スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ドコモiPhoneの安売り「一括・実質・docomo withの格安iPhone」は5月まで

ドコモiPhoneの安売り「一括・実質・docomo withの格安iPhone」は5月まで

ドコモがiPhoneで実施している端末購入サポート契約・月々サポート契約・docomo with契約での安売りというものの終了期限が迫ってきました。

6月以降のドコモの完全分離プランの元では定価の値下げ等をAndroidでは実施する可能性はありますが、iPhoneの場合にはこれが難しくなると思われるため、安く一括や実質価格で契約したりdocomo withを適用させたお得な契約というのはこの5月で終了することになりそうです。

実際のところ6月の新価格を見るまではわからないものの、5月の時点の安さを割引や端末購入補助系の施策がない状態では作ることは難しいことが予想されるため、5月までのこの価格での契約をしてしまうというのもiPhoneの端末を安く購入したいのなら賢い選択の一つになるかと思われます。

今回は5月に終了予定となるドコモの3つのiPhone契約、特に安売りに特化した契約というものをおさらいしておこうと思います。

関連記事

スポンサードリンク

端サポ・月サポ・docomo withの受け付けは5月末まで

あらためて確認をしておきますが、今ドコモのiPhoneに用意されている端末購入サポートや月々サポート、それにdocomo withといったスマホの端末代や通信料といったものを割り引いてくれるサービスは、5月中に対象のスマホを契約しないと今後新たにそれらを適用することが出来ません。

6月以降は割引付きの価格というものはなくなり、基本的にはスマホ端末は定価で購入することになります。

一応スマホ端末が定価で高くなってしまう分、新プランを選べば通信料が安くなるというのがドコモの新たな分離プランの内容になっています。

スマホ自体は安くならなくなるものの、維持費は少し安くなるというのが6月からの変化です。

そのためもしもスマホを安く契約できる形で機種変更をしたいという場合にはこの5月までに契約を行っておく必要があります。でないとプランが安くなってスマホが高くなる、という契約しか6月以降は出来なくなってしまいます。

これらを踏まえた上で5月までに契約を考えておきたい「iPhoneの安売り」というのをまとめてみました。

機種変更実質19,440円のiPhone 8

iPhone 8
販売価格 88,776円
月々サポート ▲2,889円×24回
実質価格 19,440円

機種変更において月々サポートを利用した24ヶ月の利用を前提とした実質価格で、「19,440円」という価格を用意しているのがiPhone 8の契約です。

こちらは機種変更で安く契約できるiPhoneということで長い間非常に人気の高い契約になっていましたが、いよいよ6月からは契約することができなくなってしまいます。

端末価格自体は約9万円ほどになりますが、毎月2,800円以上の月々サポートが適用されることによって実質的な価格というものが2万円以下という価格になっています。

値下げされにくいiPhoneという機種において非常に高額な割引が適用されることによって安くなっているため、機種変更で安く契約したい・それもiPhoneを契約したいという方に強くおすすめできる一台です。

指紋認証が可能なモデルでは最も高性能かつ高機能なiPhoneとなるため、従来のホームボタン付きモデルを使い続けたいという方にとっては長く愛用することのできるスペックを有した機種になることでしょう。

月々サポートのため2年間カケホーダイ系のプランを継続し続ける必要があり、新プランへの変更というものは大分先になってしまいますが、今後新たにスマホの機種変更をしようという場合には月々サポートを維持したまま取り替えることができるため、もしも新しいiPhoneに興味を持ったとしても割引自体は2年間そのまま引き継げるというメリットが用意されています。

機種変更で契約できるiPhoneとしてはお得なのはもちろん高性能なモデルを手に入れることができる内容となっているので、長期間快適に使い続けるのであればこちらの実質契約を5月中に行うことを勧めます。

ドコモオンラインショップ:iPhone 8

 

詳しい内容はこちらの記事で。受付期間も残り僅かなのでご注意を。

※月々サポートでの実質価格は24ヶ月間契約を続けた場合の想定価格となります。途中で解約や新料金プランへの変更をしてしまうと月々サポートが終了してしまうため、今回挙げている実質価格での購入というのは出来なくなってしまうために注意してください。

新規一括25,920円のiPhone XR、学割で280円運用も

iPhone XR 64GB
販売価格 98,496円
端末購入サポート+iPhoneデビュー割+オンラインショップスペシャル特典 ▲72,576円
一括価格 25,920円

条件としては「新規契約」のみでMNPや機種変更は契約内容が異なる、というちょっと対象ユーザーが少ない内容になりますが「iPhone XRの新規一括25,920円」の契約は最新性能を持ったiPhoneを安く購入することができる契約として価値が高いです。

iPhone XRが一括25,920円というのは相当に安価な契約であるはずです。端末購入サポートと新規契約、それにオンラインショップの5,184円引きが条件とは言え、Antutu30万を余裕で超える高性能iPhoneがこの価格で契約できてしまうというのは破格でありお得です。

新規で回線追加をする余裕がある方、新しい電話番号に変わっても支障がない方(主に学生ユーザー?)なんかには5月中に是非とも契約してもらいたいスマホになっています。

また25歳以下のユーザーであるならばちょうど5月末までドコモの学割も受け付けているため、そちらの適用をiPhone XRの一括契約と同時に行うことができます。

こちらの学割を適用すると、端末購入サポートの14ヶ月縛りとほぼ同じ期間1,500円引きを適用できるために、子回線運用時には最安の月額で280円の料金で使うことができるようになります。

iPhone XRを一括25,920円で契約できるというだけでも安いですが、学割対象の年齢であれば維持費も大幅な割引が追加された状態で利用できるものになるという本当にお得な契約が可能になります。

