スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ドコモオンラインショップなら『絶対に損をしない』機種変更ができる 5つのメリットを中心にお得な契約の方法を解説

ドコモオンラインショップなら『絶対に損をしない』機種変更ができる 5つのメリットを中心にお得な契約の方法を解説

この記事ではドコモのスマートフォンを契約する際に『絶対に損をしないで契約する方法』についての紹介と詳しい説明を行いたいと思います。

今ドコモのスマートフォンの契約をショップでした人のほとんどが、あらゆる面で『損な契約』をさせられていることが問題になっています。

正しい契約に関する知識を持っていれば、金銭面ではもちろん時間などの契約に関する『損』な内容を避けられるはずが、正しい知識を持たずに契約することによって多くの『損』をスマホの契約時に受けてしまう人々が後を絶たず、それらの被害なんかがTwitterやFacebookを中心に怒りと共に報告が相次いでいます。

この『損な契約』の中身というのは主に以下のような内容です。

  • 支払い金額が値上げされてしまう
  • 不必要な契約を半ば必須とされてしまう
  • スマホ1台の契約なのに数時間近くショップに拘束された

というような「金銭面での損」「時間的な要素での損」といった内容が特に大きな不満を生んでいます。

この記事ではそうしたスマホ契約時にさせられてしまう可能性が非常に高い『損な契約』を回避する方法としての「オンラインショップの活用法およびメリット」といった話題を中心に解説をしていこうと思います。

しっかりとスマホの契約に関する正しい知識を持ってもらえれば、ドコモのスマホに限らずキャリアのスマホを契約する際に他の人たちより確実に損をしないで契約できることになり、その分他の人たちよりも結果的にお得な契約というものを可能にすることができます。

ぜひ今回の記事で損を避けてもらってお得な形でスマホの契約をしてもらえればと思います。

ドコモオンラインショップ

損をさせてくるのは実店舗のショップが中心、それを避けるためのオンラインショップで契約するのが最善策

今回はスマホの契約において絶対に損をしない方法について解説するわけですが、この損をしないという点において解決方法として共通するのがオンラインショップを利用するということです。

オンラインショップを利用することによって、今ユーザーの間で不満が出ている「損」な契約はほぼ避けることができます。

言い換えれば『損な契約』が発生してしまう契約のほとんどは実店舗のショップでの契約において起こっています。いわゆるドコモショップやヨドバシカメラやヤマダ電機などの家電量販店、あとは小型の店舗で複数のキャリアのスマホ契約を取り扱う併売店といった実店舗のショップでは、これから契約しようとしているユーザーに対して「損」になってしまう契約というものをさせてきます。

ユーザーにとって「損」を生む契約を実店舗のショップが起こしてしまう原因は、主に以下の要素が発生するからです。

  • 頭金の支払要求
  • オプション契約の半強制契約
  • 待ち時間と契約時間による拘束

これらのユーザーにとってはデメリットとなる要因が実店舗のショップ契約では発生してしまうため、ユーザーからすると多くの不満を感じる『損な契約』が生まれてしまいます。

これらはどれも金銭面そして時間的な点でも「損」であるために、これらがショップで発生してしまったらお得に契約することはまずできていないということを覚悟しなければなりません。

こうした損する要因について、オンラインショップではそのメリットとしてどの要因も発生しないという特徴を持っています。このためオンラインショップを使って契約することによって、ユーザーが損をする契約というものを避けることができ、結果的に他のショップで契約している人たちなんかよりもお得な契約を抜け駆けして行うことができるというわけです。

というわけで結論として今騒がれている『損な契約』をしないための方法としては、オンラインショップを通してスマホの契約をすることで他の人よりもお得になって絶対に損をしないで契約することができる、ということになります。

ただこれだけだとまだよくわからないと思うので、以下の項目では損をしてしまう内容というものを深堀していくことによって契約に関する知識を持ってもらい、その中で改めてオンラインショップのメリットというものを実感してもらえたらと考えています。

どうしてショップでの契約が損になるのか、どうしてオンラインショップでの契約がお得になるのかをより詳しく具体的な数字を出しながら説明します。

ドコモオンラインショップ

「頭金」の存在が「損な契約」の大きな原因

店頭のショップにおいて「金銭的な面での損」を生み出してしまう最も大きな原因となっているが「頭金」の存在です。

今回のテーマである「損な契約」を引き起こしている要因として、この「頭金」の存在はメインの話題と言っていい「損」の中心的な存在です。

「頭金」があるから店頭ショップの契約はお得にならないし損をする契約になるのです。

そしてドコモオンラインショップではこの「頭金」がありません。そのため店頭ショップと違って損をしなくて済むのです。

そもそも頭金とは?頭金があることで料金はどれくらい変わる?

