スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

iPhone XR、ドコモの機種変更 値下げ価格・契約後の料金や割引のまとめ

iPhone XR、ドコモの機種変更 値下げ価格・契約後の料金や割引のまとめ

※9月14日の大幅値下げ価格を反映

 

iPhone 11やiPhone 11 Proの価格が高額になることが予想される中で、価格の値下げが何度か行われて「高性能なのに高すぎる価格にはなっていないiPhone」として契約しやすくなったiPhone XRの契約に関する各種情報をまとめていきたいと思います。

 

iPhone XRはiPhone XSと同程度の非常に高い性能を持ったiPhoneでありながら、価格は3分の2ほど安く購入できるようになっているお買い得なモデルです。

その性能も機能もほとんどiPhone XSと同等になっていながら、支払い総額で比較した時に相対的に軽い負担内容になってくれるiPhoneとなっています。

ハイエンドタイプのiPhoneでは唯一10万円を下回る価格を付けており、3年以上使うことを考えた時に性能の高さと価格の負担の軽さのバランスがとれたコストパフォーマンスに優れたiPhoneがiPhone XRと言えます。

 

今回はこうした価格や契約面でお得で支払い負担の軽くなっており、性能面でも十分すぎる特徴を持ったドコモのiPhone XRについて、その契約や価格の詳細、それに安さを活かした形での契約の方法といったところを解説したいと思います。

iPhone 11 Proにそこまで魅力を感じない、長く使える性能を持っていれば安いiPhoneの方が良いという方にとっては、かなり魅力的なものを持っているのがiPhone XRとなっているために今回の記事でその魅力を感じてもらえればと思います。

ドコモオンラインショップ:iPhone XR

おすすめ記事
スポンサードリンク

ドコモのiPhone XR:最高峰の性能を持ったモデルで10万円を超えない価格

まずはドコモのiPhone XRの価格や契約情報、それに性能に関しての情報をまとめていきましょう。

ドコモのiPhone XRの価格

64GB 128GB 256GB
販売価格 73,872円 81,648円 93,312円
24回分割価格 3,078円
×24回
3,402円
×24回
3,888円
×24回
36回分割価格 2,052円
×36回
2,268円
×36回
2,592円
×36回
スマホおかえしプログラム適用価格 49,248円
(2,052円×24回)
54,432円
(2,268円×24回)
62,208円
(2,592円×24回)
iPhone XR iPhone XS iPhone XS Max iPhone 8 iPhone 7
容量別販売価格比較 73,872円
64GB
128,304円
64GB
141,912円
64GB
66,096円
64GB
42,768円
(32GB)
81,648円
128GB
93,312円
256GB
147,744円
256GB
161,352円
256GB
147,744円
512GB
161,352円
512GB

価格表についてはドコモのiPhone XRの価格と共にその他のドコモiPhoneの価格とも比較する形で表記しています。

この価格の比較を見てみると、iPhone 8やiPhone 7といった大分型落ちとなるモデルの価格と比較した時には高いですが、iPhone XSシリーズと比較をすると抑えられた価格であるのがわかります。

性能としてはiPhone XSと一緒の高性能モデルでありながら、10万円以下のモデルが2つあるということで性能比で考えた時のコストパフォーマンスというのが他のiPhone XSのような機種に比べて優れているのがわかります。

10万円以下と他のiPhoneに比べて負担は低いものの、単体としてはやはり高く感じてしまうものになっていますが、後述するリセールバリューや長期間利用できる性能というのも従来の2年ほどから3年4年と長く使えるものになっていますし、分割支払いも36回払いまでに対応しているために、長期的な視点で見た時にはそこまで高額な買い物にはならない仕組みを持っています。

2年後にiPhone XRを返却する形のおかえしプログラムを利用すると、62,208円~という実質的な価格での契約というのも可能です。

 

※9月14日からの値下げによって、なんと3モデル全てが10万円以下に。

それどころか最安モデルでは73,872円なんていう驚愕の安さを実現することが出来ました。これは間違いなくコスパが良いです。

iPhone XSと同じ性能、2019年のAndroidのSoCのSnapdragon 855に匹敵する高性能を持ったiPhone XRが73,872円から契約できるというのは本当に安さを感じる値下げです。