14ヶ月の縛り期間と学割の割引が終わったら新プランへの切り替えというのもできるため、維持費が常に安い状態で契約を行うことができるようになっている点も契約として魅力の高いものになっています。

新規のみが対象ですが、学生を中心に5月26日までに契約してもらいたいお得な格安iPhoneの筆頭になっています。

ドコモオンラインショップ:iPhone XR

 

詳しい内容はこちらの記事で。新規の契約には審査と時間が長くかかってしまうため、オンラインショップで契約を行う際には26日までに契約を済ませておく必要があります。

※端末購入サポートの契約は14ヶ月間の縛りが発生します。その縛り期間内に解約や新料金プランに切り替えてしてまうと、値下げ相当分の契約解除料の追加支払いを行わないといけなくなります。そのためiPhone XR契約後14ヶ月は同じプランで使い続ける必要がありますので注意してください。

docomo withで永年280円運用可能なiPhone 7

iPhone 7
販売価格 42,768円
docomo with ▲1,620円×新プラン移行まで

分離プラン導入後、6月以降のドコモのスマホ購入において一つ特徴的なポイントとして「今までの割引を引き継げる」というものがあります。

6月以降はスマホの購入と回線の契約が分離をするため、スマホ購入をする際にこれまでのように月々サポートが上書きされて消えてしまったりすることがありません。割引を引き継いだままに新たな端末購入を行うことができるようになっています。

そうした特徴が6月以降のドコモのスマホ機種変更にはあるため、「1,500円の割引がずっと続く」という特徴を持った割引であるdocomo withを持った回線がある場合には長期的な視点からお得な運用というものが可能になってきます。

今後新しい機種購入をする場合に、新プランへ移行せずdocomo withを使い続けることができるために、5月中にdocomo withへと契約して割引を付与しておくというのは賢い選択の一つになるかと思います。

そんなdocomo withが適用することが可能なiPhoneの契約がiPhone 7で用意されているため、新プラン以外の形で長期的な格安運用を目指したい場合には複数回線こちらを契約しておくと良いでしょう。

iPhone 7自体が今の時点でもそこそこ長く利用することができる性能をもっていますし、docomo withが適用されることによって次の買い替え時期においても安い維持費のままに新しい機種を利用することができるようになります。

3年4年の長期的視野での運用計画において、こちらのiPhone 7 docomo with契約というのは非常に役立ってくれる存在になるためにおすすめすることができます。

ドコモオンラインショップ:iPhone

 

docomo withのメリットについてはこちらの記事辺りで確認してください。

受付停止前なので余裕を持って5月中に契約を

6月からの新プランおよび端末の販売価格というのも出ている情報を見る限りは決して悪いものではないものの、iPhoneの価格設定といったところの情報がまだなく、安くなるという希望もあまりないために5月の端末安売り期間に契約しておくというのはiPhoneが欲しい方であれば正しい判断かと思います。

機種変更での実質価格が安い機種だけでなく、学割向けの一括最新モデル、長期割引も期待できるdocomo with対象モデルといった契約として魅力のある3つが用意されているため、自分や家族に合った契約というのを組み合わせることができると思います。

これらの割引付き契約は5月31日までの受付となっているため、契約はお早めに。特に頭金0円などのメリットがあるオンラインショップで契約する場合だと、審査や思わぬ不備に対応するためにも日数に余裕を持った形で契約を済ますようにしてください。新規とMNPに関しては明確に26日までと期限が決まっています。

6月以降は新たにdocomo withや月々サポートが適用された契約というのはできなくなってしまうため、5月中の契約が必須となっています。

 

 

とりあえず契約する場合は頭金と事務手数料がかからないオンラインショップ優先で。もしも新規のiPhone XRの契約が間に合わない時なんかには店頭での契約をするようにしましょう。その際には頭金がなるべく少ない所を探すようにしないとお得さが失われてしまいます。

なぜドコモオンラインショップを利用することをおすすめするのかというと以下の5つのメリットが用意されているからです。

  • 頭金が端末にかからない
  • 事務手数料が0円
  • 待ち時間がなく契約完了まで5分程度
  • 自宅への配達やドコモショップへ配達してくれて無料で初期設定
  • チャットサポート完備でプラン相談などが可能

こうしたメリットがあるためにドコモオンラインショップでの契約というものを勧めています。

頭金と事務手数料は特にドコモオンラインショップのメリットとなるポイントです。頭金は5,000円ほど、事務手数料は最低でも2,000円かかる支払いですが、そうした支払いがオンラインショップでは無料になるため、そこは本当に大きなメリットとなっています。

他にもオンラインショップでは手続き全般がネット上で冗談ではなく2,3分で終わらせることが出来るようになっていて、時間的な浪費というのがかなり少なくなっています。どこからでも申し込み可能でありながら、時間が全くかからず契約できるのはオンラインの大きな魅力です。

さらに最近ではチャットサポートも実施することによって相談窓口というのも設置することが出来ており、オンライン契約の不安点であるプランや端末の疑問点が解決できない、という問題が解消しています。

 

オンラインショップではそのメリットとして頭金と事務手数料分お得に契約できるという特徴を持っています。そしてそれ以外にも時間をかけず(メンテナンス時間以外は)24時間いつでも申し込みをすることができる簡単さというのもありますし、サポートも充実しだしたという良さもあります。

こうした理由からオンラインショップは契約をするのにおすすめすることが出来るわけです。

せっかく安いスマホを契約するのですから、安いままの料金で契約するようにした方がお得になるのは間違いないため、特に機種変更のような頭金の付けられやすい契約はオンラインショップで契約したほうがお得になります。

※ドコモオンラインショップは5月31日の夜からメンテナンス作業に入るため、それまでに契約を済ませるようにしてください。

ドコモオンラインショップ:iPhone

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top