スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ドコモ、12月14日から夏モデルをFOMAからの契約変更で値下げ ウェルカムスマホ割や学割とセットで安く

ドコモでは12月14日から再び値下げを実施します。

今回はそこまで需要が多くない契約変更による値下げではありますが、現在実施しているウェルカムスマホ割や学割の適用条件も場合によっては満たすことが出来るため、今回の値下げを活用できる場合にはその他の割引と合わせて非常にお得な形での契約というものができる可能性があります。

前回の12月1日の値引きと合わせて今回の変更点を確認していきましょう。

なお最新の値下げ情報、その他の機種の値下げ情報については以下の記事で書いているので、ドコモの値下げスマホの内容をまとめて確認したい場合にチェックしておいてください。

ドコモのスマホ・iPhone値下げ情報 キャンペーン変更情報のまとめ | スマホ辞典

スポンサードリンク

ドコモ12月14日からの割引増額施策

早速ですが12月14日からの割引についてまとめてあるので確認してください。

MNP 新規 契約変更
FOMA→Xi
機種変更
Galaxy S9 SC-02K 一括10,368円  一括10,368円 実質19,440円 実質29,808円
Galaxy S9+ SC-03K  一括32,400円  一括49,248円 実質38,880円 実質49,248円
Xperia XZ2 SO-03K  一括15,552円  一括32,400円 実質22,032円 実質32,400円
AQUOS R2 SH-03K  一括16,848円  一括33,696円 実質23,328円 実質33,696円
Xperia XZ2 Compact SO-05K  一括10,368円  一括16,848円 実質10,368円 実質16,848円
Huawei P20 Pro HW-01K  一括10,368円  一括18,972円 実質10,368円 実質18,972円
Xperia XZ2 Premium SO-04K  一括34,992円  一括51,840円 実質41,472円 実質51,840円

※全価格ドコモオンラインショップ10周年特典を適用して5,184円引き済み、ドコモショップなどでは5,184円上乗せした価格が公式価格となります。

この表の中ではFOMA→Xiへの機種変更=契約変更が安くなるという値下げになっています。

対象となるのは普通の機種変更ユーザーではなく、FOMA契約をしているユーザーの機種変更が対象となります。

FOMA契約として対象になるのはFOMAケータイ(ガラケー)が中心になりますが、その他にもらくらくホンやキッズケータイも対象となっています。

 

これからスマホの運用を始める方向けの値下げではありますが、Xperia XZ2 ComapctやHuawei P20 Proが実質10,368円で契約できてしまうのは非常にお買い得であり魅力的でもあります。

既存のドコモユーザーでもMNPに近い価格で契約できるので、FOMA契約を持っている方は前向きにスマホへの変更を検討すべきかと思います。特にキッズケータイからの契約変更でこれらの価格で契約できる上に、契約期間が長ければ後述するドコモの学割適用も使えるので、維持費の部分でも優れた安さを実現することが出来ます。

 

FOMA契約を18ヶ月以上継続していればウェルカムスマホ割か学割が適用出来てさらに安く

今回の値下げの良い所は、端末価格の実質的な値下げ以外にもFOMA契約からの契約変更を対象にしたキャンペーン施策が行われているため、そちらも一緒に適用できるようであればさらに割引を追加することが出来るようになっています。

適用できるキャンペーンは

  • ウェルカムスマホ割
  • ドコモの学割(2019)

の2つです。こちらがFOMAからXiへの契約変更によって適用できる可能性というものがあるため、今回の値下げ機種を契約する際にはこちらのキャンペーンの適用条件も満たしているか同課を確認しておくと絶対的にお得になります。

ウェルカムスマホ割と学割、どちらにも共通して適用条件として用意されているのは、

18ヶ月以上継続利用しているFOMA回線からの機種変更

という条件があります。このため、FOMA契約をした直後の回線や6ヶ月程度の維持の回線からの機種変更ではこちらのキャンペーンは対象外となっている点に注意が必要です。値下げ機種は月々サポート適用条件の6ヶ月で契約することが出来ますが、こちらのキャンペーンも適用しようとした場合には18ヶ月必要となります。

学割の場合はここに25歳以下という条件も加わってくるため、もう少しハードルが上がります。

 

こうした条件を満たした場合、どちらも共通の特典として

1,500円(税込1,620円)の割引が最大13ヶ月続く

というものがあります。総額では約2万円分の割引が約1年間で適用されるという大きめの割引施策となっており、どちらかのキャンペーンを適用出来れば2万円以下の値下げスマホは実質価格を0円やマイナスだと考えることもできる内容になっています。

これだけの割引が適用できるため、FOMA回線を持っている方で18ヶ月以上の利用があるようならば今回の値下げスマホを契約するというのは良い選択になるのではないかと思います。端末の実質価格というのが多くの機種で契約しやすくなるため、スマホへ変更するのにまたとない機会となっています。

 

またキッズケータイを子どもに持たせている場合にも契約期間によってはスマホへの変更を予定よりも早く行ってみても良いかと思います。キッズケータイからの契約だと学割の適用といったところができるかと思いますので、そちらが適用されると1,500円の割引の他にもう一つ特典として、

家族割内にある回線の数だけdポイントがもらえる

という特典を得ることが出来ます。

dポイントは基本2,500dポイントで、1月31日までの契約で追加で1,000dポイントがもらえるようになっており、最大で1回線あたり3,500dポイントがもらえます。

これによって3人家族で3回線持っている状態で1万ポイント近くがもらえることになりますので、家族のドコモ回線が多ければ多いほどよりポイントを多くもらえるようになる特典が用意されています。

25歳以下であればこちらの学割の適用も可能なため、FOMA回線所有・18ヶ月以上経過・キッズケータイという回線を持っているのであれば、今回の値下げに乗じてスマホへ変更するというのが割と賢めの運用になるのではないかと思います。

ウェルカムスマホ割でガラケーやキッズケータイから格安にスマホへ機種変更する方法 | スマホ辞典

ドコモの学割2019が12月より開始 割引+ポイント特典が強烈も、機種変更やdocomo with周りで注意点が必要 | スマホ辞典

 

FOMAからの機種変更というのは今回の値下げや現在実施されている施策によって非常に優遇されているので、回線を所有している方はうまく施策を重ねながらスマホへとお得に契約変更をしてみて下さい。

値下げは12月14日。オンラインショップでは10時から価格が反映されます。

ドコモオンラインショップ

 

 

将来的にもこうしたキャンペーンは続くかと思うので、小さいお子さんがいる方は以下のようにキッズケータイを持たしておくと良いかもしれません。
ドコモのキッズケータイ(F-03J)を購入しておき将来スマホへとお得に機種変更をする、という子ども向けスマホ契約術

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top