スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

10年以上のドコモ長期ユーザーが機種変更で安くなるスマホ・ガラケー

docomoを長期間使っているユーザー、特に10年以上使っているユーザーは、様々なキャンペーン施策を利用して安く機種変更契約できるというのは、過去の記事で説明した通りです。

では実際に10年以上契約している方が機種変更する際に適したスマートフォン端末はどれかということを今回は考えてみたいと思います。10年以上の利用で適用される「ありがとう10年スマホ割」(とずっとドコモ割)を活用して機種変更した場合に、お得なるスマートフォンというものをピックアップしていきます。

たぶん延長するかもしれませんが、一応この長期優遇キャンペーンである「ありがとう10年スマホ割」が1月31日で終了というとこなので、もしも機種変更予定がある場合にはこの1月中というタイミングがいいかもしれません。

価格の他にも維持費や各種機能なども併記してあるので、その中から自分にあった使い方・買い方ができるスマートフォンというのを選んでみてください。

スポンサードリンク

実質9,072円:Xperia A4 SO-04G

so04g

Xperia A4実質価格 FOMAから Xiから
10年未満 29,808円 19,440円
10年以上 19,440円 9,072円

過去のキャンペーン内容の記事内でも計算例として出しましたが、10年以上使っているdocomoユーザーが安く機種変更するならばこの端末がまず一番のおすすめスマホになります。実質価格が安い上に性能の良さや各種動作の安定性がこれまでのユーザー評価によってハッキリしています。

実質価格・月々サポート額はXiからの機種変更、FOMAからの機種変更で変動する仕組みですが、珍しいことにこちらのスマホはXiからの機種変更のほうが安くなっています。スマホユーザーの次の機種変更先として位置付けられています。Xiからだと通常は実質価格19,440円ですが、10年以上利用しているdocomoユーザーならばこれが9,072円へと下がります。

一応docomoのその他スマホには10年以上の利用という点を満たせば、実質0円スマホが複数選べるようになっているのですが、その実質0円スマホのほとんどがハイスペックだけど不具合が多い端末だったり、不具合も少なく安定しているもののミッドレンジ帯のスペックを抑え目の端末という形になってしまいます。ハイスペックで不具合少な目な動作の安定している安い端末になるとこのXperia A4しかない状態です。

発熱の多いSnapdragon 810を搭載したハイスペックモデルの実質0円機種よりも、ちょっと高くてもSnapdragon 801の同じく高性能SoCを使ったXperia A4のほうがストレスもなく満足度の高い契約になってくれるでしょう。

実質0円以下:AQUOS EVER SH-04G&arrows fit F-01F

sh04g

 

SH-04G,F-01F実質価格 FOMAから Xiから
10年未満 0円 10,368円
10年以上 マイナス10,368円 0円

では実質0円のスマホのなかでお得になるものにどんなスマホがあるかというと、まず挙げられるものに『ドコモの格安スマホ』としての位置付けがされているミッドレンジ帯の2機種があります。シャープのAQUOS EVER SH-04Gと富士通のarrows fit F-01Fです。

この二つは先ほどXperia A4の項目で述べた「動きが安定しているスペック抑え目機種」になります。

実質価格と月々サポートはありがとう10年スマホ割適用によって実質0円化。もしもFOMAからの機種変更の場合は更に割引が追加されることになり実質価格はマイナスになります。また一括価格自体が安いため、途中解約時などに負担が少ないのも助かる仕様でしょう。機種変更時に一括支払いすれば維持費も安くなります。

性能自体は抑え目にはなっていますが、RAMも2GBありますし解像度がHDということで、よほどの負荷のかかるゲームアプリでも起動しない限りは、動作が悪くなるということはないでしょう。FOMAからの機種変更優遇も追加でされていることからわかるように、最初に使うスマートフォンとしてや、それほどスマホに求めることが少ない方に向けたスマホという位置付けがされています。

ゲームさえしなければ快適に利用できますから、10年以上ユーザーにおすすめの低価格スマホがこの2つです。

実質0円も・・・ハイスペックモデルは様子見を

SH-04G,F-01F実質価格 FOMAから Xiから
10年未満 0円 10,368円
10年以上 マイナス10,368円 0円

10年以上の契約をしているdocomoユーザーが特に機種変更でお得になるスマホは以上の3つが今のところ定番と言えるでしょう。0円にはなりませんが、長期間使っても性能面での型落ち感を感じにくい大本命機種であるXperia A4、そして最安で実質価格がマイナスになり、元々の一括価格も安く不具合の少ない安定した廉価スマホであるAQUOS EVERとarrows fitが10年以上の長期契約者が狙うべきスマホになるでしょう。

この実質価格がマイナスかつスペック的にはハイスペックなスマホが売られています。シャープのAQUOS ZETA SH-03Gと富士通のARROWS NX SH-04Gです。こちらは一括価格こそ高いものの、10年越えユーザーが2年間使えば実質価格は0円以下になるためお得のように思われます。

確かにお得なのですが、この2つはCPUにSnapdragon 810というものを採用していて、これが実は発熱性が高くてその発熱で動作も安定しないという問題が起きてしまっている曰く付きのCPUになっています。特にARROWS NX F-04Gに関しては一時回収対象の機体がでるなどの騒ぎになりました。

