スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

dカード GOLDのデメリットである年会費1万円を実質的に0円化する活用法

dカード GOLDのデメリットである年会費1万円を実質的に0円化する活用法

ドコモユーザーでこれからも長くドコモを使うつもりならば、必ず持っておきたいクレカとなっているdカード GOLD。

その保有の有無によってドコモユーザー間で還元の差が大きくなり、持っているユーザーと持っていないユーザーとで年数を経るごとに得られるお得な特典に大きな差が生まれるものになっています。

ドコモユーザーであれば絶対的におすすめできるクレジットカードがこのdカード GOLDなわけですが、実際に申し込もうとした時に気になってくるのが

年会費1万円

というポイントでしょう。

年会費がかかるということで、その年会費を打ち消すことが出来るほどの還元を果たして得られるのか、という点はdカード GOLDを申し込む前に不安にさせられるポイントかと思います。

そこで今回はdカード GOLDの唯一の難点である年会費1万円の存在について、dカード GOLDをどのようにして使えばそれを打ち消した上で各特典をさらに得ることができるのかということを考えてみたいと思います。

dカード GOLDの特典を効率よく利用して年会費を実質0円以下にする方法というのを探ってみたいと思います。

dカード GOLDの年会費を実質的に0円にするために利用したい特典まとめ

dカード GOLDは加入年度から年会費1万円が発生してしまうため、しっかりと各種特典を活用していかないと年会費分で損をしてしまう可能性があります。

年会費を実質0円以下にするのに利用できる主だったdカード GOLD特典は以下のようなものになります。

  • dカード GOLD入会特典:iDキャッシュバック
  • ドコモの通信費から毎月10%をdポイント還元特典
  • dカード GOLDケータイ補償でケータイ補償オプション費用を削減
  • 1年間に100万円以上利用で1万円分のクーポンまたはポイント、200万円以上利用で2万円分のクーポンまたはポイントプレゼント
  • dポイント複数倍キャンペーン

こういった特典を活用していくことで、dカード GOLDの年会費1万円を打ち消してくれる還元を得られた上に更なる特典というのも追加されていくことになります。

これらがあれば割引またはポイント還元といった形で1万円以上を毎年手に入れることができるため、実質的な年会費無料となり尚且つdカード GOLDのその他の特典も得ることができます。

より詳しい内容について以下で説明していきます。

dカード GOLD入会特典で初年度でも1万円ほどをiDキャッシュバックの形で還元

dカード GOLDの年会費は初年度でも発生してしまいます。

各種特典を活用するといっても効果が出てくるのはしばらく経たないと流石に厳しいわけですが、そうした中で初年度の年会費を0円化してくれる特典というものがあります。

それがdカード GOLDの入会特典として用意されている最大13,000円分のiDキャッシュバックです。

dカード GOLDに加入して条件を満たすことによってiDキャッシュバックが年会費以上に貰えるために、こちらを利用すればまずは初年度の年会費は気にしなくてよくなります。

キャッシュバックが貰える条件は以下の通りです。

金額 条件
2,000円分 入会特典
1,000円分 ドコモ通信費の支払いをdカードに設定
8,000円分 入会の翌月末までにエントリーをした上で20,000円以上の利用
2,000円分 入会の翌月末までにエントリーかつこえたらリボ&キャッシングリボ設定

こちらを満たすことによって最大13,000円分のiDキャッシュバックを得ることができます。

この中ではリボ払い設定に拒否感を覚える方もいると思いますが、そちらを無視しても11,000円分はキャッシュバックが貰えるので問題はないでしょう(キャッシュバックを貰うためだけに設定して後日解除でも問題ありませんが)。

利用条件も難しい内容ではなく、メインの支払いカードとしてdカード GOLDを設定しておけばほぼどれも満たせる条件になるかと思います。

iDはdカード GOLDに電子マネーとして付帯するため、あらたに追加で用意する必要なものもなく使えるようになっているため便利で気軽に利用できます。

初年度の年会費の悩みについてはこの特典を1万円分以上得ることでほぼ解決することでしょう。

この特典で年会費を相殺することができれば、初年度は他のdカード GOLD特典がそのまま丸々利用できるというメリットも生まれています。

まず1年目についてはこちらの特典を確実に手に入れるようにしましょう。

ドコモの通信費から10%還元特典、9,000円以上の通信費がかかっていればこれだけで年会費相当を得られる

2年目以降は通常のdカード GOLD特典を使って年会費以上の還元を受けていく必要があります。

そうした中でまとまったポイント還元を強く得られる特典として一つあるのが、dカード GOLDとドコモ回線を組み合わせることで得られる、

毎月ドコモの通信費から10%をdポイントとして還元する

という特典の存在です。

こちらはドコモユーザーがdカード GOLDへと入会すべき最も大きな理由となりうる特典です。

毎月ある程度ドコモへの支払いがあればこの特典1つだけでも確実に年会費を払ってもお得になる特典となっています。

毎月のドコモの通信費から10%がdポイントになってくれるため、毎月9,000円の支払いがあれば900dポイントが還元されることになり、1年間では10,800dポイントという年会費同等のポイントを手に入れることができます。

