スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

auスマホ、機種変更で安いおすすめ機種【au購入サポート/アップグレードプログラムEX】

auスマホ、機種変更で安いおすすめ機種【au購入サポート/アップグレードプログラムEX】

auのスマホの中でも機種変更がしやすい安い機種というものをこの記事ではピックアップしていこうと思います。

毎月割の高い機種というものがなくなり、分離プランとなるauピタットプランやフラットプランでの契約が前提となってきている今のauでは、端末代の高さといったものがスマホ契約のネックになってしまっていることが多くなっています。

そうした中で一部のauスマホにおいては条件付きでの値下げが行われていたり、アップグレードプログラムEXの利用によって2年間前提の利用で安くなっていたり、スペックを抑えているがために安くなっている機種というものが出てきており、機種を選ぶことによって安く契約できるスマホというのも出てきています。

スマホが安くなればプラン単体では割安さを感じるauピタットプラン/フラットプランの活用もしやすくなるため、「安くauのスマホを契約したい」という方へ向けて現在値下げや割安な価格になっているauスマホをまとめたいと思います。

対象の契約は機種変更を想定しています。一応新規やMNPにも対応していますが、こちらの契約は今回の値下げ価格よりもさらに安くなっている場合があるため、参考程度に見てください。

⇒auオンラインショップはこちら

auスマホの機種変更で「安い」状態は3通り

まず具体的にどのスマホが安いということの前に、auで今「安い」スマホというのがどのような条件で購入できるのかということを確認しておきましょう。

auのスマホの値下げ形態は現在以下の3つが主だった方法になります。

  • 単純な定価値下げ
  • au購入サポートによる一括値下げ(実質1年縛り)
  • アップグレードプログラムEXを使った実質的な下取り込みでの値下げ(実質2年縛り)

というものです。

他にも毎月割を利用した実質価格というのもありますが、こちらは毎月割自体がもうすぐ終わってしまう可能性が高いのと、クーポンやポイントを利用してさらに安くする際にauピタットプランかフラットプランが必須となってしまっているために、そちらの契約で見られる値下げ形態というものを重視しています。

auにおける機種変更で安い価格というのは、単純に無条件で定価が安くなっているものや、au購入サポートを13ヶ月間適用することによって一括価格を下げている方式を使っている、またアップグレードプログラムEXを前提に2年ごとの取り換えを行う形で安くなっているというパターンが多いです。

主に発売から時間が経ったモデルに対して定価値下げやau購入サポートによる安売りというのが実施され、最新モデルについてはアップグレードプログラムEXを活用することで安く契約できるという分類がされます。

定価値下げにについては特に条件というのが追加でかかることはありません。

au購入サポートについては約1年間、途中解約や機種変更において値下げした分のペナルティが課せられてしまうため、実質的に1年縛り的に継続してその機種を使う必要があります。

アップグレードプログラムEXについては端末を48回払いに設定し、24回分の支払いを行わないと有効にならないために実質的に2年縛り的な扱いになります。(ただし13ヶ月目以降なら残りのオプション代を全額支払うことで2年以内のアップグレードプログラムEXを利用した機種変更も可能です。)

この違いについてはそれぞれ注意してください。買いやすいのは定価値下げとau購入サポートとなるでしょう。

au購入サポートとは

au購入サポートとは約13ヶ月の短期契約解除料がかかる代わりに一括価格を半額程度まで下げてくれるauの値下げ施策です。

こちらを適用して契約すれば一括で4万円前後の価格で高性能なスマホも契約できるようになり、加えてアップグレードプログラムEXも適用できるために2年間での支払いが実質的に2万円程度まで下げることができます。

もしもこのau購入サポートを適用して契約した後、13ヶ月以内に機種変更や解約をしてしまうと端末割引分の一部を短期契約解除料として支払う必要があります。

金額については機種によって異なりますが、一例としては以下のようになっています。

1ヶ月ごとに解除料が減額される仕組みで、13ヶ月後にそれが0円になるというものになっています。

au購入サポート契約をした場合には約1年は継続して使わないと一括価格そのもので買えたことにはなりませんが、途中で機種変更や解約をしてもドコモのように満額かかるということもないために非常に買いやすくしてくれている割引となっています。

auのスマホの安売りについてはこのau購入サポートが適用されている機種がねらい目となっています。

今までauを長く使ってきている方にとっては、約1年ほどの縛りというのも問題にならないと思われるため、これといった大きなデメリットもなくスマホを安く機種変更できることになります。

今回紹介する安売りスマホというのもこのau購入サポートが中心となっています。

Xperia XZ3:定価値下げで一括43,200円(アップグレードプログラムEXで実質21,600円)

