スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

nova lite 3はUQモバイルで実質0円!キャッシュバック込みでは一括2万・維持費842円運用も可能な格安スマホ

nova lite 3はUQモバイルで実質0円!キャッシュバック込みでは一括2万・維持費842円運用も可能な格安スマホ

格安スマホセットの契約の中でも特に最近注目を浴びている『nova lite 3』について、UQモバイルにおけるその価格や維持費の確認、それにどういった端末かということの紹介を書いておきたいと思います。

他社MVNOでも安売りキャンペーンが実施されていますが、UQモバイルの場合マンスリー割による格安運用の他にも高速な通信速度などの回線品質も望めるため、普段使いとしては他社以上に利用しやすいセットになるということで今回はUQモバイルのnova lite 3の契約内容になります。

 

価格の安さ、割引の強さ、スマホの性能といったところがバランスが良く、ここにUQモバイルの回線品質の高さも加わっていることでコスパの良い格安スマホとして高く評価できるセット契約になっています。最初から実質0円(正確には実質540円)での契約ができ、ここに当サイトのキャッシュバックなんかも利用してもらえればかなり価格としては安価でお得な契約というものを簡単に実現できるスマホになっています。

スポンサードリンク

nova lite 3の価格と維持費

早速ですがnova lite 3の価格とマンスリー割を利用した維持費についてをまとめていきます。

プランS プランM プランL
端末価格 31,104円
(1,296円×24回)+540円
マンスリー割 ▲1,296円
実質価格 0円
キャッシュバック 10,000円 11,000円 13,000円

まずは価格がこちら。

端末の価格としては3万円と、一括価格としてみると他のMVNOのセット価格に比べて高めではあります。

一括1万円以下での販売もあるMVNOセールと比較すると決して安くないと感じるかもしれません。

しかしUQモバイルの場合は「キャッシュバック」+「マンスリー割」によって、実質的な一括価格が下がり割引によって2年間の実質価格というのも下がります。

こちらの「キャッシュバック」+「マンスリー割」の存在によって、一括価格では他社MVNOに劣るものの総合的に見た時の安さというのはUQモバイルのセット契約でも十分なレベルとなっています。

 

次はそのマンスリー割を活かした維持費というのを確認していきます。

nova lite 3は高額なマンスリー割によって維持費は他のMVNOよりもかなり低くなっており、なおかつUQモバイルの高い回線品質で使えるというメリットがあります。

以下はマンスリー割適用後の一括・分割購入時の維持費です。

一括

プランS プランM プランL
1年目 842円 1,922円 4,082円
2年目 1,922円 3,002円 5,162円
2年間平均 1,382円 2,462円 4,622円

分割

プランS プランM プランL
1年目 2,138円 3,218円 5,378円
2年目 3,218円 4,298円 6,458円
2年間平均 2,678円 3,758円 5,918円

マンスリー割は実質0円相当の金額がついており、分割支払いでも維持費はUQモバイルの基本料である2,138円から使えるようになっています。

このためSIMのみ契約をするよりも、nova lite 3を一緒に契約してしまった方が端末がついてくるのに同じ料金で使えるということでお得になります。

また端末一括購入時には端末の分割支払いがなくなるために維持費は842円という非常に安価な内容を実現することができます。

 

一括購入の負担額も少ない上に、キャッシュバックによって実質的な負担額もさらに減るため、契約としての安さというところでは格安スマホの中でも目立って安いセット内容であるのは間違いないでしょう。

端末代にキャッシュバックを充てると、一括21,104円で購入できたスマホが毎月842円からの維持費で通話もネットも可能な回線で利用できる、ということになります。

この内容はかなりコストパフォーマンスというところで良さを見せているかと思います。

契約内容だけでも十分に満足できるものになっていますが、端末自体も次のレビューにもある通り扱いやすさを持っているため、ミドルレンジのスマホの格安スマホセットとしては契約する価値が非常に高い内容となっています。