これだけだとまだ説明が十分ではないため、スマホ契約における頭金の性質と何故ショップでつけられるのか、そして頭金が付くことで実際の支払いの料金がどれくらい変わるのかということを解説していきます。

店頭ショップ契約における「頭金」は、普通の契約商品の頭金とは全く性質が異なるという点をまず知っておいてください。

普通頭金と聞いて思い浮かべるのが、高額商品の購入時や分割支払い商品にかかる「支払い総額の一部を先払いする」ものというイメージがあると思います。

本来の頭金の概念としてはそうした支払い金額の一部を先払いするという認識であっているのですが、スマホの契約の世界における「頭金」はそういった世間一般の常識とは異なる内容で運用されています。

スマホ契約の世界では頭金は実質的な「ショップ利用手数料」といった表現がピッタリのものになっていて、「支払いの一部を先払い」する性質の頭金とは全く異なる特性になっています。

どういうことか、もう少し具体的に説明していきましょう。

世間一般の常識で使われている頭金というのは、その頭金を支払うことによって残りの支払い総額が頭金の分だけ少なくなり、それに伴い分割支払いなどの金額も少なくなるわけですが、スマホの契約で使われている頭金はそういった類の意味合いはありません。

スマホの頭金はそれを支払っても残りの支払い総額が安くなることはありません。ただただ単純に頭金の分だけ「追加で支払いが必要な費用が増える」という性質になっています。

例えばですが、世間一般の常識だと100,000円の商品に対して頭金を20,000円支払ったとすると、残りの80,000円が商品残債となって分割支払いなどの形で生産していくことになります。ところがスマホの頭金であると、100,000円のスマホの対して20,000円の頭金を支払ったとしても、商品たるスマホの支払いは全く減っておらず100,000円が残債としてそのまま残ることになります。

つまり頭金を支払ってもスマホの価格や支払いに一切何も影響しないものになっており、「単なる値上げ」をしているだけなのです。

普通の契約商品 ドコモショップ等
商品価格 80,000円 80,000円
頭金 20,000円 20,000円
総支払額 60,000円+20,000円
=80,000円
80,000円+20,000円
100,000円
なぜ単なる値上げが行われてしまうのか、ショップ利用手数料の意味

これがスマホの契約における「頭金」と呼ばれている支払いの特性です。

頭金とは名ばかりで、頭金を支払ってもそれが商品の価格からちゃんと割り引かれないという酷い仕様の「単なる値上げ」という特性です。

ここで一つ疑問として出てくるのがなぜ単なる値上げにしかならない頭金が発生してしまうのかということでしょう。

これについては非常にわかりやすい理由から頭金がつけられています。それは「ショップの利益・儲けのため」です。

どのドコモショップも直営店というものはほぼ無く、どこも代理店としてドコモスマホの販売を行っています。

これらのショップの主な収益は契約者数に応じたキャリアからの報奨金が中心です。

しかしこの報奨金が昨今の総務省の締め付けによってキャリアから降りてくる金額が少なくなってしまっているため、契約獲得で得られる報奨金以外でも収益を得ないとショップとしての運営ができなくなっています。

そこで現れたのが上記で説明している特殊な「頭金」の存在です。ユーザーによっては「単なる値上げ」にしかなりませんが、ショップにとっては報奨金以外からでも契約獲得によって大きな利益を獲得できるようになっています。

契約に付帯する頭金という形にすれば手軽に利益を増やせるために全国のショップで蔓延化しており、それゆえにユーザーの不満も溜まっているというわけです。

こうしたショップ利益のためにユーザーからしてみれば全く特にならない、ほぼ確実に損をする頭金という支払い項目が生まれてしまっています。先ほども書いてありますが、スマホの契約の頭金は「信用の役割を果たす先払い」という世間一般のようなものではなく、利益のための「ショップ利用手数料」という意味合いのものになっています。

本来であればこの頭金はスマホの契約に全く必要とされないものであるため、ユーザーとしても支払う必要性も全くないわけですが、ショップを利用して契約する中では半ば強制のような形で支払いに組み込まれてしまっています。

そしてこうした頭金が確実にないショップとして現状利用できるのがドコモオンラインショップというわけであり、ドコモオンラインショップならば「損」をしない契約ができるというわけです。

単なる値上げの頭金、これが今10,000円前後も発生するという恐怖!