シャープのSH-03Gはまだマシな評価にはなっていますが、その理由もCPUクロックを下げる=性能低下によって発熱を抑える方法を使っていて、せっかくのハイスペック機種であってもその性能を存分に発揮できないという問題点があります。それでもSH-03GはF-04Gyりもマシな方なのですが、マシな分だけ既にオンラインショップ含め在庫がなくなっており、入手は難しくなっています。

ハイスペックモデルとしてはSH-03GやF-04Gはスルーしたほうが良いでしょう。というのもdocomoはこれまで富士通やシャープのハイエンドスマホを発売から数ヵ月後に10年以上の長期利用者に対して実質0円で売る傾向があります。そのため、現在のハイエンドモデルであるAQUOS ZETA SH-01Hやarrows NX F02Hといった端末に月々サポートが増額されるのを待ったほうが、発熱や不具合に悩まされないちゃんとしたスマホを契約することが可能です。

SH-01HとF-02Hは、SH-03GとF-04Gの反省を踏まえ、発熱しやすいSnapdragon 810ではなくSnapdragon 808をCPUに採用しています。これによって安定性が向上したらしく、評価はS810モデルよりもすこぶる良いものになっています。もしもハイスペックスマホが欲しい場合でXperia A4 SO-04Gでは嫌だという場合は、もう何ヵ月か待ってSH-01HやF-02Hなどが長期優遇スマホになるのを待ったほうが良いでしょう。

 

実質0円:ガラホ・ガラケー

sh06g

スマホについては以上の内容がしばらくは10年ユーザーに適用される内容になるかと思いますが、ガラケーでも実質0円の安いモデルがあるのでそちらを確認しておきましょう。

一応種別としてはLINEもできる『ガラホ』にはなりますが、基本的な操作性やプランの内容ではガラケーと一緒のものとして使える機種にガラホであるAQUOS ケータイ SH-06GとARROWS ケータイ F-05Gというものがあります。この2つならばガラケーの中でも比較的安く契約できる実質0円機種になります、

ガラホということでLINEも使えますが、LINEを使ってしまうと毎月の維持費がスマホ並みに高額になってしまうため、基本はネットを使わずにガラケーのように運用したほうがいいでしょう。まだこの2つのモデルにはWi-FiやLTE、VoLTEといったガラケーから確実にバージョンアップしていると言える機能が搭載されておらず、ガラホとしての利用には不十分になっています。あくまでもガラケーの一つとして捉えるのがいいでしょう。

そんなガラケーとしてみると、機種変更実質0円は唯一の存在になり、安い基本プランを契約すれば低維持費で持てることになるでしょう。

FOMAからの機種変更限定ですが、これはガラケーを新調したい方におすすめです。特に契約するならAQUOSケータイのほうがより使いやすい機能が多く、評価も高くなっているのでこちらを選ぶといいでしょう。

もしも今LTE対応のXiスマホを契約していてそれをガラケーに戻したい場合は、月々サポートが適用されないので実質9,072円のSH-07Fを裏技的な契約をして月々サポートをつけるという方法が唯一の安く契約する方法です。詳しくは長くなりますので以下の記事を参照してください。

SH-07F、F-07FはXi→FOMAへ切り替えた直後でも(6ヶ月経過していなくても)月々サポートの適用が可能なフィーチャーフォン
追記:今回の方法を実行しなくても2016年10月以降のXiケータイなら問題が解決
元々ここで書かれていた記事ではFOMA契約のガラケーを契約して如何にしてスマホからの機種変更で月

以上のように10年以上のdocomo長期契約者がお得に機種変更出来て尚且つ不具合や性能などに不満点の少なくなるスマートフォンやガラケーというのをまとめてみました。

Xperia A4やAQUOS EVERは非常に評価も高く、10年以上のdocomoユーザーならば安く契約可能であり、ここには計算に入れていない「ずっとドコモ割」が適用されることによって普通のユーザーよりも安く良いスマホを契約することが出来ます。

Xperia A4 SO-04Gの機種変更はこちら

AQUOS EVER SH-04Gの機種変更はこちら

AQUOS ケータイ SH-06Gの機種変更はこちら

 

機種変更先についてはドコモオンラインショップをおすすめしています。ここなら強制加入オプション・頭金・機種変更事務手数料が全て無料になっていて、余計な金額を支払って損することがありません。ドコモショップだとこの内の最低2つは料金が発生してしまうので、それを支払ってしまうとせっかくの10年以上の長期優遇値引きが無駄になってしまいます。機種変更では何処で契約しようとしてもキャッシュバックなどは皆無のため、オンラインショップでの手数料・頭金無料契約を使って損をしない工夫が必要になってきます。

詳しくは以下の記事でメリットを書いています。

ドコモオンラインショップでの機種変更のススメ 3つの大きなメリットと契約手順について
※2017年5月4日更新

他人よりも効率的に、そして損をせずにiPhoneあるいはAndroidスマートフォンを契約するオススメの方法を今回はお伝えしましょう。

その他のspecial

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top