スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ドコモの学割2019が12月より開始 割引+ポイント特典が強烈も、機種変更やdocomo with周りで注意点が必要

ドコモの学割2019が12月より開始 割引+ポイント特典が強烈も、機種変更やdocomo with周りで注意点が必要

ドコモでは2019年向けの学割の提供を12月1日から開始します。

今回の学割は従来の内容に比べてもシンプルなものでまとめられています。特典内容としては「本人への割引」と「家族へのdポイント進呈」の2つです。

25歳以下を対象とした学割となっているため、対象年齢の本人及びその家族は内容をチェックしておくとお得な特典を手に入れられる契約が出来るかもしれません。

主に適用条件に関して少し注意点が必要となってくるので、その辺りの説明を加えながら特典内容を見ていこうと思います。

ドコモの学割2019

機種変更はFOMAから以外は対象外、docomo withの割引も重畳できない

ドコモの学割の特典内容についてを説明する前に、まずは適用条件に関するポイントで知っておくべきところをまとめておきたいと思います。

ドコモの学割2019を適用するには、

  • 25歳以下
  • 新規契約・MNP・契約変更が対象

という条件が必要になってきます。

こちらの中では25歳以下というのはわかりやすいですが、もう一つの契約種別による適用条件というのは注意しておきたいポイントになっています。

ドコモの学割2019ではその適用条件には機種変更が対象にはなっていません。ただしFOMAからXiという形での機種変更=契約変更であれば、ドコモの学割2019を適用することが可能になっています。

Xiというのはいわゆる最近のスマホを契約する際にほぼ必ず満たすポイントなので問題ありませんが、FOMAからの機種変更というのは要はガラケーやキッズケータイのような契約から機種変更をした場合という条件になるため、余程古いスマホを使っているユーザー以外のスマホユーザーではこの契約変更という形の機種変更という条件を満たすことが出来ません。

新規とMNP、そしてガラケーやキッズケータイからの機種変更のみが今回の学割適用のための条件となります。

またこのガラケーやキッズケータイのFOMA回線の契約は、現在の契約が18ヶ月以上利用していることが条件となるため、学割適用のために直前で契約を変えたり新規契約をしても意味がありませんので注意が必要です。

 

こちらの条件を満たした上でスマホを契約することによって、対象者は1,500円の割引を適用できるのですが、こちらの割引が、

  • docomo withとウェルカムスマホ割と重複して適用できない

という条件になってしまっており、月々サポート契約や端末サポート契約のスマホを契約することが必要となってきています。

お得に長期的な運用が可能になるdocomo withを契約したい場合には、一旦端末購入サポートを契約して1年間学割を適用させたのち、端サポの14ヶ月間の契約解除料発生期間が経過後に再度機種変更をするといった方法が考えられます。これなら最新モデルのiPhone XRをdocomo withで利用できる可能性もあります。

 

まず条件としてこのような内容になっています。単純な機種変更では適用できない点、人気のdocomo withの適用やウェルカムスマホ割と重複できない点というのは実際に契約する前にチェックしておくべきポイントでしょう。

 

ドコモの学割2019特典は1,500円割引とdポイント

こうした条件で適用されるドコモの学割によって得られる特典は

  • 学生対象回線に1,500円の割引を最大13ヶ月間
  • 家族グループ全員にdポイントを2,500ptづつプレゼント

となっています。

 

特典の一つ目は学生本人に対する1,500円の割引です。

最大13ヶ月間適用されることで、最安の維持費はシェアオプションでの運用で280円になります。

家族でドコモを使っている場合には25歳以下の年代はシェアオプションでの運用が基本となるかと思うので、かなり安い料金での利用を1年間行えることになります。

大まかな維持費としては以下のような料金が想定されます。(各料金は税込みです)

子回線 シェアオプション
シンプルプラン 302円
カケホライト 1,080円
カケホーダイ 2,160円
代表回線
(家族シェア親回線)
ベーシックシェア
(~5GB)
ベーシックシェア
(~10GB)
シンプルプラン 6,782円 9,482円
カケホライト 7,560円 10,260円
カケホーダイ 8,640円 11,340円
個人回線 ベーシック
(~1GB)
ベーシック
(~5GB)
シンプルプラン 2,894円 5,162円
カケホライト 3,672円 5,940円
カケホーダイ 4,752円 7,020円

 

 

もう一つの特典はポイント特典です。

こちらは2つのポイント特典が用意されています。

  • 学生とそのファミリーグループに入る家族に対して2,500dポイントをプレゼント
  • 2019年2月1日までに条件を満たしている場合、早期特典としてさらに1,000dポイントをプレゼント

という内容です。

2月1日までにドコモの学割契約を適用させておけば、1人あたり3,500dポイントという非常に大きな還元を得ることが出来るものになっています。

3人家族なら10,500dポイント、4人家族なら14,000dポイントというポイント特典が学割適用によって手に入るため、特典内容としてかなり魅力的な内容となっています。

 

割引とポイント特典という2つのシンプルな特典ではありますが、実際の特典金額というものを考えるとかなり高額なものになっているのは間違いないため、積極的に適用を狙っていきたい学割キャンペーンとなっています。

 

おすすめの機種は新規MNPならiPhone XR!契約変更はiPhone 8などで

もしもこのドコモの学割2019を適用させてドコモと契約したい場合、おすすめの契約スマホというのをいくつか挙げておきたいと思います。

まず新規とMNPならば端末購入サポートで一括25,920円という信じられないぐらいの安さにまで落ちてきたiPhone XRが挙げられます。

価格が一括で買いやすいものになっていて、新規も対象ということで多くのユーザーにとって購入しやすいものになっています。新規とMNPならばこのスマホは契約筆頭となるでしょう。

ドコモ、iPhone XRをMNP一括31,104円からに値下げ オンラインショップでは5,184円引きで2万円台にも | スマホ辞典

 

契約変更ではiPhone 8のような安い機種や、12月以降の値下げでFOMAからの契約変更でさらに割引が増額したスマホを契約するといいでしょう。

もしも契約変更で安い機種を狙いたい場合には当サイトでも値下げ情報を逐一お知らせしていくのでチェックしてもらえればと思います。

ドコモのiPhone 8の価格/値段が値下げ&在庫切れ発生中 安く機種変更できるお買い得な金額で人気に | スマホ辞典

ドコモ、11月から大規模値下げ 夏モデルや17年冬モデルの機種変更価格が最安648円から | スマホ辞典

 

条件は少し厳しいもののiPhone XRのような乗り換え安い機種もあり総合的にお得な内容に

ドコモの学割2019の内容としてはこのようになります。

条件は機種変更が除外されているために既存ユーザーにとって厳しい内容となってしまっていますが、それでも高額な割引、家族の人数次第では強力なポイント還元といったところは確かに魅力的な内容となるはずです。

しかも今ならちょうどiPhone XRの新規とMNP価格が一括25,920円というとてつもなく安いものになっていますから、こちらを契約することによって安価に学割を適用させた上で高性能なスマホを手に入れることが出来ます。

新規契約やMNPでの契約に抵抗がないのであれば、ドコモの学割+iPhone XRの組み合わせというのは安くて良いスマホの契約を実現できる内容になっています。

ドコモの学割2019

ドコモオンラインショップ:iPhone XR

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top