頭金の話題の最後に具体的に今「頭金」によってどれくらい値上げされているのか、ということを確認しておきましょう。

頭金はドコモショップや家電量販店などに限らず、auやSoftBankでも付けられます。

かつてはドコモの場合、5,000円以上の頭金をとることはよろしくないとしてキャリア本体から代理店に通知が来ていたために高額な頭金は他の2キャリアに比べて少なかった特徴があります。しかしこうした頭金の抑制指示がショップの自由な価格設定を阻害しているという独禁法周りの指摘によって5,000円制限がなくなってしまったことにより、最近はドコモショップの頭金というのも高額になってきてしまっています。

具体的な金額については最初の方で示した写真のように、iPhoneに対しての10,800円の頭金というのがあります。これは撮影したドコモショップの頭金が特別高いわけではなく、割とドコモショップ全体からすれば一般的な頭金の設定です。

10万円を超えるような定価をつけている高額スマホに対して、10,800円のただただ値上げになるだけの金額が追加されるというのはちょっとおかしいレベルです。

他にも安い機種に対しても以下のようにしっかりと頭金がつけられています。この値上げは撮影したドコモショップに限らず大体のドコモショップで見かける景色になっています。生活必需品の中でも高額なスマホですが、それをさらに値上げしてくるのが実店舗のショップの現状なのです。

定価4万円のスマホにもなんと1万円の頭金

こうした頭金の被害はドコモに限らずauやSoftBankを実店舗のショップで契約した方が陥っており、今その被害をTwitterなどで訴える人が多くなっています。

 

頭金の項目だけで大分長くなってしまいましたが、スマホの契約で「損な契約」を生み出している最大の要因がこの「頭金」です。

頭金があることによってスマホ契約の支払総額というものが大きく値上げされてしまい、結果として損になってしまうわけです。

そしてこの損になる仕組みが今ほとんどのドコモショップや家電量販店に用意されているため、頭金を確実に避けることができるドコモオンラインショップでの契約というものをおすすめしている次第です。

価格の値上げなどを心配しなくて済み、結果的にですが他の人たちよりも安い形でスマホを契約できるという意味で、ドコモオンラインショップを利用することにはメリットがあります。

ドコモやau、iPhone・スマホ契約時の『頭金』について

頭金0円で契約するなら⇒ドコモオンラインショップ

 

ショップでは不要な「オプション契約」も半ば強制的にされる

オプションの1種『SDカード』セット販売も注意したいところ

2つ目の「損」を生み出す要素は「オプション契約」です。

こちらも頭金と同じく金銭面で損を発生させてきます。

このオプション契約も頭金と同じ性質を持っており「ユーザーにとっては不必要だけれどもショップの利益のために契約につけられてしまう」というものになっています。

オプション契約とはいわゆる定額の音楽聞き放題サービスや動画視聴サービスなどの月額数百円のサービスのことです。多様な種類のあるこれらのオプションへの契約というものが店頭ショップでは頭金と同じように利益のためにつけられることが多いです。

頭金の金額が低いショップなんかはこちらのオプション契約で稼いでいる節があり、頭金が低いように見せかけてオプションを多めに契約させてしっかりと利益を取ってくる傾向にあります。

各オプション自体は一つだけなら300円~500円、高くても980円とかそれぐらいの料金に抑えられてはいるものの、複数のオプションへの加入が求められることが多いために総額では月に1,500~3,000円ぐらいかかってしまうことがあります。

良心的なオプションは初月や2ヶ月目まで無料というものがあり、この期間中に不要なものを解約してしまえばこちらのオプションについては頭金よりはマシになることが多いのですが、万が一解約を忘れてしまった時には月額課金のサービスとなるために毎月高額な支払いが追加されてしまうことになってしまいます。

特にあまりスマホの料金周りの仕組みに詳しくない方なんかは、このオプション契約による月額課金を解約し忘れたまま継続してしまっている状態が多く、使っていないサービスに何年もお金を支払っているなんて状況が生まれています。