値下げ前は若干価格の高さを感じましたが、こちらの値下げ後はむしろコスパの良さといったものが非常に目立っており、万人におすすめできるドコモのiPhoneとなっています。

良い買い物が出来る非常にお得な契約へと進化しているため、長く使える高性能なiPhoneを契約したかった方、ゲーム向けのiPhoneを安く欲しかったという方には断トツでおすすめできるkしユニなりました。

 

ドコモオンラインショップを中心に人気の高いのは64GBと128GBといった10万円を超えないモデルです。こちらは10万円を超えないということで心理的なハードルが低いのはもちろんですが、割賦審査が詳細審査に切り替わる10万円というラインに達していないというのも地味にポイントです。

詳細審査に入ると割賦をの審査落ちで分割契約を組めないという方も、簡易審査で済む10万円未満の64GBと128GBは契約しやすいものになってくるでしょう。

 

iPhone XRの価格としてはこのような内容になっています。

ドコモオンラインショップ:iPhone XR

 

以下ではこの価格で購入できるiPhone XRがどんな性能や機能を持っているのかというのを軽く確認をしていき、この価格に見合ったスマホなのかということを見ていきましょう。

性能はiPhone XRと同じ

まずiPhone XRはiPhone XSとの価格差として4万円近くあるにも関わらず、性能自体はiPhone XSとほぼ同等に近いという非常に高い性能を持っています。

iPhone XRの性能はAntutuでの測定において34万点。

これはiPhone XSとスペック面で同等ということもありほぼ似通った数字となり、Androidとの比較においてもGalaxy S10+やXperia 1といった2019年の最新モデルとも性能面では匹敵するものになっています。

iPhone XR Galaxy S10+
Snapdragon 855
iPhone XS Max Xperia 1
総合スコア 342015 362804 355329 358473
CPU 122257 119628 131994 120902
GPU 146340 157632 149627 157088
UX 64313 73416 62857 69252
MEM 9105 12128 10851 11231

このためiPhone XRは10万円以下で買えるハイエンドモデルという位置づけとなっています。

iPhone XSとの違いは有機ELディスプレイで少しベゼルが太く、シングルカメラといったところぐらいしかなく、スマホとしての性能やゲームアプリの処理能力などの基本性能の部分はiPhone XSと同等です。

価格差として5万円近い差がある中で、長期間利用できるだけの非常に高い性能を有しているのがiPhone XRとなっており、割と世間の評価においては過小評価されているのがわかります。

カメラはシングルカメラも、十分すぎる実力

大きな違いとなるカメラも望遠レンズがないのと深度測定機能がないだけでズームを多用しない場合には大きな影響は与えません。

実際に撮った写真を見てもかなり綺麗に撮れるカメラであるのは確認してもらえると思います。

日中の写真はもちろん夜景に対しても結構強いため、あらゆるシーンで高い撮影能力を見せてくれます。

どうしても望遠レンズでの写真を撮りたいということでなければ、あえて高いiPhone XSを選ぶ理由というのはなくなってくるかと思います。

これだけの写真が撮れるカメラを持ち、iPhone XS同等の性能という2年はおろか3年4年と安心して使える機種であるのがiPhone XRであり、そうしたスマホが10万円以下で購入できるというのは非常に魅力的であると言えます。

iPhoneはリセールバリューも高いので2年後3年後の「次の機種変更」時にも役立ち実質的に安い

こうした性能面で非常に安心して使うことができ、価格のことを考えたらコストパフォーマンスの高さを感じさせる契約というものが実現しているiPhone XRですが、更にコスパの良さを感じさせる要素があります。

それがリセールバリューの良さです。

リセールバリューとは要は中古で売った時に高く買い取ってもらえるかどうかといったもので、この中古の買取価格がiPhoneは全体的に高めになっているため、将来的に売却することを考えた時にある程度利用してても高額な買取金額を付けることが予想されます。

iPhone XR自体は買取が高額になるのが128GBからという点に注意しておきたいですが、リセールバリューが大崩れしないという点についてはiPhoneシリーズということもあり安心できるポイントです。