また家族でドコモを使っている場合、代表回線の料金は13,000円前後かかることも珍しくないため、そうした料金からは1,300dポイントなんていう高額な還元を毎月得る可能性もあります。

 

10%還元対象となるのはdカード GOLDと紐づけた回線の支払い料金となり、月々サポート適用後の料金かつ端末代を除く料金、そして1,000円単位といった条件があります。

月サポで割引後、端末代を含めないという維持費が対象になるため、支払い自体は毎月9,000円あっても月サポと端末代によっては10%還元の対象となる維持費は5,000円ほどになってしまうことも珍しくないため、その点は注意が必要です。

家族でドコモを使っていてその代表回線と組合すことができれば、10GBや15GB以上のプランで月サポや端末代を除いても9,000円近くは維持費の対象になるかと思うので、dカード GOLDと組み合わせる回線は代表回線として活用するようにしましょう。

 

ちなみにスマホの回線費用以外にもドコモ光の料金も10%還元の対象になるため、固定回線の変更が可能な環境であればドコモ光に転用しても良いでしょう。そうすればセット割以外にもこのdカード GOLDの特典を受けることができ、auのスマートバリュー以上にお得な光回線とのセット運用を可能にできます。

この10%還元があれば個人回線でも年会費の大部分が、家族の代表回線であれば年会費以上のdポイント還元を受けることができる可能性が非常に高くなっています。もしも12ヶ月間のdポイント還元が年会費1万円に匹敵するのであれば、dカード GOLDは迷わず入会すべきクレカとなるので、自分の通信・料金状況を確認することをおすすめします。

 

なお契約をするスマホが端末購入サポート機種だと10%還元の対象になる維持費がほぼスマホ代の全額になるため、dカード GOLDと相性の良い契約としておすすめできます。詳しくは以下の記事で。

12月以降の端末購入サポート入り値下げスマホに備えて『dカード GOLD』を使ったお得運用方法
12月の商戦期に向けてドコモのスマホを安く使う方法というものを紹介しておきましょう。

毎年12月から3月頃までドコモでは多くのスマホの安売りが実施されます。

dカード GOLDケータイ補償でケータイ補償オプションを解約可能

dカード GOLDにはドコモスマホに対するケータイ補償が用意されています。

こちらを利用することでスマホ契約時の補償オプションを外して運用するというのも可能になっており、浮いた費用を年会費から実質的にマイナスするという考え方ができます。

こちらはあくまでもこれまでスマホを破損させたことのないユーザーに限定される運用方法ですが、ほとんどスマホを壊すような使い方をしてこなかった方にとって、利用するかどうかわからないケータイ補償オプションに毎月500円近く支払いをするというのは、万が一を考えたとしても若干高く感じられてしまうものかと思います。

そうした中でdカード GOLDがあれば保有特典としてdカード GOLDケータイ補償を適用することができ、最大で10万円までの買い替え費用を立て替えてくれます。

スマホ契約時のドコモのケータイ補償オプションに比べると使い勝手は悪いですが、万が一のために500円ほどの料金を支払い続けるというのも負担は大きいため、これまで不注意などでスマホを破損させたことがないという場合にはオプションを切って万が一の時に頼るのはdカード GOLDケータイ補償に任せてもいいかと思います。

毎月約500円分の支払いが浮くため、約6,000円ほどを年間で節約できます。

これをそのまま年会費から引く、という考えはさすがに釣り合っていないかもしれませんが、先ほどの10%dポイント還元で年間1万ポイントにわずかに満たない場合に、こちらのケータイ補償オプションの節約という効果を補助的に加えれば多少ポイント還元が少なくても年会費相当の特典を得られると考えていいでしょう。