ショップ側もこうした解約忘れを狙ってオプションをつけてくる傾向にあり、万が一解約を忘れた時の総額で考えると頭金なんかよりも損をする可能性は高くなっています。

頭金ほど猛威は振るっていないものの、オプション契約はショップによっては半ば強制的に行われる(断っても頭金増額などのペナルティあり)ために、その存在は厄介なものになっています。

解約忘れにより月額課金は特に中高年やお年寄り世代がショップから「カモ認定」されて狙われるため、そうした世代が機種変更などスマホの契約をしたい場合には、家族の若い人にオンラインショップで契約手続きをしてもらったほうが安心できるでしょう。

ドコモオンラインショップではオプション加入は任意で行えるため、本当に必要なオプションにしか加入しなくてよくなります。ここでもオンラインショップのメリットというのが生まれており、損せず安心して契約できるようになっています。

このオプション契約というのも損をする要因の一つとなっています。

契約には下手したら数時間かかってしまい、時間も大きな無駄になってしまう

3つ目は時間的な損についても説明しておきましょう。

スマホを実店舗のショップで契約すると、金銭面だけでなくて「時間的な意味での損」を引き起こします。

例年iPhoneが発売される9月以降から新年度で学割需要のある4月ごろまで、ドコモショップに限らず携帯ショップは例外なく混雑し始めます。iPhoneの新型の予約・発売で、家電量販店や各携帯ショップで臨時の椅子が大量に増設されている光景を目にした記憶のある方も多いのではないでしょうか。

例えばこれはとあるドコモショップの8月ごろの画像です。モザイクをかけてちょっとわかりにくいかもしれませんが、これは「平日」の「午前中」のドコモショップの状況です。新型iPhoneがまだ発売されていない時期にも関わらず狭い店内がかなり混雑しています。

キャリアショップではちょっとしたスマホの操作を聞きに来たり、毎月の料金の支払いを直接ショップで手続きをしにきたりと、スマホを契約する方以外の用事で訪れる人々が多く、前後数週間に新機種が発売されてもいない平日ですらこの混雑具合になっています。

iPhoneの新型が発売される9月以降はこの混雑が更に深刻になり、開店前からドコモショップ等に並ばないとまともに手続きが出来なくなってしまうようになります。ただでさえ機種変更の手続きをしてから開通までの時間に1時間以上はかかる状態の中で、そもそもの手続き開始までの待ち時間に3時間以上かかるような環境ではスマホ契約だけで1日が潰れてしまいかねません。

まさに「時間的な意味での損失」というものが発生しています。

スマホの契約をするだけで数時間も拘束され、他に何もできない時間を過ごしてしまうのは本当に無駄と言えるでしょう。

オンラインショップでの契約はこの待ち時間を回避できるという点において非常に高いメリットを有しています。待ち時間がゼロというメリットと混雑によってイライラして殺気立ったお客や店員さんの中でストレスを感じなくて良いというメリットは、オンライン特有のものになります。

ドコモオンラインショップ以外では必ず2,160円または3,240円の事務手数料が発生する

4つ目はまた金銭的な面でのショップの「損」に関する話題です。

上記の説明からもわかるように、ドコモショップや家電量販店、併売店での契約にはユーザーが不満を持ちやすい要因が多いというデメリットがあります。

頭金やオプションのほぼ強制契約、そして一切解消されない待ち時間という多くの不満がユーザーから上がってきている現状に対して、ドコモ本体はどうやらその対策として「オンラインショップの優遇」というものを始めています。

ドコモショップでの契約に不満を持つユーザーを減らそうと、ドコモオンラインショップにおいて頭金をなくし、オプションも任意契約可能に、そして待ち時間や契約にかかる時間というのもなくし、さらに追加の優遇として「各種事務手数料が無料化」というものがオンラインショップ限定で実施されています。

ドコモにおいてスマホを契約する際には、これまでも現在も必ず事務手数料というものが発生します。

  • 新規・MNP契約で3,240円
  • 機種変更・契約変更で2,160円

という形で、これはどこのドコモショップ・家電量販店等でも同じ料金がドコモ側から請求されます。

これはショップで契約したら絶対にかかってくる費用になっており、ショップを変えたからといって回避できるようなタイプの料金ではありません。

そのためスマホを実店舗のショップで契約する場合には、この事務手数料分がスマホの購入価格として上乗せされるため、78,000円ぐらいのスマホでも事務手数料によって80,000円してしまうようになります。

