スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

iPhone 8、ドコモの機種変更 値下げ価格/値段・在庫・契約後の料金プランや割引のまとめ

iPhone 8、ドコモの機種変更 値下げ価格/値段・在庫・契約後の料金プランや割引のまとめ

※10月1日10時からの新価格に対応

 

価格の安さ、指紋認証を搭載した最後のiPhoneで性能も高い、ということで今やiPhone XS以上に人気になっているiPhone 8について、契約に関する各種情報をまとめていきたいと思います。

 

iPhone 8は現在最新モデルのiPhone XSを差し置いて販売ランキングのトップに何度も躍り出るほどに人気が高くなっています。

その性能や機能といったところはもちろん、支払い負担の少ない契約が可能ということで人気の高さというのが強くなっていて、多くの方にとってiPhone XSよりも魅力的な契約に感じられているようです。

今回は特に価格や契約の面でお得で支払いの負担が軽くなっているドコモのiPhone 8の契約について、その詳細や特徴、それに安さを活かした契約の方法といったものを解説したいと思います。

iPhone 8の契約に興味を持っている方は、こちらの詳細でその契約の内容や魅力的なところというのを確認してもらえればと思います。

ドコモオンラインショップ:iPhone 8

 

おすすめ記事

 

ドコモのiPhone 8:機種変更とMNPでそこまで高くなく、在庫も確実に確保しやすい

まずはドコモのiPhone 8契約について、各種契約周りの情報をまとめていきましょう。

ドコモのiPhone 8の価格

iPhone 8(10月1日の価格変更を反映)

iPhone 8 販売価格 スマホおかえしプログラム
64GB 58,520円
(1,625円×36回)(MNPのみ11,000円引きで
47,520円に)
256GB 販売終了 販売終了

 

ドコモにおけるiPhone 8の価格は2019年6月より大きく変わりました。

これまでの月々サポートや端末購入サポートといった契約と紐づいた形の値下げというのが総務省の指導によって禁止された影響によって、大規模な値下げというのが従来と比べてできなくなっています。

そのためiPhone 8の価格は決して高くはないレベルではあるものの、安いレベルまでには落ちていないのが現状です。

従来ですと2年間の利用で実質2万円ぐらいの価格で購入することができましたが、今回の販売方式を分離プラン式に変更したことによって一括価格は7万円台からという形になってしまっています。

一応2年後にiPhone 8を返却することで残債をなくせるスマホおかえしプログラムを利用することにより、実質的な支払金額を5万円台にすることも可能ではありますが、iPhone 8の希少性を考えるとそのまま使ったり中古ショップに売却なんかをしたほうが良い可能性があります。

どのような契約・運用方法にしても約8万円から5万円の端末価格がかかるようになってしまっているのが、2019年6月からのiPhone 8となっています。

iPhoneとしては安いですが、スマホとしてはそこそこの高さを見せる点に注意しましょう。

 

※10月1日より値下げが実施されています。

これによってiPhone 8は58,520というiPhoneとしてはかなり安価な価格を実現することになっています。

Phone 11の価格なんかが高く感じられるようであれば、こちらのiPhone 8の価格は相対的にかなりコストパフォーマンスの良い金額を見せているかと思われます。

一括価格も安く、2年間の利用でも安い価格で収まっているため、この値下げ後のiPhone 8は価格的にも「買い」になっていると言えます。

従来の8万円近い価格から20,000円ほど値下げされており、この価格でiPhone 8の性能と機能、そしてiPhoneの中でも軽くてコンパクトなサイズ感を得られるというのは希少であり安いと言えます。

 

現状iPhone 8 64GB以外は入手困難となってしまっているため、64GBの価格を中心に考えていく必要があります。

防水・Apple Payに加えて指紋認証の利便性の高さ

iPhone 8は発売から1年以上が経過するスマホではあるものの、ほとんど最新モデルとそん色なく使えるiPhoneです。

  • 防水
  • Apple Pay
  • ワイヤレス充電対応

といった最新モデルでも非常に便利に使える機能はこのiPhone 8でも利用することが出来るようになっています。これら以外で大きく利用の仕方が変わるような差を生む機能というのはiPhone 8とXSの間にはなく、差としてあるのはそこまで体感としては変化しない性能差ぐらいです。

iPhone XSだと顔認証なんかも使えますが、iPhone 8の場合には顔認証よりも使いやすさを感じる、

  • 指紋認証が利用できる

というメリットがあります。慣れ親しんだ指紋認証が使えるiPhoneの中で、最も機能も性能も優れた機種と今のiPhone 8はなっているわけです。

またiPhone 8は

  • 軽い

という特性も持っています。iPhone 11やiPhone 11 Proといった機種が180gを超える結構な重量級であるのに対して、iPhone 8は150gを超えない軽さを実現しています。

