スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

au iPhone 11 Proの価格/値段と料金プラン、安く契約できるキャンペーン情報

au iPhone 11 Proの価格/値段と料金プラン、安く契約できるキャンペーン情報

auのiPhone 11 Proに関する情報が大分出てきたのでそちらをこちらの記事でまとめてみたいと思います。

ここではauの

  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max,iPhone 11の価格情報
  • auの料金プランの概要
  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max,iPhone 11を安くお得に契約する方法・キャンペーンの情報

といったものをまとめています。

 

auオンラインショップ

au iPhone 11 Pro/11 Pro Max,iPhone 11の価格

9月20日から発売されるiPhone 11 Pro/11 Pro Max,iPhone 11の価格が発表されているのでそちらをまずは確認していきましょう。

  • iPhone 11 Pro
販売価格 auアップグレードプログラムEX/DX
iPhone 11 Pro 64GB 124,992円
(2,604円×48回)
62,496円
(2,604円×24回)
256GB 141,984円
(2,958円×48回)
70,992円
(2,958円×24回)
512GB 167,472円
(3,489円×48回)
83,736円
(3,489円×24回)
  • iPhone 11 Pro Max
販売価格 auアップグレードプログラムEX/DX
iPhone 11 Pro Max 64GB 137,808円
(2,871円×48回)
68,904円
(2,871円×24回)
256GB 156,096円
(3,252円×48回)
78,048円
(3,252円×24回)
512GB 181,584円
(3,782円×48回)
90,792円
(3,782円×24回)
  • iPhone 11
販売価格 auアップグレードプログラムEX/DX
iPhone 11 64GB 88,992円
(1,854円×48回)
44,496円
(1,854円×24回)
256GB 94,608円
(1,971円×48回)
47,304円
(1,971円×24回)
512GB 107,424円
(2,238円×48回)
53,712円
(2,238円×24回)

販売価格はSoftBankを意識しているのを感じられ、SoftBankよりほんの少し安い価格にしようとしてキリの悪い価格というのが全体的に目立っているのが感じられます。

買いやすい価格なのはiPhone 11でしょうか。同時期にiPhone XRが機種変更でも2万円引きという扱いを受けていますが、そちらとの価格差が約15,000円ほどになっています。

15,000円差ならばiPhone XRよりもiPhone 11を選ぶ、というのもカメラ性能やゲーミング性能といったところを見た時に前向きに考えてよい価格差かと思います。

iPhone 11 Proに関してはアップグレードプログラムEX/DXへの加入が必要なレベルの価格となっているのを感じます。

現状iPhone XSのリセールバリューが低くなっており、2年後に中古でも半額で回収してくれるアップグレードプログラムEX/DXという存在はユーザーにとってかなり助かるものになるかと思います。

 

料金プラン:auピタットプラン/フラットプラン7プラス/データMAXプラン/データMAX Netflix

こちらのiPhone 11、iPhone 11 Proで選択することが出来るauの現行プランについても見ていきましょう。

auの料金プランは選択肢が広く、それぞれの個人の使い方に適したプランを選びやすいものになっています。

SNSデータ消費無しや動画サービスデータ消費無しなどのプランも用意されており、エンタメ方面に強いのも特徴的です。

  • 新auピタットプランN
新auピタットプランN ~1GB ~4GB ~7GB
auピタットプラン基本料金 2,980円 4,480円 5,980円
auスマートバリュー ─円 ▲500円
家族割プラス(2人/3人以上) ▲500円(2人)/▲1,000円(3人以上)
スマートバリュー+3人以上家族割プラスの料金例 1,980円 2,980円 4,480円
  • auフラットプラン7プラスN
auフラットプラン7プラスN 7GB(制限速度300kbps)
auフラットプラン7プラス基本料金 5,480円
auスマートバリュー ▲1,000円
家族割プラス(2人/3人以上) ▲500円(2人)/▲1,000円(3人以上)
スマートバリュー+3人以上家族割プラスの料金例 3,480円
  •  auデータMAXプラン Pro
auデータMAXプラン Pro 無制限
auデータMAXプラン基本料金 8,980円
auスマートバリュー ▲1,000円
家族割プラス(2人/3人以上) ▲500円(2人)/▲1,000円(3人以上)
スマートバリュー+3人以上家族割プラスの料金例 6,980円
  • auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプラン Netflixパック 無制限
auデータMAXプラン Netflixパック基本料金 7,880円
auスマートバリュー ▲1,000円
家族割プラス(2人以上) ▲1,000円
スマホ応援割プラス ▲1,000円(6ヶ月間)
スマートバリュー+3人以上家族割プラス+スマホ応援割の料金例 4,880円/5,880円(7ヶ月目以降)

個人的にはフラットプラン7プラスはTwitterやインスタグラムといった一部のSNSのデータ消費が無しになった上に7GBも使えるため、ライトユーザーからヘビーユーザーまで便利に使えるプランとしておすすめしたいです。

 