しかし現在この事務手数料各種が、ドコモオンラインショップ限定で全て無料化されています。

昔は機種変更のみでしたが、2018年9月からさらに事務手数料が0円になる契約が拡大され全ての契約においてドコモオンラインショップのみが事務手数料が無料となっています。

このため普通のショップと契約するときとドコモオンラインショップでの契約では、まずこの手数料の部分で購入価格に2,160円~3,240円の差が生まれることになり、ドコモオンラインショップの方がよりオトクな契約というものを可能にしています。

ドコモショップを中心とした店頭契約において問題点が増えてきたために、こうした形でドコモオンラインショップを利用してもらおうとメリットをつけています。

割と馬鹿に出来ない金額の優遇措置となっているので、この点でも店頭ショップ契約は「損」になりがちとなっています。

オンラインショップでは自宅受け取りができて当日配送も可能

5つ目についてはショップ契約の直接的な「損」というわけではないのですが、時間的な損を減らせるポイントに関連するドコモオンラインショップの良さについて。

ドコモオンラインショップではショップで発生する待ち時間やその後の契約の時間にかかる数時間近いスマホ契約に関する所要時間をほぼなくしてくれます。

契約はだいたい5分ほどのスマホ・パソコンからの操作で完了するため、数時間も待たされるショップよりも遥かに時間を失わずに済みます。

さらには、

  • ドコモショップ受け取り
  • 自宅配送

の2つに対応しており、ドコモショップで軽い初期設定をしてもらったり、自宅で都合の良い時間帯に受け取ることができるようになっています。

また発売日当日に使いたいという方だとショップ契約のほうが確実だと思われるかもしれませんが、ドコモオンラインショップでも予約をしっかりと行った上で、発売2日前の購入手続き開始時になるべく早く購入を行うと、場所によりますが発売日当日にしっかりと配送が行われるようになっています。

このようにネットからの契約と言っても、ショップ契約と比較してのデメリットというのはすぐさまスマホが欲しい時に対応できないということぐらいで、その他の面では多くのメリットを有しているのがドコモオンラインショップでの契約になっています。

ショップ契約がもたらす多くの「損」を回避できた上に便利な契約の方法というものが用意されており、ドコモオンラインショップでは誰でも損をせずに他の人と比べてお得な契約というものを簡単に実現させてくれるようになっています。

(期間限定:ドコモオンラインショップのみで家族まとめて割が1台でも適用可能な特別施策)

この他にも期間限定の特典として用意されたことのあるものとして、ドコモオンラインショップ限定で家族まとめて割キャンペーンが1台からでも適用される、というものがあります。

通常家族まとめて割は2台以上の契約を指定期間内で家族で行わなければいけないのですが、オンラインショップをとにかく優遇し始めたドコモでは、その台数条件をドコモオンラインショップ限定で解除、1台からでも同額の5,184円分の還元が得られるようになりました。

これはドコモオンラインショップ限定特典という名前で実施されていますが、その実態は1台から適用できる家族まとめて割となっており、オンラインショップ利用者に対する優遇というのを頭金や事務手数料以外にもこうして用意してきているのです。

こちらは期間限定ではあるものの、ドコモがオンラインショップを優遇している方針からくる施策であるため、今後こちらのキャンペーンが終了しても同等の優遇施策キャンペーンが行われることが予想されます。

今多くのメリットが詰まっているのがドコモオンラインショップであり、契約者にとっては非常にメリットのあるものになっているのは間違いありません。

 

ドコモオンラインショップで契約することによって費用と時間が節約できる

ここまでの説明が『損な契約』が主にドコモショップや家電量販店で起きてしまう理由の詳細になります。

頭金・事務手数料・オプション契約といった要因によって経済的損失が、

待ち時間・契約時間といった要因によって時間的損失がショップでは生まれてしまうというわけです。

特にこの中で金銭的な「損」というものは大きくて、今回の例に出している写真の頭金と事務手数料がつけられると本来の定価から大きな値上げが引き起こされてしまいます。

ドコモショップや家電量販店 ドコモオンラインショップ
頭金 3,240円~16,200円 0円
事務手数料 2,160円もしくは3,240円 0円
オプション 平均2ヶ月3,000円分ほど 任意
所要時間 待ち&契約で2~3時間ほど 5分程度

