スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

iPhoneの画面割れ対策:Apple Care+や非正規の修理業者なら1万円ほどで解決できる

電車の中で他人のスマートフォンってついつい目に入ってきてしまいますよね。どんな端末を使っているのか、どんなアクセサリーが世の中にはあるのかついつい気になって見てしまいます。
その中でよく見かけるのが、画面の割れたiPhoneを使っている方々です。大きめのひび割れが何本か入っているiPhoneや、時には細かいヒビで粉々に近い割れた液晶でも使い続けている方も目にします。

普通は画面が割れたら修理に出すものですが、みなさんおそらく修理すると高い費用がかかるとおもっているため、画面が割れてもそのまま使い続けているのだとおもいます。
実際正規で修理に出すと、補償サービスに入ってないと結構な修理費用と暫く携帯が使えなくなるという問題があり、中々修理に出すという行動には至らないようです。

ただ、この修理費用に関しては、正しい知識を持っていれば高額な修理費用を出さなくても、割と手頃な価格で修理することが可能になります。
今回はiPhoneの画面割れについて、その修理代金がどのような方法をとれば安くすることが出来るのかを紹介したいとおもいます。

スポンサードリンク

正規の修理代金は高額

まずは正規のiPhone修理代金、Apple Storeで無保証状態でiPhoneの修理を行った場合の代金は、ピンからキリではありますが画面割れですとおよそ2万8000円前後がその料金になるかとおもいます。

iPhone4SやiPhone5のように、定価が下がっている端末だと、1万8000円前後で修理を受け付けてくれますが、iPhone5sのような最新で定価も高いものだと2万8000円でも比較的安いと言えてしまうほどの、高額な修理費用がかかる場合があります。

Apple Care+

iPhoneを契約した時にAppleの保証サービスに加入した覚えはありませんでしょうか。もしくはAppleから保証サービス加入の封筒が届いた覚えのある方は、Apple Care+への加入をしているはずです。
これは総額8400円ほどの補償加入費を数ヶ月に渡って支払っているもしくは支払っていた場合に、Appleからの修理サポートなどを低価格で受けられるというものです。
このApple Care+を使った場合は、液晶割れに対する修理費用が大きく値引きされて、7800円という無保証状態よりもはるかに安くなった料金で修理が出来ます。(最大2回まで)

もしも今iPhoneの画面が割れてしまっている場合は、自分のiPhoneがApple Care+に加入しているかどうかを調べておきましょう。場合によっては低価格で修理に出せるかもしれません。

Apple Care+の加入状況については、自分のiPhoneのIMEIを以下のサイトに入力すればわかります。
https://selfsolve.apple.com/agreementWarrantyDynamic.do

 

iPhone修理業者

今までの修理方法は公式の修理方法で、どれも中のデータが初期化され、破損状況によっては整備品への交換などがされてしまいます。
アプリデータや設定についてはiCloudへ大体のものを保存出来ますが、アプリの内部に保存されていた内容は基本消えてしまうことが多いです。そのため完璧な復元を目指すには労力と時間がかかります。

一方で、iPhoneの修理業者に頼んだ場合は、大体において内部のデータはそのままであることが多いです。フロントパネルだけの交換になるので、内部のデータをいじったり影響が出たりということはありません。もちろんバックアップしておいたほうがいいのは言うまでもないですが。
さらにフロントパネルの交換も、こうした修理業者ですと直接店へ向かえば大体30分から1時間程度で交換が済んでしまい、電話が使えなくなる時間というのがほんのわずかな間に限られるというメリットもあります。
修理費用はこちらも1万円前後です。Apple Care+に未加入の場合は、こちらの業者を使えば修理費用も安く済ませることが出来ます。

もちろん非正規の修理方法なのでデメリットもあります。
最大のデメリットは一度こうしたところで修理をしてしまうと、公式のサポートや修理が受けられなくなってしまうというところです。
液晶割れ以外の問題点が出た場合に、修理をしてもらおうとしても受け付けてもらえない可能性があります。
ホームボタンの接触不良などは、非公式の修理業者などでも可能なので問題はないのですが、内部のソフトウェアで問題が起こった時に打つ手がなくなってしまいます。こうしたデメリットをよく考えて利用してください。

iPhoneの修理業者については色々ありますが、ネットだとダイワンテレコムが有名というか安心でしょうか。それ以外だと個人事業者っぽいところが目立ちます。データを入れて修理してもらう場合には、相手側が信頼できるところかどうかを要確認が必要でしょう。
できればダイワンテレコム以外を使うならば直接店へ出向いて作業をそばで見ておくというのがいいかもしれません。
面白い店の一つに、iPhone修理キットを販売しているところもあります。自分でフロントパネルの交換などを行うため失敗する危険性はありますが、腕に自信のある方はバッテリー交換なども可能になるため覚えておくにはいい機会かもしれません。

自分で修理.com

自分で修理できるとジャンク品を修復して使えるようにすることで、一つの商売として成立するかもしれません。

 

iPhoneの画面が割れてしまった時には、このような方法が対応策として存在します。一番いいのはApple Care+に加入して7800円で修理をしてもらうことですが、それが出来ない場合は非公式な修理業者を使うのも悪く無いかと思います。特に購入から1年以上経っているようでしたら、次の機種変更を見据えて、安い修理業者へ依頼するというのが費用の節約になっていいかもしれません。
iPhoneの液晶ディスプレイが割れてしまった方は、ぜひこれらの方法から自分にあった方法で修理しておくことをおすすめします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top