なお9月12日より新たな料金プランとして「2年契約N」といったものが適用できるプランにリニューアルされています。

この2年契約Nを付けた場合、更新月以外の解約に1,000円の解約金がかかるものの毎月170円の割引が得られるという仕組みになっています。

暫くは継続してauの回線を使う予定であるならば、この2年契約Nを付けておいた方がよりお得にプラン運用を行うことが出来るでしょう。

6ヶ月利用すれば解約金代をペイできるため、この2年契約Nを適用しての運用がおすすめです。ちなみに今回の料金プランについてはすでに2年契約Nを適用した場合の料金となっています。

 

auのiPhone 11 Pro、安く契約・値上げを避けて契約するには

総務省による値下げ上限規制の影響によって、au含む各キャリアでは大きなキャンペーンが用意されなくなってしまいましたが、それでもある程度のキャンペーンや安く契約する方法といったものは用意されているため、そちらを確認していこうと思います。

MNP引き止めポイント

いきなりイレギュラーな割引ですが、まだ有効かつ効果も大きいのがMNP引き止めポイントの存在です。

MNP引き止めポイントは「auから他社にMNPしようとすると、引き止めとしてポイントがもらえる」という仕組みのものです。

入手方法は以下のような一連の流れからです。

auの回線から157で問い合わせ

番号案内からMNPを選択

オペレーターにMNP予約番号を申請

ユーザーの契約がオペレーターとの会話の中で「引き続きauを使うつもりがあればポイントをあげる」という発言が出るのでそれに乗る

機種変更に使えるポイントが貰える

ポイント額はユーザーの利用状況によりますが1万~1.5万ほど。

時期によっては値引きポイントではなくau Walletへのキャッシュバックの場合もあります。

またユーザーによってはiPhone 11 Proが対象外といった可能性もあります。

状況によりますが元手無しで結構大きめの割引ポイントを手に入れられる可能性があるため、入手できるか試してみる価値はあります。

下取りプログラム

公式のキャンペーンで最も期待できるのがこちらの下取りプログラムになります。

10月以降の下取り金額がどうなるのか不安ではありますが、少なくとも9月中の下取り金額については各種iPhoneなどが比較的高額に設定されています。

今後頻繁にこちらの下取り金額は変更が入るものと思われますが、まずiPhone 11シリーズを安く契約できるキャンペーンとして真っ先に利用を検討したい内容となっています。

auオンラインショップを利用して頭金を0円にする

auの一つの特徴として、ショップ店頭での頭金が結構高額という問題を持っています。

頭金に関しては別記事で詳しく書いていますが、とにかくこの頭金が存在することによってiPhone 11シリーズの価格というのが1万円前後高額になってしまいます。

ソフトバンクやau、iPhone・スマホ契約時の『頭金』について

頭金がかかると値下げどころか強烈な値上げになってしまうため、出来得る限り頭金0円のショップでの契約というのを目指したいところです。

そうした頭金0円を簡単に実現してくれるのがauオンラインショップになります。

auオンラインショップでは在庫が薄くて予約待ちが必須になりがち、というデメリットがあるものの、ショップ店頭にあるような高額な頭金というのがかからないためにお得な契約を行うことが出来ます。

安く、というと少し語弊がありますが、高くならずにiPhone 11を契約できるというのはauオンラインショップが最も簡単に実現できるショップであるというのは事実です。

auオンラインショップ

auオンラインショップで3,240円引き、9,999円が抽選でキャッシュバックされるキャンペーン

iPhone 11シリーズが対象になるかは不明ですが、9月30日までauオンラインショップでは最新モデルの契約において

  • 3,240円の値引き
  • 9,999円のキャッシュバックが99人に1人の抽選で当たる

というキャンペーンを実施しています。

3,240円引きがもしもiPhone 11に適用されるようであれば、事務手数料相当が割引されることになりauオンラインショップでの契約が最安となるでしょう。

また99人に1人という抽選方式になりますが、1万円近いキャッシュバックが貰えるのも嬉しい特典です。

先ほどの頭金0円の特典と共に、なるべくauのiPhone・スマホの契約はauオンラインショップで行うことをおすすめしたいです。ドコモオンラインショップに刺激されたのかかなりお得度が上がってきているのを実感します。

 

 

ここまでがauのiPhone 11 Pro、iPhone 11といった機種に関する情報のまとめになります。

総務省の値下げ上限規制の影響で例年に比べてキャンペーンが少なくなってしまっていますが、iPhone XSなんかに比べると価格自体は結構安くスタートしているため、2018年のiPhone XS発売時よりは安価にiPhone 11 Proの契約・購入といったものがしやすいかと思います。

そこまで利用できるものは少ないですが、下取りプログラムや引き止めポイント、そしてオンラインショップで頭金をなくすことで少しでも安く契約するようにしてみて下さい。

地味にauの料金プランもフラットプラン7プラスやNetflixパックなど魅力的なものが揃っているので、そちらへのプラン変更込みでiPhone 11シリーズを選んでみましょう。

auオンラインショップ

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top