販売価格 43,200円
(1,800円×24回)
au購入サポート適用時 43,200円
(1,800円×24回)
au購入サポート・アップグレードプログラムEX適用時 21,600円
(900円×24回)
25ヶ月目以降機種変更で端末回収時

安くて尚且つ性能も兼ね備えた非常に契約しやすいスマホとして今一番おすすめできるのはXperia XZ3です。

Antutuで28万点をたたき出すSnapdragon 845搭載スマホということで、非常に高性能なスマホとなっています。

端末のサイズ的にもXZ2から洗練されてきており、使いやすさを高めたハイスペックスマホなので普段の利用しやすさはもちろん、長期的に使い続けることを考えた時にも性能や機能・スペックの点がボトルネックになりづらいスマホとなっています。

2019年の時点でもかなり性能の高いXperia XZ3が、au購入サポートの適用によって一括43,200円という価格を実現しています。

au購入サポートの約1年ほどの縛りだけで一括価格が4万円台前半に落ちるというのは、機種変更ユーザーにとって条件としてはかなり軽い部類になりますし価格自体も手の出しやすい金額と言えます。

24回の分割では毎月1,800円の端末代で済みますし、48回払いでは900円の支払いで済むというのは大きなポイントです。

アップグレードプログラムEXを利用すると2年間での総支払額が実質21,600円ということでこちらもさらに安さが目立ちます。これからもauを使い続ける上に次の機種変更も1~2年周期で行おうと思っている場合に、実質負担額が21,600円でXperia XZ3を使い続けられるというのは、今のauスマホの機種変更の契約の中では抜群に安い内容と言えるでしょう。

在庫も4月時点ではauオンラインショップにもありますしショップ店頭にも用意されているために、現時点でのauの機種変更スマホの中ではその安さ含めて断トツにおすすめできる機種となっています。

※追記:6月18日よりau購入サポートが終了。その代わりになんと定価で一括43,200円という価格になりました。

これによって1年間の短期的な縛りという条件もなく、無条件で定価で一括43,200円という価格での契約が可能になります。

それに伴い今後さらにオンラインショップを中心に在庫が枯渇することが予想されるため、これからこのXperia XZ3を購入しようという方はなるべく早めに契約するようにしましょう。

 

Xperia XZ2:au購入サポートで一括46,440円(アップグレードプログラムEXで実質23,220円)

販売価格 95,040円
(3,960円×24回)
au購入サポート適用時 46,440円
(1,935円×24回)
au購入サポート・アップグレードプログラムEX適用時 23,220円
(967円×24回)
25ヶ月目以降機種変更で端末回収時

Xperia XZ3が安くなっている中ではあまり魅力はないかもしれませんが、Xperia XZ2もau購入サポートで一括価格が大きく値下がりしています。

Xperia XZ2のau購入サポートは最大で48,600円引きが適用されていて、一括価格では46,440円という比較的ての出しやすい価格となっています。

48回払い・アップグレードプログラムEX加入によって、25ヶ月目に機種変更した場合には分割支払いの総額が23,220円という価格となるために、2年間利用・次もauの予定という使い方であればかなり端末代というのは抑えられています。

Xperia XZ2はXZ3と同じくSnapdragon 845を搭載した高性能スマホです。若干端末の大きさというものを感じやすいデザインになっているため、その辺りXperia XZ3とどちらを選ぶかという点で比較対象となるポイントです。

性能の割に安いためにお得さを感じる機種ではありますが、すでにオンラインショップでの販売は終了しています。またauショップなどでも在庫が少なくなっているためにある程度近場の数店舗を探す必要が出てくる機種です。

そのために買いやすさというところではXperia XZ3の方が勧めやすいでしょうか。

 

AQUOS R2:au購入サポートで一括46,440円(アップグレードプログラムEXで一括23,220円)

販売価格 95,440円
(3,960円×24回)
au購入サポート適用時 46,440円
(1,935円×24回)
au購入サポート・アップグレードプログラムEX適用時 23,220円
(900円×24回)
25ヶ月目以降機種変更で端末回収時

Xperia以外ではAQUOS R2が高性能スマホの中で安くなっています。

こちらもXperia XZ2同様にau購入サポートで最大48,600円引きが用意されています。こちらを適用した際の価格は一括46,440円です。

48回払い・アップグレードプログラムEX加入によって25ヶ月目に機種変更した場合の端末代総支払額は23,220円となります。価格的にはXperia XZ2と同額という事になります。

