スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

iPhone 8、ドコモの機種変更/MNP値下げ価格・在庫・契約後の料金や割引のまとめ

iPhone 8、ドコモの機種変更/MNP値下げ価格・在庫・契約後の料金や割引のまとめ

 

価格の安さ、指紋認証を搭載した最後のiPhoneで性能も高い、ということで今やiPhone XS以上に人気になっているiPhone 8について、契約に関する各種情報をまとめていきたいと思います。

 

iPhone 8は現在最新モデルのiPhone XSを差し置いて販売ランキングのトップに何度も躍り出るほどに人気が高くなっています。

その性能や機能といったところはもちろん、支払い負担の少ない契約が可能ということで人気の高さというのが強くなっていて、多くの方にとってiPhone XSよりも魅力的な契約に感じられているようです。

今回は特に価格や契約の面でお得で支払いの負担が軽くなっているドコモのiPhone 8の契約について、その詳細や特徴、それに安さを活かした契約の方法といったものを解説したいと思います。

iPhone 8の契約に興味を持っている方は、こちらの詳細でその契約の内容や魅力的なところというのを確認してもらえればと思います。

ドコモオンラインショップ:iPhone 8

ドコモのiPhone 8:機種変更とMNPで安く、在庫も確実に確保しやすい

まずはドコモのiPhone 8契約について、各種契約周りの情報をまとめていきましょう。

ドコモのiPhone 8の価格/月々サポート

iPhone 8 64GB

iPhone 8 64GB 機種変更 新規 MNP
販売価格 88,776円
(3,699円×24回)
10,368円
月々サポート ▲2,889円 ▲2,889円
(端末購入サポート)
実質価格 19,440円 19,440円 10,368円
(端末購入サポート)

iPhone 8 256GB

iPhone 8 256GB 機種変更 新規 MNP
販売価格 106,920円
(4,455円×24回)
28,512円
月々サポート ▲2,862円 ▲2,862円
(端末購入サポート)
実質価格 38,232円 38,232円 28,512円
(端末購入サポート)

iPhone 8に関しては特に64GBモデルの価格や割引といったところが手の出しやすい価格になっています。

在庫がしっかりと入ってくるのも64GBモデルとなっているため、ドコモのiPhone 8に関しては64GBモデルを中心に考えていくこととなります。

一括価格こそ8万円するものの、月々サポートが増額されて毎月の割引金額が機種変更でも2,889円を得られます。これにより実質価格に関してはiPhoneとしては格安な部類の2万円以下、19,440円という低価格を実現しています。

機種変更の実質価格が19,440円というのはドコモの機種変更価格全体の中でも安い価格となっているので、2年間の利用が前提になると言ってもそれが苦にはならないレベルで手の出しやすい金額となっています。

この価格ならば確かに機種変更はしやすいでしょう。

 

MNPになると価格が大きく変わります。

端末購入サポートの適用によって一括価格が大幅に値下げ。一括10,368円とiPhoneとしてはとんでもなく安い価格を見せています。

端末購入サポートは14ヶ月以内という短期的な解約や機種変更にペナルティ、そして101日以内のSIMロック解除にもペナルティがあるなど注意点の多い契約ではありますが、1年以上継続して使うつもりであればほぼそれらの注意点は問題がなくなるため、そこがクリアできるのならばMNPする価値は十分にあります。

割引が全て端末値引きに使われるため月々サポートはありませんが、工夫次第では維持費に割引をつけることができるためにこちらも手の出しやすい価格を実現した契約です。

 

ドコモのiPhone 8の価格情報についてはこのようになります。

機種変更でもかなりお得な実質価格が設定されており、iPhone 8の性能や機能を考えるとコストパフォーマンスの良さというのを強く感じられます。人気が出るのも納得の安さです。

現状iPhone 8 64GB以外は入手困難となってしまっているため、64GBの価格を中心に考えていく必要があります。

 

iPhoneはリセールバリューも期待出来て「次の機種変更」にも役立つ

こうした契約時の安さの他に、iPhone 8の特徴として次の機種変更にも役立ってくれるというものがあります。

どういうことかというと、iPhone 8は次のiPhoneに機種変更などをしようとした際に、「売却」や「下取り」といった形でiPhone 8を手放すと、その売却金額が比較的高額になるというリセールバリューの高さというもの目立ってきます。

元々iPhone全体のリセールバリューは高いわけですが、iPhone 8のように性能も高い上に指紋認証最後の機種と言う特徴のあるスマホは、数年経過してもある程度まとまった金額の買取・下取り価格をつけてくるかと思います。