 

nova lite 3について:R17 Neoに匹敵する性能で使いやすさが際立つ、それなのに安いという契約

ここからはnova lite 3がどういったスマホなのかの紹介を行っていきたいと思います。

nova lite 3の評価としては、ここまで安い価格なのに性能面でR17 Neoに匹敵する気持ちよい動作を実現しておりとてもコストパフォーマンスの良いスマホ、という評価ができます。

いきなりの実質0円契約が可能、キャッシュバック込みになると実質価格はマイナスになるというUQモバイルの契約の中でも非常に安いスマホとなりながら、実際の動作が軽快で安定したミドルハイクラスの性能の良さを見せてくれます。

安易な表現にはなってしまいますが、「コストパフォーマンスの良さ」というのが本当に際立っており、UQモバイルの契約の中でもひと際お買い得度の高いスマホとなっています。

USB Type-C非対応、防水やおサイフケータイに非対応など微妙に機能面の物足りなさゆえに使いにくさというのもありますが、ライトユーザー向けに十分すぎるほどの性能が用意されているために基本的な利用のしやすさは高い機種です。

カメラも価格帯を考えれば十分に使えるものになっており、価格比でのスマホとしての安定感は非常に高いものになっています。

契約としてお買い得でありながら性能面でも満足度の非常に高いスマホ契約を実現しているため、格安スマホのおすすめ機種の一つとして挙げることのできるものになっています。

その辺りの性能の意外なほどの良さというのを紹介できれば出来ればと思っています。

 

nova lite 3の良いところ悪いところ

まずは評価全体のまとめとして良い所とわるいところを確認していきます。

良い所
  • 実質0円、キャッシュバックでさらにマイナスの安い価格で契約可能
  • Antutuスコアは参考レベルであるがR17 Neoに匹敵する12万点台
  • バッテリー持ちがとんでもなく安定している
悪い所
  • micro USBで充電が必要
  • 防水などの機能面が十分でない
  • RAM周り、タスクキル周りの挙動が少し気になる

 

ベンチスコアは鵜呑みにできないが実際の動作は十分

最初はこうした格安スマホにおいて気になる性能面の評価についてしていこうと思います。

性能についての大まかな指標としてはベンチマークスコアを見てみるのが一番簡単ではありますが、Huaweiについてはブースト問題もあったためにあくまでも参考程度の数値になるということを注意してください。

一応参考値という形ではAntutuスコアは13万点に近い数字を付けています。

Geekbenchでもマルチで5,528という数字を付けており、Antutu13万Geekbenchマルチスレッド5,581といった数字を付けたミドルハイレンジのR17 Neoに匹敵するベンチスコアを見せています。

ベンチスコア上はとても実質0円という価格を設定されている機種とは思えない充実さとなっています。数値上はかなり安心感を得られるものになっているでしょう。

antutu nova lite 3 R17 Neo
総合スコア 129,503 132,546
CPU 57,380 61,093
GPU 27,531 27,556
UX 36,171 35,593
MEM 8,421 8,304

 

 

実際の利用においてもこの価格の割に性能が高いという点は感じやすくなっています。

基本動作はサクサクの一言。P20 liteよりも少しですがスムーズにスクロールやアプリ変遷ができる実力を持っているのを感じます。

普通のアプリの利用、SNSやちょっとしたビジネス・便利ツールぐらいであれば、ストレスや不満の類をほとんど感じることなく利用できる性能はあります。あったとしてもたまに見られるレスポンスの遅さぐらいしか感じず、それも不満につながらない程度なので価格を考えたらこの性能は余裕で合格点といえるでしょう。

ゲームなんかになると特に3Dモデルを使ったものでカクつく動きが演出等によっては見られてしまいます。

ポケモンGOぐらいなら多少の妥協は必要なもののある程度余裕を持って遊べますが、それ以上の3Dゲームになると移動中とかは良くても戦闘中が重く感じたり読み込みに時間がかかってストレスを感じてしまう部分というものが多々あります。