こうした『損な契約』をしないためにも、契約のための知識が必要ということで今回説明を行い、損な契約への対策としてドコモオンラインショップの利用をオススメしています。

ドコモオンラインショップであれば頭金を中心とした余計な費用の支払いを避けることができ、時間もほとんどかからずに契約を完了することができるので、無駄なお金も時間も使わずに賢い契約をすることができます。

ドコモのスマホを契約する際には『損な契約』を避けることが必須となっており、それを簡単に避けることができるドコモオンラインショップを利用することが結果的に安く契約し、他の人たちよりもお得に契約できる方法になります。

ドコモオンラインショップはこちら

 

 

おすすめの維持費節約方法とオンラインショップで契約や予約をする一連の流れ

ここからの話題は「よりお得に毎月使うための維持費節約方法」についての説明と、「オンラインショップでの契約の流れ・発売日当日にゲットする方法」について説明していこうと思います。

ドコモオンラインショップを使ってせっかく損をしていない契約をすることができたのならば、次はさらに普段のスマホ代を安く・お得にできる方法、よりお得にドコモの契約を持ってもらうための『dカードゴールド節約術』を紹介しようと思います。

こちらの方法を実現すれば、ドコモオンラインショップでの契約という契約時だけがお得になるのではなく、維持費の面でも毎月お得な使い方をすることができます。

より安くドコモのスマホを使う上では大事な知識なので読み込んでもらえればと思います。

また実際にドコモオンラインショップで契約や予約をしての購入がどのような流れになるのかを説明したいと思います。特に発売日当日に配送してもらうために必要な予約と購入手続きの流れなんかは結構重要なので、ドコモオンラインショップで新型iPhoneなんかを契約してすぐに使いたいという方は目を通してみてください。

dカード GOLDによる節約術

ドコモのスマホを安くするという方法については、ドコモオンラインショップを使うという方法以外にも用意されているものがあります。

ここで紹介するのは毎月の維持費を節約してくれる「dカードゴールド」を利用した方法になります。

ドコモオンラインショップの利用は購入時のみにお得になる方法でしたが、こちらならば毎月お得に利用できるようになるため、ドコモを長く使っていく上で非常に便利な方法となります。

このdカードゴールドを持っているユーザー、持っていないユーザーによって年間で通してみると還元されてくる金額が大きく違ってくる傾向にあるため、新機種購入前後で持っておくことで持っていない他の方たちよりもお得にドコモ回線を利用できることになります。

なぜdカードゴールドが良いのかという内容についての詳しくは専用記事で説明しているのでここでは簡潔にまとめますが、

  • dカードゴールド入会で13,000ポイント
  • ドコモの通信料の内なんと10%をdポイントに還元してくれるdカードゴールド特典

というものがあるからdカードゴールドはおすすめできます。

特に一番効果が高いのはドコモの料金が10%還元される点です。これは毎月発生する特典で、例えば7,000円の支払いがあれば700ポイント還元が毎月、それ以上ならばさらなるポイント還元を受けることが出来ます。

スマホの支払いから10%もの還元を毎月してくれるというのは非常に大きな特典で、他に真似できる割引なども存在しないほどにお得な特典となっています。

これは正直スマホの種類関係なくドコモユーザーなら受けておきたい非常にお得過ぎる特典内容になっているので、新型iPhoneや機種変更のタイミングに合わせて用意しておきたいものだと言えます。その他にも日々の生活の中で役立つクーポンの利用や、入会時に最大13,000ポイントを得られる特典や10万円まで購入端末を補償してくれるためにApple Careや補償オプションへ加入しなくても大丈夫になる特典などもあり、短期的にも将来的にもドコモの運用に助けになってくれるという訳です。

dカードゴールドは通信費の高い代表回線と組み合わせると本当に毎月のdポイント還元が大きくなり、むしろ持っていない方が損になるレベルですので、ドコモユーザーであればdカードゴールドを持っておくことも賢い運用方法としておすすめします。

⇒dカードゴールド

オンラインショップの契約の流れ:新型iPhoneにも使える予約の流れも解説

続いてはオンラインショップの契約の流れについて解説します。

オンラインショップでの契約については予約からの流れを含めた形で解説していくことにしましょう。

①dアカウントを取得し、『2段階認証の設定』が必須

まずはdアカウント周りの設定をしっかりしておきましょう。

すでにドコモユーザーであればdアカウントにしっかりログインできるかどうか、ID・パスワードの確認をしておきましょう。

ドコモ回線を持っていなくてもMNPや新規予定であるならばdアカウントを作成し、住所氏名電話番号などの個人情報を予め入力しておくと、非常にスムーズに手続きが進みます。