2年後3年後となると流石に買い取り価格は落ちるでしょうが、しっかりと綺麗な状態で使えば売却時に2万円近い売却益を得ることができます。

そうした時にその売却した金額を利用して次の機種変更を安く行うことができますし、iPhone XRの購入費用を実質的に下げるという考え方もできるようになっています。

このリセールバリューの良さもiPhone XRをコスパの良い契約にしてくれる一要素になるでしょう。

 

ドコモのiPhone XR:契約後の毎月の維持費

ドコモのiPhone XRの価格や性能については上記のようになりますが、では実際に契約後毎月どのくらいの料金がかかってくるのかというところも詳しく見ていきましょう。

iPhone XRを契約した場合の各料金プランでの維持運用費用というのをそれぞれのプランで算出してみましたので参考にしてください。

  • 基本プラン
データ量 月額料金(税抜き) 補足
ギガホ 30GB 6,980円 規制時1Mbps
ギガライト ステップ1:~1GB 2,980円 規制時128kbps
ステップ2:~3GB 3,980円
ステップ3:~5GB 4,980円
ステップ4:~7GB 5,980円
  • オプション
通話定額オプション オプション代 通話料
通常 0円 家族間通話無料
通話料:20円/30秒
5分通話無料オプション 700円 家族間通話無料
1回あたり5分以内の通話料無料
5分超過時、通話料:20円/30秒
かけ放題オプション 1,700円 通話料無料
  • 割引関連
名称 割引内容 概要
みんなドコモ割 家族割内に
1回線:▲0円
2回線:▲500円
3回線以上:▲1,000円
家族割グループ内の音声回線数に応じて最大1,000円引き
ドコモ光セット割 ステップ1:▲0円
ステップ2:▲500円
それ以外:▲1,000円
ドコモ光へ加入している家族割グループの回線それぞれ最大1,000円引き
ずっとドコモ特典 プラチナステージ:3,000pt
4th:2,000pt
3rd:1,500pt
2nd:1,000pt
1st:500pt
新料金プラン契約ユーザーのdポイントクラブステージに応じて誕生月にdポイントプレゼント
ギガホ割 ▲1,000円引き(最大6ヶ月間) 「ギガホ」へと2019年9月30日までに契約で1,000円引きが6ヶ月間
はじめてスマホ割 ▲1,000円引き(最大12ヶ月間) ケータイから「ギガホ」「ギガホライト」契約で1,000円引き、ウェルカムスマホ割適用回線はこちらへ移行

維持費に関しても2019年6月から新料金プランが始まったことによって月々サポートなどが適用されない維持費になりました。

そのためドコモではどのスマホを購入しても維持費のベースの形は変わらないというものになっています。

ただ完全に割引がなくなったわけではなく、家族の人数や光回線とのコラボセット割によって維持費は下げることも可能になっています。

選択する回線としてはギガホかギガライトの2つというわかりやすいものになっており、そこに自分の適用可能な割引が毎月かかってきて料金が安くなる、という仕組みとなります。

 

家族回線の数と光回線以外にも後述してるdカード GOLDのような維持費節約術というのは揃っているため、今回の新プランによって最大4割値下げされた料金というものがさらに安くなることとなります。

 

dカード GOLDの組み合わせで維持費を実質値下げ

このiPhone XRの契約をさらに安くしたい場合にはdカード GOLDを用意すると良いでしょう。

dカード GOLDの持つ特典の一つである維持費から10%分をdポイントに還元する、というのが維持費が定額で変わりにくい新料金プランのギガホ・ギガライトと非常に相性がよく、そちらを使えば実質的に毎月10%割引される形でスマホを持つことができます。

詳しいメリットおよびデメリットは以下の記事で書いているのでこちらを一読しておいてもらえればと思います。dカード GOLDを持つことでかなり料金を節約することが出来ます。

⇒dカード GOLD

 

