スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ふるさと納税『ふるなび』でAmazonギフト券が40%還元で再登場

※本文でも予想していた通り、やはり監視の目が甘い10月5日金曜日の夜からゲリラ的に受付を再開していますのでお早めに!

 

とりあえず寄付して返礼品として申し込んでみました。

 

 

ふるさと納税が行えるサイト『ふるなび』にてAmazonギフト券が返礼品として追加されています。

もはやどのあたりが「ふるさと」なのかわかりませんが、おそらく多くの方が便利に色々なものを購入できるであろうAmazonギフト券がふるさと納税の返礼品として登場、その還元率が40%を超えているためにSNSなんかでも今騒がれています。

これまで商品券や家電製品のふるさと納税返礼品が騒がれていましたが、今回のギフト券はそれら以上にお得度が高く、これまでの中ではQUOカードに次ぐお得な内容となっています。

商品券は用途の限定された旅行券や百貨店のものが中心で自由度の高いAmazonギフト券との比較では使いづらく、家電製品も還元率は50%いかないものが多いために元々価格が安いAmazonでギフト券を使って購入した方が返礼品を選ぶより安価に手に入れることが出来るためです。

おそらくこの9月末中にすぐに終了してしまうと思われるため、ふるさと納税寄付枠をまだ使ってない方はこちらが終わる前に申し込みしておきましょう。

 

静岡県小山町でAmazonギフト券40%還元の返礼品

規制のニュースが流れている中でAmazonギフト券なんていう議論の的にされてしまうような返礼品を用意しているのは、静岡県小山町の自治体です。

こちらで40%の還元率でAmazonギフト券が貰えるようになっています。

一応ふるなびでは9月29日21時時点で確認はしていますが、かなり内容として総務省を怒らせる内容になっているので、日曜日あるいは省庁の動く月曜日までには返礼品申し込みのページは無くなっている可能性がかなり高いです。

※10月5日金曜日の夜から復活を確認しています。

なのでこちらの記事を読んでまだページが残っていて、40%の還元率を維持しているようならば早めに申し込みを済ませておくことをおすすめします。

ちなみにふるなびでは寄付金額の1%がさらに追加でAmazonギフト券として還元されるので、実際に貰えるギフト券としては更に多くなります。

 

 

ふるなびサイトから「カテゴリー」⇒「特典・ギフト券」⇒「新着順」と探すことで最新のギフト券情報を見ることができるので、そちらでしっかりとAmazonギフト券がまだあるかどうか、そして還元率も40%あるかどうかを確認して申し込んでみてください。

またふるさと納税可能な寄付額がわからない場合でも大体の金額をふるなびでは算出してくれるシミュレーターがあるので、そちらを一つの参考にしてみるといいでしょう。

ふるさと納税『ふるなび』

 

Amazonギフト券が終わっても『ふるなび』は今後も要監視をおすすめ

なおもしもこの記事を読んでもらっている時に既にAmazonギフト券の返礼品が終了していたとしても、まだ希望を捨てる必要はありません。

このふるさと納税サイトの「ふるなび」ではふるさとチョイスなどが自主規制をしている家電製品や今回の商品券のような「グレーゾーン」な返礼品を多数用意しており、今回のように省庁の監視や通達が弱まる金曜から土日には「期間限定」として高還元のギフト券や商品券をゲリラ的に追加する傾向があります。

そのため今回のギフト券が手に入れられなくても、結構な確率で今後もゲリラ高還元商品券といったものが追加されてくることが予想されます。

食べ物なんかはふるさとチョイスや楽天ふるさと納税といったところのほうが充実していますが、商品券や家電製品ではふるなびの自主規制なんてどこ吹く風といった態度に敵うサイトはありません。

そのため、より高還元にふるさと納税をお得に行いたい場合には、ふるなびに登録しておいて土日を中心に新着順をチェックしておくことをおすすめします。

寄付額の1%Amazonギフト券還元などちょっと他のサイトとはやり方が「ふるさと納税離れ」しているところがあるため、お得な返礼品にありつける確率が高くなっています。

ふるさと納税『ふるなび』

まあ当サイトはスマホのサイトなので関連したことを言えば、このAmazonギフト券があればふるさと納税でSIMフリースマホを購入できます、という風に使うことになるでしょうか。

もし枠に余裕があれば利用してみてください。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top