スマホを大事に取り扱っている方は万が一が起きた時の役割をこちらの特典に任すことでオプション代を節約でき、ひいては年会費への充当といったものが可能になります。

⇒dカード GOLD

年間100万円以上の利用で1万円分の特典+dポイント1万円分

dカード GOLDをメインのクレジットカードとして利用した場合にはさらに年会費分の還元がしやすくなっています。

dカード GOLDでは年間利用額が100万円、200万円という金額を超えると、利用特典として以下のようなものが用意されています。

  • 100万円で1万円分のクーポン、200万円で2万円分のクーポン
  • 1%ポイント還元で1万円分~のdポイント還元

というものです。

まずdカード GOLDには利用特典として100万円以上、200万円以上の利用を年間で達成すると、1万円・2万円分のクーポンが特典として配布されます。

この特典クーポンはドコモでの機種変更に使えたり、dショッピングやdトラベルで利用できるクーポン・ポイントとして還元されることになります。

100万円以上という金額は大きいですが、固定でかかる支払いをdカード GOLDにまとめたり、電子マネーであるiD機能が付帯されているために日々の支払いもそちらの電子マネー経由で利用することで、達成しやすくなっています。

メインのクレジットカードとして使うことで達成しやすいこちらの特典の存在によって、年会費分を実質0円にすることができます。

また100万円分利用した場合、通常のクレカの1%還元特典も得られるため、上記クーポン以外にも利用金額に応じて1%のdポイント還元=1万dポイント以上の還元というのが得られます。

そのため100万円以上利用することによって1万円分のクーポンの他に、1万円分のdポイントも手に入るために年間で100万円以上の支出がある場合にはその支払いをdカード GOLDにまとめることで、年会費を実質0円にできた上に1万円分以上の還元を追加で得ることができます。

dポイントはキャンペーンが多く1%以上の還元が得られる

上記の内容と続いていますが、dカード GOLDの利用だけでdポイントを1万円以上貯めるのに実際に支払う金額は、100万円も必要ない金額で達成することができます。

実はdポイントは数あるポイントの中でも特にキャンペーンが多く、ポイント還元率が通常の1%よりも高い状態でネットや街中での買い物で手に入れることができます。

キャンペーンでは過去には最大で50%還元になるものも行われており、dカード GOLDを持っているだけでも+4%倍増といった特典が得られたり、金曜・土曜日の利用を『d曜日』と称して+2%や+5%になるキャンペーンを用意しています。

こうしたキャンペーンによって本来は100万円分使わないと1万円分貯まらないdポイントが、実際の利用においては50万円も使わずに簡単に貯めることも可能になっています。

そのため先ほどの100万円分を使った場合、実際にdポイント還元として得られる金額としては2万円分以上のdポイントが手に入っている可能性も十分にあります。

このようにキャンペーンで貯まりやすいのがdポイントのため、年会費をdポイントで賄おうと思った場合そこまで高額にならない利用金額で達成できるようになっています。

特に最近はd払いがAmazonに対応したことによって、Amazonでの買い物もdポイント還元の対象・キャンペーンの対象になっているためにかなりアツいポイントの一つとなっています。

これはdポイントとそれに絡むことが多いdカード GOLDのメリットとなるため、キャンペーン時に合わせて必要なものを買うようにするといいでしょう。

メインで使っていくなら年会費の心配は不要、むしろ還元の高さが魅力のカード

このようにdカード GOLDのデメリットとなっている1万円の年会費は、

  • 初年度は入会特典のiDキャッシュバックで実質0円
  • 通信費の10%還元
  • dカード GOLDケータイ補償でオプション代の節約
  • 100万円利用で1万円特典+1万dポイント還元
  • 最大50倍のdポイント還元が得られるキャンペーンの豊富さ

といったdカード GOLDおよびdポイントの特典を活用することによって、ほぼ確実に元が取れるどころかそれ以上に大きなメリットを得ることができます。

ここに

  • 旅行保険
  • 空港ラウンジ
  • 買い物保険
  • ETCカード無料
  • 家族ゴールド1枚無料

といった特典も得られるために、年会費1万円でもそれが負担にならないクレジットカードとして使えるかと思われます。

特に初年度はしっかりとiDキャッシュバックで年会費分を実質0円にすることができれば、他の各特典が1年間でどれくらい手に入れることができるか・どうやって効率よく手に入れられるか、ということを余裕を持って試すことができるようになるというメリットがあります。

この初年度でdカード GOLDの各特典やdポイント周りのキャンペーンについて学びながら利用していくといいでしょう。

年会費に関しては1万円と高く感じてしまいますが、dカード GOLDをメインのクレジットカードとして利用すれば、その豊富な特典のおかげでほぼ心配しなくていいレベルになります。

デメリットである年会費に関しては特典をフル活用していくことで解消していきましょう。そうすることで結果的に非常に大きな還元・特典といったメリットをdカード GOLDから得ることができます。

⇒dカード GOLD

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top