:59,724円
128GB:72,684円
86円 32GB:2,570円
128GB:3,110円
32GB:10,368円
128GB:23,328円
iPhone 7
32GB:62,748円
128GB:75,708円
86円 32GB:2,678円
128GB:3,218円
32GB:12,960円
128GB:25,920円
AQUOS sense 2
31,644円
842円 2,138円 0円
nova lite 3
31,644円
842円 2,138円 0円
R17 Neo
31,644円
842円 2,138円 0円
Galaxy A30
31,644円
1,922円 3,218円 25,920円
Huawei P30 lite
31,644円
1,922円 3,218円 25,920円

※消費税8%時の料金

9月中にUQモバイルのスマホセットを契約すれば、このような料金でスマホを使うことが出来ます。

iPhone 7では端末代が高いものの、この金額を一括で支払ってしまえば最安86円という維持費に。分割でもSIMのみ契約とそこまで料金が変わらない2,678円という金額で利用できるようになっています。

iPhone 7でこの料金を実現しているのはライトユーザーを中心に魅力の高い契約内容になるかと思います。

防水・Apple Pay対応でAntutuの数字も高いiPhone 7であれば、格安スマホ契約におけるスマホ部分において不満はないはずです。さらに料金の部分も分割でも1年目は3,000円を超えない料金を実現しており、その安さ・コスパの良さはかなり目立ったものになります。

今回のUQモバイルの9月末までの契約特価の中でも個人的におすすめ度の高いものの一つになっています。

iPhone契約に関してはこちらの記事でさらに確認してください。

UQモバイルのiPhone 7、月額2,678円で3GB+5分通話定額+高速回線+8,000円のキャッシュバックが貰える契約に

 

Android機種では実質0円スマホがお買い得です。

人気のAQUOS sense2やカメラや性能面が価格以上にしっかりしているnova lite 3といったところは2年間のマンスリー割の総額が端末価格と同額になっており実質0円契約を実現しています。

UQモバイルにおける実質0円というのは「スマホセットなのにSIMのみの料金で使える」という特性を持っており、ただでさえ安めのUQモバイルのプラン料金のままにスマホセットが使えます。

もちろん端末代を一括払いしてしまえば維持費は1年間1,000円以下で使えるようになるため、こちらはiPhoneよりもさらに安さを重視した契約を行いたいという方におすすめの契約内容となっています。

関連記事は以下で。

UQモバイルでAQUOS sense 2が実質0円化!端末代3万円/維持費842円/キャッシュバック8,000円の「格安スマホ」として魅力的

nova lite 3はUQモバイルで実質0円!キャッシュバック込みでは一括2万・維持費842円運用も可能な格安スマホ

UQ モバイル P20 liteとOPPO R17 Neoがマンスリー割増額で値下げ 実質0円からの契約が可能に

 

新料金プランでは料金が2,138円でずっと回線が使えるようになるもののそこには端末代が含まれていないため、9月末までの端末代込みで2,138円~で使えるマンスリー割を使った料金プランの方が今後2年間はお得になるのは間違いありません。

最初の1年目のみの料金にはなるものの、後述するキャッシュバックも合わせればほぼ2年間1年目の料金と変わらない金額で利用できるのであまり心配はいらないでしょう。

こうしたお得な契約がいよいよ受付終了してしまうというのが今のUQモバイルを取り巻く状況となっています。

 

キャッシュバックによって1年目の料金が実質的に21ヶ月続く

上記の料金については1年間のイチキュッパ割が適用されている状態のものになっており、2年目のこの割引が消滅する際には約1,000円の値上げになります。

この問題に対して多少抵抗のある方もいると思いますが、それに関してはキャッシュバックを利用することで2年に近い期間を実質的に1年目の料金で使えるようになります。

UQモバイルのキャッシュバックは現在以下のような金額で用意されています。

  • プランS:10,000円
  • プランM:11,000円
  • プランL:13,000円

※P30 liteなどはキャッシュバックが増額中

こちらのキャッシュバックを維持費の割引に充てると考えるた場合、イチキュッパ割相当の1,000円分の割引を税込みで考えた時に約9ヶ月延長することができます。

そうすると合計で約21ヶ月の間は1年目の料金で利用することができますし、もしもプランMやプランLを選択した場合にはもう少し期間が延びます。

これだけの期間実質的に1年目の料金で使えるとなれば十分な期間といえるのではないでしょうか。

非常に安い料金で使えるというのが1年目のみというのがデメリットではあるのですが、それもキャッシュバックを利用することによってほぼデメリットでは無くなるようになっているため、UQモバイルを契約する際にはこのキャッシュバックの適用も行うようにするといいでしょう。

キャッシュバックは以下のページからの申し込み専用となっており、4ヶ月後に口座に入金されます。

UQモバイル:キャッシュバック適用専用ページ

UQモバイルでキャッシュバックを得る方法とおすすめの格安スマホ3選

 

マンスリー割の高額割引を得たいなら9月中に契約を

こうしたマンスリー割を使った契約というのは9月までで終わってしまうため、2年縛りで問題ないようならUQモバイルのスマホセット契約は10月からの新プランよりも安く契約することができます。

期間は残りわずかで、2年縛りという点は新プランに比べると動きにくくなるものの、格安スマホとしてお得に契約するのであれば9月中のUQモバイルの契約は間違いなくコスパの良い契約ができるようになっています。

家族のスマホ初心者や子供向けスマホとしても良いかと思うので、利用予定や移行予定がある場合にはちょっと急ぎ目で申し込んだ方が良いでしょう。

UQモバイル:キャッシュバック適用専用ページ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top