Snapdragon 845、RAM4GBとスペックはこれまで紹介したスマホと一緒ですが、200g近い他のスマホと比較すると181gと若干軽いものになっています。これはAQUOS R2の使いやすいポイントとなるために選ぶ際の指標となるでしょう。

快適度は高いもののカメラの品質やアプリの使い方次第ではバッテリー周りに負荷が強くなることがあるので、その辺りは購入前に注意をしておいて欲しいところです。

こちらもすでにオンラインショップでの販売が終了しているため、ショップでの契約を探す必要があります。Xperia XZ2よりは数は多いと思うので、手に入れやすさではこちらの方が上でしょうか。

頭金などに注意して契約をしてもらえればと思います。

 

Huawei P20 lite:au購入サポートで一括16,200円

販売価格 32,400円
(1,350円×24回)
au購入サポート適用時 16,200円
(675円×24回)
au購入サポート・アップグレードプログラムEX適用時 8,100円
(337円×24回)
25ヶ月目以降機種変更で端末回収時

ミドルレンジスマホで、特にauピタットプランの1GB~3GBほどの料金で収まるライトユーザー向けにおすすめしたいのがこのHuawei P20 liteです。

性能としてはAntutuで8万点ほどとなりますが、普段の利用においては特に不自由を感じないレベルの快適さを持っているため、ゲームや特殊なアプリを使わないライトユーザーにとっては問題なく使えるスマホです。

普通に使いやすいスマホでありながら、元々の定価が32,400円とライトユーザー向けに格安設定されていますが、これを約1年の縛りが追加されるau購入サポートで契約を行うとなんと一括16,200円と破格の金額で契約することができます。

ここにさらにアップグレードプログラムEXを重ねて実質価格を安くすることもできますが、16,200円での一括や分割支払いで済ましてしまっても問題ないでしょう。

それぐらい安くなっているのがこちらのP20 liteです。

スマホの価格の安さをとにかく重視したいのであればこちらの機種が今は最も安く手に入った上に、使いやすさという点でも安心できるものになっています。

こちらもXperia XZ3同様にオンラインショップやショップ店頭でもまだ在庫が残っているために、契約しやすいスマホになってくるかと思います。

価格の安さの割に使い勝手は結構いいスマホなのでおすすめできます。

 

安さを求めるならau購入サポートの適用まで待ちたい 今月はXperia XZ3とP20 liteがおすすめ

というわけでau購入サポートがどの機種でも前提となってきてしまいますが、au購入サポートを適用した機種は確かに安い価格での契約をすることができます。

主に在庫が少なくなってきた中での最後の安売り的な性質を持っているのがau購入サポートなので、こちらの割引が追加されたらなるべく早めに購入したほうが余裕を持って契約できるでしょう。

ドコモと違って在庫過多による機種変更投げ売りというのはauでは行っていないために、欲しい機種がau購入サポートの対象になった瞬間が買い時と言えます。

今月は中でも

  • Xperia XZ3
  • Huawei P20 lite

が特におすすめできます。

どちらも使いやすいのは前提でXperia XZ3はそのスペックの高さが、P20 liteはその圧倒的な安さが目立ちます。不具合や不満といったところも少ないために安定して使えるスマホといえましょう。

また在庫も今なら多いために、特に労力なく安く契約できる点もおすすめできるポイントです。

 

機種変更をするならauオンラインショップで

なおこちらのスマホを機種変更するのであればまずはauオンラインショップをチェックしておきましょう。

auオンラインショップは生産終了機種の在庫がすぐになくなってしまうために、au購入サポートがついたタイミング辺りで契約するのが難しくなってしまうというデメリットがあるのですが、もしも在庫が残っているならばオンラインショップには

  • 頭金が0円
  • 24時間受付
  • 自宅配送送料無料(2,500円以上の商品)
  • 待ち時間、契約時間が皆無

といった形のメリットがある契約ができるので、まずはオンラインショップでの契約というのを目指した方がいいでしょう。

特に頭金0円という特典はauで契約する上で非常に大きなメリットとなります。

auショップでは頭金が3キャリアの中でも結構取りにくるショップとなっており、中には1万円前後値上げした価格での契約となってしまうauショップというものがあります。こうしたショップでの契約というのを避けれる点において、auオンラインショップは非常に優秀な契約場所となるため、もしも安くなった機種の在庫が残っているようならばオンラインショップを優先したほうが良くなっています。

ソフトバンクやau、iPhone・スマホ契約時の『頭金』について

時間がかからない上にauショップよりも安く契約できるというメリットはかなり大きなポイントです。

⇒auオンラインショップはこちら

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top