この軽さはスマホを長時間使う上では重要な要素となるわけですが、それが手首や手に負担のかからないものになっているのはiPhone 8の持つ大きなメリットです。

こうした利便性の高さ・性能の良さというもの含みながら、今回の価格で契約できるというのがiPhone 8の機種変更・MNPの契約となっているわけで、ドコモのスマホ契約の中でもかなり優れた内容であるのは間違いありません。

 

iPhoneはリセールバリューも期待出来て「次の機種変更」にも役立つ

こうした契約時の安さの他に、iPhone 8の特徴として次の機種変更にも役立ってくれるというものがあります。

どういうことかというと、iPhone 8は次のiPhoneに機種変更などをしようとした際に、「売却」や「下取り」といった形でiPhone 8を手放すと、その売却金額が比較的高額になるというリセールバリューの高さというもの目立ってきます。

元々iPhone全体のリセールバリューは高いわけですが、iPhone 8のように性能も高い上に指紋認証最後の機種と言う特徴のあるスマホは、数年経過してもある程度まとまった金額の買取・下取り価格をつけてくるかと思います。

ケースやガラスフィルムを使いながら綺麗に使っていけば、次の機種変更の時に新しいスマホを安く購入することに繋がる買取・下取り価格を見せてくれる力を持っているのがiPhone 8のため、そうしたリセールバリューの高さというのも考慮するとこの価格で契約できるというのはコストパフォーマンスの良さを強く感じる魅力の高い契約であるといえます。

 

特に2019年6月の価格変更以降、中古白ロム市場におけるiPhone 8の価値というのはジワジワと回復しています。

というのも価格変更で割引が消滅したために転売目的での購入者がいなくなり、白ロムとして流れてくる数が大きく減ったことによって買取価格が下がらずにむしろ上がっていく様子を見せています。

このために今後iPhone 8を2年や3年ほど使用した後でも、その指紋認証の希少性などから一定の高額なリセールバリューというものを見せてくれることになるでしょう。

iPhone 8の価格自体は8万円を超えないものになりますが、このリセールバリューの高さが期待できるという点から売却時に2万円前後は戻ってくるということを考えると、価格としてはそこまで負担が強いものではないものとなると言えるでしょう。

 

ドコモのiPhone 8:契約後の毎月の維持費

ドコモのiPhone 8の価格についてはこのようになりますが、では実際に契約後毎月どのくらいの料金がかかってくるのかというところも詳しく見ていきましょう。

iPhone 8 64GBを契約した場合の各料金プランでの維持運用費用というのをそれぞれのプランで算出してみましたので参考にしてください。

  • 基本プラン
データ量 月額料金(税抜き) 補足
ギガホ 30GB 6,980円 規制時1Mbps
ギガライト ステップ1:~1GB 2,980円 規制時128kbps
ステップ2:~3GB 3,980円
ステップ3:~5GB 4,980円
ステップ4:~7GB 5,980円
  • オプション
通話定額オプション オプション代 通話料
通常 0円 家族間通話無料
通話料:20円/30秒
5分通話無料オプション 700円 家族間通話無料
1回あたり5分以内の通話料無料
5分超過時、通話料:20円/30秒
かけ放題オプション 1,700円 通話料無料
  • 割引関連
名称 割引内容 概要
みんなドコモ割 家族割内に
1回線:▲0円
2回線:▲500円
3回線以上:▲1,000円
家族割グループ内の音声回線数に応じて最大1,000円引き
ドコモ光セット割 ステップ1:▲0円
ステップ2:▲500円
それ以外:▲1,000円
ドコモ光へ加入している家族割グループの回線それぞれ最大1,000円引き
ずっとドコモ特典 プラチナステージ:3,000pt
4th:2,000pt
3rd:1,500pt
2nd:1,000pt
1st:500pt
新料金プラン契約ユーザーのdポイントクラブステージに応じて誕生月にdポイントプレゼント
ギガホ割 ▲1,000円引き(最大6ヶ月間) 「ギガホ」へと2019年9月30日までに契約で1,000円引きが6ヶ月間
はじめてスマホ割 ▲1,000円引き(最大12ヶ月間) ケータイから「ギガホ」「ギガホライト」契約で1,000円引き、ウェルカムスマホ割適用回線はこちらへ移行

