スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ドコモも定価値下げ開始!Snapdragon 845搭載のAQUOS R2やGalaxy S9、それにiPhoneが2万円程度値下がり

ドコモも定価値下げ開始!Snapdragon 845搭載のAQUOS R2やGalaxy S9、それにiPhoneが2万円程度値下がり

 

分離プラン導入以降、auやSoftBankでの値下げの基本となっている「定価値下げ」といったものが遂にドコモでも実施されるようになりました。

 

 

7月19日よりドコモでは分離プラン変更後初めてのスマホ価格の変更が入ります。

こちらの内容がauやSoftBank同様に結構強烈なインパクトを見せる定価値下げという形になっており、準最新のSoCを使った高性能モデルがそこらの中古白ロム並みに安く契約できるようになります。

Snapdragon 845搭載のAndroidや一部のiPhoneといったものが安くなっており、今回の値下げ自体はもちろんですが今後もこうした定価値下げがされるであろう、ということが示された値下げにもなっているので、今回の変更内容は今後のためにもしっかりと確認をしておきたい内容になっているので紹介します。

 

おすすめ記事
スポンサードリンク

7月19日:5機種が定価値下げ、4機種がスマホおかえしプログラム対象の高性能モデル

さっそく今回値下がりすることとなったスマホとその価格についてをまとめておいたので確認をしてください。

7/19~価格 スマホおかえしプログラム実質価格
iPhone XS 512GB 153,576円
(4,266円×36回)
102,384円
iPhone XS Max 512GB 167,184円
(4,644円×36回)
111,456円
Galaxy S9 SC-03K 66,096円
(1,836円×36回)
44,064円
AQUOS R2 SH-03K 56,376円
(1,566円×36回)
37,584円
LG Style L-03K 27,216円
(756円×36回)

iPhone XSシリーズの512GBがそれぞれ値下げ。ただしこちらに関しては元々の価格が高すぎるためにそこまで大きなインパクトはないでしょうか。

今回の値下げでインパクトの強いのはSnapdragon 845を搭載した高性能AndroidとなるGalaxy S9とAQUOS R2の値下げでしょう。

月々サポートや端末購入サポートといった値引き施策が使えなくなったことで、端末価格の高騰化で中々手を出せる安価なスマホというものがありませんでしたが、Galaxy S9の一括66,096円やAQUOS R2の一括56,376円というのは今のドコモにおいては非常に買いやすい価格であり、性能面でもお得に感じさせるコストパフォーマンスの良さというものがあります。

 

スマホおかえしプログラムも利用することができるため、そちらを使えば4万円台・3万円台での運用というものをすることができる安さを実現します。

スマホおかえしプログラムについては2年後の返却が必要にはなりますが、本命でのりかえたいスマホがない時に「繋ぎ」で使うスマホとして準最新のモデルを安価に利用することができるため、そうした用途での利用なんかに効果を発揮してくれる施策となっています。

 

とにかく高性能モデルが定価が下がるという形で安くなったため、今回の値下げは安くて良いスマホが欲しかった方には嬉しい知らせになるでしょう。

 

また地味にLG Styleの価格も3万円を切る形でドコモスタンダードモデルとしては最安の価格に。docomo withという大きなメリットは失われていますが、Snapdragon 450の割に結構キビキビと動くスマホになっており、日本向けの機能というのも揃えられている機種となっているので、ギガライト辺りのプランと組み合わせてライトユーザー向けに利用するスマホとしては中々良い価格付けになっています。

 

こちらの価格の反映は7月19日の10時からとなっています。

 

今回の値下げによってSnapdragon 845スマホが安くなって契約しやすい価格になったという点以上に、ドコモでも型落ち機種には定価を安くする形の値下げというものが実施されるというのを確認できた点が最大の収穫になるでしょう。

auの43,200円のXperia XZ3や、SoftBankの57,120円のGoogle Pixel 3といったインパクトの強い値下げというものが今後はドコモでも出てくることになりそうです。

今回のGalaxy S9やAQUOS R2、それにiPhone XSとLG Styleの値下げも十分に魅力的ですが、今後も同様に公式の定価値下げというものが行われてくれば各々の「欲しかったあの機種」が安く一括購入できることになるでしょう。

そちらも期待できるということも含めて、今回の値下げには嬉しい点が多いものになっています。

 

値下げ機種の契約はいつものようにドコモオンラインショップで。

頭金0円や事務手数料0円のメリットと共に契約することが可能です。ただし現在そこまで在庫が多いようではないために、もしもこちらで契約したい場合にはお早めに。

ドコモオンラインショップ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top