ドコモのiPhone XR:上位モデルの性能を安く使える特徴があり3年近く運用するのに適した良コスパ機種

ここまでの説明のように、iPhone XRは価格がそこまで高いものにならずに支払い負担が軽めのハイエンドiPhoneとなっています。

iPhone XSと同等の性能、カメラもシングルカメラになってはいますが望遠以外のところでは全く不満のない綺麗な写真を撮ることができ、それでいて価格がその他のモデルと比べても安いというコストパフォーマンスの高さを見せているのがiPhone XRの特徴です。

防水やワイヤレス充電、Apple Payや顔認証機能など基本的な機能を全てそろえたモデルでもあり、こちらを買っておけば性能面でも機能面でも不足を感じることなく2年3年はたまた4年と使い続けることが出来る素晴らしい買い物になってくれるのは間違いありません。

iPhone 8よりも大画面で動画やWebサイトの視聴に適したものになっており、ビデオ撮影や写真編集なんかも楽しめる1台として強いものになっているでしょう。

再評価されたことによってリセールバリューも用意されており、こちらは今後数年は安定していくものになるでしょう。

販売価格が非常に高くなっているiPhone XSやiPhone 11 Proといったモデルとそこまで主要性能・主要機能が変わらないにもかかわらず、10万円以下で購入できるというのはコストパフォーマンスが良く、高性能なiPhoneとして非常に魅力的な契約になっています。

機種変更の中ではiPhone 8に並ぶ契約のしやすい価格を付けたiPhoneとなっているので、高性能・高機能なiPhoneを負担を少なく契約したいのならばこちらのiPhone XRはおすすめです。

ドコモオンラインショップ:iPhone XR

なおiPhone 8の情報はこちらになります。

iPhone 8、ドコモの機種変更/MNP値下げ価格・在庫・契約後の料金や割引のまとめ

機種変更なら頭金のないオンラインショップ


なお今回もしも契約をするならドコモオンラインショップを利用することをおすすめします。なぜならオンラインショップでは場合によっては12,000円以上お得に契約することが出来るからです。

また待ち時間や契約時間といったものにも悩まされず契約できるので、その辺りの時間の使い方についてもメリットのある契約が出来ます。

 

なぜドコモオンラインショップを利用すると安くなるのかというと以下の5つのメリットが用意されているからです。

  • 頭金が端末にかからない
  • 事務手数料が0円
  • 待ち時間がなく契約完了まで5分程度
  • 自宅への配達やドコモショップへ配達してくれて無料で初期設定
  • チャットサポート完備でプラン相談などが可能

こうしたメリットがあるためにドコモオンラインショップでの契約というものを勧めています。

頭金と事務手数料は特にドコモオンラインショップのメリットとなるポイントです。頭金は5,000円ほど、事務手数料は最低でも2,000円かかる支払いですが、そうした支払いがオンラインショップでは無料になるため、そこは本当に大きなメリットとなっています。

他にもオンラインショップでは手続き全般がネット上で冗談ではなく2,3分で終わらせることが出来るようになっていて、時間的な浪費というのがかなり少なくなっています。どこからでも申し込み可能でありながら、時間が全くかからず契約できるのはオンラインの大きな魅力です。

さらに最近ではチャットサポートも実施することによって相談窓口というのも設置することが出来ており、オンライン契約の不安点であるプランや端末の疑問点が解決できない、という問題が解消しています。

 

オンラインショップではそのメリットとして頭金と事務手数料分お得に契約できるという特徴を持っています。そしてそれ以外にも時間をかけず(メンテナンス時間以外は)24時間いつでも申し込みをすることができる簡単さというのもありますし、サポートも充実しだしたという良さもあります。

こうした理由からオンラインショップは契約をするのにおすすめすることが出来るわけです。

せっかくコスパの良いスマホを契約するのですから、そのコスパの良さのままの料金で契約するようにした方がお得になるのは間違いないため、特に機種変更のような頭金の付けられやすい契約はオンラインショップで契約したほうがお得になります。

ドコモオンラインショップ:iPhone XR

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top