ケースやガラスフィルムを使いながら綺麗に使っていけば、次の機種変更の時に新しいスマホを安く購入することに繋がる買取・下取り価格を見せてくれる力を持っているのがiPhone 8のため、そうしたリセールバリューの高さというのも考慮するとこの価格で契約できるというのはコストパフォーマンスの良さを強く感じる魅力の高い契約であるといえます。

 

ドコモのiPhone 8:契約後の毎月の維持費

ドコモのiPhone 8の価格についてはこのようになりますが、では実際に契約後毎月どのくらいの料金がかかってくるのかというところも詳しく見ていきましょう。

iPhone 8 64GBを契約した場合の各料金プランでの維持運用費用というのをそれぞれのプランで算出してみましたので参考にしてください。

機種変更

2台目プラス・家族シェア子回線

プラン構成 一括時
(88,776円)
分割時
(3,699円×24回)
シンプルプラン
+
シェアオプション
0円(▲967円) 3,699円(▲967円)

家族回線

プラン構成 シェアパックSTEP 一括時
(88,776円)
分割時
(3,699円×24回)
シンプルプラン
+
ベーシックシェアパック
~5GB 5,513円 9,212円
~10GB 8,213円 11,912円
~15GB 11,453円 15,152円
~30GB 14,693円 18,392円

個人回線

プラン構成 STEP 一括時
(88,776円)
分割時
(3,699円×24回)
シンプルプラン
+
ベーシックパック
~1GB 1,625円 5,324円
~3GB 2,813円 6,512円
~5GB 3,893円 7,592円
~20GB 6,053円 9,752円
MNP

2台目プラス・家族シェア子回線

プラン構成 一括時
(10,368円)
シンプルプラン
+
シェアオプション
1,922円

家族回線

プラン構成 シェアパックSTEP 一括時
(10,368円)
シンプルプラン
+
ベーシックシェアパック
~5GB 8,402円
~10GB 11,102円
~15GB 14,342円
~30GB 17,582円

個人回線

プラン構成 STEP 一括時
(10,368円)
シンプルプラン
+
ベーシックパック
~1GB 4,514円
~3GB 5,702円
~5GB 6,782円
~20GB 8,942円

※ベースはどれもシンプルプラン。5分かけ放題のカケホライトは+778円、24時間定額のカケホーダイを選択の場合は+1,858円、表内の合計に追加する必要があります。

 

高額ではありますが一括でiPhone 8を購入した場合には月々サポートが2,889円が効くために一部のプランにおいては0円運用またはマイナス運用できるプランがあります。

子回線でのマイナス運用では余った割引分が代表回線の割引に充填されるために、無駄なく割引を活かせたうえに家族全体の通信料を安くすることができます。

分割での維持費は高くなってしまいますが、それでも高額な実質価格をつけるスマホよりも安く、前述したリセールバリューなどのメリットを考えると全体と比べても料金としては安くなっています。

 

端末購入サポートで契約するMNPについては一括のみの計算になっています。一括10,368円となるので購入する上で難となる部分は少なく、分割でも数百円しか違わないために一括時の維持費のみで考えればよいでしょう。

端末購入サポートの場合割引が発生しないため、素のドコモの料金プランが支払いとして発生します。

 

端末購入サポートとdカード GOLDの組み合わせ

なおこの端末購入サポートを契約する場合、特に代表回線での運用においてdカード GOLDと組み合わせることで安くすることができます。

dカード GOLDの持つ特典の一つである維持費から10%分をdポイントに還元する、というのが端末購入サポート契約と非常に相性がよく、そちらを使えば実質的に毎月10%割引される形でスマホを持つことができます。

詳しいメリットおよびデメリットは以下の記事で書いているので、MNPで契約する場合にはこちらを一読しておいてもらえればと思います。dカード GOLDを持つことでかなり料金を節約することが出来ます。

またもしも機種変更でも大容量のプランで家族代表回線を運用するならば有効なアイテムになっています。

⇒dカード GOLD

12月以降の端末購入サポート入り値下げスマホに備えて『dカード GOLD』を使ったお得運用方法
12月の商戦期に向けてドコモのスマホを安く使う方法というものを紹介しておきましょう。

毎年12月から3月頃までドコモでは多くのスマホの安売りが実施されます。

 

ドコモのiPhone 8:在庫状況と予約の有効性

次はドコモのiPhone 8の手に入れ方についてを説明していきましょう。

まずはドコモオンラインショップにおけるiPhone 8の在庫状況というのを確認してみましょう。

レッド ゴールド シルバー スペースグレー
iPhone 8 64GB 在庫なし 予約受付中 予約受付中
iPhone 8 256GB 入荷待ち 在庫なし 在庫なし 在庫なし
iPhone 8 Plus 64GB 在庫なし 在庫なし 在庫なし 在庫なし
iPhone 8 Plus 256GB 在庫なし 在庫なし 在庫なし 在庫なし