まずはこのdアカウントに必要な個人情報など入力事項がしっかりと現住所になっているかなどを確認しましょう。

そしてdアカウントをすでに持っていて情報も十分だという場合でも、2段階認証を設定しないとこの後の予約にいけないので注意してください。

ドコモオンラインショップではコンビニ受け取りを悪用した詐欺事件が発生したため、その再発防止のために必ずdアカウントに2段階認証がないと予約や購入ができなくなっています。

詳しい方法は以下の記事に用意してありますので、dアカウントを持っている方はまずこちらを設定してください。

iPhone XS予約前の下準備 ドコモオンラインショップはdアカウントの2段階認証必須に 方法を解説

②欲しい機種を選択し、予約(この時、現住所入力が必要)

dアカウントの作成と情報の入力、そして2段階認証が終わったら次は実際に予約へと移ります。

Androidの場合には予約開始日が公表されるのでその日付の朝10:00から予約開始、

iPhoneの場合には予約開始日が公表されるのでその日付の夕方16:01から予約開始となります。

この予約に関しては、早ければ早いほど在庫確保の順番が上がることになるため、人気の機種を購入したい場合には必ず予約直後に申し込むようにしましょう。

予約の際にはこれまでは必要なかったですが、新たに住所入力の必要が出てきています。こちらはdアカウントの住所と実際の住所が違って配達が遅れることを防ぐために行われています。

予め住所入力がしやすいように変換候補に記憶させておくかコピペできるようにメモなどを予約時に用意しておくと素早い在庫確保というのが特にiPhoneの際に可能になってきます。

③発売2日前に事前購入手続き開始/既に発売している機種もここから

予約を早期に行い初期の在庫が対象になれば発売2日前に事前購入手続きが可能になります。

この事前購入手続きは在庫確保のメールが届くことで行えますが、そのメールの前にマイページのお申込み履歴を見てすでに在庫ありの状態であれば、メールが来る前の朝10時から購入手続きを行うことができます。

omoushikomi

お申込み履歴をチェックすればメールが届く前に在庫の有無がわかる

こちらから発売2日前の朝10時になったら購入手続きが可能になっているので、なるべく午前中に購入手続きを済ませるようにしておきましょう。

在庫の確保は予約順ですが、今後発送の順番は購入手続き順となるために10時直後の購入によって最初の発売日当日に送ってくれる便に自分の注文を滑り込ませることが可能になってきます。

なおすでに発売されている機種でオンラインショップに在庫がある場合にはこちらの手続きから始まります。

機種の選択(容量・カラー等)

アクセサリー類の同時購入の選択

プランの現状維持または変更を選択

下取り有無・オプションの追加(補償オプションを追加する場合はここで)

配送先の確認・連絡先メールアドレスの確認

契約内容の確認・契約完了

という流れが問題なければ2,3分で手続きすることができます。

④最短発売日当日での受け取りへ/既に発売中の機種は最短2日で到着

こうした流れが予約から契約の流れになります。

  • 在庫確保は予約順(要dアカウント2段階設定)
  • 発送の順番は購入手続き順

となるために、各項目を素早く行うことができればAndroidだけでなく新型iPhoneでも最短では発売日当日に自宅またはお近くのドコモショップで受け取ることができます。

こうした発売日当日に入手できるにも関わらず、ドコモオンラインショップならば頭金0円・事務手数料0円・時間もかからずオプションなども任意で契約できるというショップにはないメリットも受けられるということになります。

なおすでに発売中の機種を契約した場合には、最短で2日で到着とされています。

災害や流通の状況によっては3日4日かかる場合もありますが、通常都市部では最短2日で全国2つの拠点から発送されます。

 

 

以上が損な契約をしないために知っておきたいショップの問題点と、それを解決してくれるドコモオンラインショップのメリットという事になります。

契約するところによって支払いする総額というものに大きな変化が生まれてしまうのが今のスマホ契約の注意点となっています。そうした中で最も安全に契約できるところとしてオンラインショップを利用することによって問題を解決してくれることになります。

ドコモオンラインショップ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top