維持費に関しても2019年6月から新料金プランが始まったことによって月々サポートなどが適用されない維持費になりました。

そのためドコモではどのスマホを購入しても維持費のベースの形は変わらないというものになっています。

ただ完全に割引がなくなったわけではなく、家族の人数や光回線とのコラボセット割によって維持費は下げることも可能になっています。

選択する回線としてはギガホかギガライトの2つというわかりやすいものになっており、そこに自分の適用可能な割引が毎月かかってきて料金が安くなる、という仕組みとなります。

 

家族回線の数と光回線以外にも後述してるdカード GOLDのような維持費節約術というのは揃っているため、今回の新プランによって最大4割値下げされた料金というものがさらに安くなることとなります。

 

dカード GOLDの組み合わせで維持費を実質値下げ

このiPhone 8の契約をさらに安くしたい場合にはdカード GOLDを用意すると良いでしょう。

dカード GOLDの持つ特典の一つである維持費から10%分をdポイントに還元する、というのが維持費が定額で変わりにくい新料金プランのギガホ・ギガライトと非常に相性がよく、そちらを使えば実質的に毎月10%割引される形でスマホを持つことができます。

詳しいメリットおよびデメリットは以下の記事で書いているので、MNPで契約する場合にはこちらを一読しておいてもらえればと思います。dカード GOLDを持つことでかなり料金を節約することが出来ます。

また機種変更でも大容量のプランで家族代表回線を運用するならば有効なアイテムになっています。

⇒dカード GOLD

 

ドコモのiPhone 8:在庫状況と予約の有効性

次はドコモのiPhone 8の手に入れ方についてを説明していきましょう。

まずはドコモオンラインショップにおけるiPhone 8の在庫状況というのを確認してみましょう。

  • 9月12日更新情報
レッド ゴールド シルバー スペースグレー
iPhone 8 64GB 在庫なし
iPhone 8 256GB 在庫なし 在庫なし 在庫なし 在庫なし
iPhone 8 Plus 64GB 在庫なし 在庫なし 在庫なし 在庫なし
iPhone 8 Plus 256GB 在庫なし 在庫なし 在庫なし 在庫なし

より最新の在庫状況はこちらの公式サイトより↓

ドコモオンラインショップ:iPhone 8

現在のドコモオンラインショップのiPhone 8の在庫状況を見てもわかるように、iPhone 8はかなり入手がしづらくなっています。

オンラインショップでは一部のカラー以外は要予約、ショップ店頭でも在庫状況は不明瞭な店も出てきており、契約がしづらくなっています。

このためドコモのiPhone 8に関しては欲しい時にすぐに契約することがしにくくなっているのに注意が必要です。

 

こちらのiPhone 8の在庫不足への対処策としては、シンプルで裏技感は全くないですがオンラインショップで予約を行って契約することが一番効果的です。

その理由としては、オンラインショップで予約を受け付けている機種に関しては、ほぼ確実に在庫を用意できる機種しか予約を受け付けていない、というものになっているので、入荷予約を行って在庫が確保されるのを待つという方法が最も確実に契約を行える方法となっています。

ドコモのiPhone 8をこれから契約しようと考えている場合は、必ず予約を行い在庫が回ってくるのを待ちましょう。待つといっても1週間前後で大体確保はされるかと思うので、そこまでじっくり待つという感覚はなく契約へ移れるはずです。

多少入荷まで時間はかかるものの、オンラインショップでの契約には後述する多くのメリットも含まれるため、予約を確保してくれる他に頭金などの問題を解決してくれます。

 

追記:2019年1月11日よりiPhone 8の在庫が一気に潤沢になったようで、64GBのレッドカラー以外は在庫がある状態になりました。

これによってこれまで予約必須だったiPhone 8がまた契約しやすいスマホになっているため、この在庫がある内の契約というのをお勧めしたい内容となっています。

現在オンラインショップならば10周年キャンペーン特典が用意されているために、普段の契約よりも特典が増えた状態で購入することができるため、在庫のあるドコモオンラインショップで契約するといいでしょう。