ゲームはあくまでも息抜き程度で遊ぶ意識なら問題ありませんが、目的の一つとして考えるには適していないといった性能になっています。

ただ全体を見た時には価格を見た後では驚くほどに使いやすい性能を備えているスマホです。

カメラも価格以上の高性能さ

カメラ性能に関してもこちらも価格以上の良さというのを感じられます。

レンズに近い接写でもピントの合う位置が近くなっており、背景をぼかした写真が撮りやすくなっています。ボケみの美しさといったところをこだわると流石に今一つなところもありますが、価格を考えれば十分なカメラ性能です。

人物も美肌効果も出せるのでしっかり綺麗な肌の質感が出せてるかと思います。ポートレートモードでも背景のボケはそこまで良くはありませんが、被写体自体はしっかりと写せています。

HDRもオート撮影で効いているため、かなり逆光や明暗差に強いカメラになっています。実質0円、一括3万円ほどのスマホにしては白飛びや黒つぶれの少ない写真が撮りやすくなっています。

AIオート撮影もP20 Proのようなキツめの発色にはなりにくく、青空なんかも主張が強すぎない点は馴染みやすさを感じます。

夜景に関してはR17 Neoほどではないですが価格を考えれば十分なレベルかと思います。流石にISOが高くなるとノイズが多く塗り絵調になってしまう所はありますが、SNSで共有する程度ならば十分な品質を保っています。

食事も光源がある程度あれば色調が狂うことなく映える食事を撮れるようになっています。

カメラ性能はハイエンドモデルで他社より一歩先んじているHuaweiらしく、ロー~ミドルレンジとなるnova lite 3においても十分に使いものになる性能を持っているのがわかるかと思います。

キャッシュバック込みで2万円台前半のスマホでこのカメラならば、相当に満足度は高いといえる評価が出来るでしょう。

 

Kirin 710でバッテリー持ちの良さが驚異的なものに

SoCにKirinを搭載するHuaweiスマホ全般の特徴として、電池持ちの良さというのがSnapdragonなんかよりも優秀という点があります。

特にこのnova lite 3/Kirin 710はスタンバイ時の電池持ちというのがとんでもなく安定したものになっています。

画像にもあるように数日放置していてもバッテリーの減り方が本当に僅かしかありません。

各操作で記録してみたところのバッテリー持ちとテスト時の発熱は以下の通りです。

  • 発熱テスト(Antutu3回まわし)
antutuベンチ バッテリー温度 CPU温度
1回目 27℃ 36.2℃
2回目 34℃ 39.7℃
3回目 39℃ 42.8℃
  • バッテリーテスト
テスト内容 バッテリー状況
スタンバイ状態で10時間 100%⇒99%
明るさ50%でYoutube映画2時間 100%⇒93%

スタンバイ時のバッテリー持ちの優秀さ、そして利用時も十分なレベルのバッテリー持ちの良さというものを見せており、この機種に関しては丸一日使っても電池持ちを心配する必要のないバッテリー性能を見せています。

数日放置しても丸1日ヘビーに使っても余裕が見えるバッテリーを持っており、この点については本当に良いメリットであると評価することができるでしょう。

 

アップデートでタスクキル周りも安定も、まだ気になる挙動は残る

nova lite 3の挙動で気になっていた点としてメモリ管理の不安定さからの強制的なタスクキル、というものがあったのですが、これに関してはアップデートによって大分改善がみられています。

解像度の高さなどで意外と3GBのRAMをデフォルト状態でも使いがちということで、アップデート前はゲームアプリなんかを開いたままにしていると、他のアプリの利用から帰ってきたときに強制的にタスクキルされて読み込みが必要になる、なんていう挙動がありました。

それがアップデート後はかなり安定してきており、いつの間にか強制的にタスクキルされるようなことが少なくなっています。大分安定感を持って使えるようにはなりました。

ただ完全にタスクキルが抑えられているわけではなく、ゲームアプリを2つ同時期に展開したりしてしまうと、起動したアプリが落ちると同時に他のバックグラウンドのアプリも落ちてタスクキル化がされてしまう、なんて挙動が見られます。

またバックグラウンドでのダウンロード・アップロードといったものも失敗しやすくなっているのはアップデート後も変わりません。写真をクラウド保存するのに適度にスマホをスリープ解除する必要があります。

多くのアプリを使っていた状態を保ったままにしておくことが苦手となっており、この点はnova lite 3を選ぶ際には注意が必要になります。

 

また関連する問題としてアプリの通知が遅れがちになる、という挙動があるところも気になるポイントになっています。

メールアプリなんかが顕著ですが、起動していないアプリや起動が古いアプリだとタスクキルに近い強めのスリープ状態のようなものが入ります。

このためバッテリー持ちに非常に良い影響が出ているのですが、一部のアプリなんかでは通知が来なくなったり遅れたりしてしまうという弊害もあります。特にメールアプリなんかはHuaweiのメールアプリ以外は相性によってはこの通知が他のスマホと比べて遅いところが見られるため、ビジネス・プライベートどちらで使う場合にも定期的に連絡アプリなどは更新してチェックしておかないと不安なところがあります。

 

設定変更によっても改善される余地があるようですが、デフォルト状態でこの点は使っていてちょっと怖いところ・デメリットだと感じるところでしょう。

 

非防水・USB Type-C非対応は褒められない

また同じようにデメリット的なポイントとしては防水・おサイフケータイに非対応、今時micro USB採用といったところは褒められない点です。

Huaweiスマホの廉価モデルだと非防水・非おサイフという機種が多く、このnova lite 3も例外なくそうした機能が省かれてしまっています。

普段の利用において便利で安心できる機能だけに、これらが使えない・効かないというのは残念なポイントです。価格を考えれば仕方のないことですが、価格の安さはこうした機能面の薄さといったところで感じられてしまいます。

またP20 liteで廉価モデルでもUSB Type-Cになりましたが、このnova lite 3では再びmicro USBへと接続端子が戻ってしまっています。

USB Type-C対応機器が急速に増えている中で、いまさらmicro USBというのは使いづらく感じるユーザーも多いかと思います。ライトユーザー向けにあえて、ということなのでしょうが・・・。

 

単純な性能やカメラ性能を考えるとコストパフォーマンスが良すぎる、一方で機能は価格相応か

nova lite 3はUQモバイルでの契約において実質0円契約が可能、しかもキャッシュバックで1万円以上が貰えるというものになっており、その安さはUQモバイルの中はもちろん格安スマホ全体と比較しても特筆すべきものになっています。

こうした安さを持ちながら、性能は意外に高くて単純な使いやすさではかなりのレベルを実現しています。カメラ性能も高くてエントリー~ミドルレンジのスマホとは思えないレベルです。

このような基本性能・カメラの良さがあって実質0円+キャッシュバックという契約が可能となっているため、コストパフォーマンスの良さを非常に高く評価できる機種・契約なのは間違いないです。

ただやはり価格が安いだけあって防水などの機能の足りなさ、そしてRAM管理が甘いところなんかは価格相応といったところを感じます。

その辺りは使う上で注意してもらえればと思います。

キャッシュバック込みでのUQモバイル契約は以下のページから限定となります。

UQモバイル:キャッシュバック適用専用ページ

UQモバイルでキャッシュバックを得る方法とおすすめの格安スマホ3選
UQモバイルは現在格安SIMの中でも1,2を争うレベルで使いやすい回線です。

通信速度が夜でもお昼でもサブブランド特有の高速さを見せる
通話定額とデータ通信がセット

UQモバイルのデメリット 契約前に確認しておきたいポイント
雑誌媒体はもちろん、当サイトでもおすすめ度の高い格安SIMとして紹介しているUQモバイルについて、今回はあえてデメリットについてをまとめてみようと思います。

個人的にも強くお

UQモバイルのメリット:通信速度の高速さ mineoやIIJmioが白旗宣言をするほどの「サブブランド力」
格安SIMであるUQモバイルが持つメリットについて詳しく説明してみたいと思います。

UQモバイルは「サブブランド回線」ということもあり、普通の格安SIMにはない数多くのメリッ

UQモバイルのデメリット、2年目のイチキュッパ割の終了について 対策はキャッシュバック!?
UQモバイルは速度が高速、豊富な割引で料金も安くできる、店舗サポートも比較的充実、iPhone系の機能制限が他のMVNOよりも少ないということで、格安SIMの中では多くのメリットが

 

UQモバイルは回線自体にも魅力がありnova lite 3が使いやすい

今回のnova lite 3は楽天モバイルやOCNモバイルONEでも同様にセールが実施されていますが、そうした中でUQモバイルをおすすめするのは、UQモバイルの回線自体に大きな魅力があるからです。

その魅力とは通信速度です。

Y!mobileと同じようにUQ mobileはKDDIのサブブランド的な側面を持つ回線となっています。そのため通常のMVNOと比べても速度面や料金面、それにiOSに絡む機能面での優遇されている点が目立つようになっています。

特に速度に関しては、IIJやmineoが総務省有識者会議において「サブブランド回線は速すぎるから規制して欲しい!」と泣きつくレベルでMVNOとは差があります。

mineo資料
mineo資料2
mineo資料3

こちらはmineoが総務省に提出した資料ですが、これをまとめるとmineoはUQモバイルに対して以下のような評価をしています。

  • 普通のMVNO格安SIMと比較して速度が良すぎる
  • 普通のMVNOの予算規模では絶対に真似できない通信速度
  • 常時高速かつ安さも実現していてMVNOのメリットがなく、市場競争で勝ち目がない
  • (だから総務省が規制してくれると助かる)

というちょっとこれが消費者に広く知られるようになったらむしろUQモバイルの契約者が増えてしまいそうな高評価を行っています。

 

ほぼキャリアと同じレベルの通信速度で使えるのがサブブランド・UQ mobileの特徴となっており、これだけの安さでありながらMVNOのように通信速度が遅くてストレスが溜まるという不満がほとんどないというものになっています。

月842円からの維持費で高速回線で使えるというコストパフォーマンスの良い回線という側面もあるため、今回のUQ mobile契約のお得さというのは本当に凄いレベルなわけです。

こうした速度の良さも今回の契約においては付帯してくるため、格安スマホを使ってみようと考えている方にはキャリアに近い形で利用し続けることが出来る稀有な回線となっています。

UQモバイルのiPhone 6sはキャッシュバック込みで実質0円に! 維持費も86円から!
※Y!mobileのiPhone 6s値下げを受けて、UQモバイルでもiPhone 6sを値下げしてきました。これによってマンスリー割が2,000円以上となりキャッシュバックを含ん

UQモバイルのiPhone 7契約の価格と維持費、キャンペーンについて【キャッシュバック特典情報あり】
UQモバイルから2018年12月20日に発売されるiPhone 7のセット契約について、そちらの契約に関する情報をまとめておきます。

価格などはこれまでのUQモバイルの格安路

AQUOS sense2 実機レビュー/口コミ 豊富な機能と改善された動作の軽さが魅力
ドコモやau、そして各格安SIMにおいて販売されるAQUOS sense2について、その使用感をレビューしていきたいと思います。

AQUOS sense2はキャリアではdoc

UQモバイル、R17 Neo実機レビュー/口コミと値段、プラン料金のまとめ【キャッシュバック特典付き】
UQモバイルのスマホセットの中でもランキング上位に入っている人気の高いスマホ『R17 Neo』について、その価格や維持費の確認と端末を実際に使ってみてのレビューを行いたいと思います

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top