より最新の在庫状況はこちらの公式サイトより↓
https://www.mydocomo.com/onlineshop/products/iphone/index.html

現在のドコモオンラインショップのiPhone 8の在庫状況を見てもわかるように、iPhone 8はかなり入手がしづらくなっています。

オンラインショップでは一部のカラー以外は要予約、ショップ店頭でも在庫状況は不明瞭な店も出てきており、契約がしづらくなっています。

このためドコモのiPhone 8に関しては欲しい時にすぐに契約することがしにくくなっているのに注意が必要です。

 

こちらのiPhone 8の在庫不足への対処策としては、シンプルで裏技感は全くないですがオンラインショップで予約を行って契約することが一番効果的です。

その理由としてはオンラインショップで予約を受け付けている機種に関しては、ほぼ確実に在庫を用意できる機種しか予約を受け付けていない、というものになっているので、入荷予約を行って在庫が確保されるのを待つという方法が最も確実に契約を行える方法となっています。

ドコモのiPhone 8をこれから契約しようと考えている場合は、必ず予約を行い在庫が回ってくるのを待ちましょう。待つといっても1週間前後で大体確保はされるかと思うので、そこまでじっくり待つという感覚はなく契約へ移れるはずです。

 

ドコモのiPhone 8:時間をかけても契約する価値のある価格の安さと性能の高さ

iPhone 8はiPhone XSに比べると画面の大きさやFace IDが使えないという点、それにAntutuで10万点近く離される性能差といったところでネガティブな比較がなされてしまいますが、

iPhone XSと比べて30gも軽い本体重量、画面は大きくない分本体サイズも持ちやすいコンパクトさ、性能差はあるといっても単体のAntutuスコアは20万点前後と十分な性能、指紋認証を搭載する最も高性能なモデル、といったiPhone XSよりもポジティブな比較箇所もあるのがiPhone 8の特徴です。

加えて防水・防塵、ワイヤレス充電、Apple Pay対応などの使いやすい機能も揃っているために、これから選ぶスマホとしては十分に性能も機能も充実して利便性の高いスマホであるのは間違いありません。

その上で今回紹介してきたように価格の安さといったものが用意されているため、ドコモのiPhone 8は今からでも契約する価値は十二分にあるでしょう。

人気の高さゆえに入手のしづらさはあるものの、予約を行えるうちは在庫を確実に確保してくれるようになっているので、その辺りはしっかりと手続きを行っておけば問題ないでしょう。

機種変更、MNP共にドコモのスマホの中でも目立つ安さを実現しているiPhoneとなっているので、安くて高性能なiPhoneを求めている方は予約もできなくなってしまう前に契約に動くようにしてください。

ドコモオンラインショップ:iPhone 8

 

機種変更なら頭金のないオンラインショップで、5,184円引き以外にも豊富なメリットが

ショップ店頭10万円を超える機種にも普通に1万円の頭金を追加してくる状態

なお今回もしも契約をするならドコモオンラインショップを利用することをおすすめします。なぜならオンラインショップではショップ店頭での契約より場合によっては12,000円以上安くすることが出来るからです。

また待ち時間や契約時間といったものにも悩まされず契約できるので、ショップ店頭を使うよりもお得になっています。

なぜドコモオンラインショップを利用すると安くなるのかというと以下の5つのメリットが用意されているからです。

  • 頭金が0円
  • 事務手数料が0円
  • オプションも任意加入
  • 待ち時間がなく契約完了まで5分程度
  • 自宅への配達やドコモショップへ配達してくれて無料で初期設定

こうしたメリットがあるためにドコモオンラインショップでの契約というものを勧めています。

頭金と事務手数料は特にショップ契約と差があります。こちらはオンラインショップだとどちらも無料ですが、ショップ店頭では頭金が10,800円前後、事務手数料も2,160円または3,240円がかかって来る可能性が非常に高く、ショップ店頭だとオンラインショップと比べて大きく損をしてしまう契約をさせられる可能性があります。

より詳しい内容は別記事に任せますが、この頭金というユーザーは支払う必要のない料金と、オンラインショップだけが避けられる事務手数料というのを回避できるというのがオンラインショップの特に強みと言える部分となっており、こちらでの契約というのは安い契約をする、というよりも高い金額で支払わなくて済むという点でメリットがあります。

せっかく安いスマホを契約するのですから、安いままの料金で契約するようにした方がお得になるのは間違いないため、特に機種変更のような頭金の付けられやすい契約はオンラインショップで契約したほうが安くなります。

ドコモオンラインショップなら『絶対に損をしない』機種変更ができる 5つのメリットを中心にお得な契約の方法を解説

ドコモやau、iPhone・スマホ契約時の『頭金』について

ドコモオンラインショップ

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top