在庫が復活した今がチャンスです。

 

ドコモのiPhone 8:時間をかけても契約する価値のある価格の安さと性能の高さ

iPhone 8はiPhone XSに比べると画面の大きさやFace IDが使えないという点、それにAntutuで10万点近く離される性能差といったところでネガティブな比較がなされてしまいますが、

iPhone XSと比べて30gも軽い本体重量、画面は大きくない分本体サイズも持ちやすいコンパクトさ、性能差はあるといっても単体のAntutuスコアは20万点前後と十分な性能、指紋認証を搭載する最も高性能なモデル、といったiPhone XSよりもポジティブな比較箇所もあるのがiPhone 8の特徴です。

加えて防水・防塵、ワイヤレス充電、Apple Pay対応などの使いやすい機能も揃っているために、これから選ぶスマホとしては十分に性能も機能も充実して利便性の高いスマホであるのは間違いありません。

その上でiPhone XSに比べて価格は相対的に安めである、といったものが用意されているため、ドコモのiPhone 8は今からでも契約する価値は十二分にあるでしょう。

人気の高さゆえに入手のしづらさはあるものの、予約を行えるうちは在庫を確実に確保してくれるようになっているので、その辺りはしっかりと手続きを行っておけば問題ないでしょう。

機種変更、MNP共にドコモのスマホの中でも契約しやすい価格ではあるのがiPhoneとなっているので、安くて高性能なiPhoneを求めている方は予約もできなくなってしまう前に契約に動くようにしてください。

ドコモオンラインショップ:iPhone 8

 

同じく安価になっているiPhone XRの情報はこちら。

iPhone XR、ドコモの機種変更 値下げ価格・契約後の料金や割引のまとめ

またiPhone 11も意外なお得さを見せています。

iPhone 11、ドコモ 機種変更の価格の安さ・料金プランの維持費や割引まとめ

機種変更なら頭金のないオンラインショップ


なお今回もしも契約をするならドコモオンラインショップを利用することをおすすめします。なぜならオンラインショップでは場合によっては12,000円以上お得に契約することが出来るからです。

また待ち時間や契約時間といったものにも悩まされず契約できるので、その辺りの時間の使い方についてもメリットのある契約が出来ます。

 

なぜドコモオンラインショップを利用すると安くなるのかというと以下の5つのメリットが用意されているからです。

  • 頭金が端末にかからない
  • 事務手数料が0円
  • 待ち時間がなく契約完了まで5分程度
  • 自宅への配達やドコモショップへ配達してくれて無料で初期設定
  • チャットサポート完備でプラン相談などが可能

こうしたメリットがあるためにドコモオンラインショップでの契約というものを勧めています。

頭金と事務手数料は特にドコモオンラインショップのメリットとなるポイントです。頭金は5,000円ほど、事務手数料は最低でも2,000円かかる支払いですが、そうした支払いがオンラインショップでは無料になるため、そこは本当に大きなメリットとなっています。

他にもオンラインショップでは手続き全般がネット上で冗談ではなく2,3分で終わらせることが出来るようになっていて、時間的な浪費というのがかなり少なくなっています。どこからでも申し込み可能でありながら、時間が全くかからず契約できるのはオンラインの大きな魅力です。

さらに最近ではチャットサポートも実施することによって相談窓口というのも設置することが出来ており、オンライン契約の不安点であるプランや端末の疑問点が解決できない、という問題が解消しています。

 

オンラインショップではそのメリットとして頭金と事務手数料分お得に契約できるという特徴を持っています。そしてそれ以外にも時間をかけず(メンテナンス時間以外は)24時間いつでも申し込みをすることができる簡単さというのもありますし、サポートも充実しだしたという良さもあります。

こうした理由からオンラインショップは契約をするのにおすすめすることが出来るわけです。

せっかく安いスマホを契約するのですから、安いままの料金で契約するようにした方がお得になるのは間違いないため、特に機種変更のような頭金の付けられやすい契約はオンラインショップで契約したほうがお得になります。

ドコモオンラインショップ:iPhone 8

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top