スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

名機LG V30+ L-01Kが機種変更一括10,368円に値下げ!JOJO L-02KやM Z-01Kはなんと機種変更一括648円の安さに

名機LG V30+ L-01Kが機種変更一括10,368円に値下げ!JOJO L-02KやM Z-01Kはなんと機種変更一括648円の安さに

例年よりもちょっと今年は値下げの報が少なかったですが、いよいよドコモにおいて高性能モデルが大幅な値引きによって安く一括購入することができるようになります。

Androidスマホへの機種変更を予定してた方に、個人的にも強くおすすめしたいスマホが一括で購入しやすくなっているため、今使っているスマホが2年以上経過しているようでしたら迷わず買ってもらいたいと感じています。

今回の値下げは1月18日から。対象機種は全スマホ機種変更でも安くなっているという非常に嬉しい安売りが実施されています。

1月18日からのドコモ値下げ:端末購入サポート対象が3機種

oto

1月18日からは3機種が端末購入サポートの対象に入ります。

※同時に月々サポート増額による値下げというのも始まっています。そちらも数が多いので以下の記事にまとめています。

Galaxy S9,Xperia XZ2 compact,P20 Proが機種変更実質10,368円に値下げ!18年夏モデルが投げ売りセール
ドコモのスマホ値下げが続きます。

ドコモでは発売からまだ1年経たない18年夏モデルを中心に機種変更や新規契約の実質価格を値下げ、オンラインショップの限定特典と合わせて最安では

既に実質価格で安くなっていたモデルが端末購入サポート化・一括化するため、端末代への負担額というのは非常に少なくなっています。

MNP 機種変更
V30+ L-01K 一括10,368円 一括10,368円
JOJO L-02K 一括648円 一括648円
M Z-01K

※V30+にはドコモオンラインショップ10周年限定特典である5,184円引きを適用済み。ショップ店頭では15,552円となります。

※端末購入サポートは契約後14ヶ月以内に解約した場合には端末代値引き分の一部を契約解除料として支払わなければいけないペナルティが発生します。
14ヶ月以上そのまま利用するようであれば問題はありませんが、短期間に最新スマホへの機種変更やMNPも予定している場合には注意が必要です。

 

MNPや新規でももちろん、機種変更でも今回は安くなっている点に注目してください。

一括15,552円、一括648円と、機種変更をすることを考えた時にどちらも非常に安い負担額の少ない金額を実現しています。

しかも対象のスマホにはLG V30+とそれをベースにしたジョジョの奇妙な冒険コラボスマホであるJOJO L-02Kが入っている点も個人的にはアツいです。

LG V30+はおすすめスマホの記事でも挙げているように、今安くなっているスマホ群の中でも特に使いやすいモデルの一つとなっています。

ドコモの機種変更でおすすめのスマホ機種

初心者やライトユーザーの方はもちろん、ハイスペックスマホを安く欲しいと考えているようなヘビーユーザーの方にもおすすめできます。

またSNSや動画を楽しむことにも特化した機能が豊富なので、TwitterやInstagram、YouTubeなどをスマホでも楽しみたいという方にも強烈におすすめできます。

 

このLG V30+の具体的な特徴は以下のようになります。

  • 6インチで品質の高い有機ELディスプレイ
  • 6インチながら158gの軽さ
  • Snapdragon 835+RAM4GB、Antutu18万点の十分すぎるスペック
  • 標準カメラ+120℃の広角カメラで従来とは異なる写真が撮影可能
  • DAC搭載でイヤホン利用時の音質が非常に良い
  • 標準的な日本向け機能は全て搭載

といったものです。

Snapdragon 835+RAM4GBというスペックに加えて、6インチの大画面を有機ELディスプレイで楽しめるという点は優れています。

有機ELも品質が高くなっており視野角によって色が浮いたりまぶしすぎたりしない発色を実現し、高コントラストで映像などを楽しめます。

さらに6インチ台最軽量のAQUOS Zeroほどではないものの、それに近い158gという軽さを実現しているために長時間スマホを持っていても疲れません。

そして広角カメラが搭載されているため、普通のカメラでは絶対に撮影できないような画角で写真撮影をすることができます。特徴的な写真が生まれるためにSNS映えもしやすい写真を簡単に撮影できます。

またDACと呼ばれる音楽再生専用のチップセットを搭載しており、YouTubeレベルでも音質が向上して他のスマホにはない音楽体験をすることができます。

 

ハイスペックスマホかつ映像・写真・音楽周りにおいて非常に特徴的な機能を備えているスマホがLG V30+であり、そんなスマホが機種変更一括15,552円、同一モデルを採用したJOJOに至っては648円というとんでもない安さとなっているため、今回の値下げを機に購入してもらいたいと強く感じる機種となっています。

詳しいレビューについては以下の記事に任せてありますが、かなりお気に入りの機種なのでスマホの機種変更を少しでも考えていたドコモユーザーの方にはぜひチェックしてもらえればと思います。

LG V30+(L-01K/LGV35)実機レビュー 評判・評価について 価格が安いのに性能も機能も揃った高コスパスマホ
ドコモとauから販売がされているLG V30+ (L-01K/LGV35)についてのレビューを行いたいと思います。

見た目はなんの特徴もないスマホのように見えますが、実際の機

JOJOに関してはオリジナルのホーム画面や効果音・通知音のカスタマイズ、その他にもアプリの一部などをジョジョの奇妙な冒険の演出を行う影響で、若干動きの質はV30+と比べるとモッサリするところが見られます。

単純な動作で比較するとJOJOが一括648円、V30+が一括10,368円というのは理にかなった価格設定と言えます。

 

 

なお一括648円スマホには2画面変態スマホのM Z-01Kも含まれています。

こちらのスマホも個人的には好きなのですが、人におすすめするのは流石にためらう特殊な形状となっているため、その辺りデザインやレビューなどを確認しながら購入するようにしてください。

元々一括8万円以上していた機種なので、そちらが648円になっているというのは確かにお得な契約といえます。

AXON M Z-01K簡易レビュー 2画面のワクワク感はあるが挙動は安定せずモッサリさも
待ちに待った5年ぶりの2画面スマホである「M Z-01K」を手に入れましたので今回はそちらのレビューを。

まだまだ2画面の有効的な使い方や細かい機能などを完璧には把握していま

LG V30+はドコモオンラインショップでは一括10,368円

なおドコモオンラインショップではLG V30+が5,184円引きの対象となり、価格表の10,368円という金額で購入できるようになります。

加えてドコモオンラインショップ10周年の抽選キャンペーンに複数参加できるため、そちらの期待値と合わせるとオンラインショップでの契約というのはかなり魅力的なものになるかと思います。

ショップ店頭で10,368円で購入するには家族まとめて割を適用しないといけないため、1台からでも5,184円引きが使えるオンラインショップというのはねらい目になってくるでしょう。

ドコモオンラインショップでの機種変更のススメ 3つの大きなメリットと契約手順について
※2018年7月3日更新

他人よりも効率的に、そして損をせずにiPhoneあるいはAndroidスマートフォンを契約するオススメの方法を今回はお伝えしましょう。

 

維持費は割引なしも平均的な金額に

端末購入サポート適用時の維持費についても確認しておきます。

端末代は今回一括で支払うと想定した場合、基本的な組み合わせの料金プランで以下の表のような料金で使えるようになります。

プラン構成は

  • 基本料
  • spモード
  • パケットパック

というシンプルな形になり、月々サポートや端末分割代がないために計算は簡単になっています。とりあえず想定される使い方において、各プランでの組み合わせの料金を出しているので参考にしてください。

子回線運用

通話プラン パケットプラン spモード含めた月額合計
シンプルプラン シェアオプション 1,922円

※カケホライト選択で+778円、カケホーダイ選択で+1,858円値上がり

単独回線運用

通話プラン ベーシックパック spモード含めた月額合計
シンプルプラン ステップ1:~1GB 4,514円
ステップ2:~3GB 5,702円
ステップ3:~5GB 6,782円
ステップ4:~20GB 8,942円

※カケホライト選択で+778円、カケホーダイ選択で+1,858円値上がり

家族代表回線運用

通話プラン ベーシックシェアパック spモード含めた月額合計
シンプルプラン ステップ1:~5GB 8,402円
ステップ2:~10GB 11,102円
ステップ3:~15GB 14,342円
ステップ4:~30GB 17,582円

※カケホライト選択で+778円、カケホーダイ選択で+1,858円値上がり

 

最低維持費は子回線での1,922円運用になります。端末代も支払い済みでこの料金しかかからないとなると魅力の高い契約になるのではないかと思います。

代表回線および単体回線のステップ3ぐらいになると高額さを感じさせる料金になってきますが、どちらも以下のdカード GOLD特典を利用することによってその料金から約10%を還元できるようになるというメリットがあります。

料金が高いプランで使う場合にはdカード GOLDを駆使してうまく節約を果たすのが理想的です。

ドコモの『端末購入サポート』とは
最近ドコモでは一括価格が648円~3万円ほどの価格で購入できるような機種変更または新規/MNP向けの特価スマホやタブレットが多く販売されています。

これらの実質0円規制後でも

 

端末購入サポートなのでdカード GOLDとの相性が抜群

もしも今回の端末購入サポート対象値下げ機種を契約する回線が個人回線、または家族のシェア代表回線だという場合には、一緒にdカード GOLDを契約しておくことをおすすめします。

dカード GOLDには多くの特典が用意されているわけですが、その中でも

ドコモの通信費から毎月10%をdポイントとして還元する

という特典が今回の端末購入サポート対象契約と相性が非常によくなっていて、もしも端サポ機種を契約するのならばdカード GOLDも一緒に入会しておくべきものであるとおすすめすることができます。

この10%還元特典は対象となる料金の条件に「月々サポート適用後」「端末代は含まれない」といった内容があり、月々サポートスマホではイマイチ効果を発揮しづらいのですが、端末購入サポート契約だとこの2つのマイナスの条件をほぼ無視することができるようになります。

このため毎月支払っている通信費の内ほぼ100%がdカード GOLDの10%還元特典の計算対象になってきます。

もしも家族のシェア代表回線で今回のV30+やM Z-01Kといった機種を契約し、大容量のシェアパックを使っていて毎月1万円以上の料金が発生している場合、毎月1,000dポイント以上が還元されることになります。

これだけの還元が毎月得られるために、同じ契約内容でもdカード GOLDの保有の有無によってドコモユーザー間に差が生まれ、dカード GOLD保有者の方が長期的な視点からお得になっていきます。

確実にdカード GOLDのメリットが強くなる組み合わせとなるので、こちらの契約をする場合は入会を検討すべきかと思います。

⇒dカード GOLD

より詳しくは以下の記事で。

12月以降の端末購入サポート入り値下げスマホに備えて『dカード GOLD』を使ったお得運用方法
12月の商戦期に向けてドコモのスマホを安く使う方法というものを紹介しておきましょう。

毎年12月から3月頃までドコモでは多くのスマホの安売りが実施されます。

 

性能面のことを考えると18年夏モデルの実質価格値下げの方がいいかもしれませんが、端末購入サポートの契約のしやすさとdカード GOLDの相性の良さを考えると、V30+やJOJO,M Z-01Kの契約は見た目の価格以上にお得度は高いです。

特にV30+はゲームをするときぐらいしか18年夏モデルAndroidスマホに劣る姿を見せないレベルで付加機能というものが揃っていますし、これだけの軽さを持った高性能スマホというのも他にないために個人的には強くおすすめしたい一台です。

一時は在庫切れも経験した機種・auでは生産終了の機種なので、もしも興味があれば在庫がある内に早めに購入してもらえればと思います。

 

 

なお今回もしも契約をするならドコモオンラインショップを利用することをおすすめします。なぜならオンラインショップでは場合によっては12,000円以上お得に契約することが出来るからです。

また待ち時間や契約時間といったものにも悩まされず契約できるので、その辺りの時間の使い方についてもメリットのある契約が出来ます。

なぜドコモオンラインショップを利用すると安くなるのかというと以下の5つのメリットが用意されているからです。

  • 頭金が端末にかからない
  • 事務手数料が0円
  • 待ち時間がなく契約完了まで5分程度
  • 自宅への配達やドコモショップへ配達してくれて無料で初期設定
  • チャットサポート完備でプラン相談などが可能

こうしたメリットがあるためにドコモオンラインショップでの契約というものを勧めています。

頭金と事務手数料は特にドコモオンラインショップのメリットとなるポイントです。頭金は5,000円ほど、事務手数料は最低でも2,000円かかる支払いですが、そうした支払いがオンラインショップでは無料になるため、そこは本当に大きなメリットとなっています。

他にもオンラインショップでは手続き全般がネット上で冗談ではなく2,3分で終わらせることが出来るようになっていて、時間的な浪費というのがかなり少なくなっています。どこからでも申し込み可能でありながら、時間が全くかからず契約できるのはオンラインの大きな魅力です。

さらに最近ではチャットサポートも実施することによって相談窓口というのも設置することが出来ており、オンライン契約の不安点であるプランや端末の疑問点が解決できない、という問題が解消しています。

 

オンラインショップではそのメリットとして頭金と事務手数料分お得に契約できるという特徴を持っています。そしてそれ以外にも時間をかけず(メンテナンス時間以外は)24時間いつでも申し込みをすることができる簡単さというのもありますし、サポートも充実しだしたという良さもあります。

こうした理由からオンラインショップは契約をするのにおすすめすることが出来るわけです。

せっかく安いスマホを契約するのですから、安いままの料金で契約するようにした方がお得になるのは間違いないため、特に機種変更のような頭金の付けられやすい契約はオンラインショップで契約したほうがお得になります。

ドコモオンラインショップ

 

値下げが行われたスマホについてはこちらの記事で
ドコモのスマホ・iPhone値下げ情報 キャンペーン